トップ > 全国 > 関西 > 北近畿 > 城崎・但馬海岸 > ハチ高原・神鍋高原

ハチ高原のシャクナゲ

神秘の花から、身近な花となったシャクナゲ

ツツジ属の中でも冷涼で高湿度の土地に育ち、人の足の踏み入れにくい深い山中に咲くことから「神秘の花」とされていた。見ごろは4月中旬~5月上旬で、品種改良により赤、白、グラデーションなど花の色はさまざま。ハチ高原周辺では色とりどりのシャクナゲが観賞できる。

ハチ高原のシャクナゲ

全国しゃくなげ公園(ゼンコクシャクナゲコウエン)

全国から寄せられたシャクナゲが色とりどりの花を咲かせる

全国の市町村より寄せられた約7000本ものシャクナゲが植えられている。開花期には白、ピンク、黄など色とりどりの花を咲かせる。毎年5月に全国しゃくなげ公園まつりも開催される。

全国しゃくなげ公園

全国しゃくなげ公園

住所
兵庫県美方郡香美町小代区新屋
交通
北近畿豊岡自動車道八鹿氷ノ山ICから国道9号・482号、県道87号を小代区方面へ車で45km
料金
情報なし

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください