> > > >

その1 どんな食べ物?

もとは上海料理が起源とされるが、台湾の定番料理として定着している。豚肉にねぎ、しょうがなどを混ぜた肉あんと煮こごり(熱するとスープになる)を、小麦粉の皮で包んだものがスタンダード。セイロにきれいに並べ、アツアツに蒸したのちに提供される。

その2 注文のしかた

注文は写真のようなメニュー名と値段が書いてある伝票に客が直接書き込むことが多い。伝票と一緒に写真付のメニューを渡されることも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その3 小籠包の食べ方

1 まずはタレを作り、

はじめに、しょうがを入れた小皿に酢と醤油を3:1の割合で入れる

858635

2 小皿に取ります。

せいろに箸をのばして小籠包の上部をつまみ、そっと小皿に取る

858803

3 タレをからめたら、

ほどよくタレをからめてレンゲの上にのせ、しょうがを少し添える

858719

4 スープを味わい、

小籠包の横からスープを吸ってから本体を食べる。やけどに注意

5 いただきます!

秘訣は冷めないうちに食べること。あんの絶妙なうまみを味わおう

その4 小籠包の豆知識

「小籠包」のメニュー名

一般的な豚肉あんの小籠包は「小籠湯包」や「小籠包子」と書いてあることも。「小籠湯包」は、錦糸玉子入りのスープに浸して食べる別の料理である場合もある。

甘い小籠包もある?

小籠包の中身を小豆やタロイモのあんにしたデザートもある。メニューに「甜」の字がついた欄は甘いもの(=デザート)という意味。

ハーフサイズに!

「半份(パンフェン)」で半分サイズの提供に対応してくれる店もあるので、お店の人にたずねてみよう。

その5 バリエーション

店によっては中身のあんにいくつかのバリエーションがある。へちまやエビ、カニなどは通常の豚肉あんに次いでポピュラーな具材だ。独創性あふれる小籠包もたくさんあるので、見かけたら試してみたい。

 

【関連リンク】

台湾素敵カフェで【休息一下】人気店を厳選紹介!

台湾・台北旅行出発前にチェック!格安時期はいつ?

859319

芋泥小籠包  ユィーニーシャオロンパオ
「タロイモ」

ほんのりとした上品な甘さと、ねっとりしたタロイモの食感が個性的な一品。

859827

烏龍茶小籠包 ウーロンチャーシャオロンパオ
「烏龍茶」

皮とあんに粉末茶葉を練り込んだ緑色の小籠包。京鼎樓でいただける。

859445

蟹粉小籠包 シエフェンシャオロンパオ
「カニ」

沙母という台湾産のメスガニの身とみそをポークと混ぜて包んでいる。濃厚な味わい。

859574

松露小籠包 ソンルウシャオロンパオ
「トリュフ」

豚肉に細かく刻んだトリュフを加えたゴージャスな小籠包。豊かな香りを楽しみたい。

%3CatariName%3E_DSC0907.eps%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

絲瓜蝦仁小籠包 スークアシアレンシャオロンパオ
「へちま&エビ」

へちまは人気の具材。シャキシャキした歯ざわりが楽しいさっぱり味。エビはプリプリ。

ほかにもこんな種類があります!

鶏肉(チーロウ)小籠包…鶏肉
韓式(ハンシー)湯包…キムチ
豆沙(トウシャー)小包…小豆あん
棗泥(ツァオニー)小包…なつめあん
抹茶(モーチャー)小包…抹茶味のあん

1 2 3 4
筆者

奥付:
「まっぷる台湾’18」が出展元となる記事に掲載されている営業時間や表記などのデータは、2016年10〜12月の調査・資料に基づくものです。諸事情により変更になる可能性がありますので、ご利用の際には改めて事前にご確認ください。
その他:
●料金、価格の単位は「元」で表示しています。2016年12月現在、1元=NT$1=約3.5円です。 ●ホテル、レストランなど一部施設では、別途サービス料がかかる場合があります。 ●休業日は、旧正月などの祝祭日や臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ●原則として地名、店名などは漢字(中国語) で記しています。一部、英語表記があるものは、英語を併記しています。また、地名などのカナ表記については、日本語では表現しきれない微妙な発音もありますので、注意が必要です。カタカナ表記は中国語の発音を表しています。 ●クレジットカードの利用には、手数料がかかる場合があります。 ●「両」や「斤」は台湾の重さの単位で、1両は37.5g。1斤は16両で600gとなります。 ●各掲載物件の電話・FAX番号は現地の番号です。日本から電話をかける場合は国際電話となります。携帯電話の場合は各電話会社のホームページなどで確認してください。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事のタグ