トップ > 全国のおすすめ初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 鳥取県のおすすめの初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載

鳥取県のおすすめの初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載

2022年の鳥取県のおすすめの初詣スポットをご紹介します。参拝時間やアクセス、例年の人出などから、お好みの初詣スポットを探すことができます。写真や駐車場などその他情報も盛りだくさん。

鳥取県

宇倍神社

創建から約1370年を迎えた因幡一の宮として知られる古社

御祭神の武内宿禰命(たけのうちのすくねのみこと)は仁徳天皇の御代、神社裏の亀金岡に双履(ぞうり)を残し、360余歳でお隠れになったといわれる神様。4月21日の例祭では、麒麟獅子舞が奉納される。鳥取県東部を中心に見られるこの獅子舞は、宇倍神社のものが原形をとどめていると伝えられ、令和2(2020)年に国の重要無形民俗文化財に指定された。また、総重量2tといわれる全国屈指の大神輿が130段の石段を駆け下り、街中を練り歩く。ご利益は、長寿・昇進・商売繁盛・安産・子育て。初詣には、毎年約7万人の人出がある。

所在地
鳥取県鳥取市国府町宮下651
例年の人出
約7万人
行事
2022年1月1日 7:00 歳旦祭、2022年1月14日 15:00 とんど祭
鳥取県

大神山神社奥宮

古代より続く大山信仰の中心として知られてきた神社

大神山神社は大山山腹の奥宮と、山麓の本社の2社にわかれていて、初詣には家内安全・勝運祈願を望んで訪れる人が多い。奥宮の御祭神は大己貴神(おおなむちのかみ)。大己貴神は、数々のご神徳を持ち、とくに国土開拓・医薬療法・五穀豊穣・牛馬畜産・邪気退散の神として知られている。国指定重要文化財の奥宮内部は、天井画が極彩色に装飾され、柱等の金色も日本最大級の白檀塗り。標高約1000mにあり、正月は積雪50cmから100cmが予想される。

所在地
鳥取県西伯郡大山町大山1
行事
2022年1月1日 0:00 元旦祭