トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 長崎・佐賀 > 五島

五島

五島のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した五島のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。日本の渚・百選の一つ「高浜」、禁教時代の資料が並ぶ海辺に建つ五島最古の教会「堂崎天主堂」、五島のブランド牛を味わおう「和風レストラン 望月」など情報満載。

五島のおすすめのスポット

  • スポット:89 件
  • 記事:10 件

1~20 件を表示 / 全 89 件

五島の魅力・見どころ

手つかずの自然の中にキリシタンの歴史を秘めた教会がたたずむ

長崎から西へ約100キロメートルの位置に浮かぶ五島列島は、福江島を中心とする久賀、奈留、若松、中通の5つの島とその周囲の島々を指す。大部分が西海国立公園に含まれる風光明媚なところで、入り組んだ海岸線が独特の景観を描き出す。江戸時代に迫害を受けたキリスト教徒たちが移り住んだ地でもあり、海辺や山間、小島などの小さな集落にひっそりと教会が建つ。椿油を使って手延べ手法で作る五島うどんが名物で、ツルリとしたのどごしが特徴。

高浜

日本の渚・百選の一つ

福江島北西部、三井楽半島の西側の付け根に頓泊海岸と隣合う浜。白銀の砂浜と澄みきった海は、日本の渚・百選に選ばれている。夏はビーチハウスが営業する。

高浜
高浜

高浜

住所
長崎県五島市三井楽町貝津
交通
福江港から五島バス三井楽行きで50分、終点下車、タクシーで10分(夏期のみ現地までバスが運行)
料金
情報なし

堂崎天主堂

禁教時代の資料が並ぶ海辺に建つ五島最古の教会

波静かな奥浦湾に映える赤レンガのゴシック様式教会。明治41(1908)年に建てられた五島最古の洋風建造物は、長崎で殉教した二十六聖人の一人、ヨハネ五島を祈念した祈りの家で、設計はパリ外国宣教会のペルー神父、施工は野原与吉、鉄川与助の作。教会内はキリシタン関連の資料館になっている。

堂崎天主堂
堂崎天主堂

堂崎天主堂

住所
長崎県五島市奥浦町2019
交通
福江港から五島バス戸岐・観音平行きで21分、堂崎天主堂入口下車、徒歩10分
料金
大人300円、中・高校生150円、小学生100円

和風レストラン 望月

五島のブランド牛を味わおう

黒毛和種の五島牛のステーキやハンバーグなどが食べられる店。熟練シェフによる五島牛ステーキの焼き具合が絶品。

和風レストラン 望月
和風レストラン 望月

和風レストラン 望月

住所
長崎県五島市福江町5-12
交通
福江港から徒歩13分
料金
五島牛ヒレステーキ=4500円/五島牛ロースステーキ=4200円/五島豚椿丼=900円/

カトリック水ノ浦教会

ゴシック、和風が融合した白亜の協会

水之浦地区は江戸時代に移住してきたキリスト教徒が開拓した地。現在の教会は昭和13(1938)年に建て直したものでゴシック、和風の建築様式を取り入れている。堂内は終日撮影不可となっている。

カトリック水ノ浦教会

カトリック水ノ浦教会

住所
長崎県五島市岐宿町岐宿1643-1
交通
福江港から五島バス三井楽行きで23分、水之浦下車すぐ
料金
見学自由

楠原教会

信者が物心両面で支え、築いた赤レンガの教会

禁教令が撤廃されてのち、弾圧を耐え抜いた信徒たちが費用を積み立て、レンガ運びや整地作業などの奉仕によって築いた赤レンガの教会。建築は教会建築の名工鉄川与助によるもので、完成は明治13(1880)年。洋式教会としては五島で3番目に古い歴史をもつ。

楠原教会
楠原教会

楠原教会

住所
長崎県五島市岐宿町楠原
交通
福江港からタクシーで25分
料金
無料

うどん茶屋 遊麺三昧

熱湯で煮えたつ上五島名物の地獄炊き

上五島名物の五島うどんは、日本三大うどんの一つ。五島うどんのもっともポピュラーでおいしい食べ方とされる地獄炊きは、焼きあご(とびうお)でだしをとったつけ汁が味の決め手。熱湯でぐらぐらとゆだった麺はコシがあり、のどごしがいい。

うどん茶屋 遊麺三昧

住所
長崎県南松浦郡新上五島町有川郷428-31
交通
有川港から徒歩5分
料金
地獄炊き定食=1130円/

福江港ターミナル

話題の鬼鯖鮨とばらもん揚げを弁当に

五島列島キリシタンクルーズの集合は午後12時30分。その前に、福江港ターミナルの売店で弁当になりそうなものを物色する。おすすめは、インターネットで話題になっている鬼鯖鮨とばらもん揚げ。

福江港ターミナル
福江港ターミナル

福江港ターミナル

住所
長崎県五島市東浜町2丁目3-1
交通
福江港からすぐ
料金
三井楽水産の鬼鯖鮨=1620円~/ばらもん揚げ(白・黒)=各170円/お魚メンチ海ぼうず=170円/かんころ餅=150円~/治安孝行(ちゃんここ)=890円~/(高齢者・障がい者割引は店舗により異なる)

ロザリオ専門店 ロザリーマリア

教会巡礼に手作りロザリオ

ロザリオの不思議な魅力にひきこまれ、最初は趣味ではじめた創作活動が本業となったという本山孝雄さん。その本山さんが福江に移住し、開いた工房兼ギャラリー。製法は独学ながら、前職はデザイナーというだけあって色や形が洗練されている。

ロザリオ専門店 ロザリーマリア
ロザリオ専門店 ロザリーマリア

ロザリオ専門店 ロザリーマリア

住所
長崎県五島市籠淵町184
交通
福江港からタクシーで15分
料金
オニキス聖ベネディクトのロザリオ=12960円/

福江海中公園

グラスボートで海中を探険

福江港の北方3.5kmにある竹の子島一帯の海中は福江海中公園に指定されている。サンゴ礁や熱帯性のソラスズメダイ、チョウチョウウオなどの魚が観賞できる。福江港からは木口汽船の半潜水式グラスボート「シーガル」が運航。予約制で、45分の竹の子島周遊コースがあり、夏休みは大人一人から運航する。

福江海中公園

福江海中公園

住所
長崎県五島市福江港
交通
福江港からすぐ
料金
最低運航料=10000円~(夏休みは1人2300円~)/観光グラスボート・シーガル=大人2300円、小学生1150円/(夏休み以外は最低運航料金適用)

福江城跡(石田城跡)

福江の歴史を語るスポット

黒船の来航にそなえ、文久3(1863)年に15年の歳月をかけて築城した江戸時代の城郭跡。黒船の大砲の目標になるという理由から天守閣がなく、本丸の館も平屋。わずか5年後に明治維新が起こり、9年後には本丸が解体されて石垣と堀を残す。現在は二の丸跡に天守閣を模した五島観光歴史資料館がある。館内では遣唐使、キリシタン信仰、五島藩などについての資料を展示。

福江城跡(石田城跡)
福江城跡(石田城跡)

福江城跡(石田城跡)

住所
長崎県五島市池田町1-4
交通
福江港から徒歩5分
料金
情報なし

大瀬崎断崖

映画ロケ地として有名な大スケールの絶景ビュー

周囲20kmにおよぶ深く荒々しい断崖絶壁は100mから150mの高さがあり、最果ての地に来たような気がする。岬のシンボルの白い大瀬崎灯台は、九州本土で最後に夕日が沈むスポットとして知られ、映画『悪人』の舞台としても有名。

大瀬崎断崖

大瀬崎断崖

住所
長崎県五島市玉之浦町玉之浦
交通
福江港から五島バス向小浦行きで1時間24分、大瀬崎口下車、徒歩1時間
料金
情報なし

井持浦教会

井持浦教会

住所
長崎県五島市玉之浦町玉之浦1243

貝津教会

ステンドグラスが美しい

大正13(1924)年に、40世帯の信者によって建てられた木造の教会。ステンドグラスの光が差し込む内部は季節の花を飾っていて、素朴であたたかみのある雰囲気。

貝津教会

住所
長崎県五島市三井楽町貝津458
交通
福江港から五島バス三井楽行きで50分、終点下車、タクシーで15分
料金
自由見学

冷水教会

教会建築の第一人者の鉄川与助が初めて設計、施工した教会

明治40(1907)年完成の木造建築の教会堂。教会建築の第一人者といわれる鉄川与助が棟梁として初めて設計、施工した教会として知られている。奈摩湾を見下ろす小高い丘の上に建つ。

冷水教会
冷水教会

冷水教会

住所
長崎県南松浦郡新上五島町網上郷冷水623-2
交通
青方港からタクシーで10分
料金
寸志

鬼岳

五島のシンボル

標高315m、青々とした芝生に覆われた臼状をしていて、山頂から五島市街を一望。中腹に九州最大級のニュートン式反射望遠鏡をそなえた鬼岳天文台がある。

鬼岳

鬼岳

住所
長崎県五島市上大津町
交通
福江港からタクシーで15分
料金
情報なし

福江武家屋敷通り ふるさと館

名物のかんころ餅&五島茶でひと休み

仲町と南町を結ぶ通りは武家屋敷通りと呼ばれ、藩政時代の面影が残る。その通りの一角にあり、城下町の写真やパネルを展示。予約制で草木染、バラモン凧の絵付けなどの体験ができる。併設の喫茶「美女花」は、五島豚うどんや五島牛カレーなど、地元の産物を使った創作メニューが評判。

福江武家屋敷通り ふるさと館

福江武家屋敷通り ふるさと館

住所
長崎県五島市武家屋敷2丁目1-20
交通
福江港から徒歩10分
料金
入館料=無料/バラモン凧絵付け体験(予約制)=2000円~/かんころ餅つき体験(予約制)=10800円(1臼)/草木染体験(5名から受付、予約制)=2000円~/かんころ餅と五島茶のセット=500円/

大曽教会

煉瓦の凸凹による装飾が特徴で3年の歳月をかけて建てられた教会

煉瓦造りの教会で3年の歳月をかけて大正5(1916)年に建てられた。ステンドグラスは西ドイツ製で、八角形のドームを有する鐘塔。煉瓦の凸凹による装飾などが特徴。

大曽教会

大曽教会

住所
長崎県南松浦郡新上五島町青方郷2151-2
交通
青方港から西肥バス有川桟橋行きで2分、青方で西肥バス船崎行きに乗り換えて5分、大曽下車、徒歩5分
料金
寸志

矢堅目の駅

五島の海の結晶をみやげに塩工房の見学も楽しみ

円錐形の奇岩と複雑な海岸線を描く美しい景観の矢堅目公園。そのすぐ近くにある矢堅目の駅は、五島の海水を釜炊きして仕上げた天然塩が人気の物産館。3台の大釜から白い蒸気と煙が絶え間なく立ち上る工房は、予約なしで見学することができる。

矢堅目の駅

矢堅目の駅

住所
長崎県南松浦郡新上五島町網上郷688-7
交通
青方港からタクシーで12分
料金
矢堅目のつばき茶塩=864円(100g)/生搾り純粋つばき油=4860円(120ml)/塩(プレーン)=260円(100g)/塩ソフトクリーム(4~12月限定)=300円/

いけす割烹 心誠

五島が誇る美食を余すことなく味わう

魚介の味を知りつくした職人による料理は、見た目は素朴ながら、味は食通をうならすほど。五島の海の幸が堪能できる。

いけす割烹 心誠

住所
長崎県五島市福江町10-5
交通
福江港から徒歩10分

江上天主堂

信徒の献身がしのばれる「手作り」教会

信者たちが山を切り崩し、キビナゴ漁で資金を集めて造った小さな教会。鉄川与助によるロマネスク様式教会で、建設には信徒も積極的に参加した。窓にはステンドグラスのかわりに花模様を描いた手描きガラスをはめ込み、柱には高級感が出るよう丹念に刷毛目を入れている。内部見学は事前連絡が必要。周辺集落を含めて、平成30(2018)年に世界文化遺産に登録された。

江上天主堂

住所
長崎県五島市奈留町大串1131-2
交通
奈留島港から奈留島バス皺ノ浦行きで22分、江上下車すぐ
料金
情報なし

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください