>  >  >  >  >  【ニセコ】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【ニセコ】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【ニセコ】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

+αの楽しみ方
・神秘的な沼や名水も人気
・バラエティ豊かな泉質が楽しめる温泉めぐりも楽しい
・おみやげは朝獲れ野菜が並ぶ道の駅がおすすめ

神仙沼

【所要 1時間】
ニセコ山系で人気の美しい沼
豊かな天然林に囲まれ、周辺の湿原には木道の散策路を完備。レストハウスもあり、和菓子や軽食も販売。近くには海や共和町の田園風景を一望できる展望台もある。

神仙沼

周辺には片道20分の散策路がある

神仙沼

住所
北海道共和町前田
交通
JR函館本線ニセコ駅からタクシーで35分
営業期間
6~10月
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

大湯沼

【所要 30分】
地球が生きていることが伝わる
湯本温泉の源泉でもある熱湯の沼。「交流促進センター雪秩父」のすぐ近くにあり、沼面には学術的にも珍しい黄色球状硫黄が浮遊。沼周辺には散策路が整備されている。

大湯沼

周囲には白い湯気と硫黄のにおいが漂う

大湯沼

住所
北海道蘭越町湯里
交通
JR函館本線ニセコ駅からニセコバス山の家行きで27分、湯本温泉下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

双子のさくらんぼの木

【所要 30分】
寄り添うにように並ぶ
畑の中に立つさくらんぼの木。羊蹄山と畑が織り成す風景は、ニセコを代表する景観に。花が咲くのは5月下旬頃。

双子のさくらんぼの木

木の奥には羊蹄山が見える

双子のさくらんぼの木

住所
北海道ニセコ町曽我
交通
JR函館本線ニセコ駅からタクシーで8分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

有島記念館

【所要 30分】
偉人の思想と文学に触れる
大正時代の文豪・有島武郎の生涯と文学、ニセコの地での農場解放にいたる軌跡を紹介。羊蹄山やニセコ連山を一望できるカフェなどがある。

有島記念館

ニセコの山々を望む美しい公園も整備

有島記念館

住所
北海道ニセコ町有島57
交通
JR函館本線倶知安駅から道南バスルスツリゾート行きで15分、有島記念館前下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(夏期は営業の場合あり、年末年始休)
料金
入館料=大人500円、高校生100円、中学生以下無料/年間パスポート=大人800円、高校生200円/(65歳以上のニセコ町民は証明書持参で無料、団体10名以上は大人400円)

ニセコ グラン・ヒラフ サマーゴンドラ

【所要 1時間30分】
ニセコ山麓を一望する大パノラマ
標高820mにあるゴンドラ山頂は、羊蹄山や有珠山、余市岳や中山峠までも見渡せる。大パノラマを眺めながらくつろげるレストハウスもある。

ニセコ グラン・ヒラフ サマーゴンドラ

ニセコアンヌプリの大自然を満喫

ニセコ グラン・ヒラフ サマーゴンドラ

住所
北海道倶知安町山田204
交通
JR函館本線倶知安駅からタクシーで15分
営業期間
7月中旬~9月中旬(年により異なる)
営業時間
9:00~16:00(盆時期は8:30~17:00、要問合せ)
休業日
期間中無休
料金
往復=大人1100円、小学生550円、未就学児無料/片道=大人700円、小学生350円、未就学児無料/(障がい者手帳持参で本人と同伴者1名乗車料金半額)

ニセコ中央倉庫群

【所要 30分】
JRニセコ駅近くにある農業用倉庫群
JRニセコ駅の南西側は築約30~90年の旧倉庫群が建ち並ぶ。その一部である旧でんぷん工場は交流空間として活用されており、館内にはカフェや物販スペースなどもある。

ニセコ中央倉庫群

イベントに使われる旧農業倉庫

ニセコ中央倉庫群

各種ドリンクを提供するカフェも

森のランチ ピクニック

【予算 1600円】
ニセコの野菜たっぷりのランチ
大自然のなかの隠れ家カフェレストラン。近隣の農家から届けられる野菜を中心とした8種類の小皿料理とサンドイッチのランチが人気。

森のランチ ピクニック

20食限定のランチセットは1550円

森のランチ ピクニック

雄大なニセコの景色を望む

森のランチ ピクニック

住所
北海道ニセコ町近藤733-8
交通
JR函館本線ニセコ駅からタクシーで10分
営業期間
4月下旬~11月上旬
営業時間
11:30~15:00(閉店)、18:00~21:30(閉店22:00、夜は木~日曜のみ営業、要予約、4名以上の予約は定休日も受付)
休業日
期間中月・火曜、月曜が祝日の場合は営業
料金
ランチセット(ハーブティまたはコーヒー付、20食限定)=1550円/ 平均予算(昼):1550円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×