トップ > 全国 > 関西 > 北近畿 > 天橋立・丹後半島 > 舞鶴

舞鶴 x ご当地グルメ・名物・名産品

舞鶴のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

舞鶴のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。舞鶴の肉じゃが、舞鶴の牡蠣丼、舞鶴のイサザなど情報満載。

  • スポット:65 件
  • 記事:9 件

1~10 件を表示 / 全 5 件

舞鶴の肉じゃが(まいづるのにくじゃが)

ビーフシチューから生まれた旧海軍発祥の肉じゃが

  • ご当地名物料理

肉じゃがは、旧海軍舞鶴鎮守府の司令長官が料理長にビーフシチューを作らせたところ、ワインやバターがなく、醤油や砂糖で味付けされてできた料理といわれる。このことから舞鶴市は肉じゃが発祥の地を宣言している。

舞鶴の肉じゃが

舞鶴の牡蠣丼(まいづるのかきどん)

牡蠣とかまぼこという2つの名産品をぜいたくに使用

  • ご当地名物料理

1月下旬から旬を迎える舞鶴の牡蠣を使ったご当地メニュー。舞鶴の牡蠣を5個以上と舞鶴かまぼこを使い、舞鶴の卵でとじ、牡蠣は見えていることが条件。夏には岩牡蠣丼が味わえる。

舞鶴の牡蠣丼

舞鶴のイサザ(まいづるのいさざ)

丹後地方に春の訪れを告げるイサザ漁

舞鶴のイサザとは、体長4~5cmのシロウオのこと。3~4月にかけて行われる伊佐津川の漁の風景は春の風物詩。生きたまま口に入れる「イサザの踊り食い」が名物料理。

丹後のトリ貝(たんごのとりがい)

プランクトン豊富な海が育てた丹後の恵み

  • 旬魚介

5月下旬~7月に収穫されるトリ貝は、肉厚でシコシコした食感と、ほのかな甘みが楽しめる。また、舞鶴湾では全国で唯一、卵から成貝に育てる養殖を行っており、大型のトリ貝が安定供給できる。

丹後のトリ貝

丹後のウニ(たんごのうに)

磯の香りと濃厚な旨みを味わえる

  • 旬魚介

エサになるホンダワラなどの海藻が豊富な丹後の海には、ムラサキウニ、キタムラサキウニ、アカウニ、バフンウニの4種類が生息している。濃厚で甘みたっぷりの海の幸を味わいたい。

丹後のウニ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください