トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 阿蘇・熊本・大分 > 大分・竹田・臼杵 > 竹田

竹田

竹田のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した竹田のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。日本最大の水中洞「稲積水中鍾乳洞」、「東洋のナイアガラ」の異名をもつ滝「原尻の滝」、メトロノームの時計台や大理石のピアノの彫刻がある観光道路「ウォールペインティングメロディーアートライン」など情報満載。

竹田のおすすめのスポット

竹田のおすすめのスポット

  • スポット:81 件
  • 記事:4 件

1~20 件を表示 / 全 81 件

竹田の魅力・見どころ

市内には名水、城跡、武家屋敷、郊外には有名な滝や鍾乳洞がある

江戸時代に岡藩7万石の城下町として栄え、名水の里としても知られる竹田。市内には滝廉太郎の名曲『荒城の月』のイメージのもとになった「岡城跡」、九州一の湧水量を誇り名水百選にも選ばれた「竹田湧水群」、城下町の街並みが残る「殿町武家屋敷通り」などの見どころがある。郊外には120メートルの幅と20メートルの落差で『東洋のナイアガラ』といわれる「原尻の滝」や、世界でも珍しい水中鍾乳洞で、全長1キロメートルの洞内に水深40メートルの地底湖がある「稲積水中鍾乳洞」がある。

稲積水中鍾乳洞

日本最大の水中洞

全長約1km、水深40mの世界でも珍しい日本最大規模の水中鍾乳洞。約20万年前の氷河期にできたもので、およそ9万年前の阿蘇山大噴火で水没したといわれる。キャンプ場を併設している。

稲積水中鍾乳洞
稲積水中鍾乳洞

稲積水中鍾乳洞

住所
大分県豊後大野市三重町中津留300
交通
JR豊肥本線三重町駅から大野竹田バス白山行きで30分、ほげ岩下車すぐ
料金
入場料=大人1200円、大学生1000円、中・高校生800円、4歳~小学生600円/

原尻の滝

「東洋のナイアガラ」の異名をもつ滝

緒方平野の真ん中を流れる緒方川が、急に滑り落ちるように落下してできた滝。幅120m、高さ20mで、日本の滝百選に選ばれている名瀑。正面に架かる吊り橋がビューポイント。

原尻の滝
原尻の滝

原尻の滝

住所
大分県豊後大野市緒方町原尻
交通
JR豊肥本線緒方駅からタクシーで5分
料金
情報なし

ウォールペインティングメロディーアートライン

メトロノームの時計台や大理石のピアノの彫刻がある観光道路

竹田市郊外から岡城跡へ続く岡城観光道路。市街地を見下ろすあたりに、廉太郎の楽譜の巨大レリーフが立つ。メトロノームをかたどった時計台や大理石のピアノの彫刻がある。

ウォールペインティングメロディーアートライン

ウォールペインティングメロディーアートライン

住所
大分県竹田市竹田
交通
JR豊肥本線豊後竹田駅からタクシーで5分
料金
情報なし

沈堕の滝

雪舟も描いた迫力満点の滝

幅100m、高さ20mの雄滝と、幅10m、高さ18mの雌滝からなる。室町時代に雪舟が訪れ「鎮田瀑図」を描いたと伝わる。

沈堕の滝
沈堕の滝

沈堕の滝

住所
大分県豊後大野市清川町臼尾
交通
JR豊肥本線豊後清川駅からタクシーで10分
料金
情報なし

河宇田湧水

湧水量が豊富で多くの人が訪れる

日本名水百選に選ばれた竹田湧水群のなかで、もっとも湧水量が多い。「水辺環境の碑」が立つ入り口付近の水汲み場では、容器を持参して水を汲んで持ち帰ることができる。

河宇田湧水

河宇田湧水

住所
大分県竹田市入田
交通
JR豊肥本線豊後竹田駅から大野竹田バス緒方行きで15分、河宇田下車、徒歩5分
料金
情報なし

岡城跡

『荒城の月』が生まれた古城

別名「臥牛城」。標高325mの地にあり、谷底との高低差は約100m、島津軍を退けた堅城として有名。文治元(1185)年に緒方三郎惟栄が築城。明治の廃城まで威容を誇った。名曲『荒城の月』のモチーフといわれている。

岡城跡
岡城跡

岡城跡

住所
大分県竹田市竹田2761
交通
JR豊肥本線豊後竹田駅からタクシーで5分
料金
高校生以上300円、小・中学生150円(20名以上の団体は高校生以上200円、小・中学生100円)

竹田湧水群

竹田のおいしい水

60数か所の湧水池が点在する竹田。なかでも名水百選に選ばれた河宇田、矢原、泉水、長小野、尾戸牟礼を竹田湧水群と呼び、見学不可の尾戸牟礼を除く4か所の名水めぐりは、竹田観光の定番だ。

竹田湧水群
竹田湧水群

竹田湧水群

住所
大分県竹田市入田、門田、玉来
交通
JR豊肥本線豊後竹田駅から大野竹田バス緒方行きで15分、河宇田下車、徒歩5分(河宇田湧水)ほか
料金
豊後竹田の湧水=130円(500ml)、230円(1.5リットル)/

白水ダム

美しい波紋を描いて流れ落ちる

緩やかな斜面を水が流れ落ちるように設計された石造りの堰提。堤長87m、高さ14mで、流れ落ちる巨大なベールは美しく、国の重要文化財に指定されている。

白水ダム
白水ダム

白水ダム

住所
大分県竹田市荻町柏原6225-3
交通
JR豊肥本線豊後竹田駅からタクシーで30分
料金
情報なし

出会橋

清流奥岳川に架かる橋

大正13(1924)年に清流奥岳川に架けられた石橋。橋のアーチの長さが日本第二位。河原に下りると隣の轟橋とふたつ並んで眺められる。

出会橋
出会橋

出会橋

住所
大分県豊後大野市清川町平石
交通
JR豊肥本線豊後清川駅からタクシーで20分
料金
情報なし

道の駅 あさじ

霜降り脂肪が適度にのった、自慢の豊後朝地牛を賞味

レストラン「福寿草」では、良質な肉質を誇る豊後牛朝地産の料理が味わえる。山ぶどうソフトクリームもおすすめ。館内には、特産品や地酒のコーナーが設けられている。

道の駅 あさじ
道の駅 あさじ

道の駅 あさじ

住所
大分県豊後大野市朝地町板井迫1018-1
交通
東九州自動車道大分光吉ICから国道210号・442号・57号を大分方面へ車で33km
料金
施設により異なる

道の駅 みえ

地元食材で作るグルメをレストランやテイクアウトで味わう

ラーメンや中華、和食のレストランが備わる。ソフトクリームなどのテイクアウトコーナーも併設。隣接する農地では、野菜やイチゴなどのもぎとり体験も可能。

道の駅 みえ
道の駅 みえ

道の駅 みえ

住所
大分県豊後大野市三重町宮野2791-1
交通
東九州自動車道大分米良ICから国道10号・57号・326号を豊後大野方面へ車で22km
料金
施設により異なる

瀧廉太郎記念館

廉太郎が住んだ旧宅、楽聖を育んだ竹田の環境を追体験

「荒城の月」を作曲し23歳で夭折した楽聖、瀧廉太郎が少年時代に2年半暮らした豊後竹田の屋敷を再構築した。直筆の譜面や手紙などの展示物とともに、廉太郎を育んだ環境を追体験できる。

瀧廉太郎記念館
瀧廉太郎記念館

瀧廉太郎記念館

住所
大分県竹田市竹田2120-1
交通
JR豊肥本線豊後竹田駅から徒歩10分
料金
大人300円、小・中学生200円(20名以上は大人250円、小・中学生150円)

泉水湧水

まろやかな味わいの名水

名水百選に選ばれた、竹田湧水群の一つ。阿蘇山系の伏流水が火山岩の亀裂を伝わり、何百年という歳月を経て湧き出た泉。まろやかでミネラルたっぷりの水である。

泉水湧水
泉水湧水

泉水湧水

住所
大分県竹田市門田泉水
交通
JR豊肥本線豊後竹田駅から大野竹田バス緒方行きで15分、河宇田下車、徒歩10分
料金
情報なし

道の駅 竹田

竹田ならではの名産品やグルメがそろう

国道442号沿いに立つ道の駅。レストラン、農産物直売所、いちご農園をそなえる。例年1~5月はいちご狩りも楽しめる。

道の駅 竹田
道の駅 竹田

道の駅 竹田

住所
大分県竹田市米納663-1
交通
東九州自動車道大分光吉ICから国道210号・442号・57号を小国方面へ車で43km
料金
施設により異なる

愛染堂

恋愛成就にご利益がある古刹

願成院の本堂として建てられた。木造宝形造り本瓦葺きの堂で、寛永12(1635)年に藩主中川久盛が建てたとされる。国の重要文化財。恋愛成就にご利益があるといわれる。

愛染堂

愛染堂

住所
大分県竹田市寺町八幡山1773
交通
JR豊肥本線豊後竹田駅から徒歩10分
料金
情報なし

長小野湧水

岩壁から清水が湧く鳴滝には伝説もある

岸壁から幾筋もの清水が流れ落ちる鳴滝と、山際の岩間から湧き出す塩井の2か所の湧水地がある。昔、鳴滝の水を飲んだら不治の病が治ったと伝えられ、近くに鳴滝神社を祀る。

長小野湧水

長小野湧水

住所
大分県竹田市門田長小野
交通
JR豊肥本線豊後竹田駅からタクシーで13分
料金
情報なし

普光寺磨崖仏

県下最大級の不動明王像

国内屈指の大きさを誇る磨崖仏で鎌倉期の作といわれている。石窟の中にも磨崖仏が彫られており、中まで歩いて行くことができる。

普光寺磨崖仏
普光寺磨崖仏

普光寺磨崖仏

住所
大分県豊後大野市朝地町上尾塚1225
交通
JR豊肥本線朝地駅からタクシーで10分
料金
情報なし

道の駅 原尻の滝

雄大な「原尻の滝」の近くに建つ道の駅

通称「滝の館」。物産販売所、レストラン、ファストフードコーナーなどがある。レストランでは、豊後牛陶板焼やとり天定食などが味わえる。

道の駅 原尻の滝
道の駅 原尻の滝

道の駅 原尻の滝

住所
大分県豊後大野市緒方町原尻936-1
交通
東九州自動車道大分米良ICから国道10号・57号、中九州道、県道668・519・636号、国道502号、県道7号を高千穂方面へ車で42km
料金
豊後牛陶板焼=2200円/かぼすソフトクリーム=350円/とり天定食=900円/

旧竹田荘

江戸時代の文人画家、田能村竹田の居宅。国の史跡に指定

江戸時代の文人画家、豊後南画の祖、田能村竹田の居宅。国の史跡に指定されている。母屋には竹田が構想にふけったといわれる花竹幽想の間、庭には使い古した筆を供養した筆塚がある。

旧竹田荘
旧竹田荘

旧竹田荘

住所
大分県竹田市竹田2069
交通
JR豊肥本線豊後竹田駅から徒歩13分
料金
高校生以上300円、小・中学生200円

竹田茶寮

城下町が一望できる高台に建つ料理が評判の宿

季節のコース料理や豆腐田楽が味わえる温泉宿。白味噌、ゴマ味噌、八丁味噌の豆腐田楽は、創業以来守り続けている人気の一品。エノハや頭料理の郷土料理もあり、食事ファンのリピーターも多い。

竹田茶寮
竹田茶寮

竹田茶寮

住所
大分県竹田市竹田2420
交通
JR豊肥本線豊後竹田駅から徒歩15分
料金
1泊2食付=16350~20130円/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください