エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 関西 > 京都 > 亀岡・美山 > 花背・美山

京都のシャクナゲ

神秘の花から、身近な花となったシャクナゲ

ツツジ属の中でも冷涼で高湿度の土地に育ち、人の足の踏み入れにくい深い山中に咲くことから「神秘の花」とされていた。見ごろは4月中旬~5月上旬で、品種改良により赤、白、グラデーションなど花の色はさまざま。京都の唐戸渓谷や八丁渓谷などに多くの観光客が訪れる。

唐戸渓谷(カラトケイコク)

清流と共に春は新緑、秋は紅葉を見ることが出来る

茅葺き民家の集落から車で30分行くと、巨石や奇岩の間を流れる清流を眺めることができる。春は新緑、ツツジ、シャクナゲ、秋は紅葉を見ることができる。北桑十景の1つ。

唐戸渓谷

唐戸渓谷

住所
京都府南丹市美山町芦生
交通
JR山陰本線和知駅から南丹市営バス和泉行きで33分、終点で南丹市営バス知見口行きに乗り換えて28分、終点で佐々里・芦生行きに乗り換えて17分、出合下車すぐ
料金
情報なし

八丁渓谷のシャクナゲ(ハッチョウケイコクノシャクナゲ)

八丁・片波源流域に天然シャクナゲのすばらしい群生が見られる

山深くまで入っていくと、豊かな自然が残る八丁・片波源流域に見られる天然シャクナゲの群生。春の開花時には秋の紅葉と並ぶ、すばらしい自然景観を望むことができる。

八丁渓谷のシャクナゲ

住所
京都府京都市右京区京北上弓削町
交通
JR京都駅からJRバス周山行きで1時間20分、終点で京北ふるさとバス小塩行きに乗り換えて25分、終点下車、徒歩1時間
料金
情報なし

エリア