トップ > 全国 > 関西 > 南紀 > 串本・那智勝浦 > 新宮

新宮

新宮のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した新宮のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。縁結びの神として名高い全国熊野神社の総本宮「熊野速玉大社」、熊野三神降臨の地、熊野速玉大社の元宮「神倉神社」、熊野の発祥の地ともいわれる「阿須賀神社」など情報満載。

  • スポット:40 件
  • 記事:7 件

1~20 件を表示 / 全 40 件

新宮の魅力・見どころ

熊野三山のひとつ、熊野速玉神社が鎮座し、徐福伝説が残る街

熊野三山のひとつで、鮮やかな丹塗りの社殿をもつ「熊野速玉大社」が鎮座する街。神代に神倉山の神々をこの地に迎えたことから、新しい宮で新宮と呼ばれ、これが地名の由来となった。神倉山には崖からせり出している巨大なコトビキ岩をご神体とする「神倉神社」がある。また秦の始皇帝の命により、不老不死の妙薬を求める徐福が渡来したという伝説が残り、「徐福公園」には紀伊藩主・徳川頼宣が書いた墓碑がある。

熊野速玉大社

縁結びの神として名高い全国熊野神社の総本宮

神倉神社のある神倉山に降臨した熊野の神々が、景行天皇の時代に現在地に初めて社を建て祀られたことから、新宮の地名の由来となっている。主祭神は権現信仰として薬師如来ともいわれる、力強く輝く御霊の象徴、速玉大神(はやたまのおおかみ<別称いざなぎのみこと>)と産霊の神・夫須美大神(ふすみのおおかみ<別称いざなみのみこと>)の夫婦神であることから、縁結びの神社としても知られている。

熊野速玉大社
熊野速玉大社

熊野速玉大社

住所
和歌山県新宮市新宮1
交通
JRきのくに線新宮駅から徒歩20分
料金
入館料(神宝館)=大人500円、高校生以下無料/彩絵檜扇絵馬=1200円/なぎ人形=1500円/八咫烏絵馬=600円/熊野牛王符=800円/御神木梛の苗木=400円(春・秋限定要問合せ)/『熊野観心十界曼荼羅』の神職解説(30分)=500円(要問合せ)/(30名以上の団体は1割引)

神倉神社

熊野三神降臨の地、熊野速玉大社の元宮

崖にせり出すような巨大なゴトビキ岩が御神体である。このゴトビキ岩は熊野の神々が最初に降臨した場所とされ、熊野速玉大社が新宮、神倉神社が元宮と呼ばれる。ゴトビキ岩の周辺からは銅鐸片なども多数発見されている。

神倉神社
神倉神社

神倉神社

住所
和歌山県新宮市神倉1丁目13-8
交通
JRきのくに線新宮駅から徒歩15分
料金
情報なし

阿須賀神社

熊野の発祥の地ともいわれる

主神事解男命(ことさかしのおのみこと)と熊野三所権現を祀る社殿は鮮やかな丹塗り。中世の熊野詣はこの神社に詣でるのがつねだったとされ、『平家物語』にも平維盛が参詣したとの記載がある。平成28(2016)年10月、境内の阿須賀王子跡が世界遺産に登録された。宮司は篠笛のプロでもあり、神殿で奉納を行なっている。

阿須賀神社
阿須賀神社

阿須賀神社

住所
和歌山県新宮市阿須賀1丁目2-25
交通
JRきのくに線新宮駅から徒歩10分
料金
情報なし

焼肉ひげ

県内唯一の熊野牛指定焼き肉店

和歌山県熊野牛ブランド化推進協議会認定を受けている県内唯一の焼き肉店。鶏がらスープをベースに作られた、焼肉ひげ特製「焼肉のたれ」は、あっさりした味わいで熊野牛との相性が抜群。

焼肉ひげ
焼肉ひげ

焼肉ひげ

住所
和歌山県新宮市神倉4丁目3-19
交通
JRきのくに線新宮駅から徒歩15分
料金
上バラ=1512円/ハラミ=1180円/ホルモンミックス=648円/

茶房 花風月

手作りケーキや郷土料理を

熊野速玉大社参道近くにあり、自然と環境を意識した和風建築の落ち着いた雰囲気のカフェ。オーガニックな食材にこだわった手作り料理や豆腐ケーキ、香り高いコーヒーがおすすめ。

茶房 花風月
茶房 花風月

茶房 花風月

住所
和歌山県新宮市上本町1丁目2-2
交通
JRきのくに線新宮駅から徒歩15分
料金
日替わり定食=1350円/めはりずし定食=1300円/紀州岩清水のロース豚しゃぶ定食=1500円/そば定食=1000円/日替わりランチ=1000円/紀州備長炭長入り手作り豆腐ケーキセット=1000円/紀州岩清水のロース豚とんかつランチ=1100円/

仲氷店

名水で作った純氷のかき氷

72時間かけてゆっくり凍らせた純氷を販売する。年中店頭販売する純氷のかき氷はシロップやあずき餡などすべてが自家製。なかでも抹茶ミルク金時が人気。ここのかき氷は頭が「キーン」とならないことで知られている。

仲氷店
仲氷店

仲氷店

住所
和歌山県新宮市新宮551-12
交通
JRきのくに線新宮駅から徒歩10分
料金
すいか氷=200円/抹茶ミルク金時=600円/抹茶蜜かけあずき金時=500円/かき氷=200円(中カップ)/純氷(かち割りまたはブロック氷)=500円(1袋)/

新宮(丹鶴)城跡

眺望が見事な国指定文化財の城跡

江戸時代に築城された、浅野氏1代、水野氏10代の居城跡。丹鶴の名は築城以前に源為義の娘丹鶴姫の開いた寺があったことに由来する。現在は天守台と石垣が残る。

新宮(丹鶴)城跡
新宮(丹鶴)城跡

新宮(丹鶴)城跡

住所
和歌山県新宮市新宮
交通
JRきのくに線新宮駅から徒歩10分
料金
情報なし

神内神社

昔からの信仰形態が色濃く残る

神殿ではなく背後の岩窟を御神体とする神社。樹叢は県の天記然念物に指定されている。スギやヒノキ、ケヤキなどが生い茂り巨岩な岩が厳かな雰囲気を漂わせる。安産の神様としても有名。

神内神社
神内神社

神内神社

住所
三重県南牟婁郡紀宝町神内
交通
JR紀勢本線鵜殿駅からタクシーで5分
料金
情報なし

尾崎酒造

創業130余年の老舗醸造元

明治13(1880)年創業、現当主で6代目を数える。酒蔵のすぐ北側を流れる熊野川の伏流水を汲み上げ、手作り醸造を守って造られる酒は、キレの良いすっきりした味わい。

尾崎酒造
尾崎酒造

尾崎酒造

住所
和歌山県新宮市船町3丁目2-3
交通
JRきのくに線新宮駅から徒歩15分
料金
吟醸酒「熊野三山」=4104円(1.8リットル)/純米酒「那智の滝」=1296円(500ml)/米焼酎「熊野水軍」=1188円(720ml)/梅酒「備長炭のしらべ」=1296円(720ml)/

佐藤春夫記念館

さまざまな展覧会も開催

新宮市出身の詩人・小説家の佐藤春夫(1892~1964)が東京で暮らした旧邸を移築復元した記念館。サンルームや書斎など、随所に昭和初期のモダニズムが薫る。

佐藤春夫記念館
佐藤春夫記念館

佐藤春夫記念館

住所
和歌山県新宮市新宮1熊野速玉大社境内
交通
JRきのくに線新宮駅から徒歩15分
料金
大人310円、小人150円(10名以上の団体は2割引、障がい者手帳持参で無料、高校生以下は土・日曜無料)

徐福公園

瑠璃瓦を配した華やかな楼門

秦の始皇帝の命により、不老不死の妙薬を求めて日本に渡来したという徐福。公園は徳川頼宣が建立した徐福の墓碑を中心に整備され、管理棟では徐福に関する書籍などを販売している。

徐福公園
徐福公園

徐福公園

住所
和歌山県新宮市徐福1丁目4-24
交通
JRきのくに線新宮駅からすぐ
料金
入園料=無料/徐福茶=540円(12袋)/チャイナドレスのレンタル=500円/

旧チャップマン邸

旧チャップマン邸

住所
和歌山県新宮市新宮7677-2

熊野徐福万燈祭(新宮花火大会)

祭の2日目に花火大会が行われる。水上スターマインなど迫力満点

祭の2日目に偉人を偲び花火大会が行われる。同時早打ちや仕掛け花火など趣向を凝らした数々の花火のほか、水上スターマイン、ナイアガラなどが打上げられ迫力満点だ。

熊野徐福万燈祭(新宮花火大会)

熊野徐福万燈祭(新宮花火大会)

住所
和歌山県新宮市熊野川河川敷、徐福公園
交通
JRきのくに線新宮駅から徒歩15分(熊野川河川敷)
料金
要問合せ

雲取温泉

熊野川支流の緑の谷間にある温泉

家族旅行から学校・団体まで幅広く受け入れている「高田グリーンランド」内の温泉。開湯は平成4年と新しいが、湯は和歌山では珍しい淡い乳白色の温泉で、露天風呂や薬草風呂が楽しめる。

雲取温泉
雲取温泉

雲取温泉

住所
和歌山県新宮市高田1810
交通
JRきのくに線新宮駅から熊野交通高田行きバスで30分、終点下車すぐ
料金
情報なし

熊野速玉大社例大祭

熊野路の秋を彩る

神職や氏子の行列がお旅所を巡る「神馬渡御」や、早舟が御船島を3周する速さを競う「御船祭」が行われる。若者たちが互いの意地をかけて突き進む様子は迫力満点。

熊野速玉大社例大祭

熊野速玉大社例大祭

住所
和歌山県新宮市新宮1熊野速玉大社周辺
交通
JRきのくに線新宮駅から徒歩15分
料金
要問合せ

飛雪の滝

雪が舞うような美しい滝

高さ30m、幅12mの勇壮な滝で、しぶきが雪のように見えるというのが名の由来。滝の前には美しく整備されたオートキャンプ場があり、滝の上部には遊歩道もある。

飛雪の滝

飛雪の滝

住所
三重県南牟婁郡紀宝町浅里1409-1
交通
JRきのくに線新宮駅からタクシーで30分
料金
情報なし

桑の木の滝

美しい流れを見せる滝

熊野川の支流、高田川にそそぐ桑の木谷にかかる落差約20mの滝。苔むした岩肌を落下する滝は神秘的で、滝100選に選ばれている。滝までの散策道があり森林浴を楽しめる。

桑の木の滝

住所
和歌山県新宮市相賀
交通
JRきのくに線新宮駅から熊野交通高田行きバスで25分、相賀下車、徒歩20分
料金
情報なし

佐藤春夫記念の句碑

郷土が生んだ大作家の句業を記す

小説『田園の憂鬱』や詩集『殉情詩集』で知られる佐藤春夫(1892~1964)は新宮市生まれ。熊野速玉大社境内には記念館が立つが、参道正面の鳥居そばには句碑も立っている。

佐藤春夫記念の句碑
佐藤春夫記念の句碑

佐藤春夫記念の句碑

住所
和歌山県新宮市新宮1熊野速玉大社
交通
JRきのくに線新宮駅から徒歩15分
料金
情報なし

総本家めはりや

紀州を代表する弁当、めはりずし

ごはんを高菜の漬物で巻いためはりずしは、紀州を代表する弁当。もとは名のとおり、目を見張るほど大きかったというが、それを工夫して食べやすくしたのがこの店の先代だ。

総本家めはりや

住所
和歌山県新宮市薬師町5丁目6
交通
JRきのくに線新宮駅から徒歩8分

お燈まつり

山は火の瀧下り龍と謳われる勇壮な火の祭り

火への畏怖と恩恵に感謝して行われる「お燈まつり」。当日は、女性の入山は禁止。約2000人の男衆が御神火を移した松明を手に、山頂からの石段538段を駆け下りる。

お燈まつり

住所
和歌山県新宮市神倉1丁目13-8神倉神社とその周辺
交通
JRきのくに線新宮駅から徒歩15分(神倉神社)

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください