トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 首都圏 > 多摩 > 青梅

青梅

青梅のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した青梅のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。井中居,昭和幻燈館,ぎゃらりーカフェはこ哉など情報満載。

  • スポット:40 件
  • 記事:4 件

1~10 件を表示 / 全 40 件

井中居

純和風の店で自然の味覚を堪能する懐石コースが楽しめる

竹林が茂る門や日本庭園などがあり、建物は明治初期に建てられた庄屋を改造。山菜や川魚などの山里の味覚をふんだんに使った懐石のコースが楽しめる。

井中居
井中居
井中居
井中居

井中居

住所
東京都青梅市藤橋2丁目32
交通
JR青梅線小作駅からタクシーで15分
料金
懐石コース=5346円~(昼)・6534円~(夜)/(サービス料別)

昭和幻燈館

青梅市出身の2人のアーティストよる作品がずらり

昭和レトロ商品博物館の別館。墨絵作家の有田ひろみ、ぬいぐるみ作家の有田ちゃぼによる常設展「有田ひろみ・ちゃぼの青梅猫町商店街」が楽しめる。

昭和幻燈館
昭和幻燈館
昭和幻燈館
昭和幻燈館

昭和幻燈館

住所
東京都青梅市住江町9
交通
JR青梅線青梅駅から徒歩5分
料金
大人250円、小・中学生150円(愛の手帳持参で50円引)

ぎゃらりーカフェはこ哉

手打ちうどん 根岸屋

名物のカレーうどん

名物は青梅生まれのブランド豚肉「TOKYO X」が花びら状に肉がのったボリューム満点の「TOKYO Xカレー南ばんうどん」。うどんとご飯が一度に食べられるハーフ&ハーフの「カレー丼うどん」も人気。

手打ちうどん 根岸屋

手打ちうどん 根岸屋

住所
東京都青梅市勝沼1丁目40-4
交通
JR青梅線東青梅駅からすぐ
料金
TOKYO Xカレー南ばんうどん(並)=1000円/カレー丼うどん=850円/

青梅赤塚不二夫会館

漫画の誕生秘話やトキワ荘の部屋の再現、グッズ販売店もある

ギャグ漫画家の赤塚不二夫のすべてがわかるテーマ館。キャラクターグッズや原画の展示、デビュー当時に住んでいたトキワ荘をイメージする部屋もある。オリジナルグッズの販売も行う。

青梅赤塚不二夫会館
青梅赤塚不二夫会館
青梅赤塚不二夫会館
青梅赤塚不二夫会館

青梅赤塚不二夫会館

住所
東京都青梅市住江町66
交通
JR青梅線青梅駅から徒歩5分
料金
大人450円、小・中学生250円(愛の手帳持参で大人100円引、小・中学生50円引)

繭蔵

1階は和食ダイニング、2階はギャラリーでイベント随時開催

大谷石を使った大正末期の建物を利用したダイニング&ギャラリー。1階は和食ダイニング、2階はギャラリーとなっており、ライブコンサートやワークショップなども開催している。

繭蔵
繭蔵
繭蔵

繭蔵

住所
東京都青梅市西分町3丁目127
交通
JR青梅線東青梅駅から徒歩8分
料金
蔵膳=3000円/菜食プレート=1000円/繭膳=1600円/

青梅鉄道公園

実物中心の展示やミニSLが大人気

鉄道開業90周年を記念して開設された公園。園内には鉄道の歴史を物語る11両の実物車両が展示されている。ミニSLもあり、家族連れでも楽しめる。

青梅鉄道公園

青梅鉄道公園

住所
東京都青梅市勝沼2丁目155
交通
JR青梅線青梅駅から徒歩15分
料金
小学生以上100円、未就学児無料(70歳以上は証明書持参で無料、障がい者手帳持参で無料)

青梅マラソン

約1万5千人のランナーが市内、多摩川沿いを走りゴールを目指す

青梅市内をスタートし青梅街道を通り、多摩川沿いのアップダウンのある道のりを毎年約1万5000人のランナーが走り抜ける。青梅市総合体育館がゴール。

青梅マラソン
青梅マラソン

青梅マラソン

住所
東京都青梅市~西奥多摩郡奥多摩町川井
交通
JR青梅線東青梅駅から徒歩5分(東青梅4丁目・スタート地点)
料金
10kmの部参加料=大人5000円、高校生3000円/30kmの部参加料=7000円/

MANSIKKA

MANSIKKA

住所
東京都青梅市富岡2丁目538-1

儘多屋

明治に創業した古き良き時代の宿

季節の恵みを盛り込んだ料理は、山の幸たっぷりの優しい味。多くの旅人が疲れを癒した岩風呂も、懐かしいような心地よさ。この旅館が歩んだ時代を垣間見られるようだ。

儘多屋
儘多屋

儘多屋

住所
東京都青梅市小曾木5丁目3140
交通
JR青梅線東青梅駅から西武バス飯能駅南口行きで20分、岩蔵温泉下車すぐ
料金
1泊2食付=13650円/外来入浴食事付(11:00~15:00、専用個室利用、要予約)=5940円/(入湯税別150円)

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください