>  >  >  >  >  羊蹄山に抱かれた自然豊かなスポットへ! ニセコ観光はドライブがおすすめ

羊蹄山に抱かれた自然豊かなスポットへ! ニセコ観光はドライブがおすすめ

羊蹄山に抱かれた自然豊かなスポットへ! ニセコ観光はドライブがおすすめ

北海道の富士山ともいわれる羊蹄山に抱かれたロケーションの中、ドライブをはじめ、さまざまなアクティビティが楽しめるニセコ。
アウトドアスポーツのメッカでもあり、良質な温泉地が多い人気エリアです。
今回は、ニセコの基本情報と、ドライブにおすすめのスポットをまとめました。
ニセコ観光の参考にしてみてくださいね。

目次

  • ニセコってこんなところ
  • おすすめドライブスポットはここ

ニセコってこんなところ

新千歳空港や札幌から約3時間の距離にあり、ラフティングからスキー・スノーボードまで、1年中アウトドアスポーツやアクティビティが楽しめます。また、近くには洞爺湖や登別もあり、雄大な自然も良質な温泉もそろっているので、リフレッシュにぴったり。近年はリゾート地としても注目されており、外国のような雰囲気の場所もあります。

新千歳からのアクセス

<鉄道>

新千歳空港駅

⇩ JR快速「エアポート」で1時間15分、1910円(自由席)

小樽駅

⇩ JR函館本線普通列車で1時間40分~2時間5分、1680円

ニセコ駅

<鉄道+バス>

新千歳空港駅

⇩ JR快速「エアポート」で3分、220円(自由席)

南千歳駅

⇩ JR特急「北斗」で1時間20~25分、5220円

洞爺駅

⇩ 道南バスで15~25分、340円

洞爺湖温泉バスターミナル

エリア交通NAVI

倶知安やニセコなどの観光拠点間はJRで、エリア内の移動にはバスかレンタサイクルを利用しましょう。

ニセコグリーンバイクPlusレンタサイクル

ニセコ駅では、電動アシスト付き自転車の貸し出しを実施。8時〜17時。1時間860円~。

TEL:0136-44-2468(JRニセコ駅観光案内所)

路線バス

倶知安線は倶知安駅とひらふ地区、ヒルトンニセコビレッジを結ぶ。ニセコ線(夏季のみ)はニセコ駅と神仙沼方面を結ぶ。

TEL:0136-44-2001(ニセコバス本社営業所)

じゃがりん号

東西と南北の2ルートを設定。乗車時はバス停からの乗車になるが、降車時はルート上で安全な場所であれば降りられる(国道5号、店舗敷地内を除く)。

TEL:0136-56-8001(倶知安町総合政策課)

おすすめドライブスポットはここ

ニセコを楽しむなら、羊蹄山と田園風景の中を走る爽快ドライブははずせません!羊蹄山を眺めながら、ニセコらしさを満喫できるスポットをめぐりましょう。

ベストシーズン
5月上旬〜10月下旬
所要時間
5時間
雨の日
屋外観光には傘が必要

ニセコ高橋牧場 ミルク工房

ニセコらしい風景の中で牧場スイーツを味わう

牛乳をたっぷり使ったバームクーヘン「ミルクーへン」やソフトクリームなど、自家牧場で搾った牛乳を使ったスイーツが人気。敷地内にはカフェや野菜レストラン、チーズ工場やピザレストランも併設している。

ニセコ高橋牧場 ミルク工房

<絶景ポイント>トラクター&牧草ロール
羊蹄山が見渡せる開放的な場所に建つミルク工房。屋外には羊蹄山を背景に記念撮影ができるスポットがある

ニセコ高橋牧場 ミルク工房

新鮮なミルク風味の「ソフトクリーム」320円

ニセコ高橋牧場 ミルク工房

「こだわりシュークリーム」1個190円

ニセコ高橋牧場 ミルク工房

住所
北海道ニセコ町曽我888-1
交通
JR函館本線ニセコ駅からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
9:30~18:00(閉店、冬期は~17:30)
休業日
無休(年末年始休)
料金
ニセコお乳かすていら=650円/シュークリーム=170円/ロールケーキ=1000円/バームクーヘン=1200円/アイスクリーム=320円/のむヨーグルト=160円(150ml)/

ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ

目の前に羊蹄山がそびえる展望地が写真スポットに

ゴンドラで標高820mのニセコアンヌプリの中腹へ。羊蹄山や有珠山、余市岳や中山峠までも見渡せる絶好のロケーションの「ニセコシエスタ」には、大型のラグジュアリーなベッドや、ベンチタイプのソファーなどがある。

ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ

<絶景ポイント>ニセコシエスタ
直径約2mのベッドで寝そべったり、羊蹄山を眺めたりと、自分だけのオリジナル写真が撮れる

ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ

住所
北海道倶知安町山田204
交通
札樽自動車道朝里ICから国道393号をニセコ方面へ車で67km
営業期間
11月下旬~翌5月上旬
営業時間
平日8:30~20:30(ナイター16:30~)、土休日8:30~20:30(ナイター16:30~)
休業日
期間中無休
料金
リフト1日券(ニセコ全山共通)=大人7400円、小人4500円、中学生・シニア5600円/2日券=大人13600円、小人8200円、中学生・シニア10200円/5時間券(グラン・ヒラフ券)=大人4800円、小人2800円、中学生・シニア3600円/(レンタル料金スキーセットは大人8500円~、小人6800円~、ボードセットは大人5000円~、小人4000円~、ウエアは大人4700円~、小人3760円~)

ピーカンロールピザ

天然酵母で作ったモチモチのロールピザ

道産小麦と天然酵母で作ったもちもちの生地が特徴。定番のマルゲリータは、自家農園の自然栽培トマトを使った甘みのあるソースに、とろりとしたチーズがたっぷり。マフィンやブラウニーなどの焼き菓子、自家製ドリンクもおすすめだ。

ピーカンロールピザ

<絶景ポイント>テラス席
ニセコのさわやかな風を感じられるテラス席。目の前にそびえる羊蹄山を眺めながら食べられる

ピーカンロールピザ

アンチョビトマトガーリック1280円。やさしい甘さのトマトソースにアンチョビの塩味がマッチ

ピーカンロールピザ

住所
北海道ニセコ町近藤260-1

第二有島だちょう牧場

ニセコでのびのびと暮らすダチョウに会いに行く

羊蹄山の裾野に広がる牧場で30羽ほどのダチョウが、優雅に歩きまわっており、おやつ(100円)の袋を見つけると愛嬌のある顔で近づいてくる。直売所では、ダチョウの有精卵で作るどら焼きやダチョウソーセージを販売。

第二有島だちょう牧場

<絶景ポイント>ダチョウと羊蹄山
人懐っこいダチョウを近くで見ながら羊蹄山が眺められる憩いスポット。「まつげちゃん」などの名前がついているダチョウもいる

第二有島だちょう牧場

どら焼きさんど350円(直売所価格)、自家製しそジュース300円

第2有島ダチョウ牧場

住所
北海道ニセコ町豊里239 国道230号ニセコ三の原線
交通
JR函館本線ニセコ駅からタクシーで10分
営業期間
5月中旬~11月上旬(積雪の状況により異なる)
営業時間
見学自由
休業日
期間中無休
料金
情報なし

有島記念館

オリジナル珈琲を味わいながら偉人の思想と文学に触れる

『カインの末裔』『生れ出づる悩み』で知られる大正期の作家・有島武郎の人物像と作品を紹介。施設内にはニセコの山々を望める「ブックカフェ有島記念館×高野珈琲店」があり、有島武郎の作品をモチーフにしたオリジナルブレンドが味わえる。

有島記念館

<絶景ポイント>ブックカフェ有島記念館×高野珈琲店
大きな窓から羊蹄山とアンヌプリが眺められる。カフェでは有島武郎の作品のほか、北海道の雑誌や絵本を自由に見ることができる

有島記念館

コクとほろ苦さの中に甘みを感じる「生れ生づる悩みブレンド(L)」500円

有島記念館

有島記念公園内、旧有島農場事務所の場所に建つ記念館

有島記念館

「相互扶助」の精神に至る背景や生い立ちなどを紹介

有島記念館

住所
北海道ニセコ町有島57
交通
JR函館本線倶知安駅から道南バスルスツリゾート行きで15分、有島記念館前下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(夏期は営業の場合あり、年末年始休)
料金
入館料=大人500円、高校生100円、中学生以下無料/年間パスポート=大人800円、高校生200円/(65歳以上のニセコ町民は証明書持参で無料、団体10名以上は大人400円)
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×