フリーワード検索

トップ > ライフスタイル >  アウトドア > アウトドアグッズ >

おすすめのガスランタン15選!ガスランタンの魅力を解説します 画像:123RF

まっぷるライフスタイル編集部

更新日:2022年6月27日

この記事をシェアしよう!

おすすめのガスランタン15選!ガスランタンの魅力を解説します

今回はおすすめのガスランタンを紹介します。

キャンプや登山に欠かせないアイテムのランタン。
ランタンにはガソリン式、オイル式、LED、ガスランタンと種類はいろいろありますが、今回はガスランタンの魅力をお伝えします。

ガスランタンには独特の雰囲気があります。
自分にぴったりのガスランタンを見つけて、癒しの時間を過ごしてください!

ガスランタンのメリット

ガスランタンのメリット
画像:123RF

ガスランタンの魅力はぬくもりのある灯り。デジタルの灯りとは違い心を癒してくれます。

ガスランタンはアナログな道具なの、使い方が少し難しいと思うかもしれませんが、実は扱いが簡単なんです。ガスランタンの点火と消火はツマミをひねるだけ。アウトドア初心者でも扱い易いのが特徴です。

明るさの調節もしやすいので、キャンプサイトや身の回りを照らすには十分。

ガソリンランタンやオイルランタンと比べ手入れも楽で、事前準備の必要もありません。そのためアウトドアの他に、停電時や緊急時の備えにもガスランタンはおすすめですよ。

ガスランタンのデメリット

ガスランタンのデメリット
画像:123RF

ガスランタンのデメリットは、燃費が悪いのでランニングコストは少々高めの点。また、換気が必須なので、一酸化中毒や火事には気を付けましょう。閉め切ったテント内や室内での使用はできません。

機能や光量を求めるならばLEDランタンなどが手軽で便利。ただ、アナログならでは暖かみのある光はガスランタンならではです。

ガスランタンを選ぶ時のポイント

ガスランタンを選ぶ時のポイント
画像:123RF

ガスランタンを選ぶ時のポイントは3つあります。このポイントをおさえることで、お気に入りのガスランタンが見つかるかも!

ガスランタンを選ぶポイント1.シーンに合わせたガスランタンを選ぶ

ガスランタンを選ぶポイント1.シーンに合わせたガスランタンを選ぶ
画像:123RF

ガスランタンを選ぶ時は、目的に合わせて選びましょう。全体を照らす場合はメイン用、手元を照らしたり、卓上用を探したりしている場合はサブ用と、用途に合わせて明るさのスペックを選ぶことが大事です。

メイン用であれば200W以上、2~3箇所置くことで広い範囲をカバーできるので、快適に明るさを確保できます。夜の雰囲気を楽しみたい、また、虫除けを考えるのであれば、80~100W程度がおすすめの明るさです。

ガスランタンを選ぶポイント2.ガスの種類で選ぶ

ガスランタンを選ぶポイント2.ガスの種類で選ぶ
画像:123RF

ガスランタンに使用されるガスの種類は主に2種類で「CB缶」と「OD缶」です。

CB缶とは

入手のしやすさや手軽さを求める方にはCB缶がおすすめ。カセットボンベと言われる、スーパーやドラッグストアで簡単に手に入るガス缶がCB缶です。初心者でも簡単に安全に扱えるので安心。

OD缶とは

アウトドアシーンを目的に使用されているガス缶が「OD缶」。気温の低い所や、多少の風があっても安定している火力が特徴です。各メーカーで出していますが、少々高価なためコスト面は留意が必要です。

ガスランタンを選ぶポイント3.燃焼時間で選ぶ

ガスランタンを選ぶポイント3.燃焼時間で選ぶ
画像:123RF

せっかく良いガスランタンを選んでも燃焼時間が保たれないと困りますよね。

光量が大きいほどガスの消費量は多く燃焼時間は短くなります。5時間以上使用する方や、連泊する方は容量の大きいガス缶を選ぶか、予備のガス缶を用意しましょう。

おすすめのガスランタン15選

おすすめのガスランタン15選
画像:123RF

ガスランタンの特徴や選ぶポイントは掴めましたでしょうか?

ガスランタンはいろいろな種類がありますので、自分に合うガスランタンを見つけてください。

それでは、ここからはおすすめのガスランタン15選をご紹介。ガスランタンを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

おすすめのガスランタン1.コールマン 2500 ノーススター LPガスランタン 2000015520

おすすめのガスランタン1.コールマン 2500 ノーススター LPガスランタン 2000015520
画像:Amazon

キャンプ・バーベキュー用品の定番として定評のあるコールマン。こちらのガスランタン、「2500 ノーススター LPガスランタン」は長年に渡りランタン売上ランキングの上位に君臨する定番ガスランタンです。

明るさは十分と言っていいほどの光量(約320CP/200W)があるので実用的な使用も可能。夜の調理や作業も問題なくできます。

使用方法は簡単で、ガスを出しワンプッシュボタンで火が付きます。

実用的な明るさがあるガスランタンですが、LEDとは異なる温かみのある灯りなので雰囲気は抜群。筆者も長年愛用するおすすめのガスランタンです。

ガスの種類:OD缶
サイズ:約φ145×260mm
重さ:約1.3kg
素材:スチール
光量(参考):約200W相当
参考価格:12,546円

おすすめのガスランタン2.snow peak ギガパワーランタン 天 オート GL-100AR

おすすめのガスランタン2.snow peak ギガパワーランタン 天 オート GL-100AR
画像:Amazon

国内のキャンプシーンにおいて最も勢いがあるブランドといえばスノーピーク。大人気のスノーピークからリリースされているガスランタンが「ギガパワーランタン 天 オート」です。

ギガパワーランタン 天 オートはスノーピークのファーストランタンとして1998年のデビュー。世界中のユーザーから絶大なる支持を得ている人気モデルです。

小型ながら最高出力80W相当の明かりを放ち、ケースに入れても軽量コンパクトなので荷物にならないのも特長です。

ガスの種類:OD缶
サイズ:φ59×95mm
重さ:125g
素材:ステンレス、アルミニウム合金、ブラス、耐熱ガラス
光量:80W相当
参考価格:8,580円

おすすめのガスランタン3.イワタニプリムス IP-2245A-S

おすすめのガスランタン3.イワタニプリムス IP-2245A-S
画像:Amazon

イワタニプリムスは、LPガスやカセットコンロで有名な「イワタニ」のグループ会社。紹介するガスランタンは、マイナーチェンジを重ねながら長年愛され続けている「イワタニプリムス IP-2245A-S」です。

スリガラス仕様のホヤを採用しているため、テーブルの上に置いたときの眩しさが抑えられ快適に使用できます。

吊り下げが簡単に行えるワイヤーサスペンダーを採用しているので、木やランタンフックに吊るして使いたい方におすすめのガスランタンです。

ガスの種類:OD缶
サイズ:83×83×127mm
重さ:200g
素材:
光量:100W相当
参考価格:13,200円

おすすめのガスランタン4.SOTO プラチナランタン SOD-250

おすすめのガスランタン4.SOTO プラチナランタン SOD-250
画像:Amazon

極地に挑む登山家や冒険家の想いがフィードバックされたアイテムが特徴のSOTO。衝撃に強いガスランタンを探している方におすすめのモデルが「プラチナランタン SOD-250」です。

多くのガスランタンで使われているマントルを使わずにプラチナ発光体を採用しているのが特徴。マントルの空焼きの手間がかからないだけでなく、保護用のホヤも不要なため、衝撃などで割れる心配がありません。

120lux(80W相当)の照度を備えているので、登山時のメインランタンとしても活躍するガスランタンです。

ガスの種類:OD缶
サイズ:77×65×110mm
重さ:210g
素材:プラチナ、ステンレス、樹脂
光量:80W相当
参考価格:15,500円

おすすめのガスランタン5.キャプテンスタッグ フィールド ガスランタン L UF-0008

おすすめのガスランタン5.キャプテンスタッグ フィールド ガスランタン L UF-0008
画像:Amazon

「大自然の中で頼りになる存在」をブランドコンセプトに掲げるキャプテンスタッグ。1947年に新潟県三条市で創立された国産ブランドです。

キャプテンスタッグからリリースされているのが「フィールド ガスランタン L UF-0008」。こちらのガスランタンの特徴は何といっても光量です。

照度が800ルクス(測定値50cm)あり、白熱電球の150wに相当する明るさ。夜の作業など明るさを求める人におすすめのガスランタンです。

ガスの種類:OD缶
サイズ:130×120×215mm
重さ:720g
素材:ステンレス製、真鍮
光量:150W相当
参考価格:14,300円

おすすめのガスランタン6.コールマン ノーザンノバ

おすすめのガスランタン6.コールマン ノーザンノバ
画像:Amazon

コールマン史上最大の明るさを実現させたガスランタンが「ノーザンノバ」。

明るさは3,000ルーメン。3,000ルーメンはおよそ30m以上先まで照らすことができる明るさです。ノーザンノバがあればキャンプサイト全体を明るくすることができますよ。

チェーンワイヤーが付属されているので木などに吊り下げて使うのにも便利。また折りたたみ可能なスタンドを使えば、地面に直接置くことも可能。

とにかく明るさを重視する人におすすめのガスランタンです。

ガスの種類:OD缶
サイズ:400×350×450mm
重さ:1.7kg
素材:スチール
光量:3000LM
参考価格:20,728円

おすすめのガスランタン7.キャプテンスタッグ フィールド ガスランタン M UF-9

おすすめのガスランタン7.キャプテンスタッグ フィールド ガスランタン M UF-9
画像:Amazon

全体照明として使える明るさの強いガスランタンを探している人におすすめなのが、キャプテンスタッグの「フィールド ガスランタン M UF-9」。

照度は約350ルクス(白熱電球60w相当)あるので、とても明るい環境を作ることができます。また、キャンプサイト全体を照らすのに便利な折り畳み式の吊るし金具がついているのは嬉しいポイント。

操作はシンプルで着火ボタンと光量を調整するツマミのみで簡単に扱えるのも特徴です。

ガスの種類:OD缶
サイズ:105×100×155mm
重さ:510g
素材:ステンレス、鉄、真鍮
光量:(約)350ルクス
参考価格:13,200円

おすすめのガスランタン8.SOTO レギュレーターランタン ST-260

おすすめのガスランタン8.SOTO レギュレーターランタン ST-260
画像:Amazon

低温下や連続使用時のボンベの冷えは光量低下を招く原因。この問題に向き合ったガスランタンがSOTOの「レギュレーターランタン ST-260」です。

SOTOレギュレーターランタンは低温下や連続使用時でも比較的安定した光量を発揮するガスランタン。寒冷地や寒い時期にガスランタンを使う機会が多い人におすすめです。

ホヤはメッシュ製になっているので壊れにくいのも特長です。

ガスの種類:CB缶
サイズ:100×130×150mm
重さ:247g
素材:ステンレス、樹脂
光量:150ルクス
参考価格:6,800円

おすすめのガスランタン9.イワタニ FORE WINDS マイクロキャンプランタン FW-ML01

おすすめのガスランタン9.イワタニ FORE WINDS マイクロキャンプランタン FW-ML01
画像:Amazon

イワタニの「FORE WINDS マイクロキャンプランタン FW-ML01」で注目したいポイントは癒し効果。「燃焼音」と「ぬくもり」がとにかく心地良いガスランタンです。

静かな空間で火を灯すと感じることができる燃焼音は、とても心を落ち着かせてくれます。またFORE WINDSの灯りは適度なぬくもりがあり癒し効果抜群!

低重心設計で安定性が優れています。軽量でコンパクトなボディとEVAケースにより持ち運びが便利なのもポイントです。

ガスの種類:CB缶
サイズ:109 x 109 x 122 mm
重さ:208g
素材:ステンレス
光量:150ルクス
参考価格:9,350円

おすすめのガスランタン10.SOTO 虫の寄りにくいランタン ST-233

おすすめのガスランタン10.SOTO 虫の寄りにくいランタン ST-233
画像:Amazon

アウトドアでガスランタンを使用する際に懸念されるのが虫問題。灯りを使用すると虫が寄ってきてしまいますよね。そんな問題を解決してくれるガスランタンがSOTOの「虫の寄りにくいランタン ST-233」。

標準でついてくるグローブは、半分が虫の寄りにくいオレンジ色に着色されています。

放つ光の色は一般的なガスランタンとそれほど変わらないのもポイント。それほどオレンジではないので雰囲気を崩しません。

またグローブを180度回転させれば透明になるので使い分けることもできますよ。

ガスの種類:OD缶
サイズ:136×375mm
重さ:1.3kg
素材:耐熱ガラス、ステンレス
光量:約230W
参考価格:9,800円

おすすめのガスランタン11.snow peak リトルランプ ノクターン GL-140

おすすめのガスランタン11.snow peak リトルランプ ノクターン GL-140
画像:Amazon

キャンドルのような柔らかな灯りと揺れる炎で雰囲気が抜群に良いスノーピークのガスランタン「リトルランプ ノクターン GL-140」。明るさよりも雰囲気を重視する人におすすめのガスランタンです。

熱効率も良く1時間にわずか7グラムで、残量の少ないガス缶でも長時間利用できるのも特長です。

点火にはライター等が必要ですが、着火口が設けられているため容易に作業がおこなえますよ。

ガスの種類:OD缶
サイズ:42×40×105mm
重さ:102g
素材:アルミニウム合金、ステンレス鋼
光量:―
参考価格:5,280円

おすすめのガスランタン12.コールマン ルミエールランタン 205588

おすすめのガスランタン12.コールマン ルミエールランタン 205588
画像:Amazon

キャンドル風のアンンテx-クなビジュアルと揺れる炎が特徴的なコールマンのガスランタン「ルミエールランタン 205588」。雰囲気を重視する人に人気があるガスランタンです。

専用ケースが付属しており、割れやすいガラスをしっかり保護してくれるので安心して持ち運ぶことができますよ。

ガスの種類:OD缶
サイズ:約Φ73×60×183mm
重さ:306g
素材:ガラス
光量:―
参考価格:6,346円

おすすめのガスランタン13.キャプテンスタッグ キャンドル ガスランタン UF-19

おすすめのガスランタン13.キャプテンスタッグ キャンドル ガスランタン UF-19
画像:Amazon

キャプテンスタッグの「キャンドル ガスランタン UF-19」も雰囲気重視の人におすすめのガスランタンです。

実用性よりもキャンプサイトのインテリアとしての雰囲気作りや、癒しを求めるのに活躍。優しく揺れる炎がリラックスタイムを演出してくれます。

ハードタイプのケースが付属されているので持ち運びや収納も安心のガスランタンです。

ガスの種類:OD缶
サイズ:46×156mm
重さ:110g
素材:アルミニウム合金、真鍮、耐熱ガラス
光量:―
参考価格:6,600円

おすすめのガスランタン14.Fire-Maple Orange Gas Lantern

おすすめのガスランタン14.Fire-Maple Orange Gas Lantern
画像:Amazon

中国におけるアウトドアカルチャーを黎明期から現在まで支えてきたFire-Maple。

「オレンジガスランタン」はシンプルなデザインでありながら、使いやすさを考慮した機能が備わっていることで人気がでてきているガスランタンです。

アルミ削り出しのボディは、内側の細かい部分まで質感の高さが伝わってきます。折り畳み構造のバルブノブや専用のハードケースが付属されるなど、実用面の高さも評価されている、ミニマルデザインが好きな人におすすめのガスランタンです。

ガスの種類:OD缶
サイズ:50mm×134mm
重さ:125g
素材:―
光量:―
参考価格:3,980円

おすすめのガスランタン15.ユニフレーム フォールディングガスランタン UL-X クリア 620106

おすすめのガスランタン15.ユニフレーム フォールディングガスランタン UL-X クリア 620106
画像:Amazon

スタイリッシュで機能的なユニフレームの「フォールディングガスランタン UL-X クリア 620106」。高強度のアルミボディとスリム設計なのでスムーズに扱えます。

収納時はホヤ(ガラス部)がボディ内部に収納できるのが特徴。半分のサイズとなりコンパクトに持ち運びすることができるガスランタンです。

ガスの種類:CB缶
サイズ:使用時:135×120×355mm
重さ:1.4kg
素材:ステンレス鋼
光量:240W相当(プレミアムガス使用時)/210W相当(レギューラーガス使用時)
参考価格:13,500円

ガスランタンの明かりでアウトドアを楽しみましょう

ガスランタンの明かりでアウトドアを楽しみましょう
画像:123RF

おすすめのガスランタン15選をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?気になるガスランタンは見つかりましたか。

LEDランタンが普及してきたとはいえ、ガスランタンはまだまだ人気のアイテム。ガスランタンならではの灯りは健在です。

ガスランタンの灯りで、いつもとは違う日常を楽しんでみてくださいね。

 

>>Amazonで「ガスランタン」の売れ筋ランキングをチェック

旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。

何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。