おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 関東のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

関東のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の関東のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

茨城県

第59回水戸黄門まつり 水戸偕楽園花火大会

湖面に浮かび上がる尺玉の美しさにうっとり

今年は「水戸黄門まつり」のリニューアルにともない、花火大会も名称を変更。また、打上げ数も約7000発に大幅ボリュームアップして開催する。水戸市の中心にある千波湖から、4号・5号・8号・10号玉や特大スターマイン、趣向を凝らした創作花火などを打上げるほか、速射連発のパフォーマンスなど、見どころは盛りだくさん。特にフィナーレの特大ミュージックスターマインは必見。空と湖とで花火が美しく輝くさまは、ため息が出るほどだ。

開催地
茨城県千波町 千波湖畔
打ち上げ数
約7000発
開催日
2019年7月20日(水戸黄門まつりは8月3日・4日)
茨城県

第88回土浦全国花火競技大会

全国の花火師たちが腕を競う

全国の花火師たちが一堂に会し、優勝をかけてその技術を競う花火大会。秋田の大曲と並ぶ二大競技大会の一つだ。スターマインの部、10号玉の部、創造花火の部の三部門に分かれており、質の高さ日本一を競い、華やかな芸術品が夜空を彩る。大会提供のワイドスターマイン「土浦花火づくし」が複数の場所から同時に打上げられ、その迫力は圧巻だ。かなりの人出で大変な混雑が予想されるので、時間に余裕をもって出かけよう。

開催地
茨城県佐野子 桜川河畔 学園大橋付近
打ち上げ数
2万発
開催日
2019年10月26日
茨城県

大畑のからかさ万灯

傘から火花がこぼれ落ちる、美しく艶やかな情景

鷲神社に五穀豊穣・家内安全・雨乞いなどを祈願して仕掛花火を奉納するもので、江戸時代から続く例大祭。囃子などが奉納された後、クライマックスは、直径5m、高さ6mの大傘に仕掛けられた花火に、綱火によって点火される。大傘から降り注ぐ火の粉はまるで、光の芸術。昔の農民たちの雨乞いの祈りが天に通じて、空から勢いよく雨が降ってきたかのようだ。国選択・茨城県指定無形民俗文化財に指定されている。

開催地
茨城県大畑 鷲神社
打ち上げ数
約240発
開催日
2019年8月15日
茨城県

第14回古河花火大会

打上げ数は関東最大級!古河の夏の風物詩

新型花火をはじめとする約2万発の花火が、渡良瀬川の夜空に絢爛豪華な花火絵巻を展開する「古河花火大会」。大会最大の目玉は、大迫力の三尺玉の打上げだ。玉の重さが約300kg、開花高度約600m、開花直径約650mと壮大なスケールで花開き、見る者を圧倒する。また、大好評のワイドスターマイン、メロディー付きスターマインなど、見どころが満載。河川敷のゴルフ場で打上げられるため、川の土手でレジャーシートを広げて観賞することもできる。

開催地
茨城県西町 古河ゴルフリンクス(渡良瀬川河川敷)
打ち上げ数
約2万発
開催日
2019年8月3日
茨城県

第53回しもつま砂沼の花火大会

湖上を彩る花火の美しさに感動

桜の名所でも知られる砂沼で、「下妻まつり」の一環として開催される花火大会。「下妻まつり」の千人おどりでは約1000人の踊り手が集い、浴衣姿や仮装で街を練り歩く。まつりのフィナーレを飾る花火大会では、砂沼湖上から記念花火など3000発の花火が音楽に合わせて打上げられる。花火と音楽の競演をたっぷり堪能して、忘れられない夏の思い出をつくろう。

開催地
茨城県砂沼新田 砂沼湖畔
打ち上げ数
3000発
開催日
2019年8月3日
茨城県

第55回常総きぬ川花火大会

匠による芸術性たっぷりの花火の祭典

常総市水海道地区で行われる花火の芸術性にこだわった花火大会。日本煙火芸術協会会員の8号玉創作花火競技会「ファイヤーアートコンテスト」や、日本で指折りの花火業者による新作花火の競技会「全国花火名人選抜・新作花火コレクション」、さらには音楽とコンピュータ制御を駆使したスペシャルスターマインの競演など、約1万発を打上げる。プログラムはどれも目が離せない、盛りだくさんの内容だ。

開催地
茨城県水海道橋本町 橋本運動公園
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月11日
茨城県

第66回とりで利根川大花火

息もつかせぬ連続花火の大迫力

大利根橋開通を記念して始まり、今年で66回目となる花火大会。雄大な利根川の夜空を彩る取手市の夏のビッグイベントだ。4号から尺玉の大連発、連続スターマインなど、息もつかせぬ花火の連続で大いに楽しめる。そしてなんといっても最大の見せ場は、高さ20mから降り注ぐ全長300mの大ナイアガラの滝。有料の桟敷席を設置するので、夏の夜空を焦がす大スペクタクルを特等席で見たい人は、早めにキープしておこう。

開催地
茨城県取手 利根川河川敷 取手緑地運動公園
打ち上げ数
約7000発(予定)
開催日
2019年8月10日
茨城県

第32回那珂湊海上花火大会

ひたちなか市提供

海の幸と豪華スターマインを堪能しよう

那珂湊おさかな市場に隣接する那珂湊漁港で行われる海上花火大会。海上ならではの仕掛花火などが楽しめる。中でも、水中で光の花が咲いたように見える水中スターマインは必見で、漁港の特性を活かした光と水の競演は見逃せない。日中は那珂湊おさかな市場で新鮮でおいしい魚を存分に堪能し、夜は花火を満喫して、目もお腹も大満足間違いなしだ。

開催地
茨城県和田町 那珂湊漁港
打ち上げ数
約1600発
開催日
2019年8月8日
茨城県

第25回ひたちなか祭り花火大会

祭りで街中に笑顔を届ける

「ひたちなか祭り」の1日目に開催される約3000発の花火大会。色とりどりの迫力満点の花火が夏の夜空に打上げられ、多くの人出でにぎわいをみせる。中でもフィナーレを飾る「メロディー付きジャンボスターマイン」は美しさ、迫力ともに圧巻。日本最高峰の芸術は見逃せない。2日目の本祭りは、山車神輿や踊りパレードなど楽しいイベントが目白押しだ。

開催地
茨城県勝倉3433 陸上自衛隊勝田駐屯地
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月17日(ひたちなか祭りは8月17日・18日)(予定)
茨城県

第24回阿字ヶ浦海岸花火大会

ひたちなか市提供

人気の海水浴場を約2500発の花火が彩る

水戸市からもほど近い阿字ヶ浦海岸は、県内屈指の海水浴場。およそ1.2km続く海岸は、夏になると大勢の海水浴客でにぎわいを見せる。この阿字ヶ浦海岸に隣接する磯崎漁港から花火を打上げるため、まるで海から花火が上がっているかのように見える。また、波の音を聴きながら海面に映る花火を見られるので、幻想的な雰囲気だ。尺玉の連発や超特大スターマインなど、砂浜で夜風を感じながら夏の風物詩を楽しもう。

開催地
茨城県阿字ケ浦町 阿字ヶ浦海岸
打ち上げ数
約2500発
開催日
2019年7月28日
茨城県

第41回鹿嶋市花火大会

関東一の尺玉108連発は必見

北浦湖畔で開催される鹿嶋市の夏の風物詩。大迫力の関東一の尺玉108連発や湖上打上げならではの水中スターマイン、超特大スターマインなどが見どころ。夜空に打上がる約1万発の花火と、湖面に映る花火で二重の美しさだ。会場へは鹿島神宮駅や鹿嶋市内各所から無料シャトルバスが運行。夏の終わりを告げる大迫力の尺玉連発を楽しみたい。

開催地
茨城県大船津地内 北浦湖畔
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月25日
茨城県

第41回水郷潮来花火大会

水辺を彩る色鮮やかな水中スターマイン

水郷の街として知られる茨城県潮来市での花火大会。スターマインなど約5000発の花火が水郷の夜空を彩る。会場となる水郷北斎公園は常陸利根川沿いに約1km続く水辺の公園で、間近で水上から上がる花火を楽しむことができる。中でも水面に映える水中スターマインは必見だ。花火大会当日は会場に夜店が軒を並べ、大勢の見物客でにぎわう。

開催地
茨城県牛堀 水郷北斎公園特設会場
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月17日
茨城県

2019いなしき夏まつり花火大会

日本一のスターマインが観客を魅了する

1996(平成8)年から、毎年8月に行われている夏まつり。このまつりのメインプログラムとなっている花火大会は、県内の花火大会のなかでも有数の打上げ数を誇り、テンポよく打上げられる花火が観客を魅了する。フィナーレを飾るスターマインは見ごたえ満点。「いなしき夏まつり」は、会場でステージイベントなどの催し物があり、花火大会の前から楽しめる。

開催地
茨城県荒沼3-1 江戸崎総合運動公園
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月24日
茨城県

第32回あゆみ祭り湖上打上花火

霞ヶ浦の夏の一大イベント

かすみがうら市の歩崎公園をメイン会場に、7月14日に行われる一大イベント「あゆみ祭り」。ステージや青空広場では、各種団体による踊りや演奏の披露、農水産物等の販売などイベントが盛りだくさん。湖上では、Eボートレースや観光帆引き船の合同操業も行われ、祭りのラストには盛大に湖上花火が打上がり、熱気あふれる祭りを締めくくる。

開催地
茨城県坂 歩崎公園前
打ち上げ数
約1000発(昨年)
開催日
2019年7月14日
茨城県

第35回きらっせ祭り花火大会

美しい砂浜で祭りと花火を楽しむ

「快水浴場百選」にも選ばれた遠浅で美しい波崎の砂浜で繰り広げられる祭り。この祭りのテーマは「コミュニケーションの輪を広げること」。きらっせとは「いらっしゃい」の意味で、祭りは市民と観光客のコミュニケーションの場となる。日中はみこしパレードなどのイベントが開催される。花火大会では、超特大スターマインなどが打上がり、夏の夜空が光の花で彩られる。

開催地
茨城県波崎 サンサンパーク、波崎海水浴場周辺
打ち上げ数
未定(昨年度は約8000発)
開催日
2019年8月25日(予定)
茨城県

大洗海上花火大会

大海原をバックに打上がる直径500mの二尺玉が見どころ

花火大会会場の大洗サンビーチは、青松が縁取り、白い砂浜が目にまぶしい遠浅の海。夏の恒例イベントである花火大会は、内閣総理大臣賞を受賞している野村花火工業によるオリジナリティーにあふれた創作花火となっており、約3000発の花火が海と砂浜を色とりどりに染める。中でも大輪の花を咲かせる二尺玉とミュージックスターマインが大会名物。花火は浜辺から見上げるのがおすすめだ。

開催地
茨城県大貫町地先 大洗サンビーチ
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年7月27日(予定)
茨城県

大子町花火大会と灯籠流し

夜空と川面に映える夏の風物詩

日本三名瀑に数えられる袋田の滝で有名な大子町で行われる花火大会。乱玉にはじまり、スターマイン、早打ちなど約3300発の花火が久慈川の中州から打上げられる。奥久慈の山々にこだまする大きな花火と、川面に揺れる光の競演は大子町ならでは。この日、JR常陸大子駅前通りは歩行者天国となり、さまざまなイベントも行われる。また、久慈川には水難供養のため約4000挺の灯籠も流され、奥久慈の夏は過ぎてゆく。

開催地
茨城県大子 久慈川と押川の合流点(中州)
打ち上げ数
約3300発
開催日
2019年8月14日
茨城県

第34回利根川大花火大会

大輪の華が利根川上空に花開く

茨城県境町で開催するビッグスケールの花火大会。茨城が誇る山崎煙火製造所と野村花火工業、紅屋青木煙火店に今年は新たに山梨のマルゴーを加えた4大花火師による夢の競演で、約2万3000発の花火が夜空を彩る。音楽とのシンクロや観客席の間近で打上げられるスターマイン、目の前で上がる尺玉など迫力満点の花火が体感できる。ゆっくりと観賞するなら有料桟敷席をおさえておこう。

開催地
茨城県利根川河川敷(さかいリバーサイドパーク)
打ち上げ数
約2万3000発
開催日
2019年7月13日
栃木県

2019うつのみや花火大会

市民の手でつくる花火大会

一度途絶えてしまった花火大会を、有志によって復活させ、今年で13年目を迎えた花火大会。宇都宮はもとより近隣の市民ボランティアが集い、企画、運営、協賛金集めに奔走し、つくり上げている。今年のテーマを「絆」とし、音楽とともに宇都宮の夜空に3万発の花火を打上げる。特大のスターマインや色彩豊かな花火のほか、市民参加型企画「ことだま花火」、うつのみや花火大会ならではの餃子を模した「餃子花火」、フィナーレを盛大に締めくくる「雷都うつのみや」も実施予定だ。

開催地
栃木県道場宿町 道場宿緑地(鬼怒川河川敷)
打ち上げ数
3万発
開催日
2019年8月10日
栃木県

第105回足利花火大会

1903(明治36)年創始、歴史と伝統のある花火大会

1903(明治36)年に創始され、一時は中断したものの、今年で105回目を数える関東屈指の花火大会。50万人を超える観覧者でにぎわうことでも知られる。大玉の同時打上げやワイドスターマイン、仕掛花火の競演など、見どころ盛りだくさん。約2万5000発が惜しげもなく打上げられる。クライマックスを飾る「大ナイアガラ」は圧巻の一言だ。

開催地
栃木県岩井町 渡良瀬川 田中橋下流河川敷
打ち上げ数
約2万5000発
開催日
2019年8月3日
栃木県

2019日光夏の花火

絶好のロケーションでの特大スターマインが見もの

花火大会の会場となる大谷川は川幅が250mもあり、川の先にそびえる日光連山との絶景が望める。日光市今市の夏の風物詩である「納涼祭」のメインを飾る花火大会は、大小約5000発の花火が広大な大谷川の川面に映る。中でも特大のスターマインは圧巻で、真夏の暑さをしばし忘れさせてくれる。おすすめビューポイントであるサイクリングロード内では大きな歓声があがる。

開催地
栃木県瀬川地内 大谷川河川敷 大谷川グリーンパーク
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月3日
栃木県

おやまサマーフェスティバル2019 第68回小山の花火

尺玉やスターマインの迫力を体感

68回目を迎える「小山の花火」。小山市のほぼ中心を流れる清流思川を会場に開催される、関東有数の規模を誇る花火大会。打上げ場所と観覧席が非常に近く、尺玉の連続打上げやワイドスターマインをはじめ、市民参加のナイアガラ瀑布など、約2万発の花火の迫力を間近で体感できる。「おやまサマーフェスティバル2019」は7月27日・28日に開催。27日には前夜祭「オープニングカーニバル」として、市役所駐車場周辺で多彩なイベントが開催される。

開催地
栃木県小山 観晃橋下流 思川河畔
打ち上げ数
約2万発
開催日
2019年7月28日(おやまサマーフェスティバル2019は7月27日・28日)
栃木県

第50回真岡市夏祭大花火大会

五行川を彩る光と音の競演

今年で50回目を迎える、SLの町・真岡の夏を彩る光の競演。7月26日から3日間にわたり行われる「真岡の夏まつり」の目玉イベントとして開催され、毎年好評を博している。まつり2日目、神輿が五行川を勇壮に「川渡御」するなか、レーザー光線や大迫力の音楽による演出など趣向を凝らした仕掛花火や、鮮やかなスターマインなど約2万発が夏の夜を色鮮やかに染める。沿道では各町内の山車屋台9台の「お囃子」や「ぶっつけ」、本社神輿をはじめとする20数基もの神輿渡御を見ることができる「お祭り広場」も開催され、花火大会を盛り上げる。

開催地
栃木県荒町~田町 市役所東側 五行川河畔
打ち上げ数
約2万発
開催日
2019年7月27日(真岡の夏まつりは7月26日~28日)
栃木県

尊徳夏まつり

夜空を彩る華麗な花火を、勇壮な尊徳太鼓が盛り上げる

「尊徳夏まつり」の最後を飾る花火大会。約1万発の花火が打上げられ、毎年多くの見物客でにぎわいを見せる。尺玉のほか、スターマインや音楽花火、ナイアガラなどの仕掛花火も楽しめるほか、「尊徳太鼓保存会」の勇壮な太鼓の響きも会場の雰囲気を盛り上げてくれる。鬼怒川の河川敷が会場のため、土手に寝ころんでのんびりと花火を楽しむことができるのもうれしい。

開催地
栃木県砂ヶ原東地内 鬼怒川河川敷緑地公園
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月31日
栃木県

与一の里大田原 佐久山納涼花火大会

歴史ある街のスターマインと灯篭流し

船上の扇の的を見事に射抜いたとされる弓の名手、那須与一のゆかりの地として知られる大田原で開催される県北地域の代表的な花火大会。箒川にはさまざまな思いが込められた灯篭が流され、大田原の夜空をスターマインが華やかに彩る。また、幅180m、高さ30mのナイアガラの滝は必見だ。夜空の花火と川面をゆらゆらと流れる灯篭の光がおりなす幻想的な夜を過ごそう。

開催地
栃木県滝沢 箒川河川敷(岩井橋付近)
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年8月16日
栃木県

さくら市きつれがわサマーフェスティバル&花火大会2019

音楽と花火を両方楽しむ欲ばりイベント

日本三大美肌の湯といわれる温泉で有名な喜連川の、荒川と内川の合流する場所にある水辺公園で開催される花火大会。空いっぱいに開く尺玉をはじめ、静かな暗闇の中から打上がる5000発(予定)の花火が夜空を美しく彩り、観客を魅了する。花火大会と同時にサマーフェスティバルも開催される予定で、抽選会やカラオケ、露店などでにぎわう。水辺公園は、子どもが安全に水とふれ合える公園で、家族連れやカップルでも楽しく過ごせる。

開催地
栃木県喜連川 水辺公園(道の駅きつれがわ隣り)
打ち上げ数
5000発(予定)
開催日
2019年8月24日(予定)
栃木県

第24回夕顔サマーフェスティバルinかみのかわ花火大会

※画像はイメージ

夕顔と美しさを競う夜空の大輪の花

かんぴょう(夕顔)が特産品である上三川町で行われる夏祭り。揃いのハッピに身を包んだ踊り子たちのよさこいソーランが町を練り歩き、そのにぎわいがそのまま花火大会まで続く。夕顔の純白で清楚な花が咲くちょうどその頃、美を競うように開く約4000発(予定)の夜空の花を、踊りの熱気冷めやまぬ会場から見上げよう。真夏の暑さも吹き飛ぶほどの大迫力で、祭りのフィナーレを飾る。

開催地
栃木県上三川 上三川通り
打ち上げ数
約4000発(予定)
開催日
2019年7月27日
栃木県

サントリー ザ・プレミアム・モルツ 音と光のシンフォニー ツインリンクもてぎ花火の祭典

音楽に合わせた夏色の花火が咲き乱れる

ツインリンクもてぎの国際レーシングコースを舞台に繰り広げられる花火イベント。レースを観戦する観覧席から眺める音楽と花火は、一つのストーリーで構成されており、オリジナリティあふれる壮大なショーは圧巻。観覧席をはじめ、飲食店やショップ、トイレや駐車場も整っており、快適な場所でゆったりと花火が堪能できる。

開催地
栃木県桧山120-1 ツインリンクもてぎ
打ち上げ数
約1万4000発
開催日
2019年8月11日
栃木県

第37回祇園祭ふるさと茂木夏まつり花火大会

山から打上げられる花火が祇園祭を盛り上げる

今年で37回目を迎える「祇園祭ふるさと茂木夏まつり」は神輿と山車の巡行などが行われ、町内はまつり気分一色に。まつりをさらに盛り上げる花火大会では、山から打上げられる5000発の花火が茂木の夜空を華やかに彩る。花火大会当日は、真岡鐵道のSL夜行列車も運行予定。祇園祭はかつて疫病退散を願って始められた歴史あるまつりで、山車が町内を練り歩くさまは豪華絢爛だ。

開催地
栃木県市街地
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年7月27日(予定)
栃木県

サシバの里いちかい夏まつり

子どもから大人までみんなが楽しめる、昔ながらの花火大会

栃木県市貝町で開催する「サシバの里いちかい夏まつり」。市貝町中央公民館グラウンドを会場とし、さまざまなステージイベントが催される。まつりの終盤を彩る花火大会は、音楽花火など約5000発を堪能できる。間近で打上がる花火は迫力満点!夏の終わりに家族や友だちと、みんなで楽しめる夏まつりだ。ちなみに「サシバ」とは市貝町内に数多く生息するタカの一種。

開催地
栃木県上根1577 市貝町中央公民館グラウンド
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月31日
栃木県

芳賀町ロマン花火2019

露天風呂からも観賞できる花火イリュージョン

花火大会当日は、「道の駅はが」でさまざまなイベントが催され、多くの人でにぎわう。グルメでおなかを満たした後は、美人の湯で知られる「芳賀温泉ロマンの湯」へ。露天風呂に浸かりながら目の前に大輪の花火を眺める贅沢が味わえる。水面に映る鮮やかな炎の灯りも幻想的で美しい。真夏の夜のロマンチックな時間を満喫しよう。

開催地
栃木県上延生160 道の駅はが「芳賀温泉ロマンの湯」周辺
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年8月3日(予定)
栃木県

第24回ふるさと納涼祭花火大会

頭上に降り注ぐような臨場感たっぷりの花火

栃木県の北部に位置する塩谷町で開催される「ふるさと納涼祭花火大会」。「家族で過ごす真夏の休日、空を彩る光のアート」をテーマに、家族で集まり楽しい思い出になるようにと願いをこめて開催される。この花火大会は小ぶりな打上げ玉だが、近い距離で観覧できるのが特徴。次々と打上げられる花火は頭上に降り注ぐようで迫力満点だ。

開催地
栃木県田所1601-9 塩谷工業団地内
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月15日
栃木県

第25回りんどう湖花火大会

那須高原のさわやかな風と花火で夕涼みを

那須高原の自然の中に広がる、「那須りんどう湖レイクビュー」は、まるでスイスの小さな街を訪れているような緑あふれるレジャーランド。子どもたちに人気の乗り物やりんどう湖の遊覧船、動物とのふれあいコーナーがあり、家族で1日楽しめる。見どころは11日間にわたって開催される花火大会。湖に映る花火を観ながら高原の風を浴びれば気分爽快だ。中でも水上・水中花火は必見。終了後にアンコールをすると、アンコール花火が上がるお楽しみも。

開催地
栃木県高久丙414-2 那須りんどう湖レイクビュー
打ち上げ数
約3000発(1日あたり)
開催日
2019年8月10日~18日・9月14日・15日
栃木県

芦野聖天花火大会

歴史ある町の夜空に咲く花火は迫力の臨場感

宥徳上人が中興の祖と伝えられ日本三所聖天(芦野・浅草・妻沼)のひとつである、三光寺の縁日に合わせて開催される花火大会。特大スターマインなどの花火が見物客の真上に打上げられ、迫力の臨場感を生み出す。当日は芦野地区の仲町通りを舞台に和太鼓演奏や大黒舞、よさこい踊り披露などのイベントが開催されるほか、夜店も出店し多くの人で町はにぎわいを見せる。歴史ある町で昔ながらの夏祭りを楽しもう。

開催地
栃木県芦野 御殿山特設会場
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年8月19日
群馬県

第63回前橋花火大会

七色の夢が夜空に花開く

群馬の夏の風物詩として毎年8月第2土曜に行われる、県を代表する花火大会が「前橋花火大会」。市内を流れる利根川の河川敷・大渡橋周辺から、1万5000発(予定)が打上がる。前橋発祥とされる空中ナイアガラや打上げ幅650mの超ワイドスターマインなど、目の前で打上げられる花火のオンパレードは迫力満点。加えて、世界Web花火大会の優秀作品の打上げは今年も期待できる。

開催地
群馬県総社町 利根川大渡橋周辺河川敷
打ち上げ数
1万5000発(予定)
開催日
2019年8月10日
群馬県

榛名の祭り花火大会

水中花火とスターマインの美しさが見どころ

「榛名の祭り」では、御沼オカミ神社の「御沼の鎮め」や灯ろう流しなどが行われ、最後に花火が盛大に打上げられる。ボートから投げ込まれた水中花火とスターマインが、次々と花開くさまは一見の価値あり。色とりどりの光の花が半球状に水上で光り輝き、水面に映ったその鮮やかさは観客を魅了する。また、レーザーショーも行われ、華麗な光の舞が繰り広げられる。背景に黒々と浮かび上がる榛名富士の姿も格別だ。

開催地
群馬県榛名湖町 榛名湖
打ち上げ数
3000発
開催日
2019年8月2日
群馬県

榛名ふるさと祭り商工祭花火大会

花火師の光の妙技に目を奪われる

榛名地区の中心を流れる烏川河川敷で開催される花火大会。大輪の10号玉や特大スターマインなどの豪華絢爛な花火の数々は見ごたえ充分。多くの花火愛好家が詰めかけることでも知られる。中でも注目は地元の花火師「菊屋小幡花火店」が手がける四重芯花火。色とりどりの光が一度にきらめく様子は芸術的。豊かな自然の中で繰り広げられる光の妙技を楽しもう。

開催地
群馬県下室田町 烏川公園
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年8月15日
群馬県

第45回高崎まつり大花火大会

高崎の夜空を覆いつくす感動の花火

打上げ数約1万5000発(昨年実績)を誇る北関東最大級の花火大会として、毎年数十万人の人が訪れる大花火大会。例年8月第1土・日曜に開催される「高崎まつり」の夜を色鮮やかに演出する。花火の種類が豊富で豪華なのはもちろんだが、夜空が花火で覆いつくされる大迫力の演出は見逃せない。有料観覧席からゆったりと眺めて、ちょっと贅沢な夏の夜を過ごすのもいいだろう。

開催地
群馬県八千代町 烏川 和田橋上流河川敷
打ち上げ数
約1万5000発(昨年実績)
開催日
2019年8月3日(高崎まつりは8月3日・4日)
群馬県

第35回新里まつり花火大会

画像提供:桐生市観光交流課

夏休みの子どもたちの思い出に

桐生市新里町の夏の恒例イベント「新里まつり」の花火大会。桐生市新里総合グラウンドでは子どもたちに人気のキャラクターショーやロイヤルエクスプレス(ミニ列車)の乗車、トークショーなど盛りだくさんのイベントが行われる。夜には上州名物の八木節や新里太鼓、エンタメ・ライブも行われ、フィナーレを飾るのは夜空に咲く大輪の花。会場の真上に次々と打上げられる花火で新里まつりを締めくくる。

開催地
群馬県新里町新川 桐生市新里総合グラウンド
打ち上げ数
約3500発(予定)
開催日
2019年8月15日
群馬県

いせさき花火大会

伊勢崎の夜空に輝く迫力の花火

スターマインを中心とした様々な花火が音楽とともに打上げられ、夜空を彩る伊勢崎の風物詩。夜空に次々と打上がる約1万発の花火の迫力を、秋の風を感じながら味わおう。ラブリバー親水公園うぬき付近が打上げ場所となる。主な観覧会場としては、伊勢崎市連取町地内の西部公園、スポーツ広場、伊勢崎オートレース場の付近。

開催地
群馬県安堀町 ラブリバー親水公園うぬき多目的広場
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年9月21日
群馬県

新田まつり

新田太鼓が鳴り響く夏の宵に、夜空を焦がす鮮やかな花火

太田市新田で毎年8月に開催される「新田まつり」のフィナーレに行われる花火大会。16:30から新田太鼓が鳴り響き、みこしまつり、踊りの夕べ、山車まつりなどがにぎやかに始まる。クライマックスの花火は、尺玉やスターマイン(予定)など大輪で華やかなものが次々と打上げられ、夜空を色鮮やかに演出する。地元住民が大勢集まるアットホームなまつりで、飛び入り参加も大歓迎。踊りと花火で伝統的な日本の夏まつりを楽しむのも一興だ。

開催地
群馬県新田陸上競技場他
打ち上げ数
8000発(予定)
開催日
2019年8月10日
群馬県

第7回沼田花火大会

オリジナルプログラムで繰り広げる感動の花火ショー

2013(平成25)年に43年ぶりに復活し、今年で7回目となる「沼田花火大会」。全国各地の花火大会や数々の国内テーマパークの花火をプロデュースしてきた「丸玉屋」が、沼田ならではのダイナミックな花火プログラムを展開する。花火と音楽のコラボレーションは迫力満点で、45分間に打上がる1万発以上の花火は見ごたえがあり、感動の花火ショーが楽しめる。また、デイイベントとして模擬店やステージイベントなどもあり、会場は大いに盛り上がる。

開催地
群馬県硯田町626 沼田市運動公園
打ち上げ数
1万発以上
開催日
2019年9月14日
群馬県

第20回館林手筒花火大会

三河地方伝統の手筒花火大会を館林で開催

毎年7月下旬に館林市では、館林藩主榊原氏の発祥の地である三河地方に伝わる勇壮な手筒花火大会を開催する。本場、愛知県豊橋市と館林市の有志たちによる約70本の手筒花火の放揚は迫力満点。スターマインの打上げ花火もあり、手筒花火から噴き上がる豪快な火柱と、会場に轟く音の迫力、夏の夜空を彩るスターマインの数々に圧倒される。

開催地
群馬県城町1-1 館林市役所館林城ゆめひろば
打ち上げ数
手筒花火約70本、スターマインの打上げ約2000発(予定)
開催日
2019年7月27日
群馬県

磯部温泉祭り花火大会

画像提供:安中市観光課

碓氷川の風を感じながら情緒溢れる花火見物を

半世紀以上続く、群馬県内でも屈指の歴史を持つ花火大会。碓氷川が運ぶ涼風が肌をなでるなかで見上げる花火は、夏の情緒あふれる時間だ。毎年8月14日・15日・16日に磯部温泉街で開かれる「磯部温泉祭り」では、灯篭流しや子どもみこし、落語会なども行われ、温泉街によりいっそうのにぎやかさを与えている。湯上がりに見る花火は趣たっぷり。大切な人と足を運んでみよう。

開催地
群馬県磯部 磯部温泉地内碓氷川河川敷
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月15日(磯部温泉祭りは8月14日~16日)
群馬県

大間々祇園まつり

歴史ある「おぎょん」を花火が締めくくる

「大間々祇園まつり」は、毎年8月1日から3日までの3日間、大間々町の本町通りをメイン会場に行われる。長く「おぎょん」の名で親しまれていたこのまつりは、約390年の歴史があり、「上州三大祇園」にも数えられる伝統を誇る。大間々祇園まつりの見どころは、山車の巡行。中でも夕方から夜にかけて街中を進むさまはとても幻想的だ。そして、まつりのフィナーレを飾るのは、打上げ花火。大間々中学校の校庭から約800発の花火が打上げられ、祇園まつりを華やかに締めくくる。

開催地
群馬県大間々町桐原 大間々中学校校庭
打ち上げ数
約800発
開催日
2019年8月3日(大間々祇園まつりは8月1日~3日)(予定)
群馬県

草木湖まつり

山あいに響く迫力満点の花火の数々

毎年8月15日に開催される「草木湖まつり」は、草木ダムの完成に伴い、この地域を離れた人に、年に一度は故郷で過ごして欲しい、との願いから始められた。フィナーレに打上げられる花火は大好評で、毎年多くの人々でにぎわう。まつり会場の東運動公園では一日を通しておまつり気分が味わえる。家族や仲間と楽しい夏のひとときを過ごそう。

開催地
群馬県東町座間399 東運動公園
打ち上げ数
約1000発
開催日
2019年8月15日
群馬県

北軽井沢高原まつり

画像提供:長野原町産業課

軽井沢の高原の風を感じながら見上げる花火

古くから別荘地として知られる北軽井沢の夏の恒例イベント「北軽井沢高原まつり」はミニライブや納涼おどり、フラダンス、浅間鬼押し太鼓などが行われる。また、露店も建ち並び、会場周辺は数千人の人で埋め尽くされる。頭上間近に打上げられる花火は迫力満点で、大輪の花が高原の夜空を華やかに彩る。夏の夜、涼しい風にあたりながら、高原のおまつりを楽しんでみてはいかが。

開催地
群馬県北軽井沢 北軽井沢ふれあい広場
打ち上げ数
約800発
開催日
2019年8月14日
群馬県

尾瀬戸倉温泉納涼花火大会

自然を満喫できる戸倉温泉の夏まつり

尾瀬国立公園の玄関口、尾瀬戸倉温泉での花火大会。当日は戸倉番所平広場に屋台が並び、尾瀬太鼓演奏や踊組、ヒーローショーなど、家族で楽しめるイベントが開催される(予定)。そして、夜にはメインイベントである花火が約1800発打上げられる。夏の夜空を花火が華やかに彩り、山々に響く迫力ある音が間近で感じられる。

開催地
群馬県戸倉736-1 戸倉番所平広場(尾瀬ぷらり館横)(イベント会場)
打ち上げ数
約1800発
開催日
2019年7月31日
群馬県

川場まつり・花火大会

様々なイベントが集結した川場の夏まつり

群馬県北部、山々に囲まれのどかな田園が広がる川場村で開催される夏の一大イベント。「川場まつり」では、上州武尊太鼓連の演奏や神輿の練り歩き、郷土芸能、抽選会など様々な行事が催され、まつりムード一色。クライマックスには川場の夏の風物詩として親しまれている花火大会が行われ、華麗なスターマインや大輪の花火が、澄み切った川場の夜空をキャンバスに花開く。

開催地
群馬県谷地 川場村中央公園
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年7月28日
群馬県

赤谷湖上花火大会

豊かな自然と地元の人の熱い思いを感じよう

歴史と文学と民話の里・猿ヶ京温泉。「日本一人にやさしい心ある花火大会」を合言葉に地元住民の力を結集させて開催される花火大会は、子どもからお年寄りまでみんなで楽しめるお祭りだ。地域活性化への思いと誇りを込めて赤谷湖の桟橋から打上げられる約8500発の花火は、谷川連峰をバックに夏の夜空と水面をまばゆく輝かせる。地元の人たちの思いを肌で感じながら、美しい花火に酔いしれてみよう。

開催地
群馬県猿ヶ京温泉 赤谷湖湖畔
打ち上げ数
約8500発
開催日
2019年8月31日
群馬県

田園夢花火2019 第31回たまむら花火大会

四重芯菊の美しさにしばし酔いしれる

「群馬の夏はたまむらの花火から」といわれ、県内でいち早く開催される大会。田園地帯から打上げるため、周囲にさえぎるものがなく、間近で迫力ある花火を見ることができる。見どころは、四色の層をなす「四重芯菊」や視界いっぱいに広がる超特大のスターマイン。夏の訪れを告げる、趣向を凝らした美しい花火の数々を満喫しよう。

開催地
群馬県上陽地区(上陽小学校西側)
打ち上げ数
8000発
開催日
2019年7月13日
群馬県

千代田の祭 川せがき

川面に映る燈籠と水上花火の光

千代田町は利根川中流の河畔に面した平坦で水と緑が豊かな町。「川せがき」は、利根川をはじめとする河川での水難事故者や万霊を供養するために、僧侶の読経と燈籠流しで精霊を送る伝統ある行事。その締めくくりともいえる打上げ花火が夏の夜を彩る。特に水辺の特性を活かした水中スターマインは一見の価値あり。堤防などから燈籠を眺めつつ空を見上げるのが最高だ。

開催地
群馬県赤岩地先 利根川河川敷
打ち上げ数
5000発(予定)
開催日
2019年8月18日
群馬県

2019おうら祭り

邑楽の夏のラストを飾る

群馬県邑楽町で開催される夏の一大のイベント「おうら祭り」。メイン会場のおうら中央多目的広場周辺では、屋台が軒を並べ、民謡流しや本神輿渡御、舞台発表、大抽選会などが行われ、内容は盛りだくさん。そして、祭りのフィナーレを飾るのが打上げ花火。色とりどりの花火が夏の夜空を盛大にかつ鮮やかに彩る。夏休みの思い出として、心に染みるメモリアルな花火を家族や友達同士で楽しみたい。

開催地
群馬県中野 おうら中央多目的広場(メイン会場)
打ち上げ数
8000発
開催日
2019年8月18日
埼玉県

令和元年度さいたま市花火大会 大和田公園会場

大和田公園の夜空を華やかに花火が彩る

身近なふれあいの場を設けることにより、更なる地域の活性化を図り、市勢の発展を目指すことを目的として「大和田公園会場」「東浦和 大間木公園会場」「岩槻文化公園会場」の3ヶ所でそれぞれ開催される花火大会。さいたま市花火大会のオープニングを飾る大和田公園会場は周辺に高い建物がないので、どの方角からでも観覧可能。早打ちやスターマインなど、色とりどりの花火が夜空を焦がす。

開催地
埼玉県見沼1 大和田公園周辺
打ち上げ数
約5000発(昨年実績)
開催日
2019年7月28日
埼玉県

令和元年度さいたま市花火大会 東浦和 大間木公園会場

大間木公園の夜空を華やかに花火が彩る

身近なふれあいの場を設けることにより、更なる地域の活性化を図り、市勢の発展を目指すことを目的として「大和田公園会場」「東浦和 大間木公園会場」「岩槻文化公園会場」の3ヶ所でそれぞれ開催される花火大会。「東浦和 大間木公園会場」では、見沼の大自然を満喫しながら、約5000発(昨年実績)の花火を堪能できる。早打ちやスターマインなど、色とりどりの花火が夜空を焦がす。

開催地
埼玉県大間木地内 大間木公園周辺
打ち上げ数
約5000発(昨年実績)
開催日
2019年8月10日
埼玉県

令和元年度さいたま市花火大会 岩槻文化公園会場

岩槻文化公園の夜空を華やかに花火が彩る

身近なふれあいの場を設けることにより、更なる地域の活性化を図り、市勢の発展を目指すことを目的として「大和田公園会場」「東浦和 大間木公園会場」「岩槻文化公園会場」の3ヶ所でそれぞれ開催される花火大会。岩槻文化公園会場は岩槻駅・東岩槻駅から徒歩で40分ほど。公園内で花火が打上げられるので間近で迫力のある花火を楽しめる。早打ちやスターマインなど、色とりどりの花火が夜空を焦がす。

開催地
埼玉県村国229 岩槻文化公園
打ち上げ数
約3600発(昨年実績)
開催日
2019年8月17日
埼玉県

第29回小江戸川越花火大会

小江戸の街でゆったりと花火を楽しむ

今回で第29回を迎える川越の夏の風物詩「小江戸川越花火大会」。例年、伊佐沼公園と安比奈親水公園の2ヶ所で交互に開催している。今年の会場は伊佐沼公園。お祝いなどの気持ちが込められたメッセージ花火やスターマインなど個性的な花火が打上がる。また、開催当日は会場周辺が大変混雑するため、公共交通機関の利用がおすすめだ。

開催地
埼玉県古谷上2261地先 伊佐沼公園
打ち上げ数
5000発以上(予定)
開催日
2019年8月17日
埼玉県

第70回熊谷花火大会

写真提供:熊谷市観光協会

花火師たちが競い合い、スターマインが花開く

1934(昭和9)年、「熊谷煙火大会」が開催されたことに始まる。その後、戦時下の中断を経て1948(昭和23)年、戦災からの立ち直りを願い「大熊谷復興煙火大会」が開催された。これを第1回とし、今回で70回目を迎える。県内でも歴史の古い花火大会として知られる、熊谷市の恒例大花火大会だ。オープニングは、市民ほか応募者たちの願いが込められた結婚祝い・誕生祝いなどのメッセージ花火が打上げられ、ほのぼのとした雰囲気に。見どころは、県内の花火業者たちが競い合うスターマインコンクール。花火師たちがプライドをかけて文字通り火花を散らす。

開催地
埼玉県河原町 荒川河畔 荒川大橋下流
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月10日
埼玉県

秩父川瀬祭花火大会

秩父の夏祭りを彩る色とりどりのスターマイン

秩父神社の夏季例大祭である「秩父川瀬祭」に華を添える花火大会。秩父の自然を色で表現したスターマインや尺玉など約1000発の花火が秩父の夏の夜空を彩る。秩父川瀬祭は、12月2日・3日の秩父夜祭と対比される夏のお祭りで、子どものお祭りでもある。主役である囃子手や花笠をつけた拍子木役のかわいらしい子どもたちとともに屋台4台と笠鉾4台が曳き廻される。

開催地
埼玉県大宮 道の駅ちちぶ周辺
打ち上げ数
約1000発
開催日
2019年7月19日(秩父川瀬祭は7月19日・20日)
埼玉県

西武園ゆうえんち花火大会

遊園地で夜空に華麗に咲く花火が楽しめる

園内のアトラクションやプールで思いっきり遊び、日が沈んだ後は、ゆったりとした気分で打上げ花火を楽しもう。スターマインの鮮やかな歓迎を受け、迫力のショーが始まる。音楽とともに様々な表情をみせる約2000発の花火。キラキラと夜空を覆うほどにきらめきを魅せるものや、花や宝石をイメージさせる花火など次々に目を楽しませてくれる。ビアガーデンの有料席から楽しむのもいい。西武園ゆうえんちはアトラクションで一日楽しめ、アクセスが良いのも魅力。リオのカーニバルなどのステージショーもあり、ぜひ夏休みの思い出づくりに家族で訪れたい。

開催地
埼玉県山口2964 西武園ゆうえんち
打ち上げ数
約2000発
開催日
2019年7月27日・28日、8月3日・4日・10日・11日・12日(計7日間予定)
埼玉県

飯能納涼花火大会

河川敷から舞い上がる夏の夜の花

入間川沿いの飯能河原で行われる飯能市の夏の風物詩。涼やかな川のせせらぎを聞きながら、1000発の花火が楽しめる。辺りに遮るもののない河川敷から間近で見られるため、子どもから大人まで多くの人でにぎわう。河原にはウッドデッキもあり快適だ。また、会場からほど近い天覧山の頂上から眺める花火もすばらしい。会場周辺には専用の駐車場がないので、公共交通機関の利用がおすすめ。

開催地
埼玉県久下 飯能河原
打ち上げ数
1000発
開催日
2019年8月3日
埼玉県

第20回ひがしまつやま花火大会

エキサイティングな音楽花火が魅力

市民参加型の花火大会。メイン会場の都幾川リバーサイドパークには豊かな自然が広がり、眺望も抜群だ。大輪の尺玉やスターマインをはじめとする約5000発の花火が夜空を焦がし、煙の匂いや打上げ音が心を揺さぶる。毎年人気の音楽付き花火は、大音響の音楽に合わせて花火が舞う光のエンターテインメントで、ライブ感覚の臨場感が楽しめる。

開催地
埼玉県高坂 都幾川リバーサイドパーク
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月24日(予定)
埼玉県

狭山市入間川七夕まつり納涼花火大会

江戸時代から続く伝統ある七夕まつりで夕涼み

関東三大七夕祭りに数えられる「狭山市入間川七夕まつり」の初日の夜を彩る花火大会。狭山の夜空に色とりどりの花火が次々と花開く。狭山市駅西口から七夕通り商店街を中心とした約1.5kmの沿道は、商店や市民が出品した約130本の竹飾りで埋めつくされ、民踊流しや鼓笛隊パレードなども行われる。市内は、昼間とは一味違った竹飾りの美しさと涼を求めて、多くの人で夜までにぎわう。

開催地
埼玉県広瀬東 入間川河川敷
打ち上げ数
約2850発(昨年)
開催日
2019年8月3日(狭山市入間川七夕まつりは8月3日・4日)
埼玉県

燃えよ!商工会青年部!! 第18回こうのす花火大会

豪華絢爛のラストスターマインに注目

鴻巣市商工会青年部が、地域の商工業の発展と子ども達に夢や希望を与えたいと願い、主催する花火大会。企画運営から設置・撤収作業、清掃に至るまで全てを約50人の青年部員とボランティアが実施する手作りの一大イベントだ。川幅日本一の荒川河川敷の会場を活かし、大玉と呼ばれる尺玉が随所に見られるほか、音楽と花火を融合させた幻想的なスターマインなどを打上げる。中でも、四尺玉の打上げや、尺玉300連発で構成される魂のラストスターマイン「鳳凰乱舞」は見逃せない。

開催地
埼玉県糠田1073-1 糠田運動場
打ち上げ数
2万発
開催日
2019年10月12日
埼玉県

第25回深谷花火大会

深谷の夜空に、尺玉が次々と花開く

深谷市川本総合支所の南側を流れる荒川を舞台に開催される「深谷花火大会」。19:00から「深谷の夜空を彩る真夏の花火」をテーマとした、尺玉やスターマインなど約4000発の花火がスタート。打上げ場所から近い河川敷で観賞できるため、ほぼ真上で花開く花火に圧倒される。なかでもラストの豪華絢爛な特大スターマインをお見逃しなく。

開催地
埼玉県田中 深谷市川本総合支所南 荒川河川敷
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年8月4日
埼玉県

第24回あげお花火大会

スターマインや尺玉が咲き乱れる

大スターマイン、音楽花火などが“ふるさと上尾”の夏の夜空を彩る。二尺玉をはじめ、尺玉が100発以上打上げられるのも大きな特徴だ。「誕生祝」や「結婚祝」、「合格祝」などを祝う、アナウンス付のメッセージ花火の打上げもあり、会場を盛り上げる。ゴルフ場の中で打上げるので、川を挟んだ荒川土手が観覧席。夜空と川面を美しく染める、豪華な花火を楽しもう。

開催地
埼玉県平方2606-1 荒川堤(リバーサイドフェニックスゴルフクラブ周辺)
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月3日
埼玉県

第15回草加市民納涼大花火大会

至近距離から迫力の花火が楽しめる

地元住民がボランティアで運営している手作りの花火大会。市民はもちろん近隣の住民にも親しまれており、毎年多くの人でにぎわう。連続スターマインでスタートし、メッセージ花火など多彩な花火が夜空を焦がす。特にラストの10分は圧巻。スターマインが次々と打上がり、大会はクライマックスを迎える。観覧場所と打上げ場所が至近のため迫力は満点だ。なお、会場にはゴミ箱は設置していないので持ち帰りに協力しよう。

開催地
埼玉県柿木町 そうか公園
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月3日
埼玉県

越谷花火大会

水郷こしがやの夏を彩るスピードある連続花火

越谷の夏の夜空を彩る花火。オープニングからスターマインを中心に次々と花火が打上げられる。スピーディーで切れ目のない打上げが特徴で、見ごたえ十分。迫力満点で、息つく暇がないほどだ。打上げが川の中州で行われるため、川の両岸どちらからでも観ることができる。越谷駅からも近く、会場までのアクセスの良さもうれしい。

開催地
埼玉県越ヶ谷 葛西用水河川敷、中央市民会館周辺
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年7月27日
埼玉県

第66回戸田橋花火大会

荒川の両岸で美しさを競い合う

板橋区の「いたばし花火大会」と荒川を挟んで同日・同時刻に開催されている花火大会。戸田市側は、迫力満点の尺玉や色鮮やかなスターマインが中心で、会場の一部には有料席も設けられ、臨場感が味わえると人気がある。また、今回から新しくなった有料席もあり、おすすめだ。「いたばし花火大会」と合わせ、計約1万2000発という豪華な競演に、毎年100万人前後の人出でにぎわいを見せる。尺玉の迫力はもちろん、何といってもフィナーレを飾るウルトラスターマインが大きな見どころだ。

開催地
埼玉県堤外 国道17号戸田橋上流 戸田市側荒川河川敷
打ち上げ数
約1万2000発(いたばし花火大会と合わせて)
開催日
2019年8月3日
埼玉県

第36回朝霞市民まつり「彩夏祭」

市街地で間近に見上げる花火は迫力満点

朝霞中央公園などを中心に3日間にわたり開催される「彩夏祭」。1984(昭和59)年に始まった市民手作りのまつりは、商工まつりや復興支援・都市間交流ブースなど誰でも気軽に楽しむことができる。メインイベントである「関八州よさこいフェスタ」が行われる会場は、たくさんの人でにぎわう。「彩夏祭」の見どころのひとつである打上げ花火は、連発、スターマインなどを中心に約9000発。打上げポイントが市街地にあり、花火の見た目の大きさ、体に響く音は豪快だ。

開催地
埼玉県青葉台 キャンプ朝霞跡地
打ち上げ数
約9000発
開催日
2019年8月3日(朝霞市民まつりは8月2日~4日)
埼玉県

第71回小川町七夕まつり花火大会

北関東一を誇る七夕飾りに花火が彩りを添える

2日間にわたり開催される「小川町七夕まつり」の初日の夜を飾る花火大会。仙元山見晴らしの丘公園から七夕の夜空を彩る大スターマイン、尺玉など約1300発の花火が打上げられる。七夕まつりは小川町駅前を中心とした市街地一円に盛大な七夕の飾り付けを行い、竹飾りコンクールや屋台の引き回し、パレードが開催されるほか、子どもたちへの楽しいイベントも開催予定。まつりのイメージキャラクター「星夢(すたむ)ちゃん」グッズの販売もお楽しみに。

開催地
埼玉県小川 埼玉伝統工芸会館周辺
打ち上げ数
約1300発
開催日
2019年7月27日(小川町七夕まつりは7月27日・28日)
埼玉県

長瀞船玉まつり

万灯船と花火が川面を照らす長瀞の夏の風物詩

大正時代、川下りの船頭たちが川の神を祀ったのが由来とされる「長瀞船玉まつり」。まつりの原点とされるぼんぼりで飾られた万灯船では秩父屋台囃子が披露され、1000個もの灯篭流しは渓谷を幻想的な風景に一変させる。そして圧巻は岩畳の対岸から打上げられる3000発の花火。狭い渓谷に打上げ音が轟き渡る迫力と感動は長瀞独特の味わいといえるだろう。音楽と花火の調和が見どころのほか、スターマインの連発では渓谷ならではの音の響きを体感することができる。

開催地
埼玉県長瀞 長瀞岩畳周辺
打ち上げ数
3000発
開催日
2019年8月15日
埼玉県

寄居玉淀水天宮祭

花火と万灯、夜空と川面を美しく照らす光の競演

毎年8月の第1土曜に、荒川・玉淀河原で開催される花火大会。国指定史跡であり、「日本100名城」にも選出された鉢形城跡。そこから荒川を挟んで北岸にある玉淀河原は県指定の名勝でもある。玉淀の下流には水天宮がまつられており、水天宮祭の付祭りとして、1931(昭和6)年から打上げられるようになった。水天宮祭では、ぼんぼりや提灯で飾られた舟山車が5艘参加、城山をバックに打上げられる花火やスターマインと川面に映える万灯の競演はため息が出るほどの美しさで、「関東一の水祭り」と呼ばれている。ラストを飾るナイアガラは大迫力。

開催地
埼玉県寄居 荒川玉淀河原
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月3日
埼玉県

東武動物公園 花火イリュージョン2019夏

乗り物やプールで1日遊んだあとの締めくくり

遊園地、動物園さらに夏はプールもオープンし、ファミリーで楽しめる東武動物公園。1日存分に楽しんだあとは、夜のお楽しみ花火大会だ。ナイアガラや仕掛花火、レーザー光線の演出、ヒット曲と花火の組み合わせなど約2000発の花火ショーが楽しめる。中でも、白鳥の池に映える大輪の水上花火が印象的だ。ドラマチックな演出は、夏休みの素敵な思い出となること間違いなし。

開催地
埼玉県須賀110 東武動物公園東ゲート前白鳥の池
打ち上げ数
約2000発(1日あたり)
開催日
2019年8月3日・10日・17日(予定)
千葉県

SAKAE リバーサイド・フェスティバル

利根川河川敷から花火が打上がる、栄町の夏祭り

「SAKAE リバーサイド・フェスティバル」は千葉県栄町の夏の一大イベント。著名な審査員を招いて野外ステージで行うダンスコンテスト「ダンスコレクションinSAKAE」をはじめ、利根川で行うジェットスキーやバスボートの試乗体験、来場者も参加できるキャンドルナイトなど、さまざまなイベントが行われる。また、花火大会は目の前で打上げるため迫力満点!スターマインなど約5000発の花火で会場は大いに盛り上がる。

開催地
千葉県利根川河川敷特設会場(栄町消防署前)
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月24日
千葉県

生実町花火大会

花火に夜店に盆踊り、夏祭りの醍醐味を存分に

初夏にはハスの花が咲き誇る池に、約3500発の花火が上がる生実町の一大イベント。県外からも多くの人が訪れる会場には提灯がともされ、夜店や太鼓に合わせた盆踊りがお祭りムードを盛り上げる。スターマインをはじめとする花火の中でも、必見は全長200mのナイアガラだ。光の弧線が競うように水面に降り注ぐ様は、息をのむ華麗さ。

開催地
千葉県生実町 生実池周辺
打ち上げ数
約3500発
開催日
2019年8月15日
千葉県

幕張ビーチ花火フェスタ2019(第41回千葉市民花火大会)

幕張の浜辺で繰り広げられる真夏の祭典

千葉市の幕張でしか見ることができない迫力満点の海上花火を体感できる“国内最大級2万3000発”の花火ショー。今回は新たに、音楽に合わせて観覧者が大きな声を出し、声のタイミングで花火が開くという観覧者参加型のミュージックスターマインを打上げる。また、大切な人へのメッセージに合わせて花火を打上げる、大好評の「LOVEメッセージ花火」や、幻想的で非日常的な世界を創り出す「海上パノラマミュージックスターマイン」も見どころ。そして、1万発の花火による大空中ナイアガラと海上花火で感動のグランドフィナーレとなる。

開催地
千葉県美浜1 幕張海浜公園
打ち上げ数
2万3000発
開催日
2019年8月3日
千葉県

銚子みなとまつり花火大会

銚子の夏を彩る一大イベント

2日間にわたり開催される銚子市の夏の風物詩「銚子みなとまつり」。初日の夜に行われる花火大会は、JR銚子駅を出ると目の前に打上がる、アクセスの良さが自慢だ。オープニングからエンディングまで、4景で構成され、スターマインや尺玉などゴージャスな花火が次々に炸裂。なかでもフィナーレを飾る壮大なスターマインの美しさは思わずうっとりするほど。また、2日目には市内でみこしパレードが行われる。

開催地
千葉県中央町地先 利根川河畔
打ち上げ数
5500発
開催日
2019年8月3日(銚子みなとまつりは8月3日・4日)
千葉県

第35回市川市民納涼花火大会

江戸川河川敷に大輪の花

毎年8月第1土曜に行われる、江戸川区の「江戸川区花火大会」と同時開催の花火大会。8つのテーマで構成され、テーマごとに菊・牡丹・冠柳(かむろ)・小割物・型ものなどの花火が打上がる。遠隔操作による電気着火のため、テーマに合わせたBGMとの演出がきめ細かく、観客を飽きさせない工夫がされている。もちろん華やかなスターマインや仕掛花火も充実。趣向を凝らした芸術作品の数々に観客から歓声があがる。

開催地
千葉県大洲3丁目地先 江戸川河川敷
打ち上げ数
約1万4000発
開催日
2019年8月3日
千葉県

ふなばし市民まつり 船橋港親水公園花火大会

港の風を感じながら、間近で開く創作花火を観賞しよう

「ふなばし市民まつり」のフィナーレとして開催される花火大会。四方を囲まれた船橋港内で、迫力満点の花火と音楽のコラボレーションが目の前で観賞できる。ふだんの船橋港親水公園は、東展望デッキ、展望テラス、エントランス広場、海上デッキなどがあり、東京湾を眺めながらのんびり過ごせる場所だが、この日1日は大いににぎわう。

開催地
千葉県浜町ほか 船橋港親水公園、船橋漁港周辺
打ち上げ数
約8000発(予定)
開催日
2019年7月31日(予定)※参議院議員選挙の日程により、変更になる場合あり
千葉県

第56回館山観光まつり 館山湾花火大会

波静かな鏡ヶ浦にその艶姿を映す名物・水中花火

波が穏やかで、まるで鏡のように静かなことから、別名「鏡ヶ浦」とも呼ばれる館山湾。鏡のような水面に映る花火の美しさは格別だ。見どころは、大小100発以上の花火が次から次へと打上げられる特大スターマインと、今ではすっかり大会名物となった海面から打上げられる水中花火。海岸線が南北に弧を描いているため、海沿いのどこからでも花火がよく見え、湾いっぱいに開く花火が夏の夜を鮮やかに彩る。当日は全国学生フラメンコ連盟(フレスポン)のステージ「花火とフラメンコ」も開催予定。

開催地
千葉県北条 北条海岸付近
打ち上げ数
約1万発(予定)
開催日
2019年8月8日(予定)
千葉県

第72回木更津港まつり花火大会

関東最大級と称されるスターマインは見逃せない

2日間にわたり開催される「木更津港まつり」のフィナーレを飾る花火大会。東京湾を望む木更津港の夜空に、約1万発の花火が咲き誇る。中の島大橋周辺から打上げられる花火は、関東最大級の超特大スターマインをはじめ、尺玉の連発など、見どころは盛りだくさん。東京湾アクアラインの海ほたるパーキングエリアから遠くに花火を眺めるのも一興だ。

開催地
千葉県富士見 木更津港周辺 中の島大橋付近
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月15日(木更津港まつりは8月14日・15日)
千葉県

松戸花火大会2019 ~みんなであげる夢花火~

花火の量と質にこだわったプログラムに期待

花火の基本である光・色・音の三原則を大切に、3つの調和を楽しめるように工夫された花火大会。伝統的な花火や近代的なスターマイン・音楽花火など、約1万発のさまざまな花火が観客を魅了する。江戸川の河川敷で開催され、川面を渡る心地よい風を感じながら美しく迫力のある花火を間近で観賞できるのもうれしいポイント。家族や友人とゆっくり花火を楽しめるボックス席(イス+テーブル、有料)もおすすめだ。

開催地
千葉県松戸 江戸川河川敷(松戸市立図書館本館先)
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月3日(予定)
千葉県

NARITA花火大会in印旛沼

瞬きするのも忘れそうなファンタジックな世界

2010(平成22)年に花火大会としては初めてグッドデザイン賞を受賞した見どころ満載の花火大会。打上げる花火の数は約1万2000発で、尺玉の連発やタワー型花火、花火と音楽がシンクロする「花火ファンタジア」をはじめとする充実のプログラム。音楽に合わせて放たれる花火は、色と光が次々に変化して印旛沼をファンタジーの世界に変える。クライマックスに打上げられる「錦冠」と「銀色冠」のワイドスターマイン「NARITA黄金伝説」にも注目したい。

開催地
千葉県台方1415 ニュータウンスポーツ広場周辺
打ち上げ数
約1万2000発
開催日
2019年10月13日(予定)
千葉県

佐倉花火フェスタ2019(第59回佐倉市民花火大会)

市民の思いが込められた二尺玉が花開く

1956(昭和31)年、佐倉駅近辺で30発の花火を打上げたのがこの花火大会の始まりとされ、一時中断したが、2007(平成19)年に復活。手筒花火をはじめ、印旛沼の湖上へ一尺玉やスターマインを惜しむことなく贅沢に打上げる豪華プログラムとなっている。そして、大会を締めくくるのは二尺玉とビッグプレミアムスターマインの打上げだ。印旛沼のほとりから見上げる花火は、まるで光が頭の上から降り注いでくるようで、特に二尺玉の迫力には誰もが圧倒される。戦国時代から続く手筒花火や江戸時代の花火の再現も行うなど、歴史の街佐倉ならではの魅力がいっぱい!

開催地
千葉県臼井田2714 佐倉ふるさと広場周辺(印旛沼湖畔)
打ち上げ数
約2万発
開催日
2019年8月3日
千葉県

旭市いいおかYOU・遊フェスティバル2019海浜花火大会

ビーチで花火をのんびり眺める、とっておきの夜

「旭市いいおかYOU・遊フェスティバル2019」のメインイベントで、1時間で約1万発の花火が飯岡海岸の夜空を彩る。当日は16:00から特設会場にてステージショーも開催し、見て・驚いて・楽しむプログラムが組まれている。「日本の渚100選」にも選ばれている飯岡海岸の広々とした砂浜からは、花火がほぼ真上に打上がり、頭上に広がる大輪の花火の大迫力の光と音に圧倒される。ちなみに、岩井俊二監督作品『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』はこの花火大会が舞台。

開催地
千葉県萩園 飯岡海岸
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年7月27日
千葉県

手賀沼花火大会2019

千葉ではトップクラスの規模を誇る

手賀沼を囲む柏市と我孫子市の2市が合同で開催する花火大会。今年も、手賀沼自然ふれあい緑道の柏ふるさと公園寄りを「柏第1会場」、「道の駅しょうなん」寄りを「柏第2会場」、手賀沼公園を「我孫子会場」として3会場で開催。尺玉をはじめ、大迫力のウルトラジャンボスターマインや子どもたちに人気のキャラクターマイン(柏第1会場)、幻想的な水中花火などを打上げる。

開催地
千葉県および我孫子市手賀沼湖畔周辺、我孫子市手賀沼公園周辺ほか
打ち上げ数
約1万3500発
開催日
2019年8月3日
千葉県

第43回流山花火大会

江戸川の広大な河川敷で繰り広げられる花火大会

埼玉県と千葉県の県境である江戸川の広大な河川敷で開催される花火大会。花火と音楽がシンクロした「流山スカイ・ミュージカル」やスターマイン、連発花火など見どころが盛りだくさんだ。対岸の埼玉県三郷市と同日開催で、合わせて約1万4000発を打上げる。河川敷が会場になっているためビューポイントも広く、毎年、たくさんの人でにぎわいを見せる。また、大会会場周辺には、歴史的な建造物をはじめ、古民家を改装したカフェやレストランもあるほか、住民手作りの切り絵行灯が並ぶ。趣深い街並みと花火を同時に楽しめるところも大きな魅力の一つだ。

開催地
千葉県流山1~3地先 江戸川堤
打ち上げ数
約1万4000発(三郷市と合わせて)
開催日
2019年8月23日(予定)
千葉県

鴨川市納涼花火 鴨川大会

水中花火の美しさは一見の価値あり

「日本の渚百選」にも選ばれた、サーフィンのメッカとしても有名な鴨川市の前原・横渚海岸を舞台に繰り広げられる花火大会。スターマインや水中花火など、1万発の光の花が夜空を鮮やかに照らし出す。広い海岸線のどこからでも見ることができ、その美しさは一見の価値ありだ。JR安房鴨川駅から徒歩5分と、アクセスがよいのもうれしい。また、ビーチのステージでは各種ライブも開催予定。

開催地
千葉県前原・横渚海岸
打ち上げ数
1万発
開催日
2019年7月29日
千葉県

連夜の花火IN天津小湊

真夏の漁港で連日開催する花火ショー

日蓮聖人生誕の地であり、青い海と山に囲まれ、夕日が美しいことで知られる天津小湊。小湊漁港では、8月上旬から連日花火が打上げられる。花火は漁港に隣接する内浦海水浴場やホテルからも観ることができる。花火開催中、10日には誕生寺の灯籠流しが行われ、幽玄な美しさを漂わせる。また、16日は「鴨川市納涼花火小湊大会」のため、打上げ数は1500発を予定している。

開催地
千葉県小湊 小湊漁港
打ち上げ数
100発(各日)※8月16日は1500発
開催日
2019年8月1日~2019年8月20日(予定)
千葉県

第39回亀山湖上祭・君津市民花火大会

湖面と夜空が花火で彩られ幻想的な世界を作り出す

亀山湖は小櫃川にあるダム湖で、大自然をバックに澄んだ空気の中、打上げられる花火は格別に美しい。尺玉やスターマイン、ゴールデンカーテンなど約5000発が打上げられ、至近距離から眺められる。山間部にこだまする花火の音は迫力満点だ。特に亀山湖の湖面と夜空を彩る特大スターマインは必見。湖に映る花火は湖面いっぱいに花が咲き乱れたようで幻想の世界に誘う。当日は17:00から亀山湖上祈願祭やアトラクションタイムも開催される。

開催地
千葉県川俣 亀山ダム湖畔
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月3日(予定)
千葉県

マザー牧場 打ち上げ花火

動物たちと遊んだあとのお楽しみ

動物とのふれあいやアクティビティ施設がそろうマザー牧場では、毎年夏になると花火が打上げられる。標高300mの山上からの打上げ花火は迫力満点。場内の草原に寝ころんで見上げると、まるで花火が降りかかってきそうだ。マザー牧場自慢のジンギスカンとライトアップされたナイト遊園地を楽しみ、花火で1日を締めくくるのもいいだろう。

開催地
千葉県田倉940-3
打ち上げ数
500発(1日あたり)
開催日
2019年7月27日・28日、8月3日・4日・10日~18日・24日・25日・31日
千葉県

第5回富津市民花火大会

東京湾を美しく彩る花火の数々

2015(平成27)年に、初めて市民が主催となり、ボランティアが手作りで開催したのがはじまりの「富津市民花火大会」。今年も富津市と共催し、約1万発の花火を打上げる。花火は最大で20号を予定し、大スターマインや水中2尺花火などを披露する。観覧場所は富津海水浴場で、会場周辺の道路は混雑が予想されるため公共交通機関の利用をおすすめ。

開催地
千葉県富津 富津海水浴場
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年7月27日
千葉県

第40回浦安市花火大会

~浦安の夏を彩り40年~

浦安市総合公園を会場に開催する浦安市の夏の風物詩。その年のテーマにあわせて花火を演出し、宗家花火鍵屋によるプロデュースで光と音のコラボレーションが楽しめる。今年は40回目の記念すべき大会で、テーマごとの花火の彩りと変化を、各テーマをイメージしたアナウンスとBGMが盛り上げる。夏の夜空を彩る花火は約6600発を予定。迫力ある光と音のコラボレーションショーは観客を魅了することうけあいだ。観覧には個人協賛席をおさえてじっくり楽しむのもおすすめ。

開催地
千葉県明海7-2 浦安市総合公園ほか
打ち上げ数
約6600発(予定)
開催日
2019年7月27日
千葉県

岩井海岸花火大会

海岸を染める幻想的な花火の数々

1966(昭和41)年から開催されている南房総市を代表する花火大会。緑の山々をバックに、美しい夕日が沈む岩井海岸で、スターマインを中心に花火が打上げられる。観賞エリアが打上げ場所から140mとかなり近いため、臨場感たっぷりの迫力ある花火が堪能できる。早朝の岩井海岸では、夏休み恒例の地引き網の体験ができるイベントも実施する(日程は要問合せ)。

開催地
千葉県久枝・高崎地先 岩井海岸
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月5日
千葉県

第123回水郷おみがわ花火大会

利根川に美しく映える「超特大スターマイン」

1908(明治41)年から続く、関東でも有数の歴史を誇る花火大会。趣向を凝らした花火が間髪入れずに打上げられる。周囲を昼間のように輝かせる超特大スターマイン、利根川を舞台に輝きを放つ巨大な水中花火をはじめ、全国の花火師が自慢の尺玉を持ち寄って、その質の高さを競い合う「全国尺玉コンクール」なども行われる。川幅の広い利根川の大空間を舞台に、見ごたえのある花火の競演をたっぷり堪能できる。

開催地
千葉県小見川 小見川大橋下流 利根川河畔
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年8月1日(予定)
千葉県

第30回九十九里町ふるさとまつり

海辺の「ふるさと」を感じさせるまつり

「九十九里町ふるさとまつり」は、九十九里町の真夏の夜を彩るまつりで、毎年多くの観光客が訪れる。なかでも約1000人が踊る飛び入り参加歓迎の「ひょっとこおどりパレード」は名物。そして、このまつりのフィナーレを飾るのが、毎年恒例の打上げ花火。花火が映し出された海には幻想的な風景が広がる。花火との距離が近いので、迫力ある音と光と振動をダイナミックに体感できる。

開催地
千葉県片貝 片貝中央海岸(ふるさと自然公園内)
打ち上げ数
約1000発
開催日
2019年8月3日
千葉県

一宮町納涼花火大会

圧倒的な迫力で観客を魅了する一宮海岸の花火

九十九里浜の最南端、緑と海と太陽のまち「いちのみや」。海水浴やマリンスポーツで盛り上がる海辺の夏を、さらに楽しく演出してくれるのがこの花火大会だ。浜から見る花火は格別で、海上に優雅な扇を描く水中花火は、詰めかけた観衆を魅了する。夜空と海面を美しく照らす約5000発の花火は、真夏の夜の素敵な思い出づくりにぴったり。

開催地
千葉県一宮 一宮海岸
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月3日
千葉県

おんじゅく花火大会

ユニークな形の花火に注目

千葉県御宿町の御宿海岸で開催する花火大会。中央海水浴場からスターマインをはじめ、水中花火やキャラクターをかたどった個性的な花火などが打上がる。会場は駅からのアクセスが良いのもうれしい。また少し離れた岩和田海水浴場や浜海水浴場、御宿台でゆっくりと観るのもおすすめ。どんな形の花火が打上がるかはお楽しみだ。

開催地
千葉県御宿海岸
打ち上げ数
約1500発
開催日
2019年8月1日
千葉県

おおあみしらさとの花火

海辺ならではの水中スターマインは必見

大網白里市では、夏のイベント「浜まつり」を今年から「おおあみしらさとの花火」へ名称を変更し、花火大会を開催。白里海水浴場を会場に、メッセージ花火やスターマインなど約3500発(予定)を打上げる。中でも、海上に花開く水中スターマインが見どころだ。白里海水浴場は、九十九里浜のほぼ中央に位置し、毎年多くの海水浴客が訪れる人気ビーチ。

開催地
千葉県南今泉4881-1地先 白里海水浴場
打ち上げ数
約3500発(予定)
開催日
2019年7月27日
千葉県

第45回八千代ふるさと親子祭

祭りを盛り上げる打上げ花火

県立八千代広域公園をメイン会場に行われる「八千代ふるさと親子祭」。当日は、八千代市消防音楽隊による演奏や盆踊り、よさこい演舞など、イベントが盛りだくさん。村上橋のたもとでは黙とうのあとに灯ろう流しも行われる。祭りを締めくくるのが打上げ花火。音楽花火をはじめ、スターマインなど色とりどりの花火が夜空を彩り、フィナーレを迎える。

開催地
千葉県村上 県立八千代広域公園周辺
打ち上げ数
未定(昨年は約5000発)
開催日
2019年8月24日
東京都

STAR ISLAND 2019

花火と最新テクノロジー、パフォーマンスがシンクロする

「STAR ISLAND」は、大都市の摩天楼を一望できる絶好のロケーションで繰り広げられる、「花火」と「3Dサウンド」「ライティング」「ショーパフォーマンス」が完全シンクロする、未来型花火エンターテインメント。4回目の開催となる「STAR ISLAND 2019」は、前回よりもスケールアップを図り、豊洲で開催。花火は初開催時から担当している丸玉屋小勝煙火店に加えて、新たに紅屋青木煙火店とマルゴーが参画。日本の花火を牽引してきた3社がタッグを組み、今まで以上に華やかでダイナミックな花火演出を行う。

開催地
東京都豊洲6-5先 TOKYO STAR ISLAND(豊洲ぐるり公園内)
打ち上げ数
約1万2000発(昨年)
開催日
2019年7月20日
東京都

2019神宮外苑花火大会

(C)日刊スポーツ新聞社

都心の夜空を彩る真夏の祭典

東京の夏の夜空を飾る恒例の神宮外苑花火大会。今年で40回目を迎える。花火の打上げ数は約1万発を予定し、ゲストによるライブやイベントも開催され会場は熱気に包まれる。会場は神宮球場・秩父宮ラグビー場・神宮第二球場で、どの会場も迫力満点の花火を観覧できる。なお、今年は打上げ場所が神宮軟式球場に変更となるため、花火が見える位置が大幅に変わる予定。

開催地
東京都霞ヶ丘 明治神宮外苑(神宮球場、秩父宮ラグビー場、神宮第二球場)
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月10日
東京都

第42回隅田川花火大会

写真提供:台東区

これぞまさしく東京の夏の風物詩

日本の花火大会の代名詞のような存在の花火大会。会場は2ヶ所。第1会場では花火コンクールが行われ、様々な芸術作品が堪能できる。第2会場は創作花火やスターマインなどが見どころだ。花火コンクールは、両国花火ゆかりの業者と、国内の代表的な花火大会において優秀な成績をおさめた業者で渾身の力作を競い合う。観賞にはマナーを守り、到着時に帰りの切符を準備するなど、混雑の緩和に協力しよう。

開催地
東京都・墨田区 隅田川桜橋下流~言問橋上流(第1会場)、駒形橋下流~厩橋上流(第2会場)
打ち上げ数
約2万発(第1会場約9350発・第2会場約1万650発)
開催日
2019年7月27日
東京都

第37回江東花火大会

提供:江東区広報広聴課

荒川の風を感じながら、迫力のスターマインを観賞

東京湾に近い荒川河口での花火大会。葛西橋付近の台船から打上げられる。打上げ場所と主会場の荒川・砂町水辺公園とは、わずか150mしか離れていないので迫力は満点だ。荒川に浮かべた台船から次々と打上げられるスターマインの、豪華さ・雄大さは見ごたえたっぷり。川面に映える花火は納涼感、臨場感、迫力のどれもが満点だ。芝生の広場や護岸などにシートを敷いて思い思いに見物できるのが特徴。家族連れで楽しめ下町情緒も味わえる。

開催地
東京都東砂8-22番地先 荒川・砂町水辺公園
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年8月1日
東京都

北区花火会2019

秋の風を感じながら音楽花火を楽しむ

荒川河川敷・赤羽岩淵水門周辺を会場として8回目を迎える「北区花火会」を開催。このイベントは、荒川という地域資源を活用することで、地域への愛着を感じてもらい、地域住民の絆を深めることが目的だ。花火は音楽花火が中心で、荒川の秋の夜空を鮮やかに彩る。観覧席は赤水門エリアが大好評。北区ならではの赤水門越しの花火の美しさに感嘆の声が上がるほどだ。また、青水門エリアではコンサートレベルの音響で、大迫力の花火が体感できる。

開催地
東京都志茂 荒川河川敷・赤羽岩淵水門周辺
打ち上げ数
8000発
開催日
2019年9月28日(予定)
東京都

第60回いたばし花火大会

都内最大の尺五寸玉が目前で開く様は圧巻

1950(昭和25)年に東京都板橋区と埼玉県戸田町(当時)との間で境界変更が行われたのを記念して、その翌年に開催されたのが始まりの花火大会。荒川を挟み同日に「戸田橋花火大会」も開催される。七色のアーチ状の火柱(虎の尾)が上空を彩り、花火大会がスタート。日本最高峰の花火師が作製した芸術玉の打上げや、関東最長級の大ナイアガラ仕掛花火、ワイドスターマイン、創作スターマインなど、対岸の戸田市と合わせて約1万2000発を披露。都内最大の尺五寸玉が打上げられるのも特徴で、打上げ場所に観客席が近いことから、おなかにズッシリと響くほどの開花音が体験できるのもこの花火大会の醍醐味だ。

開催地
東京都荒川河川敷
打ち上げ数
約1万2000発(戸田橋花火大会と合わせて)
開催日
2019年8月3日
東京都

第41回足立の花火

荒川の土手の斜面に座ってゆったり観賞

東京の大規模な夏の花火のトップをきって開催。プログラムは全5幕構成の予定。スターマインなど約1万3000発を1時間で打上げるため、高密度に凝縮された迫力ある花火やWナイアガラが楽しめる。近年は、レーザー光線と花火をコラボさせた演出と、盛り上がる場面などで光るものを振る来場者参加型のプログラムもこの花火大会ならではの特徴だ。

開催地
東京都千住大川町ほか 荒川河川敷 東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間
打ち上げ数
約1万3000発
開催日
2019年7月20日
東京都

第53回葛飾納涼花火大会

華麗に進化し続ける、古き良き下町の花火

観客席から打上げ場所が近く、都内でも屈指の臨場感が味わえる花火大会。下町情緒あふれる柴又帝釈天に程近く、江戸の夏の風物詩が楽しめる。今年も約1万3000発を6つのステージ(約60分)に分け、葛飾の夜空を彩る。銀の光が天空へと昇る「昇銀龍」と「富士山ナイアガラ」から始まり、映画『男はつらいよ』公開50周年を記念するステージ、都内初の国の重要文化的景観に選定された柴又の風景を和火で表現・祝福するステージ、音楽と融合するデジタルスターマインステージなど盛りだくさんな内容で会場を盛り上げる。グランドフィナーレでは大空中ナイアガラの怒涛の打上げにより夜空を銀色に染め上げ、大会を締めくくる。

開催地
東京都柴又7-17-13地先 江戸川河川敷 柴又野球場
打ち上げ数
約1万3000発
開催日
2019年7月23日
東京都

エキサイティング花火2019 第44回江戸川区花火大会

夜空一面を色彩豊かに飾る幻想的な演出に注目

市川市の「市川市民納涼花火大会」と同時開催で、江戸川区の夏の風物詩的な花火大会。区内各施設に設置された「ワンコインボックス」(募金箱)などにより、区民をはじめたくさんの人の心意気で支えられている。花火大会は、趣の違う8つのテーマで構成される。見どころは「いざ開幕!新生EDOGAWA花火!」。江戸川名物の5秒間での1000発打ちによるド迫力のオープニングだ。近隣の迷惑にならないよう、ゴミの持ち帰りなどマナーを守って楽しく観覧しよう。

開催地
東京都上篠崎1-25 都立篠崎公園先 江戸川河川敷
打ち上げ数
約1万4000発
開催日
2019年8月3日
東京都

八王子花火大会

画像提供:(公社)八王子観光コンベンション協会

間近で見上げるスターマインの大迫力

「八王子まつり」の一環として開催される花火大会。見ごたえのあるスターマインはもちろん、ラストを華麗に演出する仕掛花火など、約3500発(予定)がダイワハウススタジアム八王子から豪快に打上げられ、真夏の夜空を美しく染める。打上げ場所から間近で花火が見られるため、迫力は満点だ。会場では打上げ前に、高尾山薬王院僧侶による火のまつり(火渡り)も行われる。観覧場所のダイワハウススタジアム八王子の開門は14:00で、場内の混雑状況により閉門。閉門後は、入場できなくなるため、早めに会場入りするのがおすすめ。

開催地
東京都台町 ダイワハウススタジアム八王子
打ち上げ数
約3500発(予定)
開催日
2019年7月27日(予定)
東京都

令和元年記念大会 立川まつり国営昭和記念公園花火大会

(C)立川観光協会

迫力満点の大きさ!見る人を魅了するワイドスターマイン

1954(昭和29)年から開催されている花火大会は、今回で通算61回目となる。直径45cm、重さ約30kg、到達する高度400m、開いた花火の大きさ380mという、ダイナミックな一尺五寸玉をはじめ、豪華なワイドスターマインや芸協玉、匠玉など演出にこだわった花火を心ゆくまで堪能できる。国営昭和記念公園内のみんなの原っぱが会場となり、例年会場周辺は混雑するため、早めに観覧場所を押さえておきたい。また、会場でのゴミの減量化にも協力しよう。特別協賛者観覧チケットを購入すれば、みんなの原っぱ特設観覧エリアで花火が観賞できる。

開催地
東京都国営昭和記念公園 みんなの原っぱ
打ち上げ数
5000発(予定)
開催日
2019年7月27日
東京都

第71回青梅市納涼花火大会

丘陵一帯を花火で浮かび上がらせる「永山大照明」!

この花火大会の見どころは「永山大照明」。永山丘陵に仕掛けられた地上花火が、丘陵全体を逆光のように浮かび上がらせる仕掛花火のことで、音楽にあわせて点火され、丘陵が映し出される様は、他ではちょっと見られない。これに音響効果による演出が加わるので、その迫力には圧倒されてしまう。その他にも、ナイアガラやスターマイン、早打ちなども一気に打上げる。丘陵の上で打上げるので広範囲からの見物が可能だ。永山公園グラウンド内は全席有料。

開催地
東京都本町 永山公園グラウンド
打ち上げ数
4132発(予定)
開催日
2019年8月3日
東京都

第47回昭島市民くじら祭 夢花火

クジラも参加!楽しい市民の祭りに大輪の花火

8月に2日間にわたって開催される「くじら祭」。海沿いでもない昭島市で「くじら祭」が開催されるのは、1961(昭和36)年に約150万年前のくじらの化石(アキシマクジラ)が発見されたことから。昭島駅南口から始まるパレードは、地元の各団体が趣向を凝らして参加し、巨大クジラも登場して楽しさいっぱい。昭和公園陸上競技場では、模擬店やゲームコーナー、ダンス大会などのイベントが盛りだくさんだ。初日の夜に打上げられる「夢花火」は、打上げ場所と会場が非常に近いので、迫力あるスターマインが楽しめる。

開催地
東京都東町5-12 ネッツ多摩昭島スタジアム(昭島市民球場)
打ち上げ数
2000発(昨年実績)
開催日
2019年8月3日(昭島市民くじら祭は8月3日・4日)
東京都

映画のまち調布花火2019 (第37回調布花火)

映画音楽と花火のコラボレーションに注目

今年で37回目を迎える、多摩川河川敷を舞台にした関東屈指の花火大会。最大8号の大玉を中心とした大スターマインなどバラエティ豊かな花火を打上げる。中でも、調布が元祖といわれる「ハナビリュージョン」はコンピュータ制御により音楽と花火が完全にシンクロし、映画音楽を基調にしたプログラムが繰り広げられる。ゆっくりと花火を観賞するなら臨場感抜群の有料席をおさえておこう。くつろぎながら、より迫力ある花火が見られるのでおすすめだ。

開催地
東京都多摩川河川敷ほか 布田会場、京王多摩川会場
打ち上げ数
約1万発(予定)
開催日
2019年9月7日(予定)
東京都

払沢の滝ふるさと夏まつり

雄大な自然と触れ合う清流の里の夏まつり

東京で唯一「日本の滝百選」に選定されている檜原村の払沢の滝の夏まつり。郷土芸能の披露や特産品の販売が行われ、夜には2日間とも花火が打上がる。山々に響く花火の轟音は大迫力だ。「払沢の滝ふるさと夏まつり」は、滝の魅力を存分に味わえるイベント。自然豊かな遊歩道を歩いていくと、落差26mの滝が出現し、夜にはライトアップされ、幻想的な姿を楽しめる。

開催地
東京都本宿 檜原小学校校庭(まつり会場)
打ち上げ数
約400発(各日)
開催日
2019年8月17日・18日
東京都

第42回奥多摩納涼花火大会

山頂からの打上げは広範囲で観覧できる

東京都の最北西端に位置する奥多摩町。自然に恵まれたこの町は、全域が秩父多摩甲斐国立公園に含まれ、東京の奥庭として親しまれている。打上げは愛宕山の山頂で行われるため、JR奥多摩駅、駅前通りの橋の上など広い範囲で眺めることができる。氷川大橋、昭和橋など、日が暮れ始めると場所取りを始める人も増えてくるので、その前に周囲を散策して、ベストスポットを探してみるのもいい。大自然の中で開く花火は最高だ。

開催地
東京都氷川 愛宕山
打ち上げ数
約1000発(予定)
開催日
2019年8月10日(予定)
東京都

2019伊豆大島夏まつり花火大会

連続花火やスターマインが元町港の夜を彩る

2日間にわたり開催される「伊豆大島夏まつり」の初日の夜に元町港で行われる花火大会。早打ちとスターマインをメインに、夜の港を華々しく染め上げ、迫力満点の真夏の一夜を楽しめる。夏まつりでは元町仲通りが歩行者天国となり、縁日の夕べが開催される。また、ダンスや郷土芸能の披露をはじめ、ジャンケン大会、クイズ、ゲームなど様々なイベントが予定されている。

開催地
東京都元町 元町港
打ち上げ数
約1000発(予定)
開催日
2019年8月10日(伊豆大島夏まつりは8月10日・11日)(予定)
東京都

八丈島納涼花火大会

緑と海の大自然に囲まれて花火を楽しむ

東京湾・竹芝桟橋から南に約280km、伊豆七島の南端に位置し、南国情緒漂う八丈島の底土港で行われる花火大会。満天の星が輝く夜空に打上げられる花火が八丈の海を色鮮やかに染め上げる。底土海水浴場では、夕方からお祭りが始まり、露店が出店し、舞台では八丈太鼓などの郷土芸能やフラダンスを披露予定。夏祭りムードいっぱいの1日となる。

開催地
東京都三根 底土港
打ち上げ数
811発(予定)
開催日
2019年8月11日(予定)
神奈川県

横浜スパークリングトワイライト2019

横浜の魅力を存分に楽しむ2日間

横浜に「海」と「港」に親しむ場を作りたいという思いから開催される「横浜スパークリングトワイライト」。パレードやステージライブを楽しんだその夜を彩るのが「スパークリング花火」だ。みなとみらい地区の夜景とベイブリッジのライトアップとともに、3000発の花火が楽しめる。会場には横浜の老舗の味がリーズナブルな価格で楽しめるシーサイドレストランやバー、アジア各国の多彩な飲食コーナーがオープンするほか、イルミネーションをまとった船も登場する。

開催地
神奈川県山下公園およびその周辺
打ち上げ数
3000発
開催日
2019年7月13日・14日
神奈川県

花火シンフォニア

横浜・八景島シーパラダイスで繰り広げられる感動の花火ショー

異なる4つの水族館とさまざまなアトラクションが楽しめる、横浜・八景島シーパラダイス。ロマンチックなロケーションの中、夜空と海を舞台に「花火シンフォニア」が開催される。プログラム制御により花火と音楽をシンクロさせた幻想的で華麗な花火ショーは、時間が経つのも忘れてしまいそう。ほかにも、水族館やアトラクションが延長営業になり、夜までイベントが盛りだくさん!

開催地
神奈川県八景島 横浜・八景島シーパラダイス
打ち上げ数
約2500発(1日あたり)
開催日
2019年7月13日・14日・20日・27日、8月3日・10日~17日、9月14日・15日・21日・22日、10月12日・13日・27日
神奈川県

第45回金沢まつり花火大会

ライトアップされた八景島と華麗な花火コレクション

毎年8月下旬に行われる横浜市金沢区の夏の一大イベント。スターマインで幕を開け、キャラクター花火や新作花火などが、次から次へと打上げられる。なかでもフィナーレの「特大スターマイン」は驚くほどの迫力で観客を魅了する。間近で見たいなら、海の公園がベストスポット。ライトアップされた八景島と花火が幻想的だ。広々とした砂浜に寝そべって大輪の花火が真上に開くのを見るのもいいだろう。美しい花火を見た後は、ゴミを持ち帰るのを忘れずに。

開催地
神奈川県海の公園
打ち上げ数
3500発
開催日
2019年8月24日
神奈川県

第78回川崎市制記念多摩川花火大会

第62回川崎市観光写真コンクール優秀賞「クライマックス」能登正俊

多摩川の両岸で花火の美しさを競い合う

六郷橋で川開きとして始まったのがきっかけの、二子橋付近の多摩川河川敷で行われる花火大会。二子橋下流河川敷一帯には例年多くの観客が集まり、テーマに即した花火や音楽花火のほか、スターマインなどが秋の夜空を彩る。この花火大会は、多摩川をはさみ、「世田谷区たまがわ花火大会」との同時開催で、川崎会場では2大会の花火を観ることができる。なお、毎年大変混雑するため、事前に有料の協賛席をおさえてゆったりと観賞するのがおすすめだ。

開催地
神奈川県多摩川河川敷(国道246号二子橋~第三京浜道路)
打ち上げ数
約6000発
開催日
2019年10月5日
神奈川県

第70回さがみ湖湖上祭花火大会

全長500mの大ナイアガラが相模湖をまばゆく照らす

「かながわのまつり50選」にも数えられる「さがみ湖湖上祭」。この祭りのフィナーレを豪華に飾るのが花火大会だ。見どころは、相模湖の上空で直径400mにも開く尺五寸玉と、全長500mにもおよぶ大ナイアガラ。夜空と水面をまばゆい閃光が照らすさまは、実に幻想的で美しい。そのほか、尺玉、スターマイン、芸術花火など、バラエティに富んだ花火が次々と打上げられ、相模湖を花火の音と光が華麗に包み込む。周りを山に囲まれているため、轟音が山々に激しくこだまして圧倒される。

開催地
神奈川県与瀬 県立相模湖公園
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年8月1日
神奈川県

第48回相模原納涼花火大会

相模川の夜空を約1万発の花火が鮮やかに染め上げる

自然豊かな相模川の河畔で開催される、早打ちとスターマインが中心の花火大会。打上げ会場から最も近い観客席では臨場感たっぷりの花火が堪能できる。約1万発の花火が夜空を彩り、特にフィナーレは息もつかせぬ展開だ。この花火大会は1951(昭和26)年の旧盆に、水郷田名の復興を願い、地元消防団の手で打上げられたのが始まり。現在は、自然を活かした観光地づくりのため、また市民の憩いの場づくり、地域活性化をめざすために行われている。

開催地
神奈川県水郷田名 相模川高田橋上流
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年7月15日
神奈川県

2019久里浜ペリー祭花火大会

連発するスターマインがダイナミックな夜を演出する

幕末のペリー来航を記念して行われる祭りで、花火大会や開国バザール、ペリー上陸記念式典が行われる。そのほか、パレードでは巨大黒船フロートも登場。夜には、総数3500発の花火が久里浜港の複数箇所から打上げられる。スターマイン、ワイドスターマインなどが連発されるゴージャスな内容の大会だ。花火大会当日はゴミの持ち帰りにご協力を。また、駐車場がないため、公共交通機関を利用しよう。

開催地
神奈川県久里浜 久里浜港
打ち上げ数
3500発
開催日
2019年7月13日
神奈川県

開国花火大会2019

開国のまち、横須賀の真夏の夜を彩る

ペリーが久里浜に上陸を果たした“開国の地”として知られる横須賀で開催される花火大会。約5000発の多彩な花火が真夏の夜空を華やかに彩る。海を背景に打上げられるダイナミックな花火大会は横須賀ならではのもの。スターマインや水中花火、尺玉、キャラクター花火など、夜空を染める花火で横須賀から元気を打上げる。会場は混雑するため、花火大会終了後は、警察官や警備員の指示に従って慌てずに移動しよう。

開催地
神奈川県平成町 うみかぜ公園、三笠公園など
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月3日
神奈川県

第67回浦賀みなと祭花火大会

浦賀港を囲む山に花火の音が響きわたる

江戸時代から港と商業のまちとして繁栄してきた浦賀では、毎年8月に浦賀港周辺で「浦賀みなと祭」を開催する。関東大震災受難者、水難者及び引揚船関連戦病死者等の慰霊法要をはじめ、祭り囃子、大灯籠やミニ灯籠等の点灯が行われ、締めくくりとしてかつてペリーの黒船が停泊した浦賀沖から約500発の花火が打上げられる。情緒たっぷりの歴史ある花火大会だ。

開催地
神奈川県浦賀1-11地先および浦賀港周辺
打ち上げ数
約500発
開催日
2019年8月17日
神奈川県

第69回湘南ひらつか花火大会

みんなの願いがこもった「願かけ花火」が打上がる

七夕で有名な平塚市だが、海岸で行われる花火大会も見逃せない。この大会は、1951(昭和26)年に「須賀納涼花火大会」として地元須賀地区の住民によって始められたものだ。豪華スターマインや尺玉のほかに、来場者の願いをだるま型の花火に込めた「願かけ花火」も打上げられる。また、後半にはミュージックスターマイン「ハナビリュージョン」も予定。平塚海岸から観るのもおすすめだ。

開催地
神奈川県千石河岸ほか 相模川河口 湘南潮来
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月23日
神奈川県

第71回鎌倉花火大会

写真提供:鎌倉市観光協会

大輪の花が海で咲く、水中花火は圧巻

1949(昭和24)年から続く、由比ヶ浜と材木座海岸での花火大会。鎌倉花火大会の名物は、何といっても沖合を走る花火船から海に投げ入れられる水中花火。色とりどりの光が漆黒の鎌倉の海で鮮やかに花開く。その他にも著名な花火業者の作品やスターマイン、花火玉の購入者からのメッセージの読み上げとともに打上げる「サポーターズ花火」など約2500発を打上げる予定。観覧は材木座海岸と由比ヶ浜・坂ノ下寄りがおすすめ。

開催地
神奈川県由比ヶ浜・材木座海岸
打ち上げ数
約2500発
開催日
2019年7月10日
神奈川県

第30回小田原酒匂川花火大会

城下町の夜が熱く燃える

小田原市の中心を流れる酒匂川で開催される花火大会。川の両岸が観覧席になっている。打上げは、単発、スターマイン、小型煙火、仕掛花火などで、4部構成のプログラムが花火大会を一層盛り上げる。中でも音楽とシンクロしたミュージック花火や、グランドフィナーレに小田原大橋の上流に登場するナイアガラは必見。ナイアガラは、全長300m、高さ30mの光のシャワーが、酒匂川を横断する。

開催地
神奈川県寿町5-22 酒匂川スポーツ広場、小田原大橋周辺
打ち上げ数
1万発
開催日
2019年8月3日
神奈川県

第45回サザンビーチちがさき花火大会

「水中孔雀」が目玉の市民参加型の花火大会

茅ヶ崎の夏を、もっと熱く盛り上げる花火大会。恒例のスターマインと「水中孔雀」が並んで打上げられる、海ならではの花火も健在だ。「水中孔雀」とは、水面にクジャクが大きく羽を広げたように、海面から打上げられる華麗な花火。また、市民の参加で大会を一層盛り上げるため、花火募金や記念うちわの販売が今年も行われる。募金箱は、茅ヶ崎市内の協力店舗や公共施設等に設置され、記念うちわは茅ヶ崎市観光協会、茅ヶ崎市観光案内所にて200円で販売される。ファミリーやカップルでサザンビーチの海上を美しく彩る花火を楽しんではいかが。

開催地
神奈川県中海岸 サザンビーチちがさき
打ち上げ数
約3000発(予定)
開催日
2019年8月10日
神奈川県

三浦海岸納涼まつり花火大会

水中孔雀とスターマインの競演に目が離せない

京急久里浜線三浦海岸駅から徒歩5分とアクセスしやすい花火大会。海水浴場が会場なので、広い砂浜に座りながらゆったりと花火観賞ができるのがうれしい。メインは、水中花火の愛称「水中孔雀」とスターマインの競演。海上に映り込んだ色とりどりの乱反射が幻想的な雰囲気をつくり出すのも、見どころのひとつだ。約3000発の花火が夏の夜空をダイナミックに駆け上がる。

開催地
神奈川県南下浦町上宮田 三浦海岸
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月6日
神奈川県

第2回三崎・城ヶ島花火大会

港に高々と打上がるスターマイン

三崎漁港のど真ん中で打上がる約2500発の花火は短時間ながらも大迫力で、夏の夜空を美しく彩る。三崎フィッシャリーナ・ウォーフ「うらり」の周辺では日中から音楽イベントや無料のボート乗船体験、地元の名産品を多数使ったグルメなど、花火だけでなく楽しめるイベントが盛りだくさん。花火は三崎と城ヶ島のどちらでも見られる。

開催地
神奈川県三崎 三崎フィッシャリーナ・ウォーフ「うらり」、城ヶ島
打ち上げ数
約2500発
開催日
2019年8月15日
神奈川県

第73回あつぎ鮎まつり大花火大会

ルーツは粋な川遊び。歴史ある華やかな花火大会

大正初期、相模川の川開きで、近隣の料理店の共催でお客のために花火を打上げたのが「あつぎ鮎まつり」の始まり。昭和初期には、旧盆に先祖の霊をなぐさめる灯ろう流しを行い、同時に鮎に感謝する気持ちを込めて花火大会が行われた。戦争のため一時中断されたが、1948(昭和23)年に復活。現在は大花火大会のほかに数多くのイベントが開催され、多くの人でにぎわう。花火は、相模川河川敷の合流点が舞台となり、仕掛花火や大玉、創作花火などが次々に打上がる。

開催地
神奈川県厚木 相模川河川敷(三川合流点)
打ち上げ数
1万発(予定)
開催日
2019年8月3日
神奈川県

第43回綾瀬市商工会青年部花火大会

綾瀬の夜空に名物尺5寸玉が花開く

夏の終わりを飾る綾瀬市商工会青年部主催の花火大会。打上げ場所が会場から約400mと距離が近いため、花火がほぼ真上で炸裂。スターマインが中心のプログラムだが、中でも尺5寸玉が大迫力で、大きな音が周辺に反響し、観るものを圧倒する。花火は畑から打上げられるため、辺りに遮るものがなく見晴らし抜群。また「あやせ大納涼祭」も同日に開催する。

開催地
神奈川県深谷3838 綾瀬市民文化センター周辺
打ち上げ数
約2500発(予定)
開催日
2019年8月24日
神奈川県

第37回丹沢湖花火大会

夜の湖に映える打上げ花火や水中花火は迫力あり

8年間の歳月をかけたダムの建設により1978(昭和53)年に現れた人造湖・丹沢湖。神奈川県民の重要な水源となっているばかりでなく、「かながわの景勝50選」にも選ばれている。自然に恵まれた湖畔には四季を通じて大勢の観光客が訪れる。夏最大のイベントである花火大会は約3万人もの人でにぎわう。約2000発の花火が夜空と湖を染めるが、圧巻なのは打上げ花火と水中花火の競演だ。湖を取り囲む山々にこだまする花火の音は大会を一層盛り上げる。また、太鼓や「ソーラン山北」などのイベントも花火大会に華を添える。

開催地
神奈川県中川 丹沢湖駐車場、湖畔周辺
打ち上げ数
約2000発
開催日
2019年8月10日(予定)
神奈川県

箱根強羅夏まつり大文字焼

炎がゆらめく大文字焼と華やかな花火の競演

1921(大正10)年から続く歴史と伝統ある花火大会で、箱根の三大祭りの一つにも数えられている。当日、強羅温泉の正面に位置する明星ヶ岳の頂上付近では大文字焼が行われる。直径約30cmの乾燥させた篠竹の束を250束も使って「大」の字が作られ、点火される。はじめ炎の点だったものが線になり、次第に「大」の文字となって暗闇に浮かび上がるさまは幻想的だ。大文字焼とともにスターマインが打上げられ、仕掛花火や110mのナイアガラが強羅温泉の夏の夜を華麗に彩る。

開催地
神奈川県強羅温泉
打ち上げ数
約2000発
開催日
2019年8月16日
神奈川県

箱根園サマーナイトフェスタ

箱根の夏休みの思い出に

毎年行われる芦ノ湖夏まつりウィーク中に、芦ノ湖畔のプレジャーランド・箱根園で開催されるサマーナイトフェスタの花火大会。芦ノ湖畔から、スターマイン、水上スターマインを中心とした2000発の花火が華麗に打上がる。箱根の自然に包まれて、湖畔に映える花火は格別。レジャーやグルメ、ショッピングなど楽しみがいっぱい詰まった箱根園で思う存分遊んだあとは、花火大会を楽しもう。

開催地
神奈川県元箱根 箱根園
打ち上げ数
2000発(両日とも)
開催日
2019年8月2日・3日(予定)
神奈川県

芦ノ湖夏まつりウィーク湖水まつり花火大会

画像提供:箱根町観光課

花火観覧船で箱根の夏を満喫

「芦ノ湖夏まつりウィーク」のトップを切って行われる花火大会。神事が執り行われた湖上に数多くの灯籠が流された後、待ちに待った花火大会がはじまる。静かな湖面に花開く水中花火をはじめ、スターマインなども登場(予定)。元箱根は夜店でにぎわうが、夕暮れ時の芦ノ湖畔は、湖水を渡る風が涼しい。花火観覧船からの観賞もオススメだ。

開催地
神奈川県元箱根
打ち上げ数
約4000発(予定)
開催日
2019年7月31日(芦ノ湖夏まつりウィークは7月31日~8月5日)
神奈川県

湯河原温泉海上花火大会

湯煙上がる湯河原温泉を花火がまばゆく照らす

「やっさまつり」の2日目に開催。湯河原海水浴場沖合の2隻の台船から次々と花火が打上げられる。なかでも見逃せないのが尺玉。迫力の轟音とともに、華麗な閃光が夜空をゴージャスに彩る。また、海上ならではの水中スターマインも海面を鮮やかに染め上げ、幻想的で美しい。「やっさまつり」は8月2日・3日に行われる湯河原温泉の夏の大イベント。威勢のいい「やっさ、もっさ」のかけ声の踊り連や花車、神輿による「やっさまつりパレード」が街を練り歩く。

開催地
神奈川県吉浜 湯河原海水浴場
打ち上げ数
約6000発
開催日
2019年8月3日(やっさまつりは8月2日・3日)
神奈川県

みなとみらいスマートフェスティバル2019

横浜の夜を彩る光と音とアートの祭典

市民や地元企業と培ってきた“連携”をテーマに、環境・IoT等の先端技術と音楽・アートをコラボしたイベント「みなとみらいスマートフェスティバル2019」を昨年に引き続き今年も開催。第1部では、みなとみらい21地区「臨港パーク」を会場に、和楽器グループ「AUN J CLASSIC ORCHESTRA(アウン ジェイ クラシック オーケストラ)」による演奏が行われ、第2部では音と花火の豪華な演出「スカイシンフォニーinヨコハマ presented by コロワイド」による花火の打上げで横浜港の夜を彩る。

開催地
神奈川県みなとみらい21地区 臨港パーク・耐震バース他
打ち上げ数
約2万発
開催日
2019年8月2日
神奈川県

新横浜花火大会2019

画像:金武 武

港北区制80周年記念の特別な花火に注目

昨年立ち上がった「新横浜花火大会」は今年、港北区制80周年を祝して開催する。ワイドスターマインは市内では貴重な陸上での本格的な花火で、打上げ幅百数十メートルのワイド展開が特徴。花火どころ東北・新潟・長野等の職人による花火玉を使用し、魅力的な演出を行う。そのほかに、区制80周年を記念した「80型花火」や型物花火、黄金の光が枝垂れるように落ちていくフィナーレが見どころ。有料の桟敷席やテーブル席を確保してゆったり観賞するのがおすすめ。

開催地
神奈川県新横浜公園一帯
打ち上げ数
約4500発
開催日
2019年7月25日
×