イタリアでぜひ買いたいブランド10選

イタリアでぜひ買いたいブランド10選
Gucci, Roma (Via Condotti), by achimh, CC BY-SA

ファッション、芸術の国といえばイタリアです。そんなイタリアに行った時買うべきオススメのイタリアブランドを一挙ご紹介させて頂きます。ハイブランドばかりですが日本で買うよりもとにかくお手頃価格!そしてイタリア人は良質の革に慣れているということでイタリアの路面店で並べられているものはクオリティーが高いとか!是非足を運んでみましょう。



グッチ GUCCI

7170015442_0f8db73f5c_z
Gucci – Firenze, by Mathieu Lebreton, CC BY
男女問わず人気のグッチは、1921年革製品で有名なフィレンツェ発のブランドとなります。グッチの頭文字Gをあしらったシグネチャーマークのバックや財布などの小物製品は昔から人気を保っています。変わらず定番のバンブーを取り入れたデザインも愛され続けています。最近はカラフルなレザー素材のバックが流行っている為、定番カラーだけではなくグッチもビビットカラーを取り入れています。

トッズ TOD’S

5080743540_cd9d76be72_z
IMG_8756.JPG, by 準建築人手札網站 Forgemind ArchiMedia, CC BY
トッズは靴を中心とした大人気上質レザーブランドです。1番の売れ筋はなんといってもメンズレデイースラインのトッズのローファーです。定番の型をつかいながらレザー素材、カラーバリエーションがとても豊富です!またレザー製品の小物、バッグも革が柔らかく、上質であるので見た目だけで高級感を感じ取ることができます。ややコンサバティブなファッションが好きな方、30代以上から上は幅広く支持され続けているブランドです。

プラダ PRADA

2057103325_c6f2fbe40f_z
Prada Milan, by amandabhslater, CC BY-SA
ミラノ発の1913年設立のブランドです。もともと革靴から始まったブランドであります。この約30年は創業者の孫娘がブランドデザイナーに就任し、更に女性に大人気のコレクションを次々に展開しています。あのポコノというナイロン素材のバッグ、小物からキャンパス地のトートバックまで、革ブランドでありながらも様々な素材で展開を広げています。

ミュウミュウ MIU MIU

5055824349_48fe8045fc_z
miu miu, by Désirée Keller, CC BY
プラダの姉妹ブランドとしてミュウミュウは、プラダの創立者の孫娘ミュウチャ プラダの幼少期のニックネームをつけたブランドです。プラダよりも少しヤング層をターゲットとしたややガーリー尚且つ個性的で少しエッジが効いたブランドです。他ブランドではそんなに取り揃えが多くないピンク系カラーのレザーがミュウミュウでは人気があります。

エンポリオアルマーニ EMPORIO ARMANI

5594313422_16f1457d69_z
Emporio Armani @ Night, NYC, by faungg’s photos, CC BY-ND
メンズブランドとして絶大な人気を得ているアルマーニ!メンズ高級ブランドのジョルジオ・アルマーニのセカンドブランドとしてややヤング層をターゲットとしたエンポリオアルマーニがオススメです。ブラックを基調としたスーツからカジュアルライン、そしてボクサーパンツの下着迄幅広く取り添えろえています。シンプル尚且つシックなエンポリオアルマーニはオススメのイタリアメンズブランドの1つです。

フェンディ FENDI

21014200479_ff47d1a32a_z
FENDI, by shinya, CC BY-ND
1925年イタリアローマ誕生のフェンデイも又革製品店からスタートしています。フェンデイは特に、頭文字Fのロゴが入ったショルダータイプのバゲットが絶大な人気シリーズです。やや低迷期があったフェンディもデザイナーの変更、またロゴを変更したりと転身し続けています。最近ではカラフルなラインを取り入れヤング層にも支持されるようになってきました。

マックス・マーラ MaxMara

8554579244_43ec5765ac_z
MaxMara, by fervent-adepte-de-la-mode, CC BY
1951年、イタリアのレッジョ・エミリアで誕生した高級レディース洋服ブランドのマックスマーラ。ややヤング層をターゲットとしたマックスアンドコーMax&Co、カジュアルラインを展開するマックスウィークエンドMax Weekendなどシーン・スタイル別に幅を広げていますが、何と言ってもマックス・マーラのロングコートはエレガントで、長く着られる女性の憧れとして年齢層幅広く支持されています。

セルジオロッシ Sergio Rossi

317338671_6ea71a4012_z
Sergio Rossi in Venice (2006-05-566), by Argenberg, CC BY
コチラは大人気のイタリア靴ブランド、セルジオ・ロッシです。1966年イタリアのボローニャを拠点に自信のブランド靴をブティックで売り始めました。それがこのブランドの始まりです。現在では多くの女性に愛されているセルジオ・ロッシのエレガントで繊細な美しい靴!価格帯も靴としては高価でありますが、ショップには靴マニアには堪らない逸品が数多く並んでいます。

サルバトーレフェラガモ Salvatore Ferragamo

4449627517_ab346d5699_z
Salvatore Ferragamo., by MIKI Yoshihito (´・ω・), CC BY
こちらも靴屋としてイタリア・フィレンツェでスタートしたブランド、サルバトーレフェラガモです。何と言ってもフェラガモのシグネチャーとリボンがあしらわれたパンプスは昔から絶大な人気を得ていることで有名ですね。最近では、バレリーナシューズのようなヒールがないもの、またはヒールが低いペタンコ靴が大人気です。カラーバリエーションも多く、コンサバなフェラガモブランドとかけ離れているイメージです。ヤング層に大人気です。

ボッテガヴェネタ Bottega Veneta

1660628530_4ed928fd47_z
Bottega Veneta, by Wallslide, CC BY
実は1966年に設立したボッテガヴェネタ、この10年くらいでようやく日本でも支持されるようになってきました。1番の特徴は革を編みこんだ革製品のバッグ、小物類です。とにかく丁寧に編み込まれており、肌触りも柔らかいのが特徴です。黒・茶系のベーシックなものから、そこに光沢を入れたもの、そして昨今はカラーバリエーションも充実しています。

最後に...

このように数多くのハイブランドから、ここには書ききれなかった、近々日本進出のイタリア高級下着ブランドのラペルラLa Parla、高級宝石ブランドのブルガリBVLGARI、ちょっと奇抜なデザインのドルチェ&ガッバーナDolce&Gabbana、ジーンズ・カジュアルブランドのディーゼルDIESELなど数えきれない程のブランドがあります。イタリア旅行の際は、お買い物も是非楽しみましょう!
筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!