おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 奈良県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

奈良県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の奈良県のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

奈良県

第63回おんぱら祭奉納花火大会

闇夜の黒いキャンバスに大輪の花火が浮かび上がる

夏を元気に過ごすために行われる「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」の神事「おんぱら祭」の最後を飾る奉納花火大会。打上げ場所は、街の灯りが花火の邪魔をしない田園地帯。周辺には大きな建物がないので、花火本来の丸い姿がひときわ美しく見える。夜空の闇いっぱいに開いた直径約200mの大輪の花は感動もの。特に、色とりどりの花火が長時間にわたり次々と連続で打上げられるフィナーレの迫力は素晴らしく、「奈良県内でも最高の演出」との評価もある。

開催地
奈良県芝 芝運動公園
打ち上げ数
約2000発
開催日
2019年7月31日(おんぱら祭(綱越神社例祭)は7月30日・31日)
奈良県

第48回吉野川祭り納涼花火大会

吉野川上空を彩る花火とレーザー光線と音楽の競演

「かぎやー」「たまやー」で有名な両国花火の祖、初代鍵屋弥兵衛は、五條市新町にあった火薬工場で技術を磨いて江戸に出たとされる。今も江戸時代の町並みを残す新町の横を流れる吉野川で、大輪の花火が川面を照らす。対岸から流されるたくさんの灯籠のほのかな光と、空を彩る華やかな花火とレーザー光線が見事に調和。音楽との豪華なコラボレーションも見ものだ。打上げ花火を中心に、迫力のあるショーが展開され、ラストは大規模なスターマインで締めくくる。

開催地
奈良県吉野川河川敷大川橋上流側
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年8月15日
奈良県

第62回宇陀市はいばら花火大会 第5回全国花火まほろば競技会

県内最大級の打上げ発数で、関西唯一の花火競技会

会場となる宇陀川河畔は周囲を山に囲まれているため、花火が山々に響きわたりこだまする大音響が魅力。山間地の澄んだ空気の中で打上げられるため、ひときわ鮮やかな色彩の花火が夜空を彩る。また、「全国花火まほろば競技会」では、単発の打上げの合間に大スターマインが組み込まれ、始めから終わりまで、見どころ満載。至近距離から花火を楽しむなら有料観覧席がおすすめだ。

開催地
奈良県榛原下井足・篠楽 宇陀川河畔
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年8月4日
×