トップ > 全国 > 東海・北陸 > 北陸 > 高岡・氷見 > 氷見

氷見

氷見のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

氷見のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。氷見うどん、氷見カレー、富山の白エビなど情報満載。

氷見のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:74 件
  • 記事:13 件

1~20 件を表示 / 全 8 件

氷見うどん(ひみうどん)

江戸時代から続く糸のように細いうどん

  • ご当地名物料理

氷見で作られているうどん。加賀藩献上御用うどんとして江戸以来の歴史がある。麺は手延べで細いのが特徴で、糸うどんとも呼ばれる。だしは地元産の魚醤(いしる)を使用。

氷見うどん

氷見カレー(ひみかれー)

味にアクセントを添える氷見産の煮干

  • ご当地名物料理

平成20(2008)年10月から氷見市内の加盟店で提供。氷見産の煮干しを使うことが絶対条件で、レストランや居酒屋、ベーカリーなどで提供。氷見牛入りのカレーが味わえる店もある。

氷見カレー

富山の白エビ(とやまのしろえび)

富山でしかとることのできない名物エビ

  • 旬魚介

富山湾の海底谷に生息する体長5~8cmほどの小型のエビ。常願寺川や神通川、庄川などの河口付近の海谷で捕獲される。「富山湾の宝石」と呼ばれる富山ならではの味。

富山の白エビ

富山のベニズワイガニ(とやまのべにずわいがに)

鮮度抜群のカニをいろいろな食べ方で

富山湾の海底は谷がいくつもあり、深海に棲むベニズワイガニの恰好のすみかとなっている。美しい赤色が特徴で、刺身や塩茹で、二杯酢、カニ汁、カニ鍋、またサラダや中華など、さまざまな料理法で味わえる。

富山のベニズワイガニ

富山のブリ(とやまのぶり)

日本一ともいわれる最高級のブリ

富山の寒ブリ漁は11~2月が最盛期で、中でも氷見に水揚げされる「氷見ブリ」は脂ののりがよく日本一と称されている。富山地方では縁起物として、めでたい時に供された。

富山のブリ

富山の甘エビ(とやまのあまえび)

とろりととろける、冬が旬の富山湾の恵み

富山湾を代表する冬の味覚・甘エビは、体長8~10cmぐらい。ピンクがかった透きとおるような身で、口に入れるととろけるような甘みが広がる。刺身で味わうほか、塩焼きや唐揚げ、塩辛などもある。

富山の甘エビ

氷見のフジ(ひみのふじ)

紫や白の房状の花が藤棚を美しく彩る

垂れ下がる花穂が美しいフジの花期は4月~6月。花色は薄紫、薄紅紫、白、桃などがある。日本固有種は、花房が長く蔓が右巻きのノダフジと、花房が短く蔓が左巻きのヤマフジに分けられる。富山県氷見市では、奈良時代の歌人・大伴家持がフジの花見に訪れたという藤波神社などが名所。

氷見のフジ

富山のツバキ・サザンカ(とやまのつばきさざんか)

秋から春にかけて順に見ごろを迎える

種類が豊富で品種によって咲く時期が異なるツバキとサザンカ。ツバキの花は完全には開かず、散るときはボトリと花ごと落ちる。サザンカの花は完全に開くことがほとんどで、花びらがばらばらに落ちるのが特徴。氷見には樹齢数百年の古木が点在し観賞スポットとなっている。

富山のツバキ・サザンカ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください