トップ > 全国 > 東海・北陸 > 伊勢志摩・三重 > 伊勢志摩 > 志摩

志摩

志摩のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

志摩のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。伊勢のてこねずし、志摩のアワビ、志摩のあのりふぐなど情報満載。

志摩のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:197 件
  • 記事:22 件

1~20 件を表示 / 全 8 件

伊勢のてこねずし(いせのてこねずし)

伊勢の人々に愛されてきた郷土料理

  • ご当地名物料理

醤油ベースのタレに漬け込んだカツオとすし飯の相性が抜群の名物料理。当初は切り身だけをのせていたが、次第に海苔などをのせるようになった。伊勢を代表する郷土料理といえる。

伊勢のてこねずし

志摩のアワビ(しまのあわび)

アワビの宝庫・志摩でアワビ料理を制覇

アワビは夏が旬。岩場が広がり荒波寄せる志摩はアワビの宝庫。料理法は多岐にわたり、刺身や焼き物、ステーキなど、料理法によってさまざまな味わいと食感が楽しめる。

志摩のアワビ

志摩のあのりふぐ(しまのあのりふぐ)

産地ならではの良心的な価格がうれしい

志摩の海は日本有数のトラフグの産地。身のキメが細かく弾力に富んだ天然のフグが、産地ならではの手頃な価格で味わえる。10月中旬~3月がシーズンで質のよいフグを味わえる。

志摩のあのりふぐ

伊勢・志摩の伊勢エビ(いせしまのいせえび)

新鮮な伊勢エビを食べてぜいたく気分に

伊勢志摩の沿岸部はエビの王様と呼ばれる伊勢エビの格好の漁場。網を仕掛けて巻き上げる刺網漁が行われるのが10~4月にかけてで、旬の味を楽しむならこの時期がいちばん。

伊勢・志摩の伊勢エビ

的矢牡蠣(まとやかき)

三重ブランドに認定された栄養豊かな牡蠣

プランクトンが豊富に生息する的矢湾で養殖された牡蠣のことを呼ぶ。栄養をたっぷり蓄えた牡蠣はどれも大粒で、しっかりとした甘みがある。殻付きのまま箱詰めされている。

的矢牡蠣

宝彩エビ(ほうさいえび)

春から夏にだけ味わえる伊勢志摩の高級車エビ

  • 旬魚介

志摩の安乗漁港に水揚げされる車エビのことで、細い糸を使った底刺し網「宝彩網」でとる。黒潮が交わる海域で育つので、一般の車エビより大きく、甘みが強いのが特徴。

伊勢茶(いせちゃ)

伊勢の自然が育んだ味わい深く香り高いお茶

  • おみやげ

茶の栽培面積、生産量、生産額が、全国有数の三重県。鈴鹿山麓に広がる北勢地域と紀伊山地の麓に広がる南勢地域が代表的な産地。煎茶を中心に、北勢ではかぶせ茶、南勢では深蒸し茶に特徴がある。

伊勢茶

鳥羽・志摩の真珠製品(とばしまのしんじゅせいひん)

大切なプレゼントに真珠のアクセサリーを

  • おみやげ

伊勢志摩の入り組んだ湾内は真珠の生息に適しており、良質な真珠が数多くとれる。真珠を使ったネックレスや指輪などいろいろなアクセサリーが販売され女性に人気がある。

鳥羽・志摩の真珠製品