コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【ニセコ】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

【ニセコ】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

by mapple

更新日:2018年4月19日

+αの楽しみ方
・神秘的な沼や名水も人気
・バラエティ豊かな泉質が楽しめる温泉めぐりも楽しい
・おみやげは朝獲れ野菜が並ぶ道の駅がおすすめ

神仙沼

【所要 1時間】
ニセコ山系で人気の美しい沼
豊かな天然林に囲まれ、周辺の湿原には木道の散策路を完備。レストハウスもあり、和菓子や軽食も販売。近くには海や共和町の田園風景を一望できる展望台もある。

周辺には片道20分の散策路がある

大湯沼

【所要 30分】
地球が生きていることが伝わる
湯本温泉の源泉でもある熱湯の沼。「交流促進センター雪秩父」のすぐ近くにあり、沼面には学術的にも珍しい黄色球状硫黄が浮遊。沼周辺には散策路が整備されている。

周囲には白い湯気と硫黄のにおいが漂う

双子のさくらんぼの木

【所要 30分】
寄り添うにように並ぶ
畑の中に立つさくらんぼの木。羊蹄山と畑が織り成す風景は、ニセコを代表する景観に。花が咲くのは5月下旬頃。

木の奥には羊蹄山が見える

有島記念館

【所要 30分】
偉人の思想と文学に触れる
大正時代の文豪・有島武郎の生涯と文学、ニセコの地での農場解放にいたる軌跡を紹介。羊蹄山やニセコ連山を一望できるカフェなどがある。

ニセコの山々を望む美しい公園も整備

ニセコ グラン・ヒラフ サマーゴンドラ

【所要 1時間30分】
ニセコ山麓を一望する大パノラマ
標高820mにあるゴンドラ山頂は、羊蹄山や有珠山、余市岳や中山峠までも見渡せる。大パノラマを眺めながらくつろげるレストハウスもある。

ニセコアンヌプリの大自然を満喫

ニセコ中央倉庫群

【所要 30分】
JRニセコ駅近くにある農業用倉庫群
JRニセコ駅の南西側は築約30~90年の旧倉庫群が建ち並ぶ。その一部である旧でんぷん工場は交流空間として活用されており、館内にはカフェや物販スペースなどもある。

イベントに使われる旧農業倉庫

各種ドリンクを提供するカフェも

森のランチ ピクニック

【予算 1600円】
ニセコの野菜たっぷりのランチ
大自然のなかの隠れ家カフェレストラン。近隣の農家から届けられる野菜を中心とした8種類の小皿料理とサンドイッチのランチが人気。

20食限定のランチセットは1550円

雄大なニセコの景色を望む

KAMIMURA

【予算 5000円 8000円〜】
道産食材を使った創作フレンチ
海外で腕を磨いたオーナーシェフが仕上げる北海道らしい創作フレンチ。

5000円のランチコースの一例

明るく開放感のある店内

手打ち蕎麦 いちむら

【予算 1000円】
石臼で挽く風味豊かな手打ち蕎麦
2種から選べる蕎麦は毎日使う分だけ挽き、ニセコ湧水「甘露水」で手打ちする。山菜やきのこなど地元の旬の味も楽しめる。

豊かな風味と香りが楽しめる

窓の外にはテラス席もある

レストラン 雪庭

【予算 1000円 1500円】
雪のように透き通ったデンプン麺
特産の男爵イモと羊蹄山の湧水で造られた、倶知安町名物「豪雪うどん」が味わえる。約20種のメニューがそろい、みやげ用も販売。

メニューにより麺の形状が変わる

ホテル内にあるレストラン

キッチン なり田

【予算 800円】
地元食材で作る手作り料理が自慢
自家菜園や地元農家で採れる野菜をふんだんに使ったメニューが味わえる。地元名産の越冬じゃがいもを使った料理がおすすめ。

コロッケがのるビーフカレー

農家の元倉庫をDIYで改装

ニセコジンギスカン

【予算 2000円 2000円】
羊蹄山を眺めながらジンギスカン
上質な生ラムを七輪で焼いて味わえるジンギスカン専門店。ジンギスカンと合わせて、店主の自家農園で育てたニセコ産野菜も味わえる。

ニセコジンギスカン(1058円)

羊蹄山が眺められる席が人気

手作りハム・ソーセージ&レストラン エフエフ

【予算 1100円】
作りたてを味わう本場ドイツの味
本格ソーセージが評判のビアレストラン。

ランチセットが手ごろで人気

ウッディで落ち着いた雰囲気

JOJO’Sカフェレストラン

【予算 2000円】
羊蹄山を望むカフェレストラン
「ニセコアドベンチャーセンター」の2階にあるカフェレストラン。看板メニューのハンバーガーのほか、ピザやラップサンド、スイーツなどのメニューを提供。

オリジナルバーガー(1280円)

天気のいい日はオープンテラスに

カフェ マッカリズム

ドライブ途中にクレープを
道の駅内にあるテイクアウトカフェ。クレープメニューが豊富でなかには真狩特産のユリ根を使ったご当地クレープも。

クレープは3 6 0円~

カエルのイラストがかわいい建物

自家製天然酵母ぐずぐず

2種の酵母で作るパンが評判
オリジナル酵母と野生酵母の2種類の酵母から起こして作る自家製パンが人気。カフェコーナーもあり、そのパンを使ったサンドイッチやピザなどがドリンクと一緒に味わえる。

自家製天然酵母のパンは70円~

奥土農場 石窯パン工房

素材は自前の農家のパン屋さん
農家が営むパン工房。自家栽培のライ麦を使った素朴な味わいのライ麦パンが名物。店内の石窯を使って焼き上げるので、外はカリッと中はふっくらとした食感。

ライ麦パンは460円

ニセコチーズ工房

定番から新商品まで種類豊富
フランスで行なわれた国際コンテスト・銀賞の「雪花」、国内コンテストで最優秀部門賞・金賞を受賞したブルーチーズ、「二世古 空[ku:]」が人気。ソフトクリームなどが味わえるカフェも。

二世古雪花【sekka】パパイヤ&パイナップル(150g・1296円)

お菓子のふじい

焼きたてシューはすぐに食べたい!
名物は焼きたての皮に注文を受けてからクリームを詰める焼きたてシュー。皮のサクサクとした食感を味わうなら、購入してから1時間以内に食べよう。

焼きたてシューは180円

昭和25(1950)年創業の老舗菓子店

ニセコ高橋牧場 ミルク工房

絶品の牧場スイーツを味わう
羊蹄山が見渡せる開放的な場所に建つミルク工房。自家牧場で搾った牛乳を使ったスイーツは、本来の牛乳の味が楽しめると評判だ。人気は、牛乳をたっぷり使ったバームクーヘン「ミルクーへン」で、店内では製造ラインを見ることもできる。ソフトクリームやのむヨーグルトも人気だ。敷地内にはカフェや野菜レストラン、チーズ工場やピザレストランも併設しており、屋外にはニセコらしい風景が楽しめる記念撮影スポットもある。

ミルクーヘン(1200円)、こだわりシュークリーム(1個170円)など

旅ネタCOLUMN

ニセコは国際リゾート地として定着
オーストラリアや東南アジアから、年間20万人の外国人観光客が訪れる。1995年頃に良質なパウダースノーが海外スキーヤーから注目を集め、現在はアジア圏の観光客を中心に夏のリゾートを楽しむ人々も増加。長期滞在向けのコンドミニアムも増えている。英語の看板や洋風の建物など、日本にいながら海外にいるような雰囲気が感じられる。

英語のポスターや案内が多く貼られたバス停

ニセコエリアの湧水スポット

ニセコの羊蹄山のまわりには、山々に降った雨が数十年の歳月をかけて湧き出す、名水スポットが点在している。

ニセコ名水甘露水

昭和天皇が「甘露である」と言葉を残したことから名がついた。湧き出る水は、まろやか。

ふきだし公園

絶え間なく湧き出す羊蹄の名水が池をつくり、周囲にはレストハウスや温泉施設などがある。

羊蹄山の湧き水

羊蹄山で長い間ろ過された伏流水が湧き出す。近くには湧水を使った豆腐のお店も。

名湯・秘湯ニセコの温泉めぐり

ニセコ山麓には温泉が点在し、バラエティに富んだ泉質が特徴。ほとんどの温泉施設で日帰り入浴ができる。お得な「ニセコ湯めぐりパス」も販売。

蘭越町交流促進センター 雪秩父

開放感のある露天風呂があり、硫黄泉の温泉が楽しめる。女性には天然湯の花の泥風呂が好評だ。館内にはスパゲティや洋風ランチなどが味わえる食堂も併設している。

硫黄泉の湯は大湯沼が源泉

ニセコ駅前温泉 綺羅乃湯

JRニセコ駅の目の前、沿道が花で彩られた綺羅街道沿いにある日帰り温泉。日替わりで男女入れ替えになる洋風風呂と和風風呂があり、それぞれに露天風呂が付いている。

ジャグジーもある洋風風呂

真狩村温泉保養センター

ログハウスが素敵な源泉100%かけ流しの温泉。名山・羊蹄山を真正面に仰いで湯浴みができる露天風呂もある。

人気宿

ニセコに泊まるならロケーションがよく温泉付きの宿がおすすめ

ホテル甘露の森

浴室はもちろん、館内の造りすべてに洗練された高級感がある温泉宿。

ヒルトンニセコビレッジ

源泉かけ流しの湯が楽しめる。羊蹄山を眺めながら、温泉でのんびりリラックス。宿泊者以外でも利用できる。

おみやげスポット

道の駅 ニセコビュープラザ

国道5号と道道66号が交差する地点にある道の駅。情報プラザ棟にはニセコエリアの加工品を販売。フリースペース棟では近隣農家が持ち寄った新鮮野菜や地元食材を使った軽食を販売している。

朝から採りたての野菜が並ぶフリースペース棟

野菜各種 商品により異なる
品物の多くは早朝に収穫してすぐに並べる。種類が豊富なのは午前中だ

クリスピーチーズ 324円
「ニセコフロマージュ」の商品で、スナック感覚で味わえるチーズ

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×