トップ > 全国 > 関西 > 北近畿 > 天橋立・丹後半島

天橋立・丹後半島

天橋立・丹後半島のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

天橋立・丹後半島のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。舞鶴の肉じゃが、丹後のサバ寿司、舞鶴の牡蠣丼など情報満載。

天橋立・丹後半島のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:404 件
  • 記事:45 件

1~20 件を表示 / 全 16 件

舞鶴の肉じゃが(まいづるのにくじゃが)

ビーフシチューから生まれた旧海軍発祥の肉じゃが

  • ご当地名物料理

肉じゃがは、旧海軍舞鶴鎮守府の司令長官が料理長にビーフシチューを作らせたところ、ワインやバターがなく、醤油や砂糖で味付けされてできた料理といわれる。このことから舞鶴市は肉じゃが発祥の地を宣言している。

舞鶴の肉じゃが

丹後のサバ寿司(たんごのさばずし)

受け継がれてきたサバを使ったごちそう

  • ご当地名物料理

丹後の海でとれるサバを使った寿司。流通技術が発達していない時代に、ひと塩もののサバを使い、棒寿司が作られた。丹後にはサバのそぼろを使った「ばら寿司」と呼ばれるものもある。

丹後のサバ寿司

舞鶴の牡蠣丼(まいづるのかきどん)

牡蠣とかまぼこという2つの名産品をぜいたくに使用

  • ご当地名物料理

1月下旬から旬を迎える舞鶴の牡蠣を使ったご当地メニュー。舞鶴の牡蠣を5個以上と舞鶴かまぼこを使い、舞鶴の卵でとじ、牡蠣は見えていることが条件。夏には岩牡蠣丼が味わえる。

舞鶴の牡蠣丼

丹後半島の松葉ガニ(たんごはんとうのまつばがに)

トップクラスの松葉ガニを堪能しよう

西日本でカニといえばズワイガニ。丹後半島から西の日本海側で揚がるズワイガニは「松葉ガニ」と呼ぶ。なかでも丹後半島の間人漁港で揚がるカニは「間人ガニ」と呼ばれ、ブランドガニの中でも最高級といわれる。

丹後半島の松葉ガニ

伊根のブリ(いねのぶり)

脂ののった寒ブリは他の地域にも負けない

独特の舟屋の景観で知られる伊根の海は、身の締まったブリがとれるよい漁場だ。水温が低く、波が穏やかなことからブリの養殖も行われ、「伊根ブリ」として天然ものと変わらぬ味わいが楽しめる。

伊根のブリ

舞鶴のイサザ(まいづるのいさざ)

丹後地方に春の訪れを告げるイサザ漁

舞鶴のイサザとは、体長4~5cmのシロウオのこと。3~4月にかけて行われる伊佐津川の漁の風景は春の風物詩。生きたまま口に入れる「イサザの踊り食い」が名物料理。

丹後のトリ貝(たんごのとりがい)

プランクトン豊富な海が育てた丹後の恵み

  • 旬魚介

5月下旬~7月に収穫されるトリ貝は、肉厚でシコシコした食感と、ほのかな甘みが楽しめる。また、舞鶴湾では全国で唯一、卵から成貝に育てる養殖を行っており、大型のトリ貝が安定供給できる。

丹後のトリ貝

丹後のウニ(たんごのうに)

磯の香りと濃厚な旨みを味わえる

  • 旬魚介

エサになるホンダワラなどの海藻が豊富な丹後の海には、ムラサキウニ、キタムラサキウニ、アカウニ、バフンウニの4種類が生息している。濃厚で甘みたっぷりの海の幸を味わいたい。

丹後のウニ

丹後のオイルサーディン(たんごのおいるさーでぃん)

丹後のイワシを油漬けにした名物食品

  • おみやげ

丹後地方で売られているイワシの加工食品。丹後でとれたコイワシを油に漬けたもので、缶詰などで販売されている。骨まで柔らかく奥深い味わいで酒の肴にもよい。

丹後のオイルサーディン

丹後の地酒(たんごのじざけ)

海産物の旨みを引き立たせる人気の地酒

  • おみやげ

丹後地方の日本酒は、由良ヶ岳の上質な天然水と酒米「五百万石」を使い、伝統の技法で造られる。上質な湧き水がさわやかなのどごしを演出し、丹後の海の幸との相性もよい。

丹後の地酒

丹後ちりめん(たんごちりめん)

肌触りのよさと使いやすさが魅力

  • おみやげ

細かく生糸を織り込んで作られる丹後ちりめんは、生地の表面にできる繊細な凹凸が特徴。この凹凸により、深みのある豊かな色合いが演出される。シワもつきにくく使い勝手がよい。

丹後ちりめん

丹後のナシ(たんごのなし)

さわやかな甘みとジューシーさが特徴

シャリシャリとした食感とみずみずしくジューシーな果汁を堪能できるナシ。鳥取ブランドとして有名な二十世紀のほか、幸水、豊水、長十郎など種類もいろいろある。海に近い果樹栽培地、丹後にある観光農園ではもぎたての味が楽しめる。

丹後のブドウ(たんごのぶどう)

つぶつぶがたっぷり集まった形がかわいい

巨峰、デラウェア、ロザリオ、マスカットと、7~10月頃までさまざまな品種が旬を迎える。高糖度のもの、上品な甘みのもの、みずみずしさが特徴のものなど、品種によって風味もさまざま。果樹農家が点在する丹後エリアでは8月下旬~9月中旬にかけてベリーAやピオーネの収穫体験が可能。

久美浜のメロン(くみはまのめろん)

甘い香りとズッシリと大きな実は狩り応え十分

  • 味覚狩り

果肉の色によって夕張メロンなどの「赤肉系」、アールスメロン(マスクメロン)などの「青肉系」、ホームランメロンなどの「白肉系」に分けられる。さらに網の有無によっても分けられる。ウリ科キュウリ属の「果実的野菜」だが、フルーツ狩りの一大スターでもある。久美浜の観光農園では、7月上旬から下旬にかけてメロンのもぎ取り体験ができる。

久美浜のメロン

宮津のツツジ・サツキ(みやづのつつじさつき)

一斉に咲きそろう目にもあざやかな花

園芸品種が多く、公園や庭園に栽植されるほか、山で自生するツツジ。サツキはツツジの一種で、旧暦の皐月に咲くことからサツキと命名された。4月上旬から中旬にヤマツツジが咲き乱れる雲岩公園、サクラやツツジの名所として知られる三段池公園などが多くの花見客で賑わう。

宮津のツツジ・サツキ

与謝野のツバキ・サザンカ(よさののつばきさざんか)

秋から春にかけて順に見ごろを迎える

種類が豊富で品種によって咲く時期が異なるツバキとサザンカ。ツバキの花は完全には開かず、散るときはボトリと花ごと落ちる。サザンカの花は完全に開くことがほとんどで、花びらがばらばらに落ちるのが特徴。与謝野町には推定樹齢1200年のクロツバキ・滝の千年ツバキがあり、一帯が公園として整備されている。見ごろは3月下旬~4月下旬で、濃紫紅色の花を咲かせる。