トップ > 全国 > 東海・北陸 > 伊勢志摩・三重 > 伊勢志摩 > 伊勢・二見浦

伊勢・二見浦

伊勢・二見浦のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

伊勢・二見浦のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。伊勢のてこねずし、伊勢うどん、御饌丼など情報満載。

伊勢・二見浦のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:324 件
  • 記事:44 件

1~20 件を表示 / 全 11 件

伊勢のてこねずし(いせのてこねずし)

伊勢の人々に愛されてきた郷土料理

  • ご当地名物料理

醤油ベースのタレに漬け込んだカツオとすし飯の相性が抜群の名物料理。当初は切り身だけをのせていたが、次第に海苔などをのせるようになった。伊勢を代表する郷土料理といえる。

伊勢のてこねずし

伊勢うどん(いせうどん)

黒々とした濃厚なタレが太麺に合う

  • ご当地名物料理

真っ黒のタレを太麺にからめて食べる伊勢地方特有のうどん。うどんの上にネギをのせるのが一般的。ほかの食材はほとんどのせないシンプルなものだが、タレの濃厚な味わいがお腹を満たしてくれる。

伊勢うどん

御饌丼(みけどん)

外宮の神様に由来したオリジナルの丼

  • ご当地名物料理

伊勢神宮外宮のご祭神は豊受大神宮(とようけだいじんぐう)で、天照大御神の食事を司る神。神々に食事を用意する「日別朝夕大御饌祭」の名前に由来するこの丼は、三重県の米を使いメイン料理には伊勢志摩産の食材を使ったもの。「どん丼火」などレシピが決まっている共通丼と、店ごとのオリジナル丼がある。

御饌丼

津の大アサリ(つのおおあさり)

焼き大アサリは伊勢湾の旅館の名物料理

  • 旬魚介

波おだやかな伊勢湾で育つ大アサリ。10cm前後になる大型の二枚貝で、貝殻は厚くて硬い。両側に身がたっぷり入っているので、半分に割って網焼きするのがおすすめ。

津の大アサリ

志摩のアワビ(しまのあわび)

アワビの宝庫・志摩でアワビ料理を制覇

アワビは夏が旬。岩場が広がり荒波寄せる志摩はアワビの宝庫。料理法は多岐にわたり、刺身や焼き物、ステーキなど、料理法によってさまざまな味わいと食感が楽しめる。

志摩のアワビ

伊勢・志摩の伊勢エビ(いせしまのいせえび)

新鮮な伊勢エビを食べてぜいたく気分に

伊勢志摩の沿岸部はエビの王様と呼ばれる伊勢エビの格好の漁場。網を仕掛けて巻き上げる刺網漁が行われるのが10~4月にかけてで、旬の味を楽しむならこの時期がいちばん。

伊勢・志摩の伊勢エビ

的矢牡蠣(まとやかき)

三重ブランドに認定された栄養豊かな牡蠣

プランクトンが豊富に生息する的矢湾で養殖された牡蠣のことを呼ぶ。栄養をたっぷり蓄えた牡蠣はどれも大粒で、しっかりとした甘みがある。殻付きのまま箱詰めされている。

的矢牡蠣

赤福(あかふく)

全国区の知名度の伊勢が生んだ銘菓

  • おみやげ

柔らかな餅をたっぷりのこし餡で包んだ伊勢を代表する名物和菓子。全国的に大変な人気のある商品で、おみやげの定番として親しまれている。伊勢を訪れたらぜひとも食べたい。

赤福

伊勢のイチゴ(いせのいちご)

かわいい形と鮮やかな色合いは年齢を問わず親しまれる

ミカンと並んで冬に味覚狩りが楽しめる果物の代表。12~5月頃まで楽しめる食べ放題ができる観光農園も多い。近年は品種開発が進み、個性的なイチゴが増えている。三重県下では広くイチゴ栽培がされているが、中勢、南勢地区で盛ん。イチゴ狩りの品種はほとんどが章姫。

伊勢のイチゴ

伊勢のハナショウブ・カキツバタ(いせのはなしょうぶかきつばた)

微妙な色合いの白や紫の花が水辺を彩る

いずれもアヤメ科の花で、湿地や水辺に生育するので見分けはむずかしいが、ハナショウブは花が比較的大きくて弁元が黄色い。カキツバタは弁元に細長い白い筋がある。伊勢市には100種4万株が咲く二見しょうぶロマンの森がある。

伊勢のハナショウブ・カキツバタ

伊勢のフジ(いせのふじ)

紫や白の房状の花が藤棚を美しく彩る

垂れ下がる花穂が美しいフジの花期は4月~6月。花色は薄紫、薄紅紫、白、桃などがある。日本固有種は、花房が長く蔓が右巻きのノダフジと、花房が短く蔓が左巻きのヤマフジに分けられる。4月下旬~5月上旬に3色のノダフジが咲く三重県伊勢市の太江寺では、藤まつりの日に秘仏の千手観音菩薩像(国の重要文化財)を開帳する。

伊勢のフジ