トップ > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 下関 > 下関 > 下関市街 > 

山口のおすすめ宿 萩・下関・山口タウン・長門で泊まるならココ!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年12月8日

この記事をシェアしよう!

山口のおすすめ宿 萩・下関・山口タウン・長門で泊まるならココ!

萩、下関、山口タウン、長門、川棚温泉、湯田温泉、長門湯本温泉のオススメ宿を一気にご紹介!
山口県内には良泉を引く温泉宿が数多くあり、
名湯と合わせて料理や雰囲気なども楽しめる、
オススメのくつろぎの宿をチェックしてみましょう。

萩本陣(萩)

萩の城下町をイメージした湯屋街に並ぶ14種の湯
吾妻山を背景に建ち、地下2000mから湧き出る自家源泉をもつ。「湯の丸」には、土塀露天風呂や気泡風呂など多彩な風呂がある。客室はシンプルな造りの和室と洋室が中心。

萩本陣(萩)

湯屋街「湯の丸」の露天風呂

萩本陣(萩)

内湯から見た城壁露天風呂

萩本陣(萩)

高台に建つ旅館

萩本陣(日帰り入浴)

住所
山口県萩市椿東385-8
交通
JR山陰本線東萩駅からまぁーるバス東回りで14分、萩本陣温泉入口下車すぐ
料金
入浴料(~15:00)=大人1100円、小人(3歳~小学生)550円/入浴料(15:00~)=大人1650円、小人830円/入浴料(GW・お盆・年末年始)=大人2000円、小人1000円/貸切風呂(要予約)=3300円~(45分)/(タオル110円、貸バスタオルレンタル330円)

萩本陣

住所
山口県萩市椿東385-8
交通
JR山陰本線東萩駅からまぁーるバス東回りで14分、萩本陣温泉入口下車すぐ
料金
1泊2食付=15400円~26400円/外来入浴(13:00~22:00)=1100円(13:00~15:00)、1650円(15:00~22:00)/

萩城三の丸 北門屋敷(萩)

世界遺産「萩城下町・旧上級武家地」にたたずむ宿
重厚な表門をくぐると、欧州を思わせるロビーやイングリッシュガーデンなど、和洋の融合した空間が広がる。大浴場「白壁の湯」は城下町の風情たっぷり。客室は和室や露天風呂付きなど全42室。

萩城三の丸 北門屋敷(萩)

武家屋敷を思わせるたたずまい

萩城三の丸 北門屋敷(萩)

萩らしい白壁の趣きの露天風呂「白壁の湯」

萩城三の丸 北門屋敷(萩)

12畳タイプの客室「南苑」

萩城三の丸 北門屋敷

住所
山口県萩市堀内210-12
交通
JR山陰本線萩駅からまぁーるバス西回りで14分、萩城跡・指月公園入口・北門屋敷入口下車、徒歩5分
料金
1泊2食付=21600円~/

萩の宿 常茂恵(萩)

しっとりとした和の趣を感じる極上のひととき
犬養毅や司馬遼太郎など多くの偉人が訪れ、「萩の迎賓館」として親しまれてきた歴史ある旅館。約2700坪の敷地には25の客室を離れ風にゆったりと配置し、どの客室からも趣の異なる和風庭園が楽しめる。

萩の宿 常茂恵(萩)

手入れの行き届いた日本庭園を館内随所から眺められる

萩の宿 常茂恵(萩)

御影石を敷き詰めた大浴場。大きな窓からは坪庭を望む

萩の宿 常茂恵(萩)

数寄屋造りの客室には宿にゆかりのある文人の書が掛かる

萩の宿 常茂恵

住所
山口県萩市土原弘法寺608-53
交通
JR山陰本線東萩駅から徒歩7分(東萩駅から送迎あり、予約制)
料金
1泊2食付=20000~39000円/

萩八景 雁嶋別荘 (萩)

せせらぎに情緒を感じる河畔の宿
松本川と姥倉運河が出合う河畔に建つ、16室のみの隠れ家的な宿。全室が川に面し、テラス、全天候型の露天風呂が付いており、夕日に染まる萩の町並みを楽しみながら過ごすことができる。

萩八景 雁嶋別荘 (萩)

川と運河と日本海が出合う水辺に建つ

萩八景 雁嶋別荘 (萩)

サロン「雁嶋倶楽部」

和のオーベルジュ 萩八景 雁嶋別荘

住所
山口県萩市椿東3092
交通
JR山陰本線東萩駅から徒歩10分
料金
1泊2食付=21600円~/

萩焼の宿 千春楽(萩)

萩焼で造られた大浴場が自慢の宿
温泉大浴場、サウナ、露天風呂、貸切露天風呂など温浴施設が充実した宿。客室からは日本海や萩の町並みが眺められる。館内の随所に萩焼作家金子信彦氏の作品が取り入れられている。

萩焼の宿 千春楽(萩)

萩焼の大きな壺が印象的な大浴場

萩焼の宿 千春楽

住所
山口県萩市堀内菊ヶ浜467-2
交通
JR山陰本線萩駅からまぁーるバス西回りで14分、千春楽前下車すぐ(東萩駅から送迎あり、要確認)
料金
1泊2食付=10800~27000円/

ホテル西長門リゾート(下関)

景勝地角島を望むリゾートホテル
本州最北西端のビーチサイドに建つロケーションが魅力のリゾートホテル。エメラルドグリーンの海を望む展望浴場やレストラン、割烹などの施設も充実していて、リゾートライフを満喫できる。

ホテル西長門リゾート(下関)

湯船から海が見える「あまかぜの湯」

ホテル西長門リゾート(下関)

全室オーシャンビューになっている

ホテル西長門リゾート(日帰り入浴)

住所
山口県下関市豊北町神田2045
交通
JR山陰本線特牛駅からブルーライン交通角島行きバスで15分、西長門リゾート入口下車、徒歩5分(宿泊者のみ阿川駅から送迎あり、予約制)
料金
入浴料=大人1000円、小人(4歳~小学生)500円/(食事利用者は入浴料大人500円、小人無料)

ホテル西長門リゾート

住所
山口県下関市豊北町神田2045
交通
JR山陰本線特牛駅からブルーライン交通角島行きバスで15分、西長門リゾート入口下車、徒歩5分(阿川駅から送迎あり、予約制)
料金
1泊2食付=16740円~/外来入浴(13:00~19:00、日曜、祝日は12:00~)=1000円/

川棚グランドホテルお多福(下関)

俳人、山頭火が愛した景色を眺める老舗宿
美肌の湯が楽しめる温泉宿。俳人・山頭火が愛したといわる鬼ヶ城連山を眺める本館客室や、温泉付きの離れでくつろぎのステイを満喫できる。国内で水揚げされたふぐ料理や名物瓦そばも好評。

川棚グランドホテルお多福(下関)

大浴場には山頭火の俳句、約120句がレイアウト。日帰り利用もできる

川棚グランドホテルお多福

住所
山口県下関市豊浦町川棚4912-1
交通
JR山陰本線川棚温泉駅からブルーライン交通川棚温泉行きバスで3分、終点下車、徒歩5分(川棚温泉駅から送迎あり、予約制)
料金
1泊2食付=13110~32550円/外来入浴(8:00~23:00<受付は~22:00>)=850円(月~金曜)、1050円(土・日曜、祝日)/外来入浴食事付(11:00~22:00、レストラン利用)=1450円~/
1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください