こちらの博物館もおすすめ

自然史博物館

ヨーロッパの博物誌を学ぶ

マリア・テレジアの夫フランツ1世のコレクションがもとになっている。『ヴィレンドルフのヴィーナス』のほか、宝石や鉱石のコレクションも見ごたえがある。

café

館内のカフェ
ノーチラス

643812

美術史博物館と対をなし、両館の間にはマリア・テレジア像が立つ

643820

アラゴナイト (aragonite)

炭酸塩鉱物の一種。鍾乳洞ではサンゴ状の鍾乳石となることがあり、「山サンゴ」(Flos Ferri)と呼ばれている。二枚貝の殻の主成分。

自然史博物館

現地名:
Naturhistorisches Museum
住所:
Burgring 7
地図を見る »
アクセス:
地下鉄2・3号線Volkstheaterフォルクステアーター駅から徒歩3分
TEL:
01-521-770
営業時間:
9:00~18:30(水曜は~21:00)
定休日:
火曜 
Webサイト:
http://www.nhm-wien.ac.at

熱帯蝶類博物館

蝶が舞う熱帯の別世界

王宮庭園の大温室が、熱帯植物と蝶の博物館となっている。一年中熱帯植物が茂り鮮やかな色の蝶が舞う。

643736

家族連れに人気がある

熱帯蝶類博物館

現地名:
Schmetterlinghaus
住所:
Burggarten
地図を見る »
アクセス:
地下鉄1・2・4号線Karlsplatzカールスプラッツ駅から徒歩6分
TEL:
01-533-8570
営業時間:
10:00~18:15(土・日曜、祝日は~16:45)、11~3月は10:00~15:45
定休日:
無休 
1 2 3
筆者

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事のタグ