まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

2018年7月3日

アジア

プノンペン 交通ガイド

by maise

image013
筆者撮影

カンボジアの交通機関は十分とは言えませんが、最近は選択肢が増え便利になりつつあります。

トゥクトゥク

多くのドライバーは英語が通じ、観光中や買い物中の待機もしてくれます。乗車前に金額交渉をします。1~2ドルの値下げ交渉は可能ですが、トラブルにならないように無理な交渉はしない方がいいかもしれません。

image001
筆者撮影

最近はひったくりも増えているので、バッグは必ず抱きかかえ、スマホやカメラの使用も注意してください。横と後ろに網付きのトゥクを選ぶと無難。宿泊ホテルの前にいつも待機しているトゥクが良いかもしれません。カジノ付近のトゥクの利用はお薦めしません。

image003
筆者撮影

バイクを外した状態。雨よけシートもあります。

Grab/Pass App三輪トゥクトゥク

アプリで乗車予約をします。運賃が通常のトゥクの半分以下になることも。時間帯で運賃に変動あり。

image005
筆者撮影

降車後にドライバー評価を送信すると次回の予約が出来ます。
Grab Cambodia アプリ ⇒https://www.grab.com/kh/

image007
筆者撮影

PassApp Cambodia
アプリ⇒ https://www.facebook.com/passapptaxis/

アプリ予約のトゥクは待機サービスをしません。また、予約をせずに乗る場合、アプリ機能は使えず金額交渉をして乗ります。

途中でキャンセルが入ったり、乗車中にネット通信が切れたと言って運賃を高く言うドライバーも時々いるので注意してください。必ず乗車前に画面を提示し、ドライバー名、目的地と金額を確認しあってください。

バイクタクシー

乗る前に金額交渉をして、ヘルメットを着用し目的地へ。ドライバーがヘルメットを用意していないことが多いので、その場合は利用しない方がいいです。Grab/PASS Appのバイクもあります。

image009
筆者撮影

タクシー

Grab/PASS Appタクシー、メータータクシーと運賃交渉タクシーがあります。流しのタクシーは少なめ。メーターを見せないようにするドライバーも時々いるので要注意。

image011
筆者撮影

バス

中国から援助のバスが登場し、9路線に拡大され外国人の利用も増えました。英語は通じません。どこまで乗っても運賃は1,500リエル(日本円で約40円)。15分間隔ですが、渋滞でいつ来るか分かりません。今後は日本の援助バスが登場し、更に利便性が良くなります。

image013
筆者撮影

表示はカンボジア語のみ。運行時間は5時半~20時半。

image015
筆者撮影

観光客に人気のセントラルマーケットやリバーサイドのナイトマーケットへは、空港から40分~90分ほど。

image017
筆者撮影

前方から乗り1,500リエルを運賃箱へ。お釣りが無い時もあります。

image019
筆者撮影

ドア付近にあるボタンを押して後部ドアから降ります。アナウンスはありません。

アプリ⇒ https://www.facebook.com/StopsNearMe/
運行状況やバス停の位置を確認出来ます。

この記事のタグ

筆者 : maise

カンボジアの首都プノンペンに2014年~住み始め、金融機関で働きながら趣味の食べ歩きを満喫しています。プノンペン中心ですが、急成長しているカンボジアの様々な情報をお伝えします。