トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 北関東 > 奥久慈

奥久慈

奥久慈のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

奥久慈のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。奥久慈シャモ、常陸牛、奥久慈のコンニャクなど情報満載。

奥久慈のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:121 件
  • 記事:19 件

1~20 件を表示 / 全 9 件

奥久慈シャモ(おくくじしゃも)

のびのび育った地鶏は柔らかくジューシー

  • ご当地名物料理

茨城は全国でも有数のシャモ(軍鶏)の生産地。その中で生まれたのが「奥久慈シャモ」。豊かな自然の中で育まれた鶏肉は、脂肪が少なめ。歯ごたえのよさと、コクのある味わいが特徴。

奥久慈シャモ

常陸牛(ひたちぎゅう)

エリート牛だけに与えられる称号

  • ご当地名物料理

いわゆる霜降り状で、きめ細かく柔らかな肉質、豊かな風味が特徴。約30ヶ月、じっくり育てあげた黒毛和種(黒牛)のなかでも、特別に選ばれた肉だけが「常陸牛」を名乗ることができる。

常陸牛

奥久慈のコンニャク(おくくじのこんにゃく)

藩の財政を支えた奥久慈地方の特産品

  • ご当地名物料理

奥久慈地方は古くからコンニャクの栽培・加工が盛んで、江戸時代には水戸藩の専売品として藩財政を支えていた。刺身コンニャクや田楽などにして、食物繊維とカルシウムたっぷりのヘルシー食材を味わおう。

常陸秋そば(ひたちあきそば)

選りすぐりの種をじっくり育てた至高のそば

  • ご当地名物料理

常陸太田周辺をはじめとする県北をメインに、旧金砂郷町の在来品種から選りすぐりの種を選抜して育成したものが「常陸秋そば」。その味は全国のそば職人から高い評価を受けている。

常陸秋そば

茨城のけんちんそば(いばらきのけんちんそば)

根菜たっぷりのけんちん汁とそばが合体

  • ご当地名物料理

茨城の郷土料理。そばを精進料理がルーツといわれるけんちん汁につけて食べる。江戸時代、けんちん汁とそばをつけ麺スタイルで食べ始めたのがルーツだとか。

茨城のけんちんそば

やみぞ森林のビール(やみぞもりのびーる)

天然水とドイツの麦芽を使った地ビール

  • おみやげ

製法によっていくつかの種類に分かれる地ビール。こだわりの製法で発酵させ素材の旨みを残している。自分好みの味を探すのも、このビールの楽しみ方の一つ。

やみぞ森林のビール

久慈のリンゴ(くじのりんご)

種類豊富な栄養満点の万能フルーツ

スーパーではほぼ1年中見かけるリンゴだが、味覚狩りとしては8月から12月頃がシーズン。9月頃の「つがる」「あかね」、10月頃の「ジョナゴールド」「紅玉」、11月の「ふじ」「王林」など種類も実に多彩だ。茨城では奥久慈でリンゴ狩りが楽しめる。

久慈のリンゴ

常陸太田のハス(ひたちおおたのはす)

清浄や慈悲の象徴とされる水辺の花

7~8月に水辺で白やピンクの花を咲かせる。早朝に咲き昼にはしぼんでしまうため、早朝から植物園などで撮影する様子も多く見られる。仏教とも密接に関係し、如来像とともに描かれることも多い。親沢池公園には、夏の風物詩を求めて多くの人々が訪れる。

常陸太田のハス

大子のハナショウブ・カキツバタ(だいごのはなしょうぶかきつばた)

微妙な色合いの白や紫の花が水辺を彩る

いずれもアヤメ科の花で、湿地や水辺に生育するので見分けはむずかしいが、ハナショウブは花が比較的大きくて弁元が黄色い。カキツバタは弁元に細長い白い筋がある。長福寺の花しょうぶ苑などで満喫できる。