トップ > ライフスタイル >  アウトドア > アウトドアグッズ >

ハイキングから本格登山まで。トレッキングシューズの選び方とオススメのモデル10選

まっぷるライフスタイル編集部

更新日:2022年6月6日

この記事をシェアしよう!

ハイキングから本格登山まで。トレッキングシューズの選び方とオススメのモデル10選

登山やハイキングの人気が高まっている昨今。登りやすい里山から本格的な高山まで、どんなレベルの方でも美しい自然に没頭できるのが魅力です。近年、ステイホームも相まって、健康維持で始める方も増えています。

そんな登山ですが、安全かつ快適に楽しむために欠かせないのが、トレッキングシューズです。今回は、トレッキングシューズの選び方について解説した後、筆者オススメのモデルをご紹介したいと思います。ぜひ気に入った靴を履いて、感動的な景色の中を歩いてみてください。

トレッキングシューズの重要性

トレッキングシューズの重要性

舗装された道でなく、変化に富んだ道を歩く登山・ハイキング。靴の役割は極めて重要です。

長時間歩くことを想定しているため、疲れにくく歩きやすいようにデザインされており、怪我防止についてもよく配慮されているのがポイントです。

例えば、岩場シーンでは、分厚いソールが衝撃を和らげてくれますし、堅いトウはつま先を怪我から守ってくれます。また、渡渉(川を渡る)のシーンでは、高い防水性を発揮し、ソールの高いグリップ力は滑落を防止してくれます。

このように、あらゆるシーンで抜群の対応力を有しているトレッキングシューズは、登山・ハイキングにおいて必須のギアと言えるでしょう。

トレッキングシューズを選ぶ5つのポイント

それでは次に、トレッキングシューズを選ぶ際、5つのポイントについて解説します。基本的なスペックを押さえた上で、自らの用途に応じて優先度を意識してみましょう。

ソールの剛性

普段履く靴との一番大きな違いこそ、ソールの剛性でしょう。硬いソールを採用しているため、凹凸のある地面でも安定して歩くことが可能です。また地面の反発も和らげられるため、長時間歩行の際には疲労軽減につながります。

イタリアの老舗メーカー・ビブラム社の手がける通称「ビブラムソール」がトレッキングシューズ界において、高品質なソールのスタンダードになっています。

軽量性

長時間歩行する登山では、少し重量が大きいだけでも、疲労の蓄積につながります。トレッキングシューズは靴としての堅牢性が一番重要なので、軽いことが絶対条件ではないのですが、一つの目安としておくと良いでしょう。

靴のモデルや形状にもよりますが、500g前後のトレッキングシューズが軽量になります。400g前後のものも多くありますが、後述するようにローカットの靴が多いです。

防水性

急な天候変化も多い登山。その際、防水性を備えたトレッキングシューズが欠かせません。全天候対応できるのは、山登りにおいて大切なリスクマネジメントです。また登る山によりますが、渡渉(川を渡る)のシーンでも大いに役立ちます。

ただ防水性の高い靴は、ムレやすいのが特徴。そのため、防水と透湿性をバランスよく備えたモデルをオススメします。

靴の形状

続いて前述の3項目にも大きくかかわってくるのですが、トレッキングシューズを選ぶ際にわかりやすいのが、靴のカット高の違いになります。

ローカット

足首を覆わない作りになっているタイプです。比較的ソールの柔らかいものが多く、快適に歩くことができます。普段使いのスニーカーと近い感覚です。日帰りのハイキングや軽登山にオススメできます。

ねじれに弱い傾向にありますが、近年この点をカバーするローカットシューズも数々リリースされています。

ミドルカット

くるぶしが隠れる程度の丈になっているタイプです。足首が守られ、トウはローカットより硬いため、怪我の防止にも長けています。ソールは柔らかいものから、硬いものまで様々。まさにローカットと、後述するハイカットの良さを、程よくミックスしたモデルも多く揃っています。

登りやすい里山から本格的な高山までカバーする、汎用性の高さを持っており、初めての一足にオススメできます。

ハイカット

足首までしっかりホールドするタイプです。ねじれ剛性に強く、ソールも頑丈です。本格的な登山で険しい登山道を歩く際には、かなり安心感があります。GORE-TEXを採用しているモデルも多く、1泊2以上の登山では大きなアドバンテージになる一足です。

一方で重量があり、整備された道では歩きにくいため、ハイキングや軽登山ではオーバースペックになることも。

サイズ選び

ここまではトレッキングシューズを選ぶ際のスペックや形状でしたが、最後に大切なのがサイズ選びです。いかに高機能なトレッキングシューズを選んだとしても、ぴったり合って初めて真価を発揮します。

サイズ選びのポイントとしては、ワンサイズ大きめを選ぶことをオススメします。つま先のゆとりを作ることで、足を痛めることなく歩くことができるからです。

また登山・ハイキングでは厚手のソックスを履くことも多く、ワンサイズ大きい方が安心です。

1 2

旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。

何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。