トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 信州・清里 > 長野・志賀高原・妙高 > 野沢温泉・戸狩 > 野沢温泉

野沢温泉

野沢温泉のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した野沢温泉のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。異なる源泉が楽しめる日帰り温泉施設「麻釜温泉公園 ふるさとの湯」、明治の温泉風情を今に残す老舗旅館「村のホテル住吉屋」、火傷や切り傷に効く熊が見つけた温泉「熊の手洗湯」など情報満載。

  • スポット:37 件
  • 記事:9 件

1~20 件を表示 / 全 37 件

野沢温泉の魅力・見どころ

情緒あふれる温泉街をそぞろ歩きしながらの外湯巡りが楽しい

野沢温泉は野沢菜発祥の地として有名な信州屈指の名湯。温泉のシンボルである麻釜(おがま)では、地元の人が、湧き出る熱い温泉で野菜や卵を茹でている光景が朝夕見られる。全部で13湯ある外湯は村の「湯仲間」という制度によって守られてきたもので、その中でもシンボル的な存在が江戸時代の湯屋建築を伝える「大湯」だ。麻釜の近くにある日帰り温泉施設「麻釜温泉公園ふるさとの湯」には、露天風呂などの施設がそろう。温泉街では、温泉まんじゅうやおやきの店、みやげ物店が並び、そぞろ歩きが楽しい。足湯も点在している。

麻釜温泉公園 ふるさとの湯

異なる源泉が楽しめる日帰り温泉施設

歴史ある温泉地にふさわしい湯屋建築が風情を醸し、野沢温泉ではめずらしく露天風呂を備えている。内湯もまた端整な造りで、切り石の湯船が素肌に心地いい。麻釜と真湯の2種の源泉を掛け流しで使用。

麻釜温泉公園 ふるさとの湯

麻釜温泉公園 ふるさとの湯

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷麻釜8734
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩5分
料金
入浴料=大人500円、小人300円/

村のホテル住吉屋

明治の温泉風情を今に残す老舗旅館

麻釜熱湯湧泉が目の前。築140年以上の木造の本館は和風情緒たっぷりだ。風呂は明治2(1869)年に開湯した歴史ある自家源泉の湯。食事は会席料理に郷土料理の「取り回し鉢」が付く。

村のホテル住吉屋
村のホテル住吉屋

村のホテル住吉屋

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8713
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー(野沢温泉直行バス)で25分、終点下車、徒歩5分
料金
1泊2食付=17500~28000円/

熊の手洗湯

火傷や切り傷に効く熊が見つけた温泉

熊が傷を癒すために使っていたという伝説が残る野沢発祥の湯。「照湯」「寺湯」とも呼ばれていた。熱めの湯温が多い野沢の外湯の中でも、ここは温度が低めで入りやすく、一般客におすすめ。リニューアルされたが、木造湯屋造りは温泉旅情にあふれている。

熊の手洗湯
熊の手洗湯

熊の手洗湯

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷寺湯
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩5分
料金
入浴料=寸志/

里武士

風土を映す本格クラフトビール

温泉街の中心に建つ外湯・大湯の近くにある、英国パブそのままのブリューパブ。併設の醸造所で造る地ビールは、素材にこだわった個性あふれる味わい。

里武士

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9347
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩5分

野沢温泉スキー場

屈指の規模を誇る温泉&スキーのゲレンデ

ビッグゲレンデという表現に恥じないスケールを持ち、台地状に広がる景観の良い緩斜面からダイナミックな急斜面まで多彩なコースが揃う。温泉情緒溢れる旅館街も充実している。

野沢温泉スキー場
野沢温泉スキー場

野沢温泉スキー場

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷7653
交通
上信越自動車道豊田飯山ICから国道117号を野沢温泉方面へ車で20km
料金
リフト1日券=大人5200円、小人2900円/4時間券=大人4400円、小人2500円/2日券=大人9600円、小人5400円/(レンタル料金スキーセットは大人3800円~、小人2800円~、ボードセットは3800円~、ウエアは大人2000円~、小人1000円~)

野沢温泉 中島屋旅館

山里の暮らしに浸る、ぬくもり宿

美肌に効果のある源泉を薄めることなく100%掛け流しで湯船を満たす。足湯や温泉たまご作り湯も設置され温泉を堪能できる。中島屋名物「三種の熊肉料理」が人気。

野沢温泉 中島屋旅館

野沢温泉 中島屋旅館

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8965
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩6分
料金
1泊2食付=10950円~/

野沢温泉

名湯の里として親しまれる

江戸時代より湯治場としてにぎわいをみせてきた信州屈指の名湯で、源泉の湯だまりで野菜を茹でたり洗ったり人々の生活に今も密着している。温泉情緒満点のスキーリゾートとしても知られる。

野沢温泉
野沢温泉

野沢温泉

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車すぐ
料金
情報なし

麻釜

熱湯湧き出る源泉は地元の社交場

90度以上の熱湯が湧出する源泉。麻釜の名は、この湯に麻を浸して皮をむいたことに由来する。5つの源泉では、村の人が野菜や卵を茹でる昔ながらの日常風景が見られる。

麻釜
麻釜

麻釜

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩6分
料金
情報なし

ハウス サンアントン ジャムファクトリー

一番おいしい旬感を詰め込んだジャム

自家樽を使って漬ける手作りの野沢菜漬けを販売。シャキッとした歯ごたえの野沢菜は発祥地ならではの伝統の味だ。漬け込みの時期は11月頃で、入手できるのは12月中旬~翌3月頃。

ハウス サンアントン ジャムファクトリー
ハウス サンアントン ジャムファクトリー

ハウス サンアントン ジャムファクトリー

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9515
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩3分
料金
3種のベリージャム=900円~/黄金桃ジャム=640円~/ふじりんごジュース=500円~/野沢菜漬け=360円(小袋)、580円(大袋)/あっさり漬け(たまり)=360円/

野沢菜本舗

本場の自家製野沢菜

代々受け継がれてきた伝統の野沢菜漬けは全て無添加にこだわる。本漬け、醤油漬け、浅漬け、ビール漬けの4種類がある。

野沢菜本舗

野沢菜本舗

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9511
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩5分
料金
野沢菜浅漬け=360円/野沢菜醤油漬け=420円/

野沢温泉の道祖神祭り

300年以上の歴史を持ち日本三大火祭りに数えられる厄払い行事

日本三大火祭りのひとつ「野沢温泉の道祖神祭り」。五穀豊穣や無病息災、良縁安産を祈願し、厄年の男たちの厄払い行事として300年以上の歴史がある。

野沢温泉の道祖神祭り

野沢温泉の道祖神祭り

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷馬場の原
交通
JR北陸新幹線飯山駅から長電バス飯山・野沢線野沢グランドホテル行きで40分、野沢温泉下車、徒歩5分
料金
要問合せ

旅館 さかや

源泉かけ流しの湯と温かなもてなしに心満たされる

江戸時代、造り酒屋として天領本陣もつとめた老舗で、贅を尽くした庭園や大浴場が見事。湯殿にはあつ湯とぬる湯、寝湯があり、湯上がり処には湯茶と野沢菜が用意される。

旅館 さかや
旅館 さかや

旅館 さかや

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9329
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩5分
料金
1泊2食付=16000円~/外来入浴食事付(11:00~15:00、食事処・広間利用、要予約)=7610円~/

おぼろ月夜の館<斑山文庫>

高野辰之が晩年まで暮らした記念に建てられた

文部省唱歌『朧月夜』『故郷』『春がきた』を作詞した国語・国文学者の高野辰之が、野沢温泉の「対雲山荘」で、晩年までの4年間を暮らした記念に建てられた。

おぼろ月夜の館<斑山文庫>

おぼろ月夜の館<斑山文庫>

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9549-6
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩5分
料金
大人300円、小・中学生150円(20名以上の団体は大人240円、小・中学生120円、障がい者は大人150円、小・中学生80円)

野沢温泉スポーツ公園

水上探検ツアーと空を飛ぶ絶叫体験

日影ゲレンデ最上部から麓まで張られたワイヤーケーブルで、標高差122mを一気に滑り降りる体験ができるアクティビティが体験できる。最大時速70kmのスリルと爽快感を楽しもう。

野沢温泉スポーツ公園

野沢温泉スポーツ公園

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8005-2野沢温泉スキー場日影ゲレンデ
交通
上信越自動車道豊田飯山ICから国道117号、県道419・38号、一般道を野沢温泉方面へ車で21km
料金
ジップスカイライド(1回、要予約)=2000円(時期により異なる)/

シュナイダー広場

村の文化施設

名誉村民である岡本太郎氏の作品「シュナイダー記念碑」を展示した広場。併設のラトリエ・クラでは「黒い太陽」を展示している。

シュナイダー広場
シュナイダー広場

シュナイダー広場

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9778
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車すぐ
料金
情報なし

そば処 鈴木

風味豊かなおいしいそば

外湯「新田の湯」近くにあるそば処。元旅館の料理長だったご主人が打つ、細打ちのそばは喉越しがよく、コクのあるつゆとの相性も抜群。

そば処 鈴木
そば処 鈴木

そば処 鈴木

住所
長野県下高井郡野沢温泉村新田
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩5分
料金
ざるそば=780円/

なっぱカフェ

レトロな雰囲気の癒しカフェ

麻釜近くの足湯「湯らり」前にある、昭和の風情漂うカフェ。野沢菜漬けと炒め野沢菜漬けをのせ、白ダシを添えた名物の小どんぶり・なっぱご飯が絶品。

なっぱカフェ
なっぱカフェ

なっぱカフェ

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9301-2
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩5分
料金
温玉のせなっぱご飯=400円/カプチーノ(Mサイズ)=400円/チョコレートケーキ=500円~/

奈良屋旅館

郷土料理に舌つづみ、大正浪漫が漂う粋な宿

麻釜にほど近い湯宿。築100年の建物には味のある調度品が並び、懐かしさが漂う。端整な内湯には良質の湯がなみなみと注がれる。料理は山菜や川魚など、郷土の味を堪能。

奈良屋旅館
奈良屋旅館

奈良屋旅館

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8736
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩3分
料金
1泊2食付=16000~22000円/

大湯

地元で愛される野沢温泉のシンボル

地元では「惣湯」と呼ばれる野沢温泉のシンボル的存在。温泉街の中心に建ち、江戸時代の面影を伝える見事な木造の湯屋が目を引く。湯船もまた木造りで、泉温がかなり高めの「熱湯」と「ぬる湯」がある。飲泉も可能。

大湯
大湯

大湯

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9817
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車すぐ
料金
入浴料=寸志/

フキヤ商店

老舗の温泉まんぢうを堪能

創業100年を超える老舗のみやげもの店。フキヤの温泉まんぢうは、すべて自家製で自慢のあんこは十勝産小豆を使っており、皮に卵をたっぷり使用しているのが特徴。大正時代から愛され続けている。

フキヤ商店
フキヤ商店

フキヤ商店

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9350
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車すぐ
料金
温泉まんぢう=75円(1個)、810円(10個箱入)/栗入り温泉まんぢう=108円(1個)、1130円(10個箱入)/田舎まんぢう=130円(1個)、1040円(8個パック入)/バナナロール(冬期限定)=270円(1個)/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください