エリア・ジャンルからさがす

トップ > 日本 x 資料館・文学館など > 九州・沖縄 x 資料館・文学館など > 阿蘇・熊本・大分 x 資料館・文学館など > 天草 x 資料館・文学館など > 天草上島・三角 x 資料館・文学館など > 天草五橋 x 資料館・文学館など

天草五橋 x 資料館・文学館など

天草五橋のおすすめの資料館・文学館などスポット

天草五橋のおすすめの資料館・文学館などポットをガイドブック編集部が厳選してご紹介します。伝説と謎に包まれた少年、天草四郎「天草四郎ミュージアム」、移転のため解体された幻の旅館「浦島屋」、「」など情報満載。

天草五橋のおすすめの資料館・文学館などスポット

  • スポット:2 件
  • 記事:2 件

天草五橋の新着記事

1~20 件を表示 / 全 2 件

天草五橋のおすすめの資料館・文学館などスポット

天草四郎ミュージアム

伝説と謎に包まれた少年、天草四郎

16歳という若さで指導者となった天草四郎を中心に繰り広げられた島原天草一揆について、ジオラマや文献・リニューアルした映像を用いて今に伝える資料館。施設の外では四郎像が来館者を迎え、対岸の南島原や美しい海が見える見晴らしの良い広場もある。

天草四郎ミュージアム
天草四郎ミュージアム

天草四郎ミュージアム

住所
熊本県上天草市大矢野町中977-1
交通
JR三角線三角駅から産交バスさんぱーる行きで約20分、終点下車、徒歩3分
料金
大人600円、中学生以下300円、幼児無料 (20名以上の団体は1割引)
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:20(閉館17:00)
休業日
無休、1・6月は第2水曜(12月29日~翌1月1日休)

浦島屋

移転のため解体された幻の旅館

コロニアル様式の建物で、完成されてからわずか20年で移転のため解体された幻の旅館。小泉八雲が明治26(1893)年に立ち寄った際、当時の女将の美しさに心奪われ、後に短編小説の舞台になったことで知られる。平成5(1993)年に復元された。

浦島屋

浦島屋

住所
熊本県宇城市三角町三角浦
交通
JR三角線三角駅から産交バス宇土駅行きで8分、三角西港前下車すぐ
料金
要問合せ
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00
休業日
火曜