トップ > 全国 > 東海・北陸 > 伊勢志摩・三重 > 伊勢志摩 > 伊勢・二見浦 > 二見浦

二見浦

二見浦のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

二見浦のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。伊勢のてこねずし、伊勢うどん、伊勢のハナショウブ・カキツバタなど情報満載。

二見浦のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:40 件
  • 記事:12 件

1~20 件を表示 / 全 4 件

伊勢のてこねずし(いせのてこねずし)

伊勢の人々に愛されてきた郷土料理

  • ご当地名物料理

醤油ベースのタレに漬け込んだカツオとすし飯の相性が抜群の名物料理。当初は切り身だけをのせていたが、次第に海苔などをのせるようになった。伊勢を代表する郷土料理といえる。

伊勢のてこねずし

伊勢うどん(いせうどん)

黒々とした濃厚なタレが太麺に合う

  • ご当地名物料理

真っ黒のタレを太麺にからめて食べる伊勢地方特有のうどん。うどんの上にネギをのせるのが一般的。ほかの食材はほとんどのせないシンプルなものだが、タレの濃厚な味わいがお腹を満たしてくれる。

伊勢うどん

伊勢のハナショウブ・カキツバタ(いせのはなしょうぶかきつばた)

微妙な色合いの白や紫の花が水辺を彩る

いずれもアヤメ科の花で、湿地や水辺に生育するので見分けはむずかしいが、ハナショウブは花が比較的大きくて弁元が黄色い。カキツバタは弁元に細長い白い筋がある。伊勢市には100種4万株が咲く二見しょうぶロマンの森がある。

伊勢のハナショウブ・カキツバタ

伊勢のフジ(いせのふじ)

紫や白の房状の花が藤棚を美しく彩る

垂れ下がる花穂が美しいフジの花期は4月~6月。花色は薄紫、薄紅紫、白、桃などがある。日本固有種は、花房が長く蔓が右巻きのノダフジと、花房が短く蔓が左巻きのヤマフジに分けられる。4月下旬~5月上旬に3色のノダフジが咲く三重県伊勢市の太江寺では、藤まつりの日に秘仏の千手観音菩薩像(国の重要文化財)を開帳する。

伊勢のフジ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください