> > >

%3CatariName%3Eimage-110.jpg%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

まっぷるマガジン

更新日:2020年8月7日

この記事をシェアしよう!

グアム旅行出発前に知っておきたい基本・観光情報あれこれ

グアムは日本から3時間半という近さとはいえ、国内旅行とは勝手が違い、戸惑うこともよくある。お金のことや、習慣、交通マナーなどなど。いざというときのために備えておけば、トラブルに遭っても落ち着いて対処できるはず。事前にしっかりと学んでおきたい。

通貨

通貨はUS$(ドル)と¢(セント)。$1=100¢。$1=約110円(2020年2月現在)。

おもに使われる紙幣は6種、硬貨は4種類。$1紙幣はチップによく使うので、多めに用意しておくと便利。

Macro view of 100 dollars bill
by fotolia - © andreitudoran

両替

基本的には日本国内の銀行か空港で両替しておこう。現地でも簡単に両替できるほか、ATMも多い。

空港

最も利用しやすい到着ロビーと出発ロビーに両替所がある。便利だが銀行や街なかの両替所ほどレートが良くないので、両替は最小限に。

ホテル

レートは良くないが、24時間フロントで両替可能。手数料はホテルにより異なるので両替の際に確認を。

両替所

観光スポットには私設の両替所があり、目印は「EXCHANGE」の看板。手数料やレートはまちまちだが、ショッピングセンター内にある両替所のなかには比較的レートが良いところもある。比べて選ぼう。

銀行

レートは良いが営業時間が短く、高額の場合、パスポートの提示を求められる場合もあるので注意。

チップ

レストランなどを利用する際に欠かせないチップは請求額の10~15%程度を加算して渡すのが一般的。

店によりサービス料込みで精算されていることもあるので、事前に確認して二重払いにならないよう注意。

電話

■公衆電話

ホテルのロビーや街なかに公衆電話があり、その使用方法は日本とほとんど変わらない。利用できる硬貨は¢5、¢10、¢25の3種類。

グアム島内の通話は1通話¢25(電話会社により異なる)。テレホンカードは、空港内の自動販売機やABCストアなどで購入できる。

■携帯電話とスマートフォン
日本で使っている携帯電話やスマートフォンをグアムで使うなら、海外での料金や設定を出発前に確認しておこう。

パケット代の高額請求を避けるため、データ通信はオフにしておく。Wi-Fi接続でSkypeやLINEなどを利用するとお得。

——
ドコモのパケットパック海外オプション
1時間200円からいつものスマホがそのまま海外で使えるパケット定額サービス。
出国前に申込み(無料)しておけば、好きなタイミングで利用開始できるのでムダがなく、利用時間終了後はデータ通信が自動停止するので使いすぎもない。
別行動の時も安心。詳しくはこちらから!

——

インターネット

スマートフォンの普及で、Wi-Fiスポットが増えている。カフェやショッピングセンター、ホテルのロビーなどでは無料Wi-Fiが使えるところもある。

パスワードや登録が必要ならスタッフに聞こう。いつでも気軽に利用するなら、空港などでレンタルできる海外用Wi-Fiルーターが便利。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ グアム」です。掲載している情報は、2014年11月〜2015年3月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。  最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。