コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【中津川・恵那】おすすめスポット&グルメをチェック!

【中津川・恵那】おすすめスポット&グルメをチェック!

by mapple

更新日:2018年11月19日

山々に囲まれた中津川・恵那は、恵那峡をはじめ雄大な自然美が魅力。食の複合施設など話題のスポットも注目だ。栗の産地としても有名。人気店の栗菓子を楽しもう。

ACCESS

【電車】
岐阜
⇩ JR東海道本線特別快速・新快速 恵那まで1時間32分 1660円
名古屋
⇩ JR中央本線快速
恵那
⇩ JR中央本線快速 中津川まで1時間44分 1940円
中津川

【車】
中央自動車道 中津川IC
⇩ 19号線、71号線 約3㎞
中津川市街

中央自動車道 恵那IC
⇩ 68号線 約1.7㎞
恵那市街

日本大正村

明智町全体で大正時代の町並みを保存・再現。重厚な造りの村役場や土蔵造りの資料館、博物館、店舗など、町のいたるところに大正文化を今に伝える建物が点在している。レトロでフォトジェニックな空間を散策し、タイムスリップ気分を味わおう。

大正路地を通り、大正ロマン館へと続く道。レトロな建物が建ち並ぶ

おさえるべき 3館はこちら

大正ロマン館

大正村を代表するメインスポット
小高い丘の上に立つモダンな洋風建築で、日本大正村の初代村長・高峰三枝子氏、同村議会議長・春日野清隆氏の記念館。明智町出身の洋画家・山本芳翠の油絵も展示される。

6月上旬には正面の庭園にバラが咲き誇る

高峰三枝子氏の写真やドレスなどが展示されている

休憩室も趣ある雰囲気が漂う

日本大正村資料館

大正文化の資料がずらり
明治末期の建築で、木造百畳敷4階建ての貴重な建築物。かつて繭を貯蔵するための銀行の繭蔵だった。南隣りにはこの地の名門・橋本邸跡「大正の館」を併設する。

当時としては珍しい滑車式エレベーター付きの建物

レコードや新聞・雑誌など大正文化を感じられる資料が見られる

大正時代館

当時の暮らしにふれる
大正天皇に関する展示や、当時の暮らしぶりをテーマにした生活道具などの展示のほか、大正時代の明智町の風景が模型で再現されている。

当時の扇風機やランプなど生活道具が並ぶ

隣接する喫茶天久では、蓄音機の演奏が楽しめる

大正村浪漫亭

散策の拠点はココ!
2016年にリニューアルオープン。1階にショップとカフェ、2階に食事処が入る。日本大正村観光案内所のすぐそばにあるので、立ち寄りやすい。

矢絣着物の着付けレンタルを1日2000円で実施。ハイカラさんの衣装で散策を楽しむのも人気

恵那産若鶏を使った復刻からあげ丼850円。食事処かわかみで味わえる

みやげをチェック!

大福を包んだハイカラ浪漫パイ180円。イートインもOK

地元のはちみつ入りなめらかプリン200円

大正村根付330円。旅の思い出に!

甘味処まろにえ

ひと休みにぴったり
日本大正村資料館のすぐ隣にある小さな店。コーヒー{hlb}(350円)を注文するとモーニングメニューが付いてくる。ぜんざい(500円)もおすすめ。

モーニングには地元の素材を使った総菜が数種類付く

合わせて立ち寄りたい!自然と癒しの絶景スポット

「日本百景」にも選ばれた恵那峡の自然を満喫できる人気のレジャースポットへ行こう!

恵那峡 天界苑

癒しをテーマにした自然いっぱいの展望ガーデン
恵那峡ダム湖畔にある、癒しと自然の展望ガーデン。足湯に浸かりながら恵那峡の景色を楽しんだり、動物とふれあえる広場や庭園を散策してのんびり過ごしたい。

営業期間 3月中旬〜11月最終日曜

真っ赤な恵那峡大橋が目前に迫る

のんびり足湯を楽しむ

園内を散策しながら癒しを満喫♪

ふれあい広場
かわいいヤギやウサギ、アヒル、子ブタとふれあえるミニ動物園。雨天の場合は見学のみ。

芝生広場
コイが泳ぐ天界池やフラワーガーデン、せせらぎ小川など、憩いのスポットがいっぱい。

天界橋
橋を渡りながら空中散歩気分を味わえる天界橋。自然の巨石を生かした展望台もある。

[遊園地が隣接!]恵那峡ワンダーランド

恵那峡のパノラマを見渡せる大観覧車や、高さ17mから恵那峡大橋が見えるジャングルコースターなど、ロケーションも魅力。ファミリーで楽しめるアトラクションが充実する。

恵那峡遊覧船

巨大な奇岩を縫うように進む迫力満点の船上ツアー
両岸に数々の奇岩・怪石がそそり立つ恵那峡の渓谷美を、船上から楽しめる遊覧船。さざなみ公園から約10㎞の距離を30分で往復。船内にはアナウンスが流れ、迫力満点の見どころを楽しく案内してくれる。

恵那峡は約90年前のダム建設によってできた人造湖だ
恵那峡は「日本百景」に選ばれています


出発地点のさざなみ公園で約200本の桜が満開に


モミジやカエデなどの紅葉が山肌と湖面を彩る

奇岩や巨岩にも注目しよう!
獅子岩(左)と金床岩(右)

~秋の味覚を味わう~老舗の栗菓子を求めて

中津川・恵那エリアの秋の楽しみといえば、和洋のバリエーションで用意される栗スイーツ。老舗の和菓子店が作る、とっておきのひと品を紹介しよう。

中津川・恵那は栗きんとんの里

恵那山のふもとに広がる中津川・恵那エリアは、県内有数の栗産地で、栗菓子作りも盛ん。とくに中津川は、栗と砂糖のみを材料に作る「栗きんとん」の発祥地として知られている。

恵那寿や 観音寺店

職人の手技が光る多彩な栗菓子
羊羹やどら焼き、きんつばなど約20種類の栗菓子をそろえる。店舗は工場併設で作りたての栗菓子を購入できるほか、庭園を望みながら栗菓子を味わえる喫茶スペースも。

栗きんとん 6個 1500円
栗の風味と食感を楽しめるよう、あえて粒を残し甘さ控えめに仕上げられる

[こちらも味わいたい]姫くり子 1個 216円
栗きんとんを中心に、蒸羊羹で包み蒸上げたスイーツ

栗きんとん本家 すや西木

ふんわり甘い栗しるこに舌鼓
元禄年間に創業した老舗。9月から翌1月に販売の栗きんとん(1個237円)は、細かくきざんだ栗を混ぜほど良い食感に。10月から12月は併設の甘味処で栗しるこが味わえる。

栗しるこ 972円
栗そのものを味わっているような濃厚さで、なめらかな餅とも相性抜群

御菓子所 川上屋本店

伝統の手仕事を守る老舗
1864(元治元)年の創業以来、手作りの伝統を守り続ける。8月下旬から12月に販売の栗きんとん(1個237円)はしっかりとした甘さで、栗を裏ごししたなめらかな食感が特徴だ。

嬉しの栗 3個 928円
大粒の栗を香りを生かしたまま炊き上げ、栗きんとんをまぶした上質な菓子

恵那川上屋本社恵那峡店

約10個分の栗使用の贅沢モンブラン
独自の栽培方法である「超低樹高栽培」で育てられた地元超特選栗を使用した、栗きんとんを販売する。和菓子はもちろん、栗を使った洋菓子などの商品も好評だ。

栗一筋 1080円
軽い食感の焼きメレンゲと、甘さ控え目のオリジナルの栗ペーストを合わせた大きなモンブラン

旅ネタ!

明知鉄道 グルメ列車

ローカル鉄道“あけてつ”で旬のグルメに舌鼓
恵那駅と明智駅を結ぶ全長25.1kmの明知鉄道。食堂車を連結し、名産の細寒天を会席料理で味わう寒天列車や、秋のきのこ列車など、季節ごとに旬の味覚を楽しむイベント列車を運行する。

時間 恵那駅12:40発→明智駅13:33着 
料金 1人5000円(寒天料理、料金は料理により異なる、往復運賃含む) 
予約 5日前の15時までに要予約

車窓に広がる農村風景も楽しみたい

【CLOSE UP】女城主ゆかりの城下町・岩村

かつて東濃地方の中心として栄えていた岩村。今も昔ながらの商家や、藩主を警護する武士が覗いたという武者窓のある家など当時をしのばせる歴史的建築物が町の随所に残されている。

岩村は女城主の里と呼ばれる

岩村城跡

要害堅固の名城で日本三大山城のひとつとされる。文治元(1185)年の築城。一時、織田信長の叔母であるおつやの方が城主であった。現在は六段壁とよばれる壮大な石垣のみが残り、往時をしのばせる。

高台にマチュピチュ遺跡のような石垣が残る

岩村本通り

江戸時代に商人町として栄えた通り。当時の街並みが今も残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。問屋であった木村邸や染物業の土佐屋、商家の勝川家などが代表的な建物で、内部が一般公開されている。

藩の財政を救ったといわれる木村邸

ストーンミュージアム 博石館

世界各地の珍しい石や鉱物を展示。宝石探し体験(有料)や採取した宝石を使いアクセサリー作りも体験できる。

ちこり村

ちこり生産量日本一を誇る中津川市にあり、畑で育つ種芋「ちこり芋」の生産現場を見学できる。

食事処 五万石

そばつゆベースの中津川しょうゆだれをかけた中津川しょうゆかつ丼(900円)が味わえる店。

【CLOSE UP】緑豊かな食のテーマパーク

恵那 銀の森

恵那山のふもとにある食と自然の複合施設で、約2万坪の敷地に6つのショップとレストランが点在する。焼き菓子の店「カリテレモン」はアップルパイが好評でジャム作りも体験できる。レストランではランチに旬の野菜を使ったイタリアンビュッフェが食べられる。他の店にも人気のオリジナル商品が並ぶ。

広大な自然の森に包まれる

筆者:mapple

まっぷる岐阜 飛騨高山・白川郷

発売日:2017年07月21日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×