「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

トップ > 全国のおすすめ紅葉スポット【2019年版】 例年の見頃時期やイベント、ライトアップなど情報満載 > 大分県のおすすめの紅葉スポット【2019年版】 例年の見頃時期やイベント、ライトアップなど情報満載

大分県のおすすめの紅葉スポット【2019年版】 例年の見頃時期やイベント、ライトアップなど情報満載

2019年の大分県のおすすめの紅葉スポットをご紹介します。見頃時期や開催されるイベント、ライトアップ情報などから、お好みの紅葉スポットを探すことができます。写真や料金、営業時間、アクセス、駐車場情報などその他情報も盛りだくさん。

大分県

深耶馬溪

8つの奇岩を一望できる「一目八景」の紅葉は見もの

山国川の支流、山移川に沿った景勝地。奇岩秀峰が林立し、変化に富む景観を織りなしている。耶馬溪一番の景勝地である「一目八景」は、8つの奇岩が一望できることからこの名が付いた。展望台があり、カエデ、モミジ、イチョウなどが紅葉する美しい光景を見渡せる。周辺では、手打ちそばや川魚料理、山菜料理が楽しめる。

所在地
大分県耶馬溪町深耶馬、山移ほか
見頃時期
2019年10月下旬~2019年11月中旬
大分県

岡城跡

瀧廉太郎のゆかりの地に赤いモミジが舞い落ちる

別名「臥牛城」。標高325m、谷底との高低差は約100m、島津軍を退けた堅城として有名だ。文治元(1185)年に築城され、明治維新後に廃城となる。瀧廉太郎の『荒城の月』のモチーフとなった場所でもあり、随所で真っ赤なモミジやカエデが観賞できる。

所在地
大分県竹田
見頃時期
2019年11月上旬~2019年11月下旬
イベント
11月15日~17日 竹楽(竹で作った約2万本の竹灯篭が城下町を美しく彩る)、
大分県

文殊仙寺

国東半島随一の紅葉の名所

カエデやイチョウなど色とりどりの木々に囲まれる文殊仙寺は、平成30(2018)年に開山1300年を迎えた国東半島六郷満山文化の代表寺院。合格祈願や学業成就の参拝者が多数訪れる。境内や駐車場からの景色は、文殊耶馬と呼ばれる紅葉の名所で、秋には鮮やかな紅葉を楽しめる。

所在地
大分県国東町大恩寺2432
見頃時期
2019年11月中旬~2019年12月上旬
大分県

九酔渓

渓谷林の見事な紅葉が見られる

2kmにわたって続くダイナミックな断崖に、九州でも類のないトチノキ、イタヤカエデ、ケヤキなどの渓谷林が広がる。玖珠川の清流が長い年月をかけてつくりあげた渓谷美だ。四季折々の表情が豊かで、秋の紅葉はとりわけ美しい。高さ173mで日本一の人道大吊橋「九重“夢”大吊橋」からの眺めも絶景だ。

所在地
大分県田野
見頃時期
2019年10月下旬~2019年11月中旬
大分県

立羽田の景

裏耶馬の代表的な景勝地を彩る紅葉

県道43号沿いに1kmにわたって奇岩が連続する、裏耶馬の代表的な景勝地。折り重なり、天を突き刺すように屹立する岩峰や岩壁を彩るツタやカズラなどが見事で、秋は鮮やかに色づきすばらしい景観をつくり出す。

所在地
大分県古後
見頃時期
2019年10月下旬~2019年11月中旬
×