トップ >  九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 宮崎・日南海岸 > 宮崎 > 宮崎市街 > 

宮崎グルメ【南国スイーツ】濃厚な甘みに心ときめく!

クロス編集事務所

更新日: 2022年2月20日

この記事をシェアしよう!

宮崎グルメ【南国スイーツ】濃厚な甘みに心ときめく!

温暖な気候の宮崎には、マンゴーをはじめ日向夏、ドラゴンフルーツなどブランド果実がずらり。そのまま食べても、アレンジして食べてもおいしいバリエーション多彩なスイーツを紹介。

Check it!! 完熟マンゴー

樹上で完熟させ、自然に落果したものをネット袋で収穫した宮崎のマンゴーはやわらかく、トロピカルな香りと濃厚な甘みが特徴。糖度15度以上で、色や大きさが一定水準を満たすものは高級ブランド「太陽のタマゴ」として出荷される。旬は4月中旬から7月ころ。

フルーツ大野 アネックス

宮崎市の老舗青果店が営むカフェ。フルーツをふんだんに使ったパフェのほか、夜はカクテルもある。

宮崎産完熟マンゴーパフェ 1800円 4~9月

ぜいたくなフルーツ三昧
高級フルーツの宮崎県産マンゴーをまるごと使ったパフェ。10月から3月までは宮崎県産の冷凍マンゴーを使う

宮崎産完熟マンゴーパフェ 1800円 4~9月

下の方までマンゴーたっぷり

フルーツパフェ 990円( 夜は1100 円) 通年OK

こぼれそうなほどフルーツがたっぷり
通年食べられる人気のパフェ。約15種類の旬のフルーツが入り、女性一人でもペロリと食べられる

フルーツパフェ 990円( 夜は1100 円) 通年OK

パーム

宮崎空港1階の到着ロビー向かいにあるドリンクスタンド。注文が入ってからミキサーにかけるフレッシュジュースやマンゴーソフトが人気。

完熟マンゴー100%ジュース 1020円 通年OK

マンゴー100%の濃厚な一杯
宮崎県産の生のマンゴーをまるごと使ったフレッシュジュースで、濃厚な甘みがそのまま味わえる。夏期以外は冷凍のマンゴーを使う

南国宮崎ミックスジュース 620円 通年OK

南国気分を盛り上げる
バナナ、マンゴー、リンゴ、レモンを使ったミックスジュース。フルーツの甘みが濃厚ながらも、あと味はすっきりしていて飲みやすい

南国宮崎ミックスジュース 620円 通年OK

パーム

住所
宮崎県宮崎市赤江宮崎空港 1階
交通
JR宮崎空港線宮崎空港駅からすぐ
料金
マンゴーソフト=520円(レギュラー)・880円(キング)/完熟マンゴー100%ジュース=980円/南国宮崎ミックスジュース=520円/(70歳以上は証明書持参で20%引)

ジューススタンドさくらんぼ

青果店に併設のドリンクスタンド。宮崎県をはじめ全国から仕入れた旬の果物を使ったパフェやフルーツジュースが楽しめる。4月から7月頃は、宮崎県産の完熟マンゴーを使ったパフェやジュースが登場。

フルーツパフェ 1100円 通年OK

食べごろのフルーツが器の底までぎっしり
オレンジ、ブドウ、リンゴなど12、13種類のフルーツに生クリームとバニラアイスをトッピング。フルーツは季節によって替わる

フルーツパフェ 1100円 通年OK

元気が出るジュース 660円 通年OK

フルーツと野菜のおいしさをギュッと凝縮
ニンジンやリンゴなど食べごろの野菜とフルーツを、注文ごとにスロージューサーにかける。甘みと酸味のバランスがよく、あと味はすっきり

元気が出るジュース 660円 通年OK

白水舎 夢みるく

宮崎産の生乳を50%以上使った濃厚なソフトクリームが味わえる。ミルクソフトクリームのほかに、ストロベリーなどが季節限定で登場。カップアイスやモナカアイスも人気がある。

マンゴーアイスクリーム 340円 通年OK

アイスクリームとマンゴーが相性抜群
乳脂肪分8%以上のアイスクリームに宮崎県産の完熟マンゴーをプラス。こくのあるリッチな味わい

マンゴーアイスクリーム 340円 通年OK

白水舎 夢みるく

住所
宮崎県宮崎市宮崎駅東3丁目2-15
交通
JR宮崎駅から徒歩6分
料金
マンゴーアイスクリーム=340円(1個)/ソフトクリーム各種=260円~/アイス各種=270円~/牛乳あまざけ「百白糀」=350円(1本)/

Fru Vege

宮崎県産の旬のフルーツが味わえるフルーツパーラー。約15種類のパフェのほか、フレッシュドリンク、ケーキなどがある。

フルーツパフェ 900円 通年OK

食べごろのフルーツがたっぷり
旬のフルーツが入るパフェ。ホイップクリームやバニラアイスはオーナーが吟味した材料を使い、甘さ控えめに仕上げている。フルーツは季節によって替わる

フルーツパフェ 900円 通年OK

ミニフルーツタルトケーキ 380円 通年OK

華やかなタルトは手みやげに◎
タルト生地に、オレンジ、ドラゴンフルーツなど9種のフルーツがのる。ケーキはテイクアウトできる

ミニフルーツタルトケーキ 380円 通年OK

マンゴーパフェ 1100円 4~8月

旬のマンゴーをトッピング
宮崎県産のマンゴーが旬の4月から8月に登場するパフェ。マンゴーの濃厚な味と生クリームのほどよい甘さがマッチ

マンゴーパフェ 1100円 4~8月

Fru Vege

住所
宮崎県宮崎市本郷南方2547-1
交通
JR宮崎駅から宮崎交通青島行きバスで27分、東宮団地入口下車すぐ
料金
フルーツパフェ=850円/ミニフルーツタルトケーキ=380円/マンゴーパフェ=1000円/

Early room

自家焙煎のオリジナルコーヒーや和洋の食事メニューなどが楽しめる喫茶店。通年メニューにのるマンゴーシェイク(880円)は人気。

マンゴー氷 880円 5~9月下旬

夏限定の人気メニュー
ふわふわのカキ氷にマンゴーピューレをトッピング。口に入れるとマンゴーのほどよい甘みと酸味が広がる

マンゴー氷 880円 5~9月下旬

Early room

住所
宮崎県宮崎市下北方町島口852-5
交通
JR日豊本線宮崎神宮駅から徒歩10分
料金
シーフードとほうれん草のクリームパスタ=1382円/和(なごみ)膳=1512円/レディースパスタセット=1674円/日替わりシフォンケーキ=453円/マンゴーシェイク=864円/マンゴー氷(5~9月下旬)=864円/
1 2

九州・沖縄の新着記事

2023年「駅弁大会」で楽しむ日本縦断、駅弁の旅!

全国津々浦々から、ふるさとの味が届く『京王百貨店 元祖 有名駅弁と全国うまいもの大会』。300種類以上が集結する駅弁の中から、昨今の物価高騰に負けない1個千円前後の美味しい駅弁をご紹介。現地直送の「輸...

鹿児島のカフェへ!鹿児島中央駅・天文館・城山・仙厳園で、おしゃれで落ちつくカフェ14店

鹿児島のカフェへようこそ!ここにしかない黒酢のカフェ、しろくま進化系、文化財建築のスタバ、桜島の絶景カフェ!鹿児島が誇るすてきなカフェをご紹介しましょう。 天文館のアーケードにあるカフェ・城山で...

沖縄の大宜味村を観光!シークヮーサー&ランチ&道の駅を徹底紹介♪

2021年に世界自然遺産に登録された、沖縄本島北部・やんばる地域にある大宜味村。 「日本一長寿宣言の村」であり、シークヮーサーの産地としても知られています。 シークヮーサーはみかんのように食べたり...

【福岡・日帰り温泉】福岡で評判の日帰り温泉4選!充実の大型温泉にあの名湯も!

福岡市内のおすすめな日帰り温泉施設をご紹介しましょう! まずはご案内したいのは、休暇村志賀島温泉「金印の湯」。爽快な景色の海の中道を通り、玄界灘に沈む夕日を眺めることができます。また、ベイサイド...

『すずめの戸締まり』聖地巡礼!九州~東北までおすすめのスポットをご紹介

『君の名は。』『天気の子』などの新海誠監督による最新の劇場用アニメーション映画『すずめの戸締まり』が、2022年11月11日から公開となりました。 実在する風景を魅力的に切り取り、町や都市の「記...

【福岡市・神社】「開運」「縁結び」「学業成就」などご利益授かり&都会の癒しタイムにも♪ 福岡市でおすすめの神社9選!

福岡県で神社といえば有名な太宰府天満宮は、大宰府市。福岡からは車で1時間ほどの距離です。今回は、福岡市内でおすすめの神社のご案内しましょう。 特におすすめしたいのは、「櫛田さん」の名で親しまれる...

【福岡 天神・居酒屋】天神で行きたい人気屋台&博多名物が出てくる居酒屋12軒!

福岡市の屋台の数はおよそ100軒。そのなかから、天神エリアでにぎわっている屋台をピックアップしました。 屋台といってもとんこつラーメンだけではありません。店主が趣向を凝らしたさまざまなメニューで...

世界遺産の島・徳之島の王道観光プラン! 絶景&ランチを満喫するモデルコースをご紹介

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」として2021年7月に世界遺産に登録された鹿児島県徳之島。 島内には亜熱帯照葉樹林が広がる世界遺産の森、アマミノクロウサギといった貴重な固有生物と出会えるネ...

話題のフルーツバス停から干陸地のフラワーゾーンまで。長崎県諫早市の絶景スポットへ行こう!

諫早市は、縦に長い長崎県のほぼ中央、有明海、大村湾、橘湾の3つの海に面した自然豊かな都市です。 JR諫早駅は2022年9月に開業した西九州新幹線「かもめ」の停車駅でもあり、格段にアプローチしやすくな...

黒島観光でウミガメと出会う旅 石垣島から船で30分のハートアイランドへ!

石垣港離島ターミナルから高速船に乗って20分もすれば、青い海に囲まれた黒島が見えてきます。 上空から見るとハートの形をしているため“ハートアイランド”と呼ばれ、人口の約10倍もの牛がいる牧畜がさかん...
もっと見る

会社創立は平成元年。以来、『まっぷるマガジン』『ことりっぷ』などなど、福岡市の編集プロダクションとしての立地を生かし、見どころ、グルメ、温泉、宿など九州一円の観光情報誌の制作にかかわってきました。
これからも、これまで培ってきたノウハウを存分に発揮して、個性あふれる九州の魅力と元気のよさを多くの方々に伝えていきたいと思います!