トップ >  九州・沖縄 > 長崎・佐賀 > 五島 > 

【長崎・五島】島の恵みいっぱいの五島グルメ in福江島

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2024年2月8日

この記事をシェアしよう!

【長崎・五島】島の恵みいっぱいの五島グルメ in福江島

長崎県の五島を訪れたらぜひとも食べたい、王道グルメをピックアップ。
さまざまな魚介を筆頭に、潮風のなかで育った五島牛、伝統の手延べうどんなど、島の恵みがつまった逸品がそろいます。

【五島×グルメ】五島うどん

讃岐うどん、稲庭うどんに並ぶ日本三大うどんの一つ。遣唐使の時代に大陸から伝わったといわれる。細めでコシがあり、つるっとしたのどごし。麺に椿油をぬることもある。

【五島グルメ×五島うどん】製麺したての五島うどんを”地獄炊き”で「おっどん亭」

伝統製法をもとに五島うどんを製麺する中本製麺に併設の店。手延べ製法による細麺の五島うどんはこしがあり、のどごしがいい。あご(飛び魚)のだしが、うどんのうまさを引き立てている。ぐつぐつと煮立った鍋から直接うどんをすくって食べる「地獄炊きうどん」が人気No.1メニュー。

【五島グルメ×五島うどん】製麺したての五島うどんを”地獄炊き”で「おっどん亭」

地獄炊き定食セットS 1600円

アツアツのうどんを、あごだし入りの溶き卵で食べる(内容は季節により異なる)

 

<こちらもおすすめ>
ごぼう天うどん 580円
肉うどん 680円
三色うどん(夏期限定) 650円

【五島グルメ×五島うどん】製麺したての五島うどんを”地獄炊き”で「おっどん亭」

店内には物販コーナーがあり、五島うどんをみやげに買える

おっどん亭

住所
長崎県五島市吉久木町831-1
交通
福江港からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:30
休業日
火曜(祝日の場合は営業)、売店は無休
料金
地獄炊き定食セットS=1600円/ごぼう天うどん=580円/肉うどん=680円/三色うどん(夏期限定)=650円/

【五島×グルメ】はこふぐの味噌焼き

五島に古くから伝わる郷土料理。はこふぐの腹に、薬味などを混ぜた味噌を詰めて炭火でじっくりと焼く。ふぐの身と味噌を混ぜながら食べるとおいしく、酒肴にぴったり。

【五島グルメ×はこふぐの味噌焼き】五島が誇る美食を余すことなく味わう「いけす割烹 心誠」

五島の海の幸をはじめ、五島牛や五島うどんなど地元の名物が勢ぞろい。店内の生けすには、近海でとれたさまざまな魚が泳ぎ、魚介の味を知りつくした店主がベストな調理法で出す。

【五島グルメ×はこふぐの味噌焼き】五島が誇る美食を余すことなく味わう「いけす割烹 心誠」

はこふぐの味噌焼き 1800円~

自店製の麦味噌に酒、みりん、しょうが、ねぎを加えたものを詰める。近海で揚がるキビナゴの七輪炭火焼きもおすすめ

 

<こちらもおすすめ>
アラカブの活造り 2000円~
五島うどん 800円
キビナゴの七輪炭火焼き 1600円

【五島グルメ×はこふぐの味噌焼き】五島が誇る美食を余すことなく味わう「いけす割烹 心誠」

店内はカウンターとテーブル席、座敷がある

いけす割烹 心誠

住所
長崎県五島市福江町10-5
交通
福江港から徒歩10分

【五島×グルメ】五島牛

潮風にあたったミネラル豊富な牧草をエサに育つ五島牛は、風味のよさとやわらかい肉質が特徴。脂は少なめで、あっさりとヘルシーに食べられる。

【五島グルメ×五島牛】絶妙な焼き加減の五島牛ステーキ「和風レストラン 望月」

「五島牛を食べるならこの店」と名が挙がるレストラン。黒毛和種の五島牛のステーキは、この道40年以上のシェフが絶妙な火加減で焼き上げる。玉ねぎ、にんにく、しょうがなどを合わせた醤油ベースのタレで味わう。

【五島グルメ×五島牛】絶妙な焼き加減の五島牛ステーキ「和風レストラン 望月」

特選五島牛ヒレステーキセット(150g) 4700円

肉は歯切れがよく、うまみがしっかり感じられる。サラダ、ライス付き

 

<こちらもおすすめ>
五島牛ビーフシチュー 2100円
小ハンバーグステーキセット 900円
五島豚ロースステーキ定食 1600円

【五島グルメ×五島牛】絶妙な焼き加減の五島牛ステーキ「和風レストラン 望月」

五島牛はもちろん、定食などメニューが豊富な店

和風レストラン 望月

住所
長崎県五島市福江町5-12
交通
福江港から徒歩13分
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:00(閉店14:30)、17:00~20:30(閉店21:00)
休業日
火曜(臨時休あり)
料金
五島牛ヒレステーキ=4500円/五島牛ロースステーキ=4200円/五島豚椿丼=900円/

【五島×グルメ】鬼鯖鮨

寿司製造業を行う三井楽水産が開発した鯖鮨で、福江島の「鬼岳」に由来するネーミング。東シナ海でとれる真さばを独自の旨酢に漬け込んでいて、さば本来の味が楽しめる。

【五島グルメ×鬼鯖鮨】独自に開発した”鬼鯖鮨”が大ヒット!「鬼鯖」

五島名物の「鬼鯖鮨」を販売。身が厚い真さばを使い、まろやかな旨酢に漬け込むことで、生のさばに近い味になる。酸味が少ないので、子供も食べやすい。福江港ターミナルと五島つばき空港でも購入できる。

【五島グルメ×鬼鯖鮨】独自に開発した”鬼鯖鮨”が大ヒット!「鬼鯖」
【五島グルメ×鬼鯖鮨】独自に開発した”鬼鯖鮨”が大ヒット!「鬼鯖」

鬼鯖鮨シングル
香ばしいあぶり鬼鯖鮨 各 1620円

店頭で注文すると5分ほどで握ってくれる。それぞれ1日50本限定

鬼鯖

住所
長崎県五島市上大津町1161-1
交通
福江港からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉店)
休業日
荒天時
料金
鬼鯖鮨=1620円(シングル)、2916円(ダブル)/あぶり鬼鯖鮨=1620円/

九州・沖縄の新着記事

【宮崎・夜ごはん】宮崎で夜を楽しめるとっておきのお店10選!宮崎で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに宮崎で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、宮崎でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 チキン南蛮と...

【長崎・夜ごはん】長崎で夜を楽しめるとっておきのお店10選!長崎で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに長崎で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、長崎でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 長崎のソウル...

【沖縄 那覇・ディナー】那覇で夜を楽しめるとっておきのお店10選!那覇でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに沖縄の那覇で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、那覇でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 沖縄の...

【福岡 小倉・夜ごはん】小倉で夜を楽しめるとっておきのお店6選!小倉で夜ごはんをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに福岡の小倉で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、小倉でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 鶏ガラ...

10円パンは韓国発の人気スイーツ!映え間違いなしの10円パンを食べてみた!

みなさまは「10円パン」をご存じですか? 韓国で生まれた10円パン(10ウォンパン)は、SNSで話題の商品!2023年のトレンドやグルメランキングに軒並みランクインするなど、多方面から注目を集めてい...

【大分・夜ごはん】大分で夜を楽しめるとっておきのお店5選!大分で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに大分で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、大分でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 手打ちの麺が...

【熊本・ディナー】熊本で夜を楽しめるとっておきのお店13選!熊本でディナーをするならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに熊本で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、熊本でおすすめのディナーをご紹介いたします。 桜のように鮮やかな...

【福岡県・初詣2024】参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載!福岡の初詣スポットおすすめ7選

新年の恒例行事と言えば初詣。正月三が日に参拝したり、おみくじをひいたり、破魔矢や絵馬を買い求めたりする人も多いと思います。この記事では、福岡県のおすすめ初詣スポットをご紹介します。どこへ初詣に行くか迷...

【博多駅近く・夜ごはん】博多駅近くで夜を楽しめるとっておきのお店16選!博多駅近くで夜ごはんをするならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに博多で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、博多駅近くでおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 明太子...

【福岡・夜ごはん】福岡で夜を楽しめるとっておきのお店20選!福岡で夜ごはんをするならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに福岡で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、福岡でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 水と新鮮な鶏...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。