トップ > ライフスタイル >  アウトドア > アウトドアグッズ >

おすすめのランタン25選!ランタンの灯りを楽しみましょう 画像:123RF

まっぷるライフスタイル編集部

更新日:2022年7月5日

この記事をシェアしよう!

おすすめのランタン25選!ランタンの灯りを楽しみましょう

今回はおすすめのランタンをご紹介します。

キャンプなどのアウトドアから、もしもの時の防災対策としても活躍するのがランタン。
電源がないところでも照明として明るく照らすことができます。

ランタンは種類により、特徴が異なります。
そこで今回はランタンの種類と特徴を紹介。
おすすめのランタンも厳選して紹介しますので、ご自身にぴったりのランタンを見つけてください!

ランタンの種類について知ろう

ランタンの種類について知ろう
画像:123RF

おすすめのランタンをご紹介する前に、ランタンの種類と特徴をご紹介。

ランタンにはいろいろな種類があります。手軽に使えるタイプのものから、使い続けていくことで味が出てくるもの、雰囲気を重視したランタンなど自分の使いたいシチュエーションで使い分けることができます。

それぞれの特徴を知り、自分に合うランタンを見つけましょう。

ランタンの種類1.LEDランタン

ランタンの種類1.LEDランタン
画像:123RF

ランタンの中で主流となっているのがLEDランタン。

LEDランタンはアンティーク風なものからシックなデザイン、ゴージャスなデザインまで機能的なランタンだけでなくおしゃれなランタンもラインナップされているのが特徴です。

LEDランタンの特筆すべきメリットは安全性の高さ。火事や火傷の心配がなく、テント内や車の中でも使用でき、万が一倒れても安心。小さな子どもがいるファミリーでも安心して使うことができます。

また充電式や電池式で使用できるためメンテナンスに手間がかからない点や、燃料を必要とするランタンよりも手軽に使えるという点もメリットと言えるでしょう。

ランタンの種類2.オイルランタン

ランタンの種類2.オイルランタン
画像:123RF

適度な明るさと、炎の揺らめき。抜群のムードを演出してくれるオイルランタン。

キャンプなどではLEDランタンが主流となってきていますが、あえてオイルランタンを選択するキャンパーも多く存在します。

照明として使用する場合、オイルランタンはLEDランタンに比べると性能は劣ります。しかし、オイルランタンの仄かな明るさや揺れる炎の暖かみは、デジタルでは演出ができないアナログならではの「ぬくもり」が魅力。

オイルランタンには、キャンプで使用することがメインの「ハリケーンランタン」、室内で使用するのにおすすめの「テーブルランタン」があります。

ハリケーンランタン

ハリケーンランタンの名前は、ハリケーンの中でも炎が消えないランタンという意味に由来しています。その名の通り、強風下でも灯りを確保できるのでキャンプなどにはハリケーンランタンがおすすめです。

テーブルランタン

テーブルランタンは卓上に置き身の回りを照らすことを目的としたランタンです。メインの照明として使用することが多いハリケーンランタンに比べ、卓上での使用となるテーブルランタンは明るすぎない優しい灯りが特徴。お洒落なデザインが多く、アンティーク調なものもあるので食卓や読書などの雰囲気を抜群によくしてくれます。

ランタンの種類3.ガスランタン

ランタンの種類3.ガスランタン
画像:123RF

オイルランタンと同じくガスランタンにも独特の「ぬくもり」があります。

ガスランタンはアナログな道具なので、使い方が少し難しいと思うかもしれませんが、実は扱いが簡単なんです。ガスランタンの点火と消火はツマミをひねるだけ。アウトドア初心者でも扱い易いのが特徴です。

ガソリンランタンやオイルランタンと比べ手入れも楽で、事前準備の必要もありません。そのためアウトドアの他に、停電時や緊急時の備えにもガスランタンはおすすめですよ。

ガスランタンに使用されるガスの種類は主に2種類で「CB缶」と「OD缶」です。

CB缶

入手のしやすさや手軽さを求める方にはCB缶がおすすめ。カセットボンベと言われる、スーパーやドラッグストアで簡単に手に入るガス缶がCB缶です。初心者でも簡単に安全に扱えるので安心。

OD缶

アウトドアシーンを目的に使用されているガス缶が「OD缶」。気温の低い所や、多少の風があっても安定している火力が特徴です。各メーカーで出していますが、少々高価なためコスト面は留意が必要です。

おすすめのランタン25選

おすすめのランタン25選
画像:123RF

ランタンの種類と特徴はお分かりいただけましたでしょうか?

便利で機能的なランタンだけでなく、それ以外にもランタンには魅力があります。どのようなシチュエーションで使いたいかを想像してランタンを選ぶようにしましょう。

ここからはおすすめのランタン25選を紹介します。種類別におすすめのランタンを集めましたのでお気に入りのランタンを見つけてくださいね。

おすすめのランタン LEDランタン編

おすすめのランタン1.BALMUDA The Lantern L02A

おすすめのランタン1.BALMUDA The Lantern L02A
画像:Amazon

2003年に東京で設立されたクリエイティブとテクノロジーの会社BALMUDA。
BALMUDAのThe Lanternはデザインを一目見ただけで温かみのある明かりの雰囲気を出してくれることが想像できますよね。

オリジナルのLEDを搭載しキャンドルのように揺らめく光や調光機能による明るさレベルに応じて変化させることができます。光の色も選べるのでいろいろなシーンで活躍するLEDランタン。

ボディーカラーは6色から選べるので自分のアイテムに合わせられるのが嬉しいですね。

電源:バッテリー式
サイズ:26.2 x 13.6 x 13.6 cm
重さ:630g
素材:ABS
輝度:195 ルーメン
参考価格:15,950円

おすすめのランタン2.ロゴス Bamboo ゆらめき かぐやランタン

おすすめのランタン2.ロゴス Bamboo ゆらめき かぐやランタン
画像:Amazon

低価格で質のいいキャンプ用品を扱うロゴス。Bamboo ゆらめき かぐやランタンは自然のぬくもりが感じられる照明です。

注目するべきは竹の香りと手ざわりを楽しめるアナログな外観。シンプルなデザインですが竹の素材を採用することで暖かさを感じることができます。
見た目はアナログですが機能は充実しています。ロウソクの炎を再現した「ゆらめきモード」は優しく揺れる炎のような灯りを楽しめるおしゃれなLEDです。

電源:バッテリー式
サイズ: 16.8×12×32cm
重さ:825g
素材:竹集成材、アルミ、ポリカーボネート
輝度:220ルーメン
参考価格:11,990円

おすすめのランタン3.ロゴス USBシェードランタン

おすすめのランタン3.ロゴス USBシェードランタン
画像:Amazon

ロゴスのUSBシェードランタンもおしゃれなLEDランタンとしておすすめ。テントサイトを暖かな光で装飾するシェードが付いたLEDランタンなので温かみのある雰囲気を演出できます。

電源は市販のモバイルバッテリーなどで給電が可能。カラビナ付きでドリップベルトやフックなどひっかけやすくスムーズに吊り下げられます。

電源:USB5V 2A
サイズ:180cm
重さ:150g
素材:シリコン、アルミニウム、スチール
輝度:200ルーメン
参考価格:11,990円

おすすめのランタン4.コールマン バッテリーガードLEDランタン 1000

おすすめのランタン4.コールマン バッテリーガードLEDランタン 1000
画像:Amazon

キャンプ用品の定番として定評のあるコールマン。おしゃれなLEDランタンがほしいけどキャンプでの実用性も捨てられないという人におすすめのLEDランタンがバッテリーガードLEDランタン 1000。

一番明るい設定にすれば1000ルーメン。1000ルーメンあればキャンプ時の食卓テーブルや夜間の作業にも最適です。
防水性能もしっかりしているのもキャンプ使用時には嬉しいポイント。キャンプを好むユーザーの使い勝手を理解しているLEDランタンです。

電源:バッテリー式
サイズ:11×21.5cm
重さ:570g
素材:ABS樹脂
輝度:High 1000ルーメン/Medium 250ルーメン/Low 75ルーメン
参考価格:5,800円

おすすめのランタン5.ベアボーンズ リビング フォレストランタンLED

おすすめのランタン5.ベアボーンズ リビング フォレストランタンLED
画像:Amazon

おしゃれなLEDランタンが人気のベアボーンズ。リビング フォレストランタンは炭鉱用カンテラを模したクラシカルなデザインがとてもおしゃれなモデルです。

カラーはアンティークブロンズとレッドの2色展開。どちらのカラーもアウトドアに馴染む落ち着いた色味が特徴です。特にアンティークブロンズは使い込んだレトロな質感が上手く表現されています。
質感や見た目にこだわりのあるベアボーンズならではのおしゃれなLEDランタンです。

 

電源:バッテリー式
サイズ:24×15.2cm
重さ:510g
素材:スチール、プラスチック、ステンレス
輝度:5~200ルーメン
参考価格:3,980円

おすすめのランタン6.ベアボーンズ レイルロードランタンLED

おすすめのランタン6.ベアボーンズ レイルロードランタンLED
画像:Amazon

ベアボーンズのLEDランタンでリビング フォレストランタンと人気を二分するのがレイルロードランタン。

戦前に北米の鉄道会社で使用されていたスタイルを現代版に再現したLEDランタン。丸みを帯びたコロンとしたフォルムが可愛いですよね。
アンティークなデザインにスチールを活かしたレトロな質感はベアボーンズの特徴。ガラスのホヤ部分には気泡が入っているなど細かい再現が嬉しいですよね。

電源:バッテリー式
サイズ: 32.5×14.8㎝
重さ:861g
素材:スチール、プラスチック、ゴム
輝度:35~200ルーメン
参考価格:6,050円

おすすめのランタン7.キャプテンスタッグ フローティングLEDランタン type2<ソーラー&USB充電式>

おすすめのランタン7.キャプテンスタッグ フローティングLEDランタン type2<ソーラー&USB充電式>
画像:Amazon

アウトドアに最適な防水タイプのフローティングLEDランタン。水に浮くLEDランタンなので工夫次第でいろいろな使い方ができそうですよね。

カラーはポップで可愛い3色展開。グリーン、ピンク、ブルーがあります。
水辺で使用する時に便利なのが本体内の収納スペース。本体にちょっとした収納ができるので濡らしたくない小物などを入れることができます。

おしゃれな見た目ですが、ソーラー充電も可能なLEDランタンなので災害時にも活躍しそうですね。

電源:ソーラー充電、USB充電
サイズ:9.5×16.7cm
重さ:200g
素材:シリコン、エラストマー樹脂
輝度:100ルーメン
参考価格:2,120円

おすすめのランタン8.フィールドア アンティーク LEDランタン

おすすめのランタン8.フィールドア アンティーク LEDランタン
画像:Amazon

オイルランタンのような優しく穏やかな灯りが灯るフィールドアのアンティーク LEDランタン。すりガラスを採用しており暖色系の暖かみのある光が魅力です。

「ゆらぎモード」では本物のオイルランタンのように灯りが揺らめきます。揺らめく灯りを眺めているだけで心が落ち着きますよ。
アンティーク風な見た目と揺れる灯りを眺めながらゆったりとした時間を過ごしたい人におすすめのLEDランタン。

電源:バッテリー式
サイズ:16×11.5×27cm
重さ:365g
素材:ガラス、合金鋼
輝度:80ルーメン
参考価格:2,000円

おすすめのランタン9.Ledlenser ML4 Warm

おすすめのランタン9.Ledlenser ML4 Warm
画像:Amazon

プロ仕様のライトも手掛けているドイツのLedlenser(レッドレンザー)。シャープでミニマルなデザインがおしゃれなLEDランタンです。

手の中にすっぽりと収まるサイズですが300ルーメンと明るさは十分。小柄で軽量なLEDランタンなのでカラビナで腰に装着したり、ペンダントにしたりすることもできます。
シェードや防虫効果のあるアンバーグローブなど別売りのオプションアイテムも充実しているので自分好みにカスタマイズするのもおすすめ。

電源:専用充電池/ 乾電池
サイズ:φ29mm×97mm
重さ:71g
素材:プラスチック
輝度:300ルーメン
参考価格:4,950円

おすすめのランタン オイルランタン編

おすすめのランタン10.フュアハンド ランタン 276 ジンク

おすすめのランタン10.フュアハンド ランタン 276 ジンク
画像:Amazon

1902年、ドイツで産まれた伝統的なランタンメーカーのフュアハンド社。フェアハンド社のモデルの中で最も有名なのが「ランタン 276 ジンク」です。

基本デザインは100年以上経った今でも変わっていません。コンパクトで一見すると質素な外見ですが、性能は抜群。雨や風に強く、真冬でも炎を灯し続けます。

積み重ねてきた長年の実績により、ヒマラヤ遠征や航海用、さらに各国の軍用ランタンにも採用されるほど信頼されています。最初に手にしてほしいハリケーンランタンの定番モデルです。

ランタンの形状:ハリケーン
芯幅:5分芯(15mm)
サイズ:15×15×26cm
重量:520g
タンク容量:340ml
連続燃焼時間:20時間
参考価格:5,300円

