トップ > 関東・甲信越 > 首都圏 > 外房 > 勝浦・御宿 > 勝浦 > 

いさばや

プリプリの伊勢えびが自慢
伊勢えびの国内屈指の水揚げ量を誇る夷隅東部漁協直営店。8〜10月が旬の伊勢えびをはじめ、漁港から揚がった新鮮魚介を安く食べられる。さざえやはまぐりなどの販売も。

いさばや

伊勢エビのお造り2620円(変動あり)は、身が締まっていて新鮮

いさばや

住所
千葉県いすみ市大原11573大原漁港内
交通
JR外房線大原駅から徒歩15分
料金
伊勢エビのお造り=時価/地魚刺身3点盛=1000円/タコ飯膳=1700円/(水揚げ具合により変動)

カフェたちばな

インドカレーが自慢のカフェ
JR大原駅前にあり、電車の待ち時間などに便利なカフェ。おすすめのランチは、本格インドカレー。晴れた日はテラスで過ごすこともできる。

船頭の台所

絶品の釜飯、伊勢海美飯
ふぐ釣りの「鈴栄丸」の船長が始めた漁師料理の店。ふぐのほか、伊勢えびや地魚を味わえる。たこ飯やイカなめろうなど名物料理も人気。

船頭の台所

伊勢海美飯と伊勢海美汁が付いたセット2100円

船頭の台所

住所
千葉県いすみ市大原10134-20
交通
JR外房線大原駅から徒歩15分
料金
イカなめろう=800円/蛸飯=900円/伊勢海美飯=1100円/伊勢海美飯セット=2100円/イカなめろう天ぷら=1100円/アブラボウズ煮魚=700円/

吉野酒造

南部杜氏による手造りの酒
敷地内の横穴式井戸に引く自然水で仕込まれた勝浦の地酒・腰古井。大吟醸は南部杜氏入魂のいわば芸術品だ。

吉野酒造

大吟醸 (720㎖)3780円

吉野酒造

純米大吟醸仕込梅酒(500㎖)1543円

吉野酒造(清酒 腰古井)

住所
千葉県勝浦市植野571
交通
JR外房線上総興津駅からタクシーで10分
料金
大吟醸=3780円(720ml)/純米大吟醸仕込み梅酒=1543円(500ml)/純米酒=1213円(720ml)/吟醸辛口=1245円(720ml)/

パティスリーキリカワ

勝浦特産品とのコラボ菓子
ひじきなど勝浦の特産品を使ったオリジナルの焼き菓子や、約20種類のケーキを扱う洋菓子店。商品のネーミングも個性的で面白い。

パティスリーキリカワ

「ひじき美人」でおじゃる(ひじき入りフィナンシェ)130円
ひじき〜の(ひじき入りパイ)150円

パティスリーキリカワ

住所
千葉県勝浦市浜勝浦317-2
交通
JR外房線勝浦駅から徒歩10分
料金
ひじき~の(ひじき入りのパイ)=160円/「ひじき美人」でおじゃる(ひじき入りフィナンシェ)=130円/ひらきごま=120円/

佃煮近江

ご飯のお供に自家製佃煮
自家製の鰹の角煮は昔ながらの製法でていねいに作られた逸品。まぐろの角煮、びん長まぐろの角煮などもおみやげに最適。

佃煮近江

鰹の角煮(220g)1080円(右)、びん長まぐろの角煮(150g)1080円(左)

佃煮近江

住所
千葉県勝浦市勝浦146
交通
JR外房線勝浦駅から徒歩10分
料金
びん長まぐろの角煮=1080円(150g)/カツオの角煮=1080円(220g)/甘梅(国産)=1296円(300g)/

Topics

勝浦朝市

伝統ある勝浦朝市でとれたての食材を購入
天正19(1591)年、勝浦城主・植村土佐守泰忠が市場を開いてから420年以上続いている勝浦朝市は、輪島・高山などと並ぶ日本有数の朝市。市が開かれる場所は交替制で毎月1〜15日は下本町朝市通り、16日〜月末は仲本町朝市通りで開催。

勝浦朝市
勝浦朝市

色とりどりの採れたて野菜が並ぶ

勝浦朝市

住所
千葉県勝浦市勝浦下本町朝市通り、仲本町朝市通り
交通
JR外房線勝浦駅から徒歩10分
料金
時価

Nakadaki Art Village

いすみの自然を満喫!森の中のキャンプ場
城根山の斜面に広がるキャンプ場で、約2万坪の敷地に大小30棟のログハウスが点在する。スタジオハウスと併設したログハウスなどがあり、目的に応じて部屋を選べる。そのほか、貸切キャンプ場やツリーハウス、カフェなどがあり、設備充実。ヨガやトレッキングなども楽しめる。

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください