トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 北関東 > 高崎・富岡・妙義山 > 磯部・安中

磯部・安中

磯部・安中のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した磯部・安中のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。恵みの湯,観梅公園,温泉記号など情報満載。

  • スポット:27 件
  • 記事:2 件

1~10 件を表示 / 全 27 件

恵みの湯

市営の日帰り温泉施設

磯部温泉にある市営の日帰り入浴施設。男女別に内湯、露天のほか、サウナ・水風呂がある。名物は砂塩風呂(要予約)。要介護の障害者専用の風呂も用意している。

恵みの湯

恵みの湯

住所
群馬県安中市磯部3丁目3-41
交通
JR信越本線磯部駅から徒歩5分
料金
入館料(3時間)=大人500円、小人300円/入館料(6時間)=大人1000円、小人500円/入館料(1日)=大人1500円、小人900円/砂塩風呂(1回、要予約、別途入館料)=2500円/福祉風呂=2000円/(障がい者手帳持参で割引あり、福祉風呂は安中市民無料(砂塩風呂は別途入館料が必要))

観梅公園

秋間梅林の敷地内にあり、花憂草・ひなげしの名所として評判

関東を代表する梅の花の名所として知られる秋間梅林の敷地内にある、ポピー(花憂草・ひなげし)が楽しめる公園。妙義山近くの観光スポットとして人気を集めている。

観梅公園

観梅公園

住所
群馬県安中市上後閑秋間梅林地内
交通
JR信越本線安中駅からアークバス秋間中関行きで20分、恵宝沢下車、徒歩20分
料金
情報なし

温泉記号

温泉記号発祥の地

地図などで目にする「温泉記号」。万治4(1661)年の古書に初登場したのが、磯部温泉ということから、温泉記号発祥の地とされている。磯部公園と磯部駅前に石碑がある。

温泉記号

温泉記号

住所
群馬県安中市磯部1丁目
交通
JR信越本線磯部駅から徒歩5分
料金
情報なし

アイリスの丘

アイリスの丘

住所
群馬県安中市中後閑3859-1

せせらぎの湯 桜や作右衛門

木もれ日が差す野天岩風呂

明治3(1870)年創業磯部温泉の老舗宿。自然林が囲む野天岩風呂「樫の湯」と川音が響く檜造りの露天風呂は入替制。料理は地元の食材を生かした季節山里会席。

せせらぎの湯 桜や作右衛門

住所
群馬県安中市磯部1丁目5-21
交通
JR信越本線磯部駅から徒歩8分(磯部駅から送迎あり、予約制)

夕焼け小焼けのお宿 高台旅館

素材にこだわる料理が自慢

温泉街を見下ろし、遠く妙義の山々を望む絶好のロケーション。スモモ、クワの実などを使った食前酒と、地場産の旬の素材ですべて手作りしている。料理長自慢の料理も好評。

夕焼け小焼けのお宿 高台旅館
夕焼け小焼けのお宿 高台旅館

夕焼け小焼けのお宿 高台旅館

住所
群馬県安中市郷原551-6
交通
JR信越本線磯部駅から徒歩15分(磯部駅から送迎あり、予約制)
料金
1泊2食付=12960円~/外来入浴(14:30~20:00、不定休、要電話確認)=800円/外来入浴食事付(11:30~20:00、個室食事処利用、要予約)=4860~7020円/

群馬フラワーハイランド

3万株ものクルメツツジをはじめ、様々な春の花が咲き誇る植物園

1月8日からは寒紅梅やロウバイが、4月上旬から5月中旬にかけては約3万株ものクルメツツジが咲き誇る。この時期は秋間つつじまつりも開催される。1万5000坪の大自然の中、観賞コース2kmの散策が楽しめる。

群馬フラワーハイランド
群馬フラワーハイランド

群馬フラワーハイランド

住所
群馬県安中市西上秋間森熊1339
交通
JR北陸新幹線安中榛名駅からタクシーで6分
料金
中学生以上500円、園児以上300円(20名以上の団体は1割引)

雀のお宿 磯部館(日帰り入浴)

ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉でゆったり旅の疲れを癒そう

大正時代創業の老舗旅館。泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉。神経痛・筋肉痛・関節痛・慢性皮膚病などに効果あり。碓氷川を望む大浴場で旅の疲れを癒そう。

雀のお宿 磯部館(日帰り入浴)

住所
群馬県安中市磯部1丁目5-5
交通
JR信越本線磯部駅から徒歩5分(磯部駅から送迎あり、予約制)
料金
入浴料(2時間)=大人900円、小人600円/

舌切雀のお宿 ホテル磯部ガーデン

舌切雀ゆかりの純和風ホテル

昔話の「舌切雀」ゆかりの宿で、ロビーではロボット劇場「舌切雀物語」が毎夜上演されている。美人の湯と定評のある温泉を1階と2階の露天風呂付き大浴場などで楽しめる。

舌切雀のお宿 ホテル磯部ガーデン
舌切雀のお宿 ホテル磯部ガーデン

舌切雀のお宿 ホテル磯部ガーデン

住所
群馬県安中市磯部1丁目12-5
交通
JR信越本線磯部駅から徒歩5分(磯部駅から送迎あり、予約制)
料金
1泊2食付=16000~35000円/外来入浴(11:00~15:00<土・日曜、祝日休>、要予約)=1080円/外来入浴食事付(11:30~14:30、広間利用、10名以上要予約)=2700円~/

新島襄旧宅

新島家、安中の活動拠点

同志社大学の設立者・新島襄の旧宅で、裏には古墳や石碑がある。郷愁を感じさせる木造茅葺きの建物で、家屋内は関係書類や写真が展示された資料室になっており、見学できる。

新島襄旧宅
新島襄旧宅

新島襄旧宅

住所
群馬県安中市安中1丁目7-30
交通
JR信越本線安中駅からアークバス柿平行きで9分、安中消防署前下車、徒歩7分
料金
無料

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください