コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【信州】一度は泊まってみたい名宿!

【信州】一度は泊まってみたい名宿!

by mapple

更新日:2018年6月29日

名所めぐりばかりが旅じゃない。一日の疲れを温泉で癒し、極上の料理に舌つづみを打ち、翌日への活力を蓄えることができる、そんな信州の名宿が大集合!

厳選・温泉宿

湯もたたずまいも◎
多くの温泉地を抱える信州のなかでも名宿と呼ばれる宿たち。体を温めてくれる温泉だけでなく、歴史を感じさせる建物にも注目だ。

歴史の宿金具屋

往時を偲ばせる古色の宿で昭和モダンの湯に浸かる
金具屋を号した鍛冶屋を前身に、1758(宝暦8)年に温泉宿として生まれ変わった旅館。現在の主人が八代目となる老舗だ。4つの源泉と8つもの浴場が、趣の異なる4棟に配され、中でも斉月楼は伝統的な日本旅館建築の良さを感じさせる。【渋温泉】

【名宿ポイント】伝統と歴史を感じる建築
創業から250年を超える老舗だけあって、80年前に建てられた斉月楼など、時の流れを感じさせる建物が多い。

ローマの噴水がモチーフの浪漫風呂

貴賓室として造られた客室「長生閣」

斉月楼は登録有形文化財に指定されている

明神館

自然と一体になる天空の湯宿
1931(昭和6)年開業の老舗温泉宿で、標高1050mの国定公園内に位置している。3つの湯処、多様なタイプの客室、日本料理とフレンチから選べる夕食など、繰り返し訪れたくなる工夫が凝らされた温泉リゾートだ。【扉温泉】

【名宿ポイント】自然と一体になる絶景風呂
わさび沢の渓谷に面した「雪月花」では、目の前に広がる大自然に抱かれたような感覚で入浴できる。

「立ち湯 雪月花」は半露天の造り

洋室ではシーリー社のベッドが使われている

泡の湯旅館

四季折々に趣を変える白濁の大露天風呂
70畳もの広さを誇る大露天風呂で知られる、1912(明治45)年開業の湯宿。大露天風呂は混浴で、専用の湯浴みを巻いて入ることができる。本館と新館に合わせて24の客室を持ち、各部屋には大露天風呂から流れるお湯の音がかすかに聴こえて心地よい。【白骨温泉】

【名宿ポイント】名物の大露天風呂
白骨温泉を象徴するような乳白色のお湯が特徴。3日浸かれば3年は風邪をひかないと伝えられている。

毎分1730ℓと県内でも随一の湯量を誇る

昔ながらの風情が漂う木造りの内湯

客室は本館と新館で趣が異なる

本館は昭和初期に建てられたレトロな風情

岩魚塩焼きも別注可能。朝は名物の温泉粥

旅館 さかや湯

屋の豪壮な造りを見上げ名湯にどっぷり浸かる
野沢温泉で17代続く老舗の温泉宿。飾られた調度品や生花が和の趣を醸す建物は、鉄筋6階建てで29室の客室を備えている。湯屋造りの豪壮な大浴場でも知られ、高い天井や木肌の壁が開放的な印象を与え、旅の疲れを癒してくれる。【野沢温泉】

【名宿ポイント】宮大工が手がけた大浴場
伝統的な湯屋建築造りの男性用大浴場鷹の湯は、昼間でも明るさを抑えた独特の雰囲気。

あつ湯、ぬる湯、腰湯の3種類の浴槽がある

露天風呂「月見の谷」は大浴場に隣接

落ち着いた雰囲気の和室のほかに和洋室もある

江戸時代には造り酒屋を営み、御天領本陣も務めた

旅の宿 滝の湯

千曲川の流れと信州の山並みが魅了
5階建ての陶然閣と離れの美松亭からなる温泉宿。館内は信州の田舎宿をコンセプトに造られており、廊下やロビー、エレベーターなどほとんどが畳敷き。客室は露天風呂付きや和モダンメゾネットなどのタイプがあり、各々趣向を凝らした造りだ。【戸倉上山田温泉】

【名宿ポイント】浴場から千曲川を一望
半露天の大浴場からは男湯・女湯ともに、四季折々の千曲川の流れを眺めることができる。

眼前に千曲川を望む風情ある露天風呂

さらしな焼き風の露天風呂付きの客室「なでしこ」

夕食は地物にこだわった創作田舎料理。写真は千代幻豚のせいろ蒸し

石苔亭いしだ

山麓にひっそりとたたずむ日本情緒あふれる宿
風情ある数寄屋造りのたたずまいで、館内には本格的な能舞台や茶室もあり、風雅な雰囲気を味わえるのが魅力。温泉は大きな岩を配した内湯と露天風呂でたっぷり楽しめる。旬の素材をふんだんに盛り込んだ、月替わりの会席料理も評判。【昼神温泉】

【名宿ポイント】毎夜開催される紫宸殿の宴
毎日20:30から琴や和太鼓、狂言など、南信州の伝統芸能を開催。二千体雛飾り期間は休演。舞台の袖にはバーカウンターもある(ドリンクは有料)。

地元の巨岩や奇岩を配した露天風呂

ロビーにある能舞台。1月中旬~4月上旬には「二千体雛飾り」も開催

上林ホテル仙壽閣

滝のごとく流れ落ちる驚異の自家源泉
長野電鉄の初代社長である神津藤平氏が、1928(昭和3)年に開業した大型ホテル。和と洋の融合がテーマで、館内にはアールヌーヴォー調の表現を取り入れた意匠が光る。県内屈指となる毎分720ℓ、1日1036トンの温泉を掛け流している。【上林温泉】

豪快に流れ出る自家源泉
湯量豊富な自家源泉に支えられ、温泉が湯出し口ではなく、壁全体から滝のように浴槽に注がれる贅沢な内湯が評判だ。

内湯となっている大浴場も、源泉掛け流しだ

信州牛や有機無農薬栽培の野菜を楽しめる

一部の客室からは北信五岳や北アルプスを一望できる

創業時の石灯籠や赤松が残る庭園

つたや季の宿 風里

御嶽山の恵みを肌で感じる湯宿
御嶽山の麓に広がる開田高原にたたずむ宿。星空を眺めながら温泉に入ることのできる露天風呂付きの部屋も含め、全部で5つのタイプの客室を用意。メタケイ酸などを含む温泉は、疲労回復の効果がある。【開田高原】

【名宿ポイント】風里畑の新鮮野菜
10種類を超える野菜が宿の前にある畑で作られている。収穫時期の朝食には、採れたての新鮮な野菜をいただける。

春には露天風呂から桜を眺めることもできる

どの客室からも御嶽山を望める

山野草の宿 二人静

健気な野生の草花に癒される
宝剣岳・千畳敷カールを背に、駒ヶ根高原の高台に位置する宿。駒ヶ根高原を流れる大田切川沿いに、和の趣が漂う本邸と離れ、近代的な姿の別邸がある。宿名にもなっているフタリシズカなどに彩られる庭も美しい。【早太郎温泉】

【名宿ポイント】四季を感じる露天風呂
広々とした湯船で早太郎温泉に浸かりながら眺めることのできる庭には、160種にも及ぶ山野草が自生している。

大浴場では、駒ヶ岳高原の自然を感じられる

南アルプスの風景が楽しめる本邸の客室

山野草の見ごろは5月下旬~6月上旬

高原の宿

リゾート感たっぷり
開放感のある高原の大自然のなかにたたずむリゾートホテル。高原ならではの眺望に、各宿こだわりの料理や温泉を満喫しよう。

上高地帝国ホテル

極上のサービスでもてなす憧れの名門ホテル
1933(昭和8)年の開業以来、80年以上愛されるリゾートホテル。背後にそびえる山々の景観にマッチする赤い屋根の建物は、スイスのコテージをイメージ。東京の帝国ホテルスタッフが業務を担当し、磨き抜かれたサービスを提供してくれる。【上高地】

【名宿ポイント】マントルピースのあるラウンジ
中央の吹き抜けにマントルピースがしつらえられたラウンジでは、昼はティー、夜はお酒を楽しめる。

ホテルの名物・マントルピース

穂高連峰を望むベランダ付きの部屋が人気

メインダイニングでは日替わりコースが

ローストビーフに安曇野産野菜を添えた一品

山小屋の雰囲気が漂う「バーホルン」

緑とのコントラストが鮮やかな赤い屋根

白馬東急ホテル

雄大な白馬の山々を望む贅沢なリゾートホテル
北アルプスの自然に囲まれた、ヨーロピアンテイストのリゾートホテル。窓外の自然美を損なわないように淡い色調で彩られた客室など100を超える部屋数をもち、皇族や著名人にも利用されている。夏季にはレンタサイクルも行っている。【白馬】

【名宿ポイント】自然と調和した客室
自然との調和をテーマとした客室は広々として、一部の部屋からは北アルプスや八方尾根を望むこともできる。

バルコニーでは森林浴もできる

大浴場では天然の白馬八方温泉の湯に浸かれる

軽井沢万平ホテル

老舗の風格を漂わせるクラシックホテル
1764(明和元)年に旅籠「亀屋」として誕生し、三島由紀夫やジョン・レノンといった著名人が愛したことで知られる老舗ホテル。重厚でクラシカルな風格が漂う空間には、大正時代から大切に手入れされた調度品の数々が今も残っている。【軽井沢】

【名宿ポイント】歴史と品格を感じるおもてなし
レトロで気品あふれる空間で、国内外の賓客をもてなしてきた一流のサービスを受けられるのがうれしい。

2016年に築80年を迎えた本館アルプス館

ザ・プリンス軽井沢

こだわりの上質空間で癒しのひとときを
すべての部屋から浅間山の姿を望むことができるホテル。レストランでは豊富なヴィンテージワインとともに、食材にこだわったフレンチを楽しめる。目の前に広がるゴルフ場など、自然と融合したリゾートも充実。【南軽井沢】

【名宿ポイント】リゾート感あふれる客室
全100室の客室は、5つのタイプに分けられている。どの部屋も軽井沢ならではのリゾート感を満喫できる。

ホテルグランフェニックス奥志賀

標高1500mに建つ雄大な自然を感じるホテル
季節ごとの表情をみせる上信越高原国立公園の自然に抱かれたホテル。特に、冬場は上質なパウダースノーを楽しめるスキーリゾートとして知られる。展望大浴場から眺められる銀世界も魅力のひとつだ。【山ノ内町】

【名宿ポイント】四季を楽しむ高原ホテル
豊かな自然に囲まれていて、春や夏は鮮やかな緑、秋は紅葉、冬は一面の雪化粧と四季折々に変わる装いを堪能できる。

八ヶ岳高原ロッジ

森の自然と優雅に調和した癒しのホテル
八ヶ岳連峰の東山麓に広がる森の中にあり、館内で目にする天然木の柱や梁が優しい印象を与えるリゾートホテル。標高1500mの場所にあり、ゲストルームからは壮大な自然を間近に感じることができる。【南牧村】

【名宿ポイント】季節を感じるイベント
自然と調和した八ヶ岳高原音楽堂でのコンサートや星空観賞、ネイチャーウォークなどさまざまなイベントを開催している。

ホテルの周辺では、四季折々に草花が咲く

バルコニーがあるデラックスツイン

筆者:mapple

まっぷる信州’19

発売日:2018年03月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる信州'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×