トップ >  関西 > 大阪 > 大阪 > 大阪ミナミ > なんば > 

道頓堀名物!記念撮影スポット10連発!撮影のコツも教えます♪
道頓堀, by wongwt, CC BY-SA

STORE

更新日: 2024年2月10日

この記事をシェアしよう!

道頓堀名物!記念撮影スポット10連発!撮影のコツも教えます♪

大阪の道頓堀といったら、ど派手な巨大看板。
近年は、看板を背景に記念撮影することが道頓堀観光の定番になっています。
こちらの記事では、映えること間違いなしの看板と、撮影のコツをレクチャーします。

道頓堀川沿いに広がる観光地で、ランドマークはグリコのネオンサインと戎橋。
道にまでせり出した巨大な看板や派手なネオンがずらりと並び、たこ焼きの食べ歩きやベタコテみやげ、ファストファッションまで、多彩なお楽しみが混在する活気あふれるエリアをめいっぱい楽しみましょう!

道頓堀で名物看板と記念撮影10連発

グリコの看板やくいだおれ太郎との記念撮影は大阪旅行のマスト行事。激写アドバイスも紹介するので臨場感たっぷりに撮ってSNSにアップしちゃおう。

【道頓堀の記念撮影スポット】くいだおれ太郎

太鼓たたいて72年まだまだ若いつもりでおまっせ
昭和24年生まれで、「大阪名物くいだおれ」の看板人形だった。今は「中座くいだおれビル」の前で、太鼓をたたいてお出迎え。

【道頓堀の記念撮影スポット】くいだおれ太郎
by fotolia - ©Paylessimages

太鼓たたきポーズで太郎さんの真似っこ
【 誕 生 】昭和24(1949)年
【サイズ】身長168cm
【 特 技 】太鼓ほか

実はくいだおれ太郎には兄弟がいる! 長男不在の時には弟のくいだおれ次郎が登場することもある。次男はバンザイができるのが特徴。

撮影アドバイス

太郎さんの動きに合わせて太鼓たたくで!
休日には撮影待ちの行列ができるほどの人気なので、素早くポーズをつくって撮影!少し斜めから撮影すると、背中の太鼓も見える。

【道頓堀の記念撮影スポット】道頓堀グリコサイン

誰もが知ってるこれぞ道頓堀!!という風景やで
LEDチップ14万3976個を使用した、美しい画像が楽しめる。走り続けるグリコランナーの背景が、次々と変わる様は必見!

点灯タイム
毎日、日没30分後から24時まで点灯し、15分ごとに約2分間の映像が流れる。映像が始まる前にはグリコのお菓子がたくさんふってくるから注意して見ていて!

【道頓堀の記念撮影スポット】道頓堀グリコサイン
by fotolia - ©Paylessimages

おんなじポーズでハイチーズ!
【 誕 生 】平成26(2014)年(6代目)
【サイズ】高さ約20m、横幅約10m
【 特 技 】ランニング

撮影アドバイス

両手はバンザイ、左足を上げるグリコポーズでどや
戎橋の上からだと、距離が近く迫力ある写真が撮れるがいつも混雑している。橋を下りて川を挟んで撮影するのがおすすめ。

ランナーさんどこまで行くのん?!

ランナーさんどこまで行くのん?!

やっぱり大阪やな

ランナーさんどこまで行くのん?!

おお!富士山やんか!

ランナーさんどこまで行くのん?!

あっちゅう間に東京やん

ランナーさんどこまで行くのん?!

おお!NYまでひとっとび!

ランナーさんどこまで行くのん?!

なんやて!ローマにも行くんかい!

【道頓堀の記念撮影スポット】かに道楽のかに

道頓堀の入り口でウェルカニ~♪
戎橋のすぐ横にあり、現在の看板は3代目。縦4m、横8mあり、カニすきにしたらなんと1万6000人前になるという。

【道頓堀の記念撮影スポット】かに道楽のかに
道頓堀, by wongwt, CC BY-SA

道頓堀の入口でWピース
【 誕 生 】平成4(1992)年
【サイズ】高さ約4m、横幅約8m
【 特 技 】目立つこと

撮影アドバイス

顔横Wピースでイエイ!イエイ!
真下に立つのではなく、道の真ん中あたりがベストポイント。低めにカメラを構えて、角度をつけて撮影するとうまく収まるよ。

【道頓堀の記念撮影スポット】明治製菓のカールおじさん

大モニターに映し出され有名人気分に
おなじみのスナック菓子の癒し顔、カールおじさん。手に持っているカールはなんと一粒85㎝。毎時00分には帽子の中からケロ太が出てくる。

【道頓堀の記念撮影スポット】明治製菓のカールおじさん
道頓堀的視訊大螢幕, by TPCT小王子, CC BY-SA

【 誕 生 】平成20(2008)年
【サイズ】縦約4m、横幅約18m
【 特 技 】モニタリング

撮影アドバイス

モニターに映りこんでハイチーズ!
ライブカメラの位置を見つけたらカールおじさん横のモニターに映し出される自分の姿を、すかさずパシャ!

【道頓堀の記念撮影スポット】金龍ラーメンの金龍

天まで上る昇り龍やねん!
真っ赤な壁を突き抜けて、躍動感あふれる姿を見せている。手に持っている赤と金の宝珠には、願いがかなうというウワサも。

【道頓堀の記念撮影スポット】金龍ラーメンの金龍

【 誕 生 】平成4(1992)年
【サイズ】体長約6m
【 特 技 】球技

【道頓堀の記念撮影スポット】たこ家 道頓堀 くくる本店の大たこ

目を光らせ足を動かし頭上でタコ踊り♪
道頓堀川のグリコの隣にいるのがお父さん。店頭の看板にいるのは長男で、道頓堀コナモンミュージアムにはお母さんと次男がいる。

【道頓堀の記念撮影スポット】たこ家 道頓堀 くくる本店の大たこ
道頓堀くくる, by Richard, enjoy my life!, CC BY-SA

たこ焼きちょうだい♥
【 誕 生 】平成12(2000)年
【サイズ】横幅約3.5m
【 特 技 】監視

撮影アドバイス

タコさんに睨まれながらたこ焼きを奪え!
とんぼりリバーウォークから、見上げるように撮影しよう。お父さんの目は、時々光るので見られたらラッキー。

1 2

なんばの新着記事

【大阪・平日ランチ】仕事や買い物の合間におすすめの美味しいランチスポット8選

仕事や買い物の途中でお腹が減ったら、美味しいランチを食べて午後も充実した時間を送りたいですよね。 そこで今回は、平日の大阪駅近辺や梅田、難波でランチが出来るお店をご紹介します。 駅ビル内で気軽...

【難波・平日ランチ】仕事や買い物の合間におすすめの美味しいランチスポット8選

仕事や買い物の途中でお腹が減ったら、美味しいランチを食べて午後も充実した時間を送りたいですよね。 そこで今回は、平日の難波でランチが出来るお店をご紹介します。 黄金のだしで作るうどんが人気の「...

【なんば駅】GWの夜遅くまで楽しめる夜ごはんスポット!おいしいが止まらないおすすめ店6選

待ちに待ったゴールデンウィーク。 観光やおでかけを楽しんだ後にゆったりと夜ごはんを楽しんだり、家でゆっくりと過ごして少し遅めの夜ごはんをとったりと、ゴールデンウィークはいつもより少し遅い時間から...

【なんば駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット9選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、なんば駅周辺(徒歩20分...

【難波・飲み屋】ここに行けば間違いなし!難波でお酒を楽しむのにぴったりの飲み屋8選をご紹介

今回は人気の居酒屋など、大阪の難波でお酒が楽しめる飲み屋をご紹介します。 日本酒、焼酎が豊富にそろい、刺身の盛り合わせが人気の「桧之川」、できたて地ビールが味わえる「和食 たちばな 道頓堀大阪松...

【大人編】大阪 難波の遊ぶところ2024 ショッピングにグルメ、道頓堀クルーズなどおすすめスポット10選

若い世代から大人世代、外国人観光客にも人気の、難波。 今回は、昼も夜も楽しめる大人の休日にぴったりな難波のおすすめスポットをたっぷりとご紹介します。 緑あふれる屋上公園がある「なんばパークス」...

【夜の大人編】大阪の遊ぶところ2024 おすすめ12選 おしゃれなバーや絶品居酒屋、観光船から絶景スポットまで

夜もにぎやかで大人だからこそ楽しめるスポットがたくさんある、日本の第二の都市大阪。 絶景が望める展望台や大人向けのバー、はしご酒におすすめな虎目横丁など、夜の大阪を満喫できる大人の遊ぶところを厳選し...

【大阪難波・夜ごはん】難波で夜を楽しめるとっておきのお店20選!難波で夜ごはんをするならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに大阪府の難波で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、難波でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 黄金...

【難波・たこ焼き】熱々、トロトロがたまらない!難波でおいしいたこ焼きが食べられる店9選

大阪グルメと言われてまず思い浮かぶのはたこ焼きではないでしょうか。 そこで今回は、難波でおいしいたこ焼きが食べられるお店をご紹介します。 「たこ焼道楽 わなか 千日前本店」では、外は薄皮カリっ...

【道頓堀・たこ焼き】熱々、とろとろのたこ焼きを定番のソース味やしょうゆ味、少し変わったトッピングなどで味わいましょう!道頓堀でおいしいたこ焼きが食べられる店5選

大阪グルメと言われてまず思い浮かぶのはたこ焼きではないでしょうか。 そこで今回は、道頓堀でおいしいたこ焼きが食べられるお店をご紹介します。 「たこ焼十八番 SONS-DOHTONBORI店」で...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