まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

【バリ島グルメ】スパイシーな食の楽しみ方

Fotolia_120926679_Subscription_Monthly_M by fotolia - © hedge1

mapple

更新日:2018年3月25日

南国特有の香辛料を使った刺激的なインドネシア料理をはじめ、各国料理やファイン・ダイニングまで、食に飽きることはないグルメアイランド。食を制してバリを知ろう。

どこで何を食べるか

世界各地から旅行者が集まる観光地とあって、バリは「食の宝庫」でもある。バリ料理やインドネシア料理をはじめ、中国料理、日本料理、西洋料理、インド料理、モロッコ料理など多種多様な「食」が楽しめる。レストランの種類もさまざま。地元民が通うワルンと呼ばれる大衆食堂から気軽なカフェ、高級感あふれるファイン・ダイニングまで揃い、すべての旅行者の嗜好に応えてくれる。

%3CatariName%3ELIN_8012.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

店を選ぶ(種類と営業時間)

食堂

ナシ・チャンプルなどインドネシア料理を提供する地元の食堂を一般にワルンと呼ぶ。簡単な造りの店で値段も安い。ただしワルンの文字が店名に入った立派なレストランもあるので注意。
9:00〜22:00

%3CatariName%3ELIN_2831.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

レストラン

各国の料理が味わえる。田園に囲まれたレストランやプールを備えたレストランなど、リゾートならではのロケーションも魅力。最近はオーガニックを掲げるレストランが増えている。
10:00〜22:00

%3CatariName%3E_MG_4361.jpg%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

ファイン・ダイニング

いわゆる高級レストランで、厳格ではないがドレスコードがある。ホテルなどのメインダイニングに多い。一流シェフの作る素晴らしい料理が味わえるが、値段は先進国と変わらない。
8:00〜15:00 18:00〜22:00

%3CatariName%3ELIN_7696.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

フードコート

ショッピングモールのフードコートは、ローカル料理を地元の人々に交じって食べられるスポット。店頭にはメニューの写真もあり注文しやすい。
9:00〜22:00

屋台料理

市場などで見られる屋台料理は1皿Rp.2万~3万と非常に安い。ただし、溜まり水で皿を洗うなど衛生状態がよくないので注意が必要。
8:00〜22:00

189332
189326

料理をブンクスする
包むという意味のブンクス(Bungkus)は、屋台などでテイクアウトするときに使う言葉。「ブンクス」と言えば、料理を紙やビニール袋に包んでくれる。

カフェ

街なかには気軽に立ち寄れるカフェも多い。たいていは料理のメニューも充実しており、レストランとしても利用できるので便利だ。
8:00〜22:00

189009

バー

クタやスミニャックなどに多い。ゆったりしたラウンジバーからゲイ・バーまで、個性的なバーがいろいろ揃い、充実したナイトライフが送れる。
11:00〜翌3:00

航空券をお探しですか?
格安航空券の『最安値』をチェック »

予約する

基本的に予約はあまり必要ない。ただし大人数の場合や繁忙期は予約するのが望ましい。高級ホテルのファイン・ダイニングや舞踊を鑑賞しながら食事する店は予約が必要な場合も多い。

190128

入店から会計まで

入店して席に着く

ほとんどの店では自分の好きな席に座れる。高級レストランでは入店したら、出迎えてくれるスタッフに希望を伝えて案内してもらうのがスマート。

191665

料理を注文する

通常のレストランでは日本と同様にメニューから選んで注文する。ワルンでナシ・チャンプルを注文する際は、直接ショーケースからいくつか具材を選んで伝えることが多い。ジンバランのイカン・バカールでも、生け簀などからシーフードを選んで焼いてもらう。料金は魚介の種類と重さによって決まる場合がほとんど。

%3CatariName%3ELIN_0697.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

会計(チップ、税金について)

一般に10%の税金が加算され、その合計額にサービス料5~10%がさらに上乗せされる。伝票にサービス料が含まれていれば基本的にチップは不要。ワルンでもとくにチップは必要ない。どちらも細かいおつりを置いてくる程度でOKだ。

飲み物、氷についての注意点

日本と違い、レストランで水がサービスされることはない。水を飲みたい場合はきちんと注文しよう。レストランやホテルの氷はあまり神経質にならなくてもよいが、屋台の氷は蒸留していない生水を使用していることがあるので、避けたい。

%3CatariName%3ELIN_1425.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E90%3C/ajstAngle%3E
筆者:mapple

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ バリ島」です。掲載している情報は、2017年11〜2018年1月にかけての取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。