トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 東伊豆 > 熱川・稲取

熱川・稲取

熱川・稲取のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

熱川・稲取のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。肉チャーハン、伊豆の金目鯛、伊豆の干物など情報満載。

熱川・稲取のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:119 件
  • 記事:28 件

1~20 件を表示 / 全 8 件

肉チャーハン(にくちゃーはん)

ご飯と肉・野菜が分かれた新しいチャーハン

  • ご当地名物料理

ご飯の上に肉・野菜がのっている風変わりなチャーハン。油は控えめにしているため、あっさりしている。厚めに切った豚肉と、冷めてもおいしい少し濃い目の味付けが特徴。

肉チャーハン

伊豆の金目鯛(いずのきんめだい)

金目鯛の旨みをさまざまな料理で味わう

鯛の仲間ではなく、金色の目をもつ鯛のような姿からその名が付いた鮮やかな姿の魚。伊豆の漁港には新鮮で上質な金目鯛が揚がる。稲取沖でとれるものは特に「地金目鯛」とよばれる高級品。

伊豆の金目鯛

伊豆の干物(いずのひもの)

種類豊富な魚介を旨みの詰まった干物で

  • おみやげ

太平洋沿い一体に多くの漁港をもつ伊豆では、新鮮で良質な干物がみやげとして人気が高い。それぞれの魚介の旨みが凝縮され、ふっくらと柔らかいのが特徴。

伊豆の干物

伊豆のスイーツ(いずのすいーつ)

旅先で味わっても、おみやげにしてもいいお菓子

  • おみやげ

道の駅、観光地のみやげ店や食事処など、いろいろな場所で出会える伊豆のスイーツ。洋菓子なら新鮮な材料を使ったケーキやクリームたっぷりのロールケーキ、和菓子なら定番のもなかやまんじゅうなどがおすすめ。日持ちするお菓子なら、旅行のおみやげにも喜ばれそう。

伊豆のスイーツ

熱川のイチゴ(あたがわのいちご)

かわいい形と鮮やかな色合いは年齢を問わず親しまれる

ミカンと並んで冬に味覚狩りが楽しめる果物の代表。12~5月頃まで楽しめる食べ放題ができる観光農園も多い。近年は品種開発が進み、個性的なイチゴが増えている。伊豆周辺では伊豆長岡温泉周辺を始め、多くの観光農園があり、熱川エリアでもイチゴ狩りが可能。古くは「章姫」が主だったが、最近では「紅ほっぺ」が代表品種。

熱川のイチゴ

伊豆・箱根のミカン(いずはこねのみかん)

美肌作りに欠かせないビタミン豊富なフルーツ

日本の冬に欠かせないフルーツ。「愛媛みかん」「有田みかん」「三ヶ日みかん」などが有名だが、これはすべて温州みかんのこと。温州みかんは日本原産で、宮川早生、南柑20号などさまざまな品種がある。形が扁平で皮の粒がはっきりしているものが良い。伊豆・箱根エリアでは湯河原、小田原、伊豆の東海岸などが有名スポット。

伊豆・箱根のミカン

熱海のツツジ・サツキ(あたみのつつじさつき)

一斉に咲きそろう目にもあざやかな花

園芸品種が多く、公園や庭園に栽植されるほか、山で自生するツツジ。サツキはツツジの一種で、旧暦の皐月に咲くことからサツキと命名された。4月下旬から5月中旬には姫の沢公園、小室山公園などでツツジが艶やかに咲き乱れる。

熱海のツツジ・サツキ

東伊豆のラベンダー(ひがしいずのらべんだー)

薄紫の花は「香りの女王」とも呼ばれる

鎮痛、鎮静、抗菌作用のあるハーブとして知られるシソ科の半低木。イングリッシュラベンダー系をはじめ品種は豊富で、5月~7月に紫や白、ピンクなどの香りのよい花を穂状花序に咲かせる。花はハーブティ、ポプリ、アロマセラピーなどに使う。ハーブ園には必ずといっていいほど栽培されており、東伊豆のハーブ園でもさまざまな品種が見られる。