トップ > 全国 > 東海・北陸 > 伊勢志摩・三重 > 尾鷲・熊野

尾鷲・熊野

尾鷲・熊野のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した尾鷲・熊野のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。熊野灘の荒波と鬼退治伝説が残る名勝「鬼ヶ城」、神々が眠る日本最古の神社「花の窟神社」、海に吠える巨大獅子「獅子岩」など情報満載。

尾鷲・熊野のおすすめのスポット

  • スポット:123 件
  • 記事:6 件

1~20 件を表示 / 全 123 件

尾鷲・熊野の魅力・見どころ

九鬼水軍発祥の地を海上から眺め、神話の舞台を訪ねる

尾鷲は熊野灘に面した港町で、新鮮な魚介が味わえるのが魅力。戦国時代に名を馳せた九鬼水軍発祥の地でもあり、市の南部には九鬼集落がある。江戸時代から林業が栄えた街として、また、降水量が全国1位ということで有名。尾鷲から熊野市にかけての海岸線は複雑に入り組み、楯ヶ崎、獅子岩、花の窟(いわや)などの奇岩怪石が続いている。これらの風景は、遊覧船で海から眺めるのが一番だ。熊野は、神話や伝説の世界が今も息づく場所。『日本書紀』に登場する国生み、神生み神話の舞台である花の窟神社など歴史ある社寺が点在する。

鬼ヶ城

熊野灘の荒波と鬼退治伝説が残る名勝

隆起と風化、波の浸食によってできた無数の洞窟、奇岩が約1kmにわたり連なる。岩や洞窟には「千畳敷」「犬戻り」などの名前がつけられ、それらを縫うように遊歩道が設けられている。名勝、天然記念物に指定されている。

鬼ヶ城
鬼ヶ城

鬼ヶ城

住所
三重県熊野市木本町
交通
JR紀勢本線熊野市駅から三重交通大又大久保行きバスで5分、鬼ヶ城東口下車、徒歩10分
料金
情報なし

花の窟神社

神々が眠る日本最古の神社

『日本書紀』に登場する伊弉冉尊(いざなみのみこと)の墓所で、国生・神生み神話の舞台。ご神体は高さ45mの巨岩で、境内には子供の軻遇突智尊(かぐつちののみこと)の墓所もある。古代から続く「お綱かけ神事」は古式ゆかしい祭り。

花の窟神社
花の窟神社

花の窟神社

住所
三重県熊野市有馬町
交通
JR紀勢本線熊野市駅から徒歩15分
料金
情報なし

獅子岩

海に吠える巨大獅子

井戸川の上流に位置する大馬神社の狛犬に見立てられ、国道42号の七里御浜沿いにそそり立つ、獅子の形をした巨大な岩。高さ25m、周囲210mという天然記念物の大岩は、地盤の隆起と熊野灘の荒波、強風が生み出した芸術だ。

獅子岩
獅子岩

獅子岩

住所
三重県熊野市井戸町
交通
JR紀勢本線熊野市駅から徒歩10分
料金
情報なし

七里御浜

小石と砂からなる平坦な「海の参詣道」

熊野市から紀宝町まで続く海岸。その長さは「七里」の名のとおり20数kmにわたる。熊野川の上流から流れ着いた丸くて美しい「御浜小石」が浜に敷きつめられ、独特の景観を生み出している。

七里御浜
七里御浜

七里御浜

住所
三重県熊野市本木町~南牟婁郡紀宝町鵜殿
交通
JR紀勢本線熊野市駅から徒歩5分
料金
情報なし

熊野古道伊勢路

伊勢と熊野三山を結ぶ街道

熊野三山、そして西国三十三カ所巡礼第一礼所の青岸渡寺を詣でる全国からの参詣者に重要な役割を果たした。東紀州の峠道は、馬越峠や松本峠など昔の面影を色濃く残した場所が多い。

熊野古道伊勢路
熊野古道伊勢路

熊野古道伊勢路

住所
三重県熊野市ほか
交通
情報なし
料金
情報なし

馬越峠

熊野古道らしい風情

馬越峠には江戸末期の俳人・可涼園桃乙(かりょうえんとういつ)の句碑が立つ。「夜は花の上に音あり山の水」という美しい句が刻まれている。峠からは尾鷲市街の一部が見渡せるが、ここから天狗倉山への分岐道があり、さらなる絶景を楽しみに行く人も多い。

馬越峠
馬越峠

馬越峠

住所
三重県尾鷲市馬越町~紀北町相賀
交通
JR紀勢本線尾鷲駅から三重交通長島駅前、島勝松阪行きバスで13分、鷲毛下車すぐ(馬越峠登り口まで)
料金
情報なし

道の駅 海山

熊野古道へ徒歩5分と散策に好立地な駅で休憩を

地元特産のヒノキを使ったスマートな建物。交流ホールにはレストランと特産品の販売所が設けられている。徒歩数分のところに世界遺産熊野古道(馬越峠)への登山口がある。

道の駅 海山

道の駅 海山

住所
三重県北牟婁郡紀北町相賀1439-3
交通
紀勢自動車道海山ICから国道42号を新宮方面へ車で約3km
料金
さんまドッグ=320円(1個)/魚つみれカツ定食=680円/

松本峠

七里御浜を一望する峠道

古道らしい石畳を歩き、標高135mの松本峠を越える。眼下に七里御浜の海岸線も望む爽快な道だ。鬼ヶ城への散策路も整備されているので、ぜひ進んでみよう。

松本峠
松本峠

松本峠

住所
三重県熊野市大泊町~木本町
交通
JR紀勢本線大泊駅から徒歩20分(松本峠登り口まで)
料金
情報なし

魚処 豆狸

その日揚がった新鮮なかつおを提供

尾鷲中心街の細い路地に暖簾を掲げる。カツオはタタキよりも新鮮な刺身で食べるのが一般的。予約制の「カツオのコース」にはハラモなどの珍しい部位も出る。

魚処 豆狸
魚処 豆狸

魚処 豆狸

住所
三重県尾鷲市栄町5-37
交通
JR紀勢本線尾鷲駅から徒歩5分
料金
カツオのユッケサラダ=1080円/海鮮ユッケ丼=980円/コース料理=3240円~/定食(各種あり)=1730円~/

すし処 一重

寿司一筋の店主が腕をふるう

尾鷲港に揚がる豊富な地の魚が食べられる寿司店。木の国ならではの木材をふんだんに使った店内は居心地がよく、店主との会話も楽しい。

すし処 一重
すし処 一重

すし処 一重

住所
三重県尾鷲市南陽町9-3
交通
JR紀勢本線尾鷲駅から徒歩10分
料金
地物(魚)コース=3240円/腹八分にぎり=3240円/食通コース=5400円/鉄火丼=1080円/

楯ヶ崎

海に突き立つ巨大な楯

海に突き立てた巨大な楯のような、高さ約70m、周囲約550mの柱状節理の大岩壁。日本神話の初代天皇・神武天皇が東征した際の上陸地とも伝わる。国道沿いの駐車場からは遊歩道を散策しながら40分ほど。鬼ヶ城近くの港から遊覧船を利用して海上からの観光もおすすめ。

楯ヶ崎
楯ヶ崎

楯ヶ崎

住所
三重県熊野市甫母町
交通
紀勢自動車道尾鷲北ICから国道42号、熊野尾鷲道路、県道70号、国道311号を尾鷲市方面へ車で26km
料金
情報なし

花の窟 御縄掛け神事

神代の昔のロマンを感じる

7本の縄をより合わせた長さ166mの“お綱”を季節の花で飾り、氏子たちによって高さ約45mのご神体の頂上から綱を境内に張り巡らす。

花の窟 御縄掛け神事
花の窟 御縄掛け神事

花の窟 御縄掛け神事

住所
三重県熊野市有馬町130花の窟神社
交通
JR紀勢本線熊野市駅から徒歩15分
料金
要問合せ

お綱茶屋

花の窟横の茶屋

熊野みやげにぴったりの特産品や、ごちそうが揃う茶屋が、花の窟神社のすぐ隣で営業。地元産の古代米を使うオリジナルのうどんは、みやげ用に販売もしている。

お綱茶屋
お綱茶屋

お綱茶屋

住所
三重県熊野市有馬町137
交通
JR紀勢本線熊野市駅から徒歩15分
料金
お綱もち=110円/みたらしだんご=100円(1本)/熊野地鶏親子丼=800円/古代米うどん=400円~/

魚飛渓

清流に奇岩が連なる

大台山系から流れ出る水を集めた銚子川の支流、又口川沿いの渓谷で約3Kmにわたって奇岩・巨岩が続く。たくさんの淵があり、夏は水遊びに興じる人で賑わう。

魚飛渓
魚飛渓

魚飛渓

住所
三重県北牟婁郡紀北町便ノ山木津
交通
紀勢自動車道海山ICから国道42号、県道760号を下北山方面へ車で7km
料金
情報なし

道の駅 紀伊長島マンボウ

干物からミカンまで多彩な特産品をおみやげにしたい

熊野灘臨海公園レクリエーション都市の公園内にある。干物やミカン、さんま寿司など、東紀州の特産品がそろう。「焼きたてパン工房」や「お食事処マンボウ」もある。

道の駅 紀伊長島マンボウ
道の駅 紀伊長島マンボウ

道の駅 紀伊長島マンボウ

住所
三重県北牟婁郡紀北町東長島2410-73
交通
紀勢自動車道紀伊長島ICから国道422号・42号を松阪方面へ車で2km
料金
マンボウの串焼き=400円/

ツヅラト峠

熊野灘の景観が広がる峠道

紀勢と紀伊の国境だった峠。紀伊長島へ続く道が曲がりくねっていることから九十九折(つづらと)の名がついた。峠からは巡礼者を癒してきた熊野灘の景色が見渡せる。

ツヅラト峠
ツヅラト峠

ツヅラト峠

住所
三重県北牟婁郡紀北町島原~大紀町大内山
交通
JR紀勢本線梅ケ谷駅から徒歩1時間(ツヅラト峠登り口まで)
料金
情報なし

うぶた堂 中の茶屋店

原料にこだわる和菓屋

小豆はもちろん小麦粉も国内産のみを使用している和菓子屋。無農薬甘夏を丁寧にあく抜きし、じっくりコトコトと時間を掛けて蜜漬けし洋酒でアクセントを付けた「甘夏オランジェット」は人気だ。

うぶた堂 中の茶屋店
うぶた堂 中の茶屋店

うぶた堂 中の茶屋店

住所
三重県熊野市有馬町5821-40
交通
JR紀勢本線熊野市駅から三重交通新宮駅前行きバスで10分、中茶屋下車すぐ
料金
甘夏オランジェット=910円(1箱)/

三重県立熊野古道センター

熊野古道伊勢路について知る

尾鷲湾を望む高台に立つ熊野古道伊勢路のビジターセンター。尾鷲檜6549本を使ったモダンな建物は、展示棟、交流棟、研究収蔵棟から成り、熊野を体感できる各種イベントも行う。

三重県立熊野古道センター
三重県立熊野古道センター

三重県立熊野古道センター

住所
三重県尾鷲市向井12-4
交通
JR紀勢本線尾鷲駅からふれあいバス紀伊松本行きで12分、熊野古道センター前下車すぐ(大曽根浦駅から徒歩15分)
料金
無料、各種体験は有料

産田神社

火の神、カグツチノミコトが産まれた場所

イザナミノミコトがカグツチノカミを産んだとされる古社。安産、子授けの神として崇敬を集め、毎年1月10日の大祭には安産と子育てを願ってホウハンという骨付きサンマが供される。

産田神社

産田神社

住所
三重県熊野市有馬町1814
交通
JR紀勢本線熊野市駅からタクシーで8分
料金
情報なし

錦花堂本舗

熊野のおやつといえば「とらまき」

九鬼水軍の戦法を記した虎の巻を模した「九鬼水軍虎の巻」は、地元では「とらまき」と呼ばれる銘菓。柔らかいカステラ生地に、たっぷりのこしあんが包まれている。

錦花堂本舗

錦花堂本舗

住所
三重県尾鷲市九鬼町1171-4
交通
JR紀勢本線九鬼駅から徒歩15分
料金
九鬼水軍虎の巻=550円(1本)/クリームトラちゃん(夏期は要予約)=550円(1本)/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください