おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 三重県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

三重県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の三重県のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

三重県

第68回津花火大会2019

津ならではの~夏・華・美~

大正時代に始まった歴史ある花火大会。オープニングの華麗なる尺玉一斉開花に始まり、昨年好評を得た青一色大スターマインがバージョンアップ。津花火大会名物である二隻の船から投げ込む100発連続海上花火や、津市の新名所「ミツマタ群生地」を描く尺玉10発一斉打上げ、豪華なフィナーレなど、見どころが満載。砂浜から臨場感あふれる花火が楽しめる。

開催地
三重県柳山津興 阿漕浦海岸一帯
打ち上げ数
1万1500発
開催日
2019年7月27日
三重県

久居花火大会

花火が頭上で開く大迫力を観客席で味わえる

風力発電と榊原温泉、梨の名産地として知られる津市・久居エリアの夏のフェスティバル。打上げ場所が観客席に近いため、市街地の上空で弾ける大迫力の花火が体感できる。久居駅東口の「緑の風公園」もおすすめのビューポイントだが、20:45頃のフィナーレに登場する特大スターマインは、ぜひ会場で観賞したい。また、19:00からの市民総踊りなど、花火とともにイベントも盛り上がる。

開催地
三重県久居新町975 陸上自衛隊久居駐屯地グラウンド
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年8月3日
三重県

第32回四日市花火大会

舞台は四日市港。夜景と花火のコントラストが楽しめる

四日市港を舞台に繰り広げられる花火大会。スターマインや音楽と連動させた花火など4000発の花火と、コンビナートの夜景との美しいコントラストが楽しめる。花火業者3社による競演もあり、色とりどりの光の花が観客を魅了する。会場間近の海上で打上げられる迫力満点の花火を楽しみ、夏の夜の素敵な思い出をつくろう。

開催地
三重県富双 富双緑地
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年8月25日
三重県

令和改元記念 第67回伊勢神宮奉納全国花火大会

花火師入魂の作品が伊勢の夜空を彩る

1953(昭和28)年に始まり、今年で67回目を迎える歴史ある花火大会で、日本三大競技花火大会の一つ。全国で活躍している花火師の作品を一度に見ることができる。全国でも早い時期に開催されるこの大会は、花火師たちが今年の花火の安全を伊勢神宮に祈願する場にもなっている。今回は新元号を記念したスターマインを放揚し、新しい時代を華やかな花火で祝福。観覧は打上げ場所に近く、間近で花火を見ることができる有料観覧席がおすすめだ。音響設備も充実しているため、音と光の迫力ある花火を堪能できる。

開催地
三重県宮川河畔(度会橋上流)
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年7月13日
三重県

桑名水郷花火大会

大きな川から夜空に打上げる水郷のまちの花火大会

揖斐川の中洲から打上げる、その川幅の広さと長さを十分に生かした水郷のまち・桑名ならではの花火大会。1934(昭和9)年に伊勢大橋の完成を記念して始められ、戦時中は一時中断したものの、その後再開され現在まで引き継がれている。1時間半にわたりスターマインや仕掛花火など約1万発の花火が、桑名の夜空に鮮やかな大輪の花を咲かせる。今年も東海地区最大級の二尺玉が打上がるのが見どころだ。

開催地
三重県住吉町 揖斐川河畔 鍋屋堤
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年7月27日
三重県

長島温泉 花火大競演

全国の有名花火師の芸術品をナガシマスパーランドで

ナガシマスパーランドでは夏の夜、花火大競演を開催する。全国の有名花火師たちが日替わりで登場し、スターマインや間近で見られる庭園花火でファンタジックな光の世界を演出。打上げプログラムは日によって替わるため、いつ見ても新鮮で、何度も訪れたくなる花火ショーだ。打上げ花火は園内ならどこからでも楽しめるが、特にオススメは仕掛花火が楽しめる芝生広場。夜景も楽しめる観覧車の周辺も人気がある。花火開催時は19時割引入園券がオトク。

開催地
三重県長島町浦安333 ナガシマスパーランド内芝生広場
打ち上げ数
約1500発(各日)
開催日
2019年8月4日・11日~18日・24日・25日
三重県

鈴鹿サーキット 花火 ザ パフォーマンス

花火の舞台は国際レーシングコース

モータースポーツで世界的に有名な鈴鹿サーキット。その国際レーシングコースを舞台に4日間の日程で開催される。LEDで装飾された光り輝くバイクとクルマによる圧巻の「モータースポーツパフォーマンス」に加え、3500発の花火が音楽とともに打上がる「ミュージック花火」は必見。さらに今年は、鈴鹿サーキットのマスコットキャラクターであるコチラ誕生40周年を記念した美しい特殊効果花火も打上がる。国際レーシングコースのグランドスタンドに座ってゆったり観賞できるのは鈴鹿サーキットならでは。目の前で打上げられるので、迫力も臨場感もたっぷり!

開催地
三重県稲生町7992
打ち上げ数
3500発(1日あたり)
開催日
2019年8月11日~14日
三重県

名張川納涼花火大会

名張川を華麗に彩る花火大会

お伊勢参りの宿場町として栄え、現在も大阪のベッドタウンとして発展を続ける名張。花火大会は1930(昭和5)年、参宮急行電鉄(現近鉄大阪線)の開通を記念して始められ、今では伊賀随一のイベントとなっている。今回のテーマは「~納涼の令月にして、気淑(きよ)く風和らぎ・・・~三世代 伝統つなぐ喜寿花火」。スターマインや仕掛花火、文字花火などが息つく間もなく打上げられる予定だ。また当日は、天正しぐれ供養(10:00~予定)や愛宕の火祭り(19:30~19:50)なども行われる。

開催地
三重県新町 名張川新町河畔及び黒田地区
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年7月27日
三重県

第69回おわせ港まつり

まつりの興奮がそのまま夏の夜空へ

尾鷲湾内の防波堤から、夜空一面に打上げられる花火大会。三方を山に囲まれた地形ならではの独特の反響音が持ち味だ。おすすめの観賞ポイントは打上げ場所に近い港の岸壁。海面に映る花火の美しさ、山に響く音なども十分に楽しめる。また午前中には新鮮魚介などの特産品が勢ぞろいする「尾鷲イタダキ市」をはじめとした多くのイベントが行われる。尾鷲市には世界遺産の熊野古道や三重県立熊野古道センター、特産品施設「夢古道おわせ」もあるので、ぜひ足を延ばしてみよう。

開催地
三重県港町 尾鷲港一帯
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月3日
三重県

第64回鳥羽みなとまつり

風光明媚な鳥羽湾に花火の名景が描かれる

伊勢志摩国立公園の代表的な景勝地・鳥羽湾で行われる「鳥羽みなとまつり」の花火大会。変化に富んだリアス式海岸やミキモト真珠島の上空を、約4500発の花火が彩る。スターマインや水中花火など、華やかで美しい花火が多いのが特色だ。まつりでは、九鬼水軍太鼓の演奏や金刀比羅宮鳥羽分社の海上パレードなども盛大に繰り広げられる。

開催地
三重県鳥羽 近鉄・JR鳥羽駅前鳥羽マリンターミナル周辺
打ち上げ数
約4500発
開催日
2019年7月26日
三重県

熊野大花火大会

「鬼ヶ城大仕掛け」は音と光の衝撃が会場を震撼させる

300年もの伝統を誇る花火大会。お盆の初精霊供養が起源とされ、現在でも初精霊供養の打上げ花火がプログラムに組み込まれている。見どころはまず「三尺玉海上自爆」。沖合400mのイカダに三尺玉を仕掛けてそのまま爆発させるもので、海面に直径600mの美しい半円が広がる。また、走っている2隻の船から花火玉を次々と海に投げ入れる「海上自爆」では、全速力で走る船を追いかけるように花火が開いていくのでスリルも満点だ。フィナーレを飾る「鬼ヶ城大仕掛け」は、鬼ヶ城の岩場に花火玉を置いてそのまま爆発させるという豪快なもの。爆発音が岩場で共鳴し、その爆風と轟音は会場中を震撼させる。

開催地
三重県木本町~井戸町 七里御浜海岸
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月17日
三重県

ナイトスペクタクル「エスティバル フェスティバル~真夏のフェスティバル~」

画像はイメージ

志摩スペイン村 パルケエスパーニャの夏季限定ショー

志摩スペイン村では期間限定でナイター営業を実施し、ナイトスペクタクル「エスティバル フェスティバル~真夏のフェスティバル~」を開催する。今年は、「25thアニバーサリー」で新作プロジェクションマッピングと花火と音楽によりフェスティバルがパワーアップ。開園25周年記念を華やかに彩る。情熱的なナイトパレードからプロジェクションマッピング、花火と音楽の競演「ムーンライトフィナーレ」へと続く壮大なナイトスペクタクルは感動まちがいなし!

開催地
三重県磯部町坂崎 志摩スペイン村 パルケエスパーニャシベレス広場
打ち上げ数
約200発(1日あたり)
開催日
2019年7月13日・14日・20日・21日・27日~8月31日
三重県

2019きほく燈籠祭

巨大燈籠と花火が織りなす光の一大ファンタジー

1928(昭和3)年、川開き行事として数百羽の都鳥型の燈籠を流したのがはじまりの「きほく燈籠祭」。今年の大燈籠は地元の子どもたちのヒーロー「KIHOKU戦隊アババイン」を制作する。子どもからお年寄りまでが携わり、たくさんの思いを込め、数ヶ月にわたり制作される巨大燈籠は、高さ6.8mを超える。また闇夜に打上げられる約3000発の花火は、大音響で迫力満点!特殊な地形が生みだす花火「彩雲孔雀」(孔雀が羽を広げたような扇形の花火)はここならではのもので、花火と燈籠の競演は必見だ。

開催地
三重県長島 長島港
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年7月27日
×