>  >  >  >  >  >  【南洋・赤湯温泉】で人気!おすすめの観光・ショッピングスポット

【南洋・赤湯温泉】で人気!おすすめの観光・ショッピングスポット

【南洋・赤湯温泉】で人気!おすすめの観光・ショッピングスポット

日本三熊野のひとつである熊野大社や、開湯九百余年の歴史をもち、かつて上杉家の湯治場であった赤湯温泉を有する歴史情緒あふれる街。「鶴の恩返し」の伝説が残る民話の里としても知られる。山形県内で最初にぶどうの栽培を始めた地ともいわれ、特産のぶどうで造ったワインも豊富。

烏帽子山公園

桜咲く季節は息をのむ美しさ 見る
置賜盆地を一望する高台にあり、「日本のさくら名所100選」にも選ばれた花見の名所。しだれ桜やソメイヨシノが咲き誇る4月中旬から下旬にかけては、息をのむような美しさを一望できる。

烏帽子山公園

春になると満開の桜に彩られる烏帽子山公園

烏帽子山公園

住所
山形県南陽市赤湯1415
交通
JR山形新幹線赤湯駅からタクシーで5分
営業期間
通年、桜の見頃は4月中旬~5月初旬
営業時間
入園自由
休業日
無休
料金
情報なし

icho cafe

人が集う居ごこちのいいカフェ カフェ
熊野大社の境内にあるカフェ。ご神木の大イチョウのそばにたたずむ。イチョウの一枚板を使ったテーブルが印象的なナチュラルな店内では、地元食材を使ったカフェメニューやドリンクが楽しめる。

icho cafe

リノベーションした建物は、モダンでおしゃれ

icho cafe

住所
山形県南陽市宮内3707-1
交通
JR山形新幹線赤湯駅からタクシーで15分
営業期間
通年
営業時間
11:00~18:00(冬期は変動あり)
休業日
火曜
料金
フレンチトースト=500円/ホットコーヒー=450円/

大浦葡萄酒

地元産ぶどうで造る本格ワイン 買う
昭和14(1939)年からワイン造りを続ける老舗ワイナリー。地元産のぶどうを使った「大浦葡萄酒」(720㎖、1242円)など、芳醇な味と香りのこだわりワインがおすすめ。ショップでは試飲もできる。

大浦葡萄酒

香り豊かで個性のあるこだわりのワインが並ぶ

大浦葡萄酒

住所
山形県南陽市赤湯312
交通
JR山形新幹線赤湯駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉店、年始・盆時期は異なる、要問合せ)
休業日
無休(1月1日休)
料金
ワイナリー見学料=無料/うすにごりナイアガラ=1469円(720ml)/バレルエージング=3359円(750ml)/甘美=2398円(720ml)/

赤湯温泉公衆浴場 赤湯元湯

掛け流しの湯を公衆浴場で満喫
赤湯温泉街にある「ゆーなびからころ館」に隣接している公衆浴場。掛け流しの源泉が注ぐ2つの浴槽は、「森の山源泉」と「湯川原源泉」に分かれており、それぞれの湯の違いを楽しめる。

赤湯温泉公衆浴場 赤湯元湯

2種類の源泉を楽しめる

赤湯温泉公衆浴場 赤湯元湯

住所
山形県南陽市赤湯754-2
交通
JR山形新幹線赤湯駅からタクシーで5分
営業期間
通年
営業時間
8:00~13:30(閉館14:00)、15:00~21:00(閉館21:30)
休業日
水曜(月1回連休あり(1・8月は除く、要確認)、盆時期・年末年始は営業)
料金
入浴料=200円/(回数券7枚綴1000円)
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる山形’19」です。掲載した内容は、2017年11月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×