おすすめのランタン11.デイツ ハリケーンランタン デイツ 78

おすすめのランタン11.デイツ ハリケーンランタン デイツ 78
画像:Amazon

フュアハンド社と並び比較されることが多い、1840年に誕生したアメリカの老舗メーカーデイツ社。フェアハンド社と同じく長年の歴史と実績から信頼のランタンを販売していることで有名です。

デイツ社で人気なのが「ハリケーンランタン デイツ 78」。本体は丈夫な設計になっていて安心の剛性感。無骨なデザインはキャンプの雰囲気を盛り上げてくれることでしょう。

サイズ、デザイン、性能、価格のバランスが取れたモデルでおすすめです。

ランタンの形状:ハリケーン
芯幅:4分芯(12mm)
サイズ:15×13×26.5cm
重量:486g
タンク容量:340ml
連続燃焼時間:11時間
参考価格:4,980円

おすすめのランタン12.デイツ ハリケーンランタン デイツ 30

おすすめのランタン12.デイツ ハリケーンランタン デイツ 30
画像:Amazon

「ハリケーンランタン デイツ 78」にもっと灯りが欲しいという方におすすめなのが、中型サイズの「ハリケーンランタン デイツ 30」。デイツ社はサイズ違いでいろいろなモデルがあるので用途に合わせて選択するのがおすすめです。

作業をするための照明としては明るさがやや不安ですが、雰囲気作りとしてはちょうど良い明るさ。明るさも欲しいけど大きすぎるランタンは持ち運びが億劫、と心配の方にちょうど良いサイズです。

もちろん、デイツ社の無骨なデザインと堅牢さは健在です。

ランタンの形状:ハリケーン
芯幅:5分芯(15mm)
サイズ:18×15×30cm
重量:660g
タンク容量:480g
連続燃焼時間:23時間
参考価格:5,200円

おすすめのランタン13.デイツ ハリケーンランタン A8

おすすめのランタン13.デイツ ハリケーンランタン A8
画像:Amazon

大型で明るさを求めるならば「ハリケーンランタン A8」がおすすめです。

大型サイズのハリケーンランタンでは「ハリケーンランタン A8」が現在のスタンダードモデル。長い間、大型サイズの定番だった「ハリケーンランタン デイツ 90」を改良して1954年に発売が開始されたモデルです。

大型ですが、高さを抑えたデザインが特徴。高さを抑えることで無骨でドシっとした見た目で存在感抜群。無骨なデザインが魅力の一つでもあるデイツ社のハリケーンランタンですが、その中でも圧倒的な迫力を持ったモデルです。

ランタンの形状:ハリケーン
芯幅:7分芯(21mm)
サイズ:20.4×19.5×33.5cm
重量:940g
タンク容量:930ml
連続燃焼時間:27時間
参考価格:5,677円

おすすめのランタン14.デイツ ハリケーンランタン 2500 ジュピター

おすすめのランタン14.デイツ ハリケーンランタン 2500 ジュピター
画像:Amazon

「ハリケーンランタン A8」より更に大型のモデルが「ハリケーンランタン 2500 ジュピター」。デイツ社のハリケーンランタンでは最大級クラスのモデルになります。

大型オイルタンクの容量は2500ccで、燃焼時間は75時間程です。数日間、オイルを気にすることなく過ごすことができますよ。

このサイズのハリケーンランタンになってくると照明としてだけでなく、ちょっとした暖房器具としても活躍してくれます。

サイズが大きく重量もかなりあるモデルになるので、車移動での使用がメインになる方におすすめ。

ランタンの形状:ハリケーン
芯幅:7分芯(21mm)
サイズ:22.5×22.5×39cm
重量:約1.2kg
タンク容量:2500ml
連続燃焼時間:75時間
参考価格:15,900円

おすすめのランタン15.キャプテンスタッグ オイルランタン UK-506

おすすめのランタン15.キャプテンスタッグ オイルランタン UK-506
画像:Amazon

あらゆるキャンプ用品を取り扱っているキャプテンスタッグ。発売されているキャンプ用品はコストパフォーマンスが良く定評があります。そんなキャプテンスタッグから発売されているハリケーンランタンが「オイルランタン UK-506」。光沢が美しく、オールド感のある飽きのこないデザインが人気のモデルです。

本体は持ちやすく、見た目以上に軽いのが特徴。点火の作業もスムーズに行えます。ストレスなく使用できるように考えられた設計が好印象。リーズナブルな価格と使いやすさで人気のモデルです。

ランタンの形状:ハリケーン
芯幅:130mm
サイズ:16×12×25cm
重量:370g
タンク容量:200ml
連続燃焼時間:14時間
参考価格:2,360円

おすすめのランタン16.JFEIBLUE オイルランタン

おすすめのランタン16.JFEIBLUE オイルランタン
画像:Amazon

素材が鉄で形成されていているJFEIBLUEの「オイルランタン」。大きめのサイズなので照明としての明るさも十分です。見た目以上に軽量なので持ち運びもしやすく、作業時の照明として活躍してくれます。

低価格のため品質が不安と思われる方もいるかもしれませんが、作りはしっかりしていて使用に不便は感じません。また、防錆などの腐食を抑えるコーティングもされているので手入れをすれば長く愛用できますよ。

まずは価格を抑えてハリケーンランタンを試してみたいという方におすすめのランタンです。

ランタンの形状:ハリケーン
芯幅:-
サイズ:38×20×16cm
重量:-
タンク容量:-
連続燃焼時間:-
参考価格:2,980円

おすすめのランタン17.マウントハッピー オイルランタン

おすすめのランタン17.マウントハッピー オイルランタン
画像:楽天市場

作業など実用的に使用するのではなく、雰囲気作りをするのにおすすめのランタン。良心的な価格ですが作りは悪くなく、入門用として試しに購入するのに向いています。

デザインも良く、カラー展開もされているので好みに合わせて選べるのは嬉しいですね。

ランタンの形状:ハリケーン
芯幅:110mm
サイズ:幅15×高さ23cm
重量:-
タンク容量:250ml
連続燃焼時間:-
参考価格:1,590円

おすすめのランタン18.HOLMEGAARD ハリケーンランタン 4343541

おすすめのランタン18.HOLMEGAARD ハリケーンランタン 4343541
画像:Amazon

ホルムガード社は 1825 年にデンマークに設立された伝統あるガラスブランド。そのクオリティの高さから、デンマーク王室御用達ブランドにも選ばれています。

ホルムガード社のランタンの特徴は熟練の職人たちの技術によって生み出されるユニークで優れたデザイン。日本でもホルムガード社の花瓶やランタンはとても人気があります。

「ハリケーンランタン 4343541」は、吹きガラスの美しいシルエットに皮の持ち手がアクセント。シンプルで上品に仕上がった芸術作品のようなハリケーンランタンです。

ランタンの形状:ハリケーン
芯幅:-
サイズ:高さ33cm
重量:-
タンク容量:-
連続燃焼時間:-
参考価格:22,000円

おすすめのランタン ガスランタン編

おすすめのランタン19.コールマン 2500 ノーススター LPガスランタン 2000015520

おすすめのランタン19.コールマン 2500 ノーススター LPガスランタン 2000015520
画像:Amazon

キャンプ・バーベキュー用品の定番として定評のあるコールマン。こちらのガスランタン、「2500 ノーススター LPガスランタン」は長年に渡りランタン売上ランキングの上位に君臨する定番ガスランタンです。

明るさは十分と言っていいほどの光量(約320CP/200W)があるので実用的な使用も可能。夜の調理や作業も問題なくできます。

使用方法は簡単で、ガスを出しワンプッシュボタンで火が付きます。

実用的な明るさがあるガスランタンですが、LEDとは異なる温かみのある灯りなので雰囲気は抜群。筆者も長年愛用するおすすめのガスランタンです。

ガスの種類:OD缶
サイズ:約φ145×260mm
重さ:約1.3kg
素材:スチール
光量(参考):約200W相当
参考価格:12,546円

おすすめのランタン20.snow peak ギガパワーランタン 天 オート GL-100AR

おすすめのランタン20.snow peak ギガパワーランタン 天 オート GL-100AR
画像:Amazon

国内のキャンプシーンにおいて最も勢いがあるブランドといえばスノーピーク。大人気のスノーピークからリリースされているガスランタンが「ギガパワーランタン 天 オート」です。

ギガパワーランタン 天 オートはスノーピークのファーストランタンとして1998年のデビュー。世界中のユーザーから絶大なる支持を得ている人気モデルです。

小型ながら最高出力80W相当の明かりを放ち、ケースに入れても軽量コンパクトなので荷物にならないのも特長です。

ガスの種類:OD缶
サイズ:φ59×95mm
重さ:125g
素材:ステンレス、アルミニウム合金、ブラス、耐熱ガラス
光量:80W相当
参考価格:8,580円

おすすめのランタン21.イワタニプリムス IP-2245A-S

おすすめのランタン21.イワタニプリムス IP-2245A-S
画像:Amazon

イワタニプリムスは、LPガスやカセットコンロで有名な「イワタニ」のグループ会社。紹介するガスランタンは、マイナーチェンジを重ねながら長年愛され続けている「イワタニプリムス IP-2245A-S」です。

スリガラス仕様のホヤを採用しているため、テーブルの上に置いたときの眩しさが抑えられ快適に使用できます。

吊り下げが簡単に行えるワイヤーサスペンダーを採用しているので、木やランタンフックに吊るして使いたい方におすすめのガスランタンです。

ガスの種類:OD缶
サイズ:83×83×127mm
重さ:200g
素材:-
光量:100W相当
参考価格:13,200円

おすすめのランタン22.SOTO プラチナランタン SOD-250

おすすめのランタン22.SOTO プラチナランタン SOD-250
画像:Amazon

極地に挑む登山家や冒険家の想いがフィードバックされたアイテムが特徴のSOTO。衝撃に強いガスランタンを探している方におすすめのモデルが「プラチナランタン SOD-250」です。

多くのガスランタンで使われているマントルを使わずにプラチナ発光体を採用しているのが特徴。マントルの空焼きの手間がかからないだけでなく、保護用のホヤも不要なため、衝撃などで割れる心配がありません。

120lux(80W相当)の照度を備えているので、登山時のメインランタンとしても活躍するガスランタンです。

ガスの種類:OD缶
サイズ:77×65×110mm
重さ:210g
素材:プラチナ、ステンレス、樹脂
光量:80W相当
参考価格:15,500円

おすすめのランタン23.コールマン ノーザンノバ

おすすめのランタン23.コールマン ノーザンノバ
画像:Amazon

コールマン史上最大の明るさを実現させたガスランタンが「ノーザンノバ」。

明るさは3,000ルーメン。3,000ルーメンはおよそ30m以上先まで照らすことができる明るさです。ノーザンノバがあればキャンプサイト全体を明るくすることができますよ。

チェーンワイヤーが付属されているので木などに吊り下げて使うのにも便利。また折りたたみ可能なスタンドを使えば、地面に直接置くことも可能。

とにかく明るさを重視する人におすすめのガスランタンです。

ガスの種類:OD缶
サイズ:400×350×450mm
重さ:1.7kg
素材:スチール
光量:3000LM
参考価格:20,728円

おすすめのランタン24.キャプテンスタッグ フィールド ガスランタン

おすすめのランタン24.キャプテンスタッグ フィールド ガスランタン
画像:Amazon

全体照明として使える明るさの強いガスランタンを探している人におすすめなのが、キャプテンスタッグの「フィールド ガスランタン M UF-9」。

照度は約350ルクス(白熱電球60w相当)あるので、とても明るい環境を作ることができます。また、キャンプサイト全体を照らすのに便利な折り畳み式の吊るし金具がついているのは嬉しいポイント。

操作はシンプルで着火ボタンと光量を調整するツマミのみで簡単に扱えるのも特徴です。

ガスの種類:OD缶
サイズ:105×100×155mm
重さ:510g
素材:ステンレス、鉄、真鍮
光量:(約)350ルクス
参考価格:13,200円

おすすめのランタン25.SOTO レギュレーターランタン ST-260

おすすめのランタン25.SOTO レギュレーターランタン ST-260
画像:Amazon

低温下や連続使用時のボンベの冷えは光量低下を招く原因。この問題に向き合ったガスランタンがSOTOの「レギュレーターランタン ST-260」です。

SOTOレギュレーターランタンは低温下や連続使用時でも比較的安定した光量を発揮するガスランタン。寒冷地や寒い時期にガスランタンを使う機会が多い人におすすめです。

ホヤはメッシュ製になっているので壊れにくいのも特長です。

ガスの種類:CB缶
サイズ:100×130×150mm
重さ:247g
素材:ステンレス、樹脂
光量:150ルクス
参考価格:6,800円

ランタンの灯りを楽しみましょう!

ランタンの灯りを楽しみましょう!
画像:123RF

おすすめのランタン25選を紹介してきましたが気になるランタンは見つかりましたか?

使いやすいLEDランタンも良いですが、ガスやオイルのランタンも良さがあるのでおすすめです。シチュエーションや演出によって使い分けるのがおすすめ。
ランタンの灯りを楽しみましょう!

旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。

何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。