フリーワード検索

トップ > ライフスタイル >  DIY > DIYレシピ >

DIYで机を作ろう! おしゃれなアイアンPCデスクの作り方

池野誠

更新日:2022年3月23日

この記事をシェアしよう!

DIYで机を作ろう! おしゃれなアイアンPCデスクの作り方

今回はDIY初心者でも簡単に作れる、おしゃれな机作りに挑戦します。

せっかく机を作るなら普通の机じゃ面白みに欠けますよね?
リモートワークも増える昨今、おしゃれなPCデスクを用意して気分を盛り上げたいところ。

今回はアイアンの脚とシックな木目がおしゃれな机作りに挑戦します。

普通に購入すると10万円以上してしまうアイアンの机。
DIYでPCデスクを作ると破格の値段で作ることができてコスパ最強なんです!

それでは、DIY初心者でも迷わずおしゃれな机が作れるように詳しい手順を解説します。

DIY初心者でもこんなお洒落な机が作れます

それではDIYでアイアンデスクを作るための材料や手順を見ていきましょう!

DIYで作る机のサイズを決めよう

DIYで作る机のサイズを決めよう
画像:123RF

使用用途で机のサイズは変わってきますが、今回はPCデスクをDIYで制作します。

著者
    PCデスクを選ぶ時に注意したいのが幅と奥行きのサイズ!

机の高さは一般的に700mm前後ですが、幅と奥行きは使いやすさとスペースを加味して検討しましょう。作業する環境によって快適なサイズが変わってきますので目安を記載します。

ノートPCを使用する場合の机のサイズ

幅600mm×奥行400mm以上

一般的なサイズのノートPCを置くには机の幅が600mm、奥行きは400mm以上が必要です。幅が600mmあればノートPCの横に資料や飲み物を置くことが可能。少しゆとりが欲しい場合は、もう少し余裕を持たせて900mmの幅がおすすめ。

デスクトップPCを使用する場合の机のサイズ

幅900mm×奥行500mm以上

デスクトップモニター、キーボード、マウスを使用しつつ、資料や飲み物を置き快適に作業をするのに必要な幅は900mm、奥行き500mm以上。この幅と奥行きを確保すれば多少の余裕を持って仕事をすることが可能です。

デスクワークに最適な机のサイズ

幅1200mm×奥行き700mm

少し場所を取りますが、デスクワークをより快適にするためには、幅が1200mm、奥行きは700mmを確保すると良いでしょう。ノートPCの場合でも作業用にモニターやキーボードを設置しても余裕があります。デスクトップPCの場合はサブモニターも設置できますよ。

今回のDIYでは、デスクワークに最適な机のサイズ(幅1200mm×奥行き700mm)でおしゃれな机作りに挑戦します。

今回のDIYで作る机の仕様はこちら

著者
    今回はPC作業が快適に行えるアイアン脚のPCデスクをDIYします!
項目 内容
用途

PCデスク(書斎用)

サイズ

幅1200mm×奥行700mm×高さ705cm

天板

パイン集成材 幅1200mm×奥行700mm×厚さ30mm


Amazonで詳細を見る

塗装

ワトコオイル ダークウォルナット W-13 1L


Amazonで詳細を見る

仕上げ

ワトコワックス ナチュラル W-15 200ML


Amazonで詳細を見る

アイアンレッグ 高さ670mm×奥行700mm


楽天市場で詳細を見る

施工時間目安

1時間30分(塗装の重ね塗り時間、乾燥時間は除く)

予算

29,298円

※予算は筆者の材料購入時点の金額。素材を購入するタイミングやサイトによって金額が前後します

DIYで机を作る際に必要な工具

DIYで机を作る際に必要な工具
画像:123RF
著者
    電動ドライバーがあるとDIYがはかどります。あると便利なので用意するのがおすすめ!普通のドライバーでも大丈夫ですが少し大変かも
工具名 用途
電動ドライバー

ネジ締めに使用

240番以上のサンドペーパー

天板をやすりがけする際に使用

刷毛 塗料を塗るのに使用
ウエス

布状のもので塗料やワックスの塗布、拭き取りなどに使用

ポリエチレン手袋

塗料を扱う際に使用

塗料カップ

塗料使用時に塗料カップに移してから使用

DIYで机を作る際に必要な材料

工具名 用途
パイン集成材

入手が簡単でコストパフォーマンスが高くおすすめ

ワトコオイル ダークウォルナット

美しい仕上がりで人気の塗料

ワトコワックス ナチュラル 撥水効果を高め、手垢防止に。艶消しなのも魅力
アイアン脚

今回はスクエアタイプをチョイス

DIYで机を作る際に必要な材料1.天板

DIYで机を作る際に必要な材料1.天板
入手しやすいパイン集成材を使用

集成材とは小さい木材を接着剤で再構成した木質材料。松科のパインを使用しているのがパイン集成材で、フローリングや家具に人気がある素材です。

今回は幅1200mm×奥行700mm×厚さ30mmのサイズを使用します。

今回はAmazonで販売しているパイン集成材テーブル板(幅1820mm×奥行910mm×厚さ30mm)を使用。サイズオーダーが可能なため、幅1200mm×奥行700mmで注文しました。

DIYで机を作る際に必要な材料2. 塗料

DIYで机を作る際に必要な材料2. 塗料
ダークウォルナットカラーで渋めの仕上がりを狙います。綺麗な色が出るので、ワトコの商品はおすすめ

ワトコオイルのカラーは、濃い落ち着いた色が特徴のダークウォルナットを選択。木の表面に塗膜を作らず、木に浸透するオイルなので木材の美しさを惹きたててくれます。

また亜麻仁油がベースとなっているため、シックハウス症候群の原因とされる原材料を使用していないので安心して使うことができます。

ワトコオイルで塗装をした後は、ワトコワックスを塗ります。ワックスを塗ることで撥水効果を高め、手垢防止になります。艶消しの仕上がりなので、落ち着いた雰囲気を損なわない点がおすすめです。

DIYで机を作る際に必要な材料3. 脚部分に使うアイアンパーツ

DIYで机を作る際に必要な材料3. 脚部分に使うアイアンパーツ
デスクの一般的な高さは700mm前後

脚とネジ、アジャスターがセットになっている商品が便利。天板にアイアンを留めるだけなので、DIY初心者の方にはおすすめです。今回使用したアイアン脚は高さ675mm×奥行き700mm。

DIYで机作りに挑戦!アイアン脚のPCデスク制作工程

ここからは机作りの手順を詳しく説明します。実際に作ってみて気付いたポイント、各工程で目安となる時間も記載しているので実際に机作りをする時の参考にしてください。

DIYで机作り STEP1.仮組みをする【所要時間:5分】

DIYで机作り STEP1.仮組みをする【所要時間:5分】
天板とアイアンレッグを仮組みして完成をイメージしよう!

脚を立てて天板を乗せただけですが良い感じに。まずは完成形をイメージすることでどういった仕組みで出来ているか理解することができます。

DIYで机作り STEP2.天板と脚のネジ留め【所要時間:15分】

DIYで机作り STEP2.天板と脚のネジ留め【所要時間:15分】
天板に脚を合わせてネジで留めていきましょう

天板に脚を合わせてネジで留めていきます。電動ドライバーがあれば作業はとても捗るので用意すると良いでしょう。

電動ドライバーを押し込むようにしてネジ留めをしていきます。体重をかけるように使用するとスムーズにネジ留めができますよ。脚は重たいので注意をすればズレることはありませんが、心配な場合は両面テープを使用して脚と天板がズレないようにしてください。

DIYで机作り STEP3.アジャスターを取り付けよう【所要時間:5分】

DIYで机作り STEP3.アジャスターを取り付けよう【所要時間:5分】
アイアン脚のセットに含まれるアジャスターを取り付け

脚にアジャスターを取り付け。ネジ式になっているので簡単に留めることができます。アジャスターを付けることでフロアの保護、ガタつき防止になりますよ。

これで脚と天板が固定され、机の形は完成。このままでもPCデスクとして使用することは可能ですが、おしゃれな仕上がりを目指して塗装に進みます。

DIYで机作り STEP4.塗装前の研磨作業【所要時間:10分】

DIYで机作り STEP4.塗装前の研磨作業【所要時間:10分】
240番以上のサンドペーパーで研磨

選ぶ木材にもよりますが、傷等がある木材の場合は100番ほどの粗いサンドペーパーから開始して、番手を上げて目の細い240番以上のサンドペーパーで仕上げていくようにしましょう。

DIYで机作り STEP5.ワトコオイルで塗装【所要時間:2時間30分】

DIYで机作り STEP5.ワトコオイルで塗装【所要時間:2時間30分】

ワトコオイルのダークウォルナットは濃い落ち着いた色が特徴。木の表面に塗膜を作らず、木に浸透するオイルなので木材の美しさを惹きたててくれます。人気の塗料で評判も良いので今回はワトコオイルを選びました。

著者
    塗装は木目に沿って塗るのがポイントです!

渋い色味が人気のワトコオイル ダークウォルナット。刷毛を使い木目に沿って塗っていきます。塗料が入ると一気におしゃれな雰囲気の机になってきました。

30分ほど乾燥させ、ウエスで乾ききらなかった塗料を拭き取り、更に1時間ほど乾燥。塗料が乾燥したら、一回目より薄く重ね塗りをしていきます。

一回目と同じように30分ほど乾燥させ、ウエスで乾ききらなかった塗料を拭き取り更に1時間ほど乾燥させます。木の内部からオイルが噴出してくることがあればウエスで拭き取ります。

その後、24時間ほど放置して塗料の完全な乾燥を待ちます。

DIYで机作り STEP6.ワトコワックスで仕上げる【所要時間:2時間】

DIYで机作り STEP6.ワトコワックスで仕上げる【所要時間:2時間】

刷毛、またはウエスを使いワックスを塗り広げていきます。30分ほど乾燥させ、ウエスで乾ききらなかった塗料を拭き取り、更に1時間ほど乾燥させます。

今回使用したワトコワックス ナチュラルは、使用することで撥水効果を高め、手垢防止になります。ワトコワックスは艶消しなので木材の渋い雰囲気を維持できるのでおすすめですよ。

乾燥したらウエスで磨き込むように乾拭きすれば完成。どうですかこの色味?高級感があり自画自賛の仕上がりに満足です。

DIYで机作り STEP7. おしゃれなアイアンデスクが完成

DIYで机作り STEP7. おしゃれなアイアンデスクが完成
著者
    3万円以下で完成!自画自賛の逸品です!市販のアイアンデスクに比べてコスパ最高で、初心者でも簡単に作れます。ただ、塗装は乾燥などの時間がかかるので気長に待つ余裕が必要です!

今回はアイアン素材でPCデスクをDIYしてみましたがいかがだったでしょうか?机のDIYは敷居が高いイメージを持たれる方も多いですが、想像していたより簡単に作れるのがお分かりいただけましたでしょうか?

塗料やワックスを乾燥させる工程があるので時間はかかりましたが、作業している時間は1時間30分くらいでした。

自作したアイアンデスクは愛着も沸きテンション上がりますよ。

DIYはコスパ最高で簡単!机以外にもチャレンジしよう!

DIYはコスパ最高で簡単!机以外にもチャレンジしよう!

驚くほど簡単に、そして安価でスピーディーにアイアンデスクを作ることができました。工具も基本的には電動ドリルしか使っていないのもポイント。工具が揃ってない初心者の方でも簡単に机を作ることができますよ。

アイアンデスクのDIYで自信をつけて、どんどん他のDIYにも挑戦していきましょう!

著者プロフィール

著者プロフィール

仕事で関わった造園業に魅力を感じたのがきっかけとなり、2020年より筆者自ら造園業を開始。苗や種の輸入を行いながら房総の山地を開拓しています。

趣味のスペースとして木更津に倉庫を借りたことがきっかけでDIYを開始。2021年からコツコツと倉庫の改修を行っています。これまでには水道を引き、コンクリートの補修、壁の張替を実施。工具等も揃ってきたので、これからは家具作りにも挑戦していきます。

実際に著者が挑戦しながら、初心者でも簡単にできるDIYを紹介していきます!

今回DIYを行った木更津倉庫

今回DIYを行った木更津倉庫

著者の出身地であり、大好きな千葉県木更津市。そこに隠れ家兼DIY作業用ガレージに使える物件を契約しました。都心から車で約一時間と好立地。趣味の釣り道具や仕事で使う撮影機材のメンテナンス、仲間とビールを片手に談笑する癒しの場所として活用しています。

今回DIYで作成したアイアンデスクや今後DIYで作成するアイテムで、殺伐とした倉庫をイメチェンしていきたいと思います!

筆者
池野誠

旅行、デジタルガジェット、釣りが趣味のノマドワーカー、ドローン講師。各地の観光情報、空撮や360度カメラなどを活用した美しい映像を発信していきたいです。最近はDIYも始めました。

エリア

トップ > ライフスタイル >  DIY > DIYレシピ >