おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 石川県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

石川県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の石川県のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

石川県

北國花火2019金沢大会

歴史情緒溢れる金沢市街の夜空を彩る約1万2000発の光の競演

金沢駅から約1.5kmの県営まめだ簡易グラウンドで行われる「北國花火金沢大会」には、毎年大勢の見物客が訪れ、にぎわいを見せる。スターマインや仕掛花火など、趣向を凝らした多彩な花火が打上げられるが、中でも県内外の花火師たちが腕を競い合う「芸術花火の部」は見ごたえ十分。フィナーレを飾る1000連発の乱れ打ちやスターマインの大瀑布も圧巻だ。「加賀百万石」の歴史情緒とともに、夜空を華やかに彩る大輪の花を満喫したい。間近で迫力ある花火を見ることができる協賛者観覧席がおすすめ。

開催地
石川県大豆田本町 県営まめだ簡易グラウンド
打ち上げ数
約1万2000発
開催日
2019年7月27日
石川県

和倉温泉夏花火

北陸最大級を誇る三尺玉に感動!

北陸の名湯・和倉温泉で開催する夏花火の魅力は、北陸最大級を誇る三尺玉の大迫力。花火玉の直径が約1mもあり、直径600mの大輪の花は、その大きさと美しさに圧倒される。和倉温泉では7月27日から8月18日にかけて「わくわく夏まつり」を開催。期間中、わくわくプラザの縁日広場には、輪投げやボールすくい、射的などの夜店がでるほか、イベントやゲームコーナー、抽選会などもある。

開催地
石川県和倉町 わくわくプラザ(和倉港)
打ち上げ数
3000発
開催日
2019年8月1日
石川県

七尾港まつり 北國花火大会

写真提供:北國新聞社

七尾湾を鮮やかに照らす夏の風物詩

能登半島最大の都市・七尾。古くから港町として栄えてきたこの地が盛り上がる「七尾港まつり」は、2日間にわたって行われる。初日はちびっこカーニバルや子どもちょうちん行列、2日目は約2000人の総踊りやベイサイドミュージックなどが開催される。そして一番盛り上がるのが「北國花火大会」。鮮やかな大輪の花が夜空に開き、七尾湾にその美しい姿を映し出す。

開催地
石川県府中町 七尾マリンパークおよび七尾港周辺
打ち上げ数
2500発(予定)
開催日
2019年7月14日(七尾港まつりは7月13日・14日)
石川県

片山津温泉納涼花火まつり

連日連夜、1ヶ月にわたって湖面に映える恒例の花火

1ヶ月にわたって打上げられる毎年恒例の花火大会。柴山潟から打上げられる花火と、ライトアップされた柴山潟大噴水との競演がすばらしい。片山津温泉で汗を流した後、うちわ片手に湖畔でのんびり日本の夏を満喫しよう。また、花火打上げ日には屋形船も出航する(21:00出航、大人1200円・小人800円)。そよ風に吹かれてゆっくりと花火観賞というのも粋だ。8月1日から8月16日の19:00~21:00には、「うきうき縁日」も開催される。

開催地
石川県片山津温泉 柴山潟湖畔
打ち上げ数
200発(1日あたり)
開催日
2019年8月1日~2019年8月31日(8月25日を除く)
石川県

湯のまつり大花火大会

美しい景観に恵まれた片山津温泉の夜空を染める花火

1653(承応2)年に開かれた片山津は加賀温泉郷の中では最も新しい温泉。1日に7回湖面の色を変えるといわれる「柴山潟」の彼方には、霊峰「白山」がそびえる。温泉のお湯はやや塩辛く、保温効果が持続し湯冷めしにくいといわれるほか、神経痛、皮膚病、関節痛などにも効能がある。2日間にわたり開催される「湯のまつり」のラストに行われる花火大会は、45分間に2000発の花火が打上げられ湖面を彩る。また、8月中は、毎晩10分ほどの「納涼花火まつり」もあり、旅館・ホテルなどで申し込めば、屋形船に揺られながら風流に花火観賞が楽しめる(有料、宿泊客のみ)。

開催地
石川県片山津温泉 柴山潟湖畔
打ち上げ数
2000発
開催日
2019年8月25日(湯のまつりは8月24日・25日)
×