コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【鳴子温泉郷】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

【鳴子温泉郷】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

by mapple

更新日:2018年5月11日

開湯約1200年の伝統を誇り、奥州三名湯のひとつに数えられる温泉地。湯めぐりを楽しみながら、大自然が生んだ絶景スポットや地元食材を使ったスイーツなどを堪能しよう。おみやげにはこけしを。

見る

鳴子温泉神社

街を見下ろす鳴子温泉の守り神
承和4(837)年の噴火により温泉が湧き出たと伝えられる地。高台にあり、鳴子の温泉街を眺めることができる。毎年9月には、献湯式や神輿渡御などが行なわれる祭典を開催。

拝殿には大きなこけしが寄り添っている

日本こけし館

伝統こけしが大集合
東北各地の名匠による鳴子伝統こけしや童話作家、深沢要氏のコレクションが並ぶミュージアム。高松宮殿下秘蔵のこけしも展示されている。こけしの絵付け体験(1080円)も可能。

約5000本のこけしを展示

食べる

たかはし亭

素朴な味わいのおくずがけが人気
地元の女性たちが作る郷土料理を味わえる食事処。鳴子産のそばの表面をカリッと焼き、きのこや山菜が入った具だくさんのあんをかけた「鳴子焼おくずがけ」が評判。

鳴子焼おくずがけ1200円は和風だしのやさしい味付け

買う

高橋豆腐店

県産大豆を使ったスイーツが人気
ヘルシーな豆乳スイーツが話題の店。鳴子産ブルーベリーのジャムを添えた「豆乳プリン」や、なめらかな口当たりで甘さをひかえた「豆乳チーズケーキ」などがそろう。

人気の豆乳プリン180円と豆乳チーズケーキ280円

柿澤こけし店

キュートな創作こけしがずらり
伝統にひとひねりを加えた創作こけしが並ぶ。本物のどんぐりのかさをかぶった「どんぐりこけし」(1000円)、四季にちなんだ柄が描かれた「季節の創作こけし」(1500円)が人気。

親子2代で作る鳴子伝統こけしもたくさん並ぶ

おかしときっさ たまごや

こだわりのわらび餅が名物
和菓子と洋菓子がそろう地元で愛される菓子店。良質なわらび粉を使用し、くるみの食感が絶妙な「わらび餅」が人気。店内に喫茶スペースがあり、淹れたてのコーヒーも味わえる。

電話番号:0229-83-3021
営業時間:8:30〜20:00
定休日:不定休
住所:大崎市子温泉湯元102-1
交通:JR鳴子温泉駅からすぐ
駐車場:近隣駐車場を利用

わらび餅(9個入り)864円

温泉

しんとろの湯

源泉掛け流しの日帰り温泉
鳴子峡からほど近い公衆浴場。その名のとおり、とろみのあるなめらかな湯が特徴。美肌の湯として知られ、肌がしっとりつるつるになると評判。源泉で作った温泉卵も販売している。

内湯のみのシンプルな浴場で、畳敷きの休み処もある

CLOSE UP!全国からこけしファンが集結

全国こけし祭り

こけしコンクールや実演展示即売などが催されるこけしのお祭り。1日目の夜には、シュールな張りぼてこけしが温泉街を練り歩くフェスティバルパレードで盛り上がる。

何体もの張りぼてこけしが歩く姿に圧倒される

取材memo
「県内一の利用者数『あ・ら・伊達な道の駅』」 地元農家直送の朝採り野菜や、大崎の名産品がそろう道の駅。地元食材を使ったバイキングが楽しめるレストランも併設する。観光客はもちろん地元客の利用も多く、来場者数は年間300万人以上。東日本でも屈指の人気を誇る。

筆者:mapple

まっぷる仙台・松島 宮城’19

発売日:2018年01月11日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる仙台・松島 宮城'19」です。掲載した内容は、2017年7月~11月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×