>  >  >  >  >  > 

【野沢温泉】外湯文化が息づく情緒あふれる温泉街

まっぷるマガジン

更新日:2018年6月25日

この記事をシェアしよう!

【野沢温泉】外湯文化が息づく情緒あふれる温泉街

開湯は奈良時代ともいわれる歴史ある温泉。現在は13の外湯にその文化が受け継がれている。村の台所といわれる麻釜では、地元の人が朝夕、湧き出る熱い温泉で野菜や卵を茹でている。のんびりと外湯めぐりや足湯めぐりをしながら散歩するのがおすすめだ。

[温泉データ]
源泉:38か所
泉質:単純硫黄泉、40〜90℃
効能:胃腸病、神経痛、リウマチなど
色・匂い: 無色透明、硫黄臭

[アクセス]
:上信越自動車道・豊田飯山ICから国道117号を経由して約20km 
電車:JR飯山駅から野沢温泉行きバスで25分、野沢温泉下車

[問い合わせ]
野沢温泉観光協会 0269-85-3155

麻釜温泉公園ふるさとの湯

露天風呂を備えた14番目の外湯
麻釜からほど近い路地に位置する、風情ある湯屋建築の外湯。あつ湯とぬる湯、そして外湯では唯一の露天風呂を備えた温浴施設として人気のスポットだ。

麻釜温泉公園ふるさとの湯

高台にある麻釜で野菜を茹でるのは日常的な光景。地元の人しか利用することができない

麻釜温泉公園ふるさとの湯

名称の由来は北信濃の風景がモデルの唱歌『ふるさと』

麻釜温泉公園 ふるさとの湯

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷麻釜8734
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩5分
料金
入浴料=大人500円、小人300円/

野沢温泉共同浴場

13の外湯めぐりを楽しむ
江戸時代から村の「湯仲間」によって守られてきた地域の社交場でもある外湯。13の浴場はそれぞれ泉質も趣も異なっている。観光客にも開放しているので、マナーを守りながら地域の人との交流を楽しもう。

野沢温泉共同浴場

江戸時代の湯屋建築を今に伝える建物

野沢温泉共同浴場

大湯の浴槽はあつ湯とぬる湯に分かれている

外湯めぐりと一緒に集印名所めぐりをしよう

外湯や名所をめぐるときに携帯したいのが集印帳。名所27か所に集印台が設置されており、カーボン紙の要領で棒でこすって絵柄を写すもの。旅の記念におすすめだ。

外湯めぐりと一緒に集印名所めぐりをしよう

集印台にはその名所の絵柄が浮き彫りになっている

外湯めぐりと一緒に集印名所めぐりをしよう

白い紙の上に緑の紙を敷いたまま、棒で強めにこする

外湯めぐりと一緒に集印名所めぐりをしよう

緑の紙をめくって、白い紙にその絵柄が写されていれば完成!

外湯めぐりと一緒に集印名所めぐりをしよう

454円で旅館組合や観光協会が販売している集印帳。これを持って外湯や観光名所を巡ろう

外湯めぐりと一緒に集印名所めぐりをしよう

10か所以上集印すると野沢温泉観光協会でオリジナルタオルを、20か所以上で手ぬぐいかタオルがもらえる

野沢温泉共同浴場

住所
長野県野沢温泉村長野県野沢温泉村豊郷
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩5分(大湯)
料金
お賽銭(心づけ)

温泉地トピックス

TOPIC1 野沢温泉スポーツ公園でジップスカイライドを体験

2017年に登場したフランス発のジップスカイライド。ゲレンデの最上部から麓まで張ったワイヤーを一気に滑空するアクティビティだ。さわやかな風を感じながら、スキー場の上を滑空しているときの開放感は何度でも体験したくなる楽しさ。

0269-85-2623 
9:00〜17:00(最終ライド16:30、季節により変動あり、要予約) 
不定休(要問い合わせ) 
1回2000円(季節により変動あり) 
野沢温泉村豊郷8005-2 野沢温泉スキー場日影ゲレンデ 
JR飯山駅から野沢温泉直通バスで25分、野沢温泉下車、徒歩20分(動く歩道あり) 
P70台 
※変更の場合あり、詳細はHPで要確認

野沢温泉スポーツ公園

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8005-2野沢温泉スキー場日影ゲレンデ
交通
上信越自動車道豊田飯山ICから国道117号、県道419・38号、一般道を野沢温泉方面へ車で21km
料金
ジップスカイライド(1回、要予約)=2000円(時期により異なる)/

TOPIC2 シュナイダー広場でひと休みしよう

名誉村民である岡本太郎氏の作品『シュナイダー記念碑』を展示した広場。併設のラトリエ・クラでは棟方志功氏の展示するほか、コーヒーとパンが楽しめるカフェもあるので、散策の休憩にもおすすめだ。

TOPIC2 シュナイダー広場でひと休みしよう

地元にゆかりのある芸術家の作品なども展示

TOPIC2 シュナイダー広場でひと休みしよう

土蔵をリノベーション

TOPIC2 シュナイダー広場でひと休みしよう
TOPIC2 シュナイダー広場でひと休みしよう

コーヒーや野沢菜マヨパンが人気

シュナイダー広場

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9778
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車すぐ
料金
情報なし

野沢菜本舗

古くから伝わる本場の自家製野沢菜
代々受け継がれてきた伝統の野沢菜はすべて無添加にこだわる。本漬け、醤油漬け、浅漬け、ビール漬けの4種類がある。

野沢菜本舗

自家製野沢菜360円~

野沢菜本舗

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9511
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車、徒歩5分
料金
野沢菜浅漬け=360円/野沢菜醤油漬け=420円/

フキヤ商店

老舗の温泉まんぢうを堪能
大正時代から同じ製法で温泉まんぢうを作り続けている。卵をたっぷりと使った皮が特徴。

フキヤ商店

栗入り温泉まんぢう 108円(右)
温泉まんぢう 75円(左)

フキヤ商店

住所
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9350
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車すぐ
料金
温泉まんぢう=75円(1個)、810円(10個箱入)/栗入り温泉まんぢう=108円(1個)、1130円(10個箱入)/田舎まんぢう=130円(1個)、1040円(8個パック入)/バナナロール(冬期限定)=270円(1個)/

七良兵衛珈琲

癒しのカフェ&バーで心落ち着くひとときを
古民家風の店内にはこだわりの手作り家具が並ぶ。昼間はカフェやランチのメニューが揃い、夜はバーとなる。自家製野菜や地元食材を使った料理も評判。

七良兵衛珈琲

木のぬくもりあふれる落ち着いた雰囲気

七良兵衛珈琲

こだわり料理の数々

七良兵衛珈琲

住所
長野県野沢温泉村長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷9254
交通
JR北陸新幹線飯山駅から野沢温泉ライナー野沢温泉行きバスで25分、終点下車すぐ
料金
要問合せ 平均予算(昼):2000円, 平均予算(夜):3000円
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください