トップ > 全国 > 東北 > 南東北 > 米沢 > 赤湯 > 赤湯温泉 > 紫金園 須藤ぶどう酒工場

シキンエンスドウブドウシュコウジョウ

紫金園 須藤ぶどう酒工場

熟成ワイン「桜水ワイン」を醸造。ぶどう狩りや試飲が楽しめる

南陽市内に4社あるワイナリーのひとつ。併設している観光ぶどう園ではぶどう狩りができる。取れたてぶどうと、熟成ワイン「桜水ワイン」の両方を味わえる。

住所
山形県南陽市赤湯2836 (大きな地図で場所を見る)
電話
0238-43-2578
交通
JR山形新幹線赤湯駅からタクシーで10分
営業期間
通年(ぶどう園は8~10月中旬)
営業時間
8:30~17:30(閉園、ぶどう園開園中のワインの仕込み体験・見学は要予約)
休業日
不定休、ぶどう園は期間中無休
料金
工場見学料=無料/ぶどう園=小学生以上600円、幼児300円/赤湯ワイン=2180円(720ml)/桜水ワイン=各1210円(720ml)/
駐車場
あり | 台数:30台 | 無料
ID
6000861

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

【山形】ぶどうの名産地!ワイナリーに行こう!

明治時代から地元産ぶどうを使ったワイン造りが行なわれている山形。県内には14のワイナリーがあり、その土地の魅力が感じられるワインが評判を呼んでいる。個性豊かなワイナリーをめぐり、お気に入りの一本を見つ...

【山形】こんなトコ!エリア&基本情報をチェック!

藩政時代の名残から、庄内・最上・村山・置賜の4つのエリアに分けられる山形県。それぞれに文化が異なり、個性豊かなスポットがそろっている。各エリアの位置や特徴をチェックして、旅のプランニングに役立てよう!

【南洋・赤湯温泉】で人気!おすすめの観光・ショッピングスポット

日本三熊野のひとつである熊野大社や、開湯九百余年の歴史をもち、かつて上杉家の湯治場であった赤湯温泉を有する歴史情緒あふれる街。「鶴の恩返し」の伝説が残る民話の里としても知られる。山形県内で最初にぶどう...

【赤湯温泉】よくばり旅!パワスポもワインも楽しめる♪

赤湯温泉は、藩政時代に米沢藩・上杉家によって保護された歴史ある名湯。湯治場時代の面影を感じながら、縁結びの神社や日本最古のワイナリーなど情緒漂うスポットをめぐろう。

【赤湯温泉】人気おすすめ湯宿をチェック!

900年以上の歴史をもつ古湯。戦で傷ついた武士が湯に浸かると、温泉が血で深紅に染まり、傷がたちまち治ったことが「赤湯」の由来という。

【山形】日帰り温泉♪旅の途中に立ち寄りたい!

全市町村に温泉が湧く湯どころ・山形。旅の途中に立ち寄りたい日帰り温泉・入浴施設はこちら!

エリア × テーマ

 >  >   >   >   >   > 
 >  >   >   > 
 >  >   >   >   >   > 

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください