コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  千葉の海遊び!バラエティ豊かな【海水浴場】がいっぱい!

千葉の海遊び!バラエティ豊かな【海水浴場】がいっぱい!

by mapple

更新日:2018年1月11日

暑い夏には、千葉に点在する人気の海水浴場を訪れたい。泳いだり、磯遊びやサーフィンをしたりと楽しみ方はさまざま。長い海岸線が魅力の海を満喫しよう!

北条海水浴場

長い海岸線と美しい夕日が魅力
駅からのアクセスがよく、例年多くの海水浴客で賑わう。「鏡ヶ浦」とも呼ばれる館山湾に面した海水浴場で、波はとても穏やか。「日本の夕陽百選」に選ばれた夕日も必見。

館山市内の海水浴場でもっとも長い、740mの海岸線

片貝海水浴場

サーファーにも人気の賑やかな海岸
夏には海の家が軒を連ねる人気のビーチ。家族連れのほか、マリンスポーツを楽しむ人も多く、浜辺は賑やか。遊んだあとは、海の家で名物の焼きはまぐりを味わいたい。

九十九里町の中心地にあり、年間を通して活気がある

新舞子海水浴場

海の向こうに横浜の町並みを見渡せる
子供連れの家族で賑わう、波が穏やかな遠浅のビーチ。晴れた日には、横浜ベイブリッジやランドマークタワーなどが見える。遊泳区域外ではサーフィンを楽しむ人もいる。

あたりは緑に囲まれており、砂浜は静かで落ち着いた雰囲気

大原海水浴場

釣りやサーフィン、花火が楽しめる
開放感たっぷりの広い砂浜は、砂遊びや日光浴をして過ごすのにぴったり。駐車場や水洗トイレ、水シャワーなど無料の設備が充実。例年7月には花火大会が行なわれる。

夏にはビーチフェスティバルの会場にもなる

大貫中央海水浴場

静かな浜辺でのんびりくつろげる
富津市内の海水浴場の中ではもっとも遠浅で、波がほとんど立たない。ビーチの砂は細かくサラサラしていて、家族連れに人気が高い。

富津海水浴場

海を満喫できるレジャー施設が豊富
富津公園や潮干狩場に隣接。周辺にはプールやキャンプ場などのアウトドア施設が充実しており、家族やグループで盛り上がれる。

富津岬の南側に位置し、ゆったり遊べる穏やかな海岸

元名海水浴場

鋸山のふもとに広がるビーチ
海水はとても澄んでおり、落ち着いた雰囲気の遠浅海岸。水遊びはもちろん、磯遊びも楽しめる。海と山がどちらも見渡せる眺望抜群のビーチ。

鋸山を眺めながら、静かな砂浜でのんびり過ごせる

和田浦海水浴場

貝がら交じりの白い砂浜が美しい
白い砂と周辺の緑が美しく、過ごしやすい海岸だ。砂浜清掃にも力を入れており、環境省が選定する「快水浴場百選」のひとつでもある。

太平洋に面し、水質も抜群で快適な海水浴が楽しめる

名倉海水浴場

入り江の穏やかな海で水遊び
入り江になっているため波が穏やか。磯遊びが楽しめる、家族に人気の海岸だ。あちこちにある岩場で、カニやヤドカリなど生き物を探してみよう。

海水の透明度が高く、泳いでいる小魚が見えることも

南千倉海水浴場

南の島のような青い海と白浜が美しい
南国を思わせる白浜のビーチは海水温が高めで泳ぎやすいのが魅力。海は適度に波が立ち、沖合ではサーフィンを楽しむ人も多い。

美しい白浜のビーチが約400mにわたり続く

守谷海水浴場

赤い鳥居が目をひく渡島が印象的
沖合170mに浮かぶ渡島が特徴の海水浴場。干潮時には砂浜と渡島がつながる現象が見られることも。透明度抜群の澄みきった青い海も美しい。

「快水浴場百選」や「日本の渚百選」に選定されている

御宿中央海水浴場

童謡『月の沙漠』の舞台ともいわれる砂浜
入り江になっている穏やかな海水浴場。例年ビーチバレーの大会や花火大会などが行なわれるほか、遊泳区域外でのマリンスポーツも盛ん。

常設されたビーチバレーのコートがあり、若者で賑わう

前原海水浴場

ヤシの並木が南国ムードを漂わせる
鴨川市最大の海水浴場。「日本の渚百選」にも選ばれ、サーフポイントとしても有名。遠浅のエリアもあり、子供から大人まで楽しめる。

弓なりの海岸線をしており「ミニハワイ」とも称される

銚子マリーナ海水浴場

銚子屈指の景勝地を望む静かな海
東洋のドーバーといわれる屏風ケ浦を眺めながら海水浴ができる。ライフセーバー体験やビーチフラッグス大会などのイベントが行なわれる。

中里海水浴場

観光地引網の体験ができる
波は比較的高く、サーフィンやボディボードなどのマリンスポーツが楽しめる。例年海水浴シーズンに開催される、地引網体験にも参加したい。

近隣に立ち寄り温泉があるので、海水浴後に訪れよう

本須賀海水浴場

九十九里最大級の砂浜が広がる
九十九里でも最大規模のビーチで、夏には大型の海の家が設置される。波がよく立つため、サーフスポットとしても人気。

海岸線にはヤシの木が植えられ、南国気分を盛り上げる

筆者:mapple

まっぷる千葉・房総’18

発売日:2017年11月07日

Amazonで購入する

この記事の出展元は「まっぷる千葉・房総’18」です。掲載している内容は、2017年7~10月の取材・調査によるものです。取材・調査後に、飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できなかったりする場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×