トップ > 全国 > 東北 > 南東北 > 鳴子・栗駒 > 鳴子・鬼首 > 鳴子温泉郷

鳴子温泉郷

鳴子温泉郷のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した鳴子温泉郷のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。泉質自慢の鳴子温泉のシンボル「滝の湯」、緑の渓谷に広がるダム湖「鳴子ダム」、大きな岩を配したワイルドな露天風呂「鳴子やすらぎ荘」など情報満載。

  • スポット:79 件
  • 記事:4 件

1~10 件を表示 / 全 79 件

滝の湯

泉質自慢の鳴子温泉のシンボル

鳴子温泉神社の御神湯として長い歴史を持つ古湯。江戸時代の湯小屋を再現した造りで風情たっぷり。重厚な木造建築は味わい深く、昔ながらの共同浴場の雰囲気を色濃く残す。

滝の湯
滝の湯

滝の湯

住所
宮城県大崎市鳴子温泉湯元
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から徒歩5分
料金
入浴料=大人200円、小学生以下100円/

鳴子ダム

緑の渓谷に広がるダム湖

日本初の日本人だけの手によって造られたアーチ形ダムで、高さ94.5m、長さは215mの多目的ダムになっている。人造湖とは思えない美しさで、特に新緑の季節や紅葉の時期はひときわ華やか。

鳴子ダム
鳴子ダム

鳴子ダム

住所
宮城県大崎市鳴子温泉岩渕2-8
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅からタクシーで10分
料金
情報なし

鳴子やすらぎ荘

大きな岩を配したワイルドな露天風呂

肌にしっとりとなじむ湯が魅力の大浴場は、すっきりとした造り。自然石を組み合わせて造られた野趣満点の露天風呂もあり、和風庭園を眺めながらのんびりと湯を堪能出来る。

鳴子やすらぎ荘
鳴子やすらぎ荘

鳴子やすらぎ荘

住所
宮城県大崎市鳴子温泉星沼18-2
交通
JR陸羽東線中山平温泉駅から徒歩15分
料金
1泊2食付=9700~11440円/外来入浴(12:00~16:00)=600円/外来入浴食事付(11:00~15:00、食事処利用、要予約)=3700円/

湯元 吉祥

大浴場と4種の無料貸切風呂で鳴子の湯を掛け流しで満喫

眺望豊かな高台に建ち、客室はゆったりくつろげる和室が中心で、かけ流しの温泉と郷土色豊かな料理が堪能できる。「夜鳴きそば」など無料のサービスも好評。

湯元 吉祥

住所
宮城県大崎市鳴子温泉湯元58-10
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から徒歩6分

しんとろの湯

日帰りで楽しめるとろりとした美肌の湯

鳴子こけしで名高い鳴子温泉郷のひとつ中山平温泉の日帰り公衆浴場。源泉に加水せずに引き湯の木の樋で自然冷却し温度を調節している。美肌の湯としても有名。

しんとろの湯
しんとろの湯

しんとろの湯

住所
宮城県大崎市鳴子温泉星沼18-9
交通
JR陸羽東線中山平温泉駅から徒歩15分
料金
入浴料=大人420円、小学生210円、幼児無料/(回数券10枚綴(サービス券2枚付)大人4200円、小学生2100円)

柿澤こけし店

伝統とかわいらしさを持つこけしたちが評判

どんぐりの笠をかぶったこけし、頬をピンクに染めて見上げるこけし…。伝統を大切にしながら、かわいらしい創作こけしが大人気。

柿澤こけし店

住所
宮城県大崎市鳴子温泉古戸前132-67
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅からタクシーで5分
料金
こけし(6寸)=1500円~/ドングリこけし=1000円/

鳴子ホテル(日帰り入浴)

総檜造りの大浴場で湯浴みを

日によって色が変化する源泉掛け流しの硫黄泉。3本の自家源泉があり、源泉掛け流しの湯は外気や湿気により透明・乳白色・うぐいす色などに変化し、季節ごとに微妙な変化を楽しむことができる。

鳴子ホテル(日帰り入浴)

住所
宮城県大崎市鳴子温泉湯元36
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅から徒歩5分
料金
入浴料=大人1080円、小人650円/

旅館大沼(日帰り入浴)

館内で湯巡りが楽しめる

8つの個性的な温泉があり、離れの貸切露天以外の7つが日帰りで利用できる。4階にある「備長炭風呂陽の湯」は風情ある雰囲気。

旅館大沼(日帰り入浴)
旅館大沼(日帰り入浴)

旅館大沼(日帰り入浴)

住所
宮城県大崎市鳴子温泉赤湯34
交通
JR陸羽東線鳴子御殿湯駅から徒歩5分
料金
入浴料=大人500円、小人300円/貸切露天風呂(40分、1名)=2160円(平日3組限定)/

蕎麦カフェ田伝

地元産そば粉を多彩なメニューで

鳴子で自社栽培する風味高いそばが味わえるカフェ。そば粉を使ったガレットやシフォンケーキも人気で、ランチからスイーツまでおまかせ。

蕎麦カフェ田伝

住所
宮城県大崎市鳴子温泉月山13-2
交通
JR陸羽東線川渡温泉駅から徒歩15分
料金
ガレットセット(サラダ・紅茶付)=1500円/

岩下こけし資料館

約1100年前、日本最古のロクロで制作の古木器など豊富な展示

国道47号沿いに立ち、約1100年前の古木器と文献を紹介。信長や秀吉の免許状、日本最古のロクロで作られた古木器をはじめ、明治時代のこけし工人の道具も豊富に展示している。

岩下こけし資料館
岩下こけし資料館

岩下こけし資料館

住所
宮城県大崎市鳴子温泉古戸前80
交通
JR陸羽東線鳴子温泉駅からタクシーで5分
料金
入館料=無料/絵付け=1050円(1本)/鳴子伝統こけし=1080円(4寸)/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください