トップ > 全国 x 温泉地 > 中国・四国 x 温泉地 > 山陽・瀬戸内 x 温泉地 > 下関 x 温泉地 > 川棚温泉・角島 x 温泉地

川棚温泉・角島 x 温泉地

川棚温泉・角島のおすすめの温泉地スポット

川棚温泉・角島のおすすめの温泉地スポットをご紹介します。本郷川河畔の純朴な温泉地。色白美人になれると評判の湯「大河内温泉」、日本海と響灘を望む風光明媚な温泉地「下関つくの温泉」、下関の奥座敷として親しまれた江戸期からの湯治湯「川棚温泉」など情報満載。

川棚温泉・角島のおすすめの温泉地スポット

  • スポット:5 件

川棚温泉・角島の新着記事

1~20 件を表示 / 全 5 件

川棚温泉・角島のおすすめの温泉地スポット

大河内温泉

本郷川河畔の純朴な温泉地。色白美人になれると評判の湯

水田の広がる里、本郷川の河畔に湧く。天保10(1839)年、大河内中河原川辺の田で発見され、明治時代になり知られるように。現在は下関市の奥座敷として利用される。

大河内温泉
大河内温泉

大河内温泉

住所
山口県下関市豊浦町宇賀
交通
JR山陰本線湯玉駅からタクシーで10分
料金
情報なし

下関つくの温泉

日本海と響灘を望む風光明媚な温泉地

山口県の最西北端、北長門海岸国定公園内に位置し、響灘と日本海を望む地にある温泉。眼前の海士ヶ瀬戸には緑色の鳩島が浮かび、コバルトブルーの海に架かる角島大橋を望む絶景の地にある。

下関つくの温泉

下関つくの温泉

住所
山口県下関市豊北町神田
交通
JR山陰本線特牛駅からブルーライン交通角島行きバスで15分、西長門リゾート入口下車、徒歩5分
料金
情報なし

川棚温泉

下関の奥座敷として親しまれた江戸期からの湯治湯

開湯は寿永2(1183)年。九州、下関の奥座敷として親しまれる。俳人種田山頭火やピアニストのアルフレッド・コルトーが愛した温泉として知られ、老舗旅館を中心に温泉街らしい古風な情緒。

川棚温泉
川棚温泉

川棚温泉

住所
山口県下関市豊浦町川棚
交通
JR山陰本線川棚温泉駅からブルーライン交通川棚温泉行きバスで3分、終点下車、徒歩5分
料金
情報なし

津波敷温泉

響灘を望む温泉宿。地元の新鮮な魚介を使った料理が評判

響灘を望む一軒宿で地下から自噴する温泉に入浴できる。昭和44(1969)年開業の宿は、日本海に沈む夕日の眺めと、地元の魚市場で仕入れる新鮮な魚介を使った料理が評判。

津波敷温泉

住所
山口県下関市豊北町神田上
交通
JR山陰本線長門二見駅からブルーライン交通肥中行きバスで7分、津波敷下車すぐ
料金
情報なし

滝部温泉

高台からの眺めが魅力。山間に湧く静かな温泉

豊北町のほぼ中央、JR山陰本線滝部駅の近くに湧く温泉。地下1000mから湧出する湯は、純度の高いアルカリ性で、神経痛やリウマチ、婦人病などに効果があり飲用も可能。

滝部温泉

住所
山口県下関市豊北町滝部
交通
JR山陰本線滝部駅から徒歩10分